FC2ブログ

きっと最後の柿

昨日、実家にこの辺の名産?次郎柿を送りました。

実は年に3回ほどいろいろな物を送っているんですが、ウチの実家では母が柿が好きなのでこの時期になると送るんですよ。
ちなみに女房の実家にも毎年同じように送っています。
ただ今回は、柿の箱の一番上に写真を入れたため、いつものようカッターを使って止めてあるテープを切られると中の写真まで切られそうだったんで届く前に電話しました。

中の写真というのは、ユッキーがお盆に遊びにきた時の写真を何枚か、それと2歳になった時にスタジオで撮ったカレンダー付きB4サイズの写真(衣装付きでプロが撮ったもの)も一緒に入れてやりました。
カレンダーって言ったって、あと3ヶ月しか使えないんですけどね。

昨日電話した際父が出ました。
普段はだいたい母が出るんですが、珍しく電話を取ったのは父でした。
内容はたわいもない話なんですが、ただただもうすぐ柿が届くからカッターで開けるな、っと言うことを伝えただけです。

もう一つ重要な話をしました。

実はちょっと前、会社から定年延長の要請がありました、もちろん正式な書面で。
そこには定年延長後の給料に関してやら待遇に関してのことが書かれていまして、責任は今まで通りあるものの待遇的には、改めて別な仕事を探し始めるよりはたぶんマシ?で、今まで通りの分かっている仕事だし悪い話ではないのですが、それでも正式にお断りしたんですよ。
ようは延長せず、60歳をもって定年させて頂きたいと。

この通知、実はもう1回来るんですよ。
ようは定年3ヶ月前にもう1回、気持ちが変わったならそこで切り替えてもかまわない(定年延長を望む)と判断を変えれるように。
そのもう1回目が延長するかしないかの最後の決断となります。


父には、正式に断った(=言葉にはしなかったものの私は実家へ帰るみたいな意味で)と言ったところ、

「そうか・・・」

でした。

その言葉は落胆の声ではなく、明らかに帰って来てくれるのかの、そうか・・・、だったよう私には聞こえました。


さて希望定年まであと半年、誕生日を迎えたその月の末日が定年の日です。
ご存じの方もおられるともいますが、それは来年の4月末日。

さぁ~あと半年、でも先のことなんざな~んにも考えてない!、ただ辞めて北海道へ帰るだけ。
行ったら行ったでなんとかなるさ。
お金はないけど借金もないし、どうしてもここ(愛知県)に居なければならない理由もなくなったから。

愛知県に居なくても良い理由?。

それは、唯一の息子が大阪に腰を下ろしてしまった現在、ここに息子のために何も残す必要がなくなったためです。
あとは、息子たち夫婦が孫のユッキーや今後生まれてくる新たな孫を上手に育ててくれることを祈るばかりです。

父や母も含め、私たち夫婦はきっと今まで通り、我慢するところは我慢して、でも楽しむときは二人で楽しんで、
ですかね。

さてもうちょっと頑張ります、最後まで後輩に恥ずかしくない仕事ぶりを見せて終われるように。

コメント

No title

あと半年ですか
身体に気をつけて頑張ってください

私は、そろそろ定年だという時期に
会社に勤め初め
あと5年も?!働きます
(今の会社定年は65歳)
同級生がどんどんリタイアして
自由の身になるなか.......

ああ、すいません
人んちのコメント欄で
また愚痴ってしまいました
失礼しました<(_ _)>

No title

定年までもう少しですね。健康にお気をつけて頑張ってくださいね。

私は定年を前にして、力尽きて退職しました。たまに日雇い労働していますが、金銭的にはきついです。
定年後再任用している人も、からだはきついけれど、他の仕事をするよりは金銭的にはいいいようです。

人生の最後に向かって、どう生きればいいものですかね…と思う今日この頃。

Re: 谷口冴さん

返信が遅くなって申し訳ありませんm(__)m。

定年まであと1年となったあたりから時間の進みが今まで以上に早く感じていまして、もうあと半年?みたいな感じですよ。
我社も定年退職は65歳まで可能なんですが、人により家庭事情というのを考慮して、60歳から先65歳までの間、希望した段階で定年を迎えることが出来ます。
ようは62歳でも63歳でも、自分がここでこの仕事を終わりにしたい、っと会社に希望を伝えた段階で定年退職となるんですよ。
私の場合は、家庭の事情・・・ですかね。

> 同級生がどんどんリタイアして
> 自由の身になるなか.......

自由の身?はたしてそうなんでしょうか・・・。
人生、人それぞれ、私もどうなるかわかりませんが、女房と共に新しい人生を考えて一緒に生きて行きますよ。

Re: HTunitさん

せっかく頂いたコメントなのに返信が遅れて申し訳ありませんm(__)m。

> 私は定年を前にして、力尽きて退職しました。たまに日雇い労働していますが、金銭的にはきついです。
> 定年後再任用している人も、からだはきついけれど、他の仕事をするよりは金銭的にはいいいようです。

まぁ~考え方ですよね。
自分が持てる知識と体力が伴うなら今までやって来たことを続ける、しかも新たな仕事より金銭的に有利ならなおさら。
たぶん私の場合でも65歳まで勤めるなら他の仕事を探すよりいろいろな面で有利に働くとは思いますが、でも金銭的に今まで通りのものをもらうことは出来ません(格段に下がる)、でもやることも同じならば責任も同じです。

私の場合、それなら(同じ仕事なのに金銭面で下がること)、今後どうなるかわからないけど新しいことにチャレンジしたいな、っと思っただけです。


> 人生の最後に向かって、どう生きればいいものですかね…と思う今日この頃。

いやいや、HTunitさんだって私とそう変らない年齢なんですから、それを考えるにはまだ早いんじゃないですかね。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ