FC2ブログ

ダイヤグラム化

最近、仕事の終わる時間がものすごく早くなりまして、その分自分の自由な時間をしっかり取れるようになりました。
たぶん私がこの会社に入って30年近くなりますけど、これほど早く仕事が終わり、そして次の仕事までの間、自分でこんなに自由な時間をつくれるようになったことはなかったです。
おかげで好きなアニメばっか観てるけど・・・。

もちろん早く仕事が終わったからといって給料に影響を出しません。
なにせ私達路線乗務員は半歩合給ですので、時間に関係なく仕事を全うした段階で私達の給料は確定するわけですから。


ダイヤグラム化


ダイヤグラムってわかります?。
そうです、電車の時間運行やら仕事時間の正確さやら、しっかりした時間管理の基、無駄な動きを省きながら正確な動きをもってして効率良く仕事を成し得るシステムのことをダイヤグラムと言います。

大手の運送会社、特に不特定多数を顧客に持つ運送会社にとって、荷物を出す方と受け取る方は意外に正確に受けつけ&届けられているんですが、実はその中身(輸送中)というのはそうとう苦労しているんですよ。

簡単に言いますと、人に例えるならある旅に出るとします。
出発は自分の家(例えば愛知県の豊川市)、最終目的地は日本の最北端宗谷岬。
期限は3日、予算は2500円。

あなたならどう行きます?。
それ以前に2500円で愛知県から北海道の最北端まで行けます?。
何使ってもいいですよ、自転車でもバイクでも、はたまたクルマでも船でも。
当然飛行機でもOKですが、その段階で2500円は無理でしょう。

だったらヒッチハイクでお金を使わないように移動する?
じゃ~期限の3日で到着出来ます?。

これ荷物だから2500円で可能なだけで、人&手荷物(それ相応の重量)なら無理?。

じゃ~1個の荷物が100kgとしましょう、たぶん同じ輸送方法で掛かる料金はおよそ10000円くらい。
普通の人が手荷物だけで旅行をしようと思ったら、自分の体重と荷物を合わせてもこんなもんでしょう。

もう1回聞きます。

じゃ~10000円あれば愛知県から宗谷岬まで3日あれば到着出来ます?。
中には出来る人もいるかもしれませんが、その行程は並々ならぬ知識と労力、そして時として運も必要だと思います。
だいたい、青森と函館の間は陸続きではありませんからどうやっても船代は必要。

これを苦もなく可能にしているのが大手運送会社です(人は運ばないけどね!)。
でもその中身というのは悲惨なもので、働く人間には時間はあってないようなもん。
逆に荷物には限られた時間があるため、その中で働く人間は自分の時間すら忘れて何を差し置いても期限に合わせる。

これが実態です。


我社もこれを解消しようと今年4月からダイヤグラム化に取り組みました。
ようは、正規の時間内で働き、今までと同じ物量を扱いながら利益を残そうというわけです。
本当ならもっと昔からやるべき問題だったんですが、運送会社に関らずすべての商売人にとって、

[お客様は神様です!]

なんですよ。

ダイヤグラム化というのは、これを一部お客様にも負担して頂こうという発想。

一部ってナニ?

人員確保のための運賃の値上げ?

まぁ~それもありますが、それ以上に出荷時間の制限とか荷物の形状査定とかですかね。
ようは少しでも時間に余裕が持てるよう、1時間でも2時間でも前倒しして出荷してほしいとお願いするわけですよ。
それでいて運賃値上げの交渉をするわけですから出荷主にとってはたまりません。
でも、

今の社会情勢の中、運送会社だけが時間を無視して働かせるわけにはいかず、もちろんそれは自分の会社にも当てはまる部分が多かったため、じゃ~一緒に頑張りましょう!っと協賛してくれたお客様が多かったことはちょっと驚きでしたけどね。

以前は目先の利益追求のため、なんでもいいから金になるなら何でも集めて来い!でしたよ。
しかも遅くなろうがお客様がそれなりの運賃を支払ってくれるなら何時になっても集荷に行け!っとまで。


運賃、


実は国である程度の基準をつくっています。
例えば2017年度運賃基準として250km圏内であれば1個10kg以内なら1000円とか(あくまで例です)。
ようは、働く人の最低賃金みたいなもんで、これ以下の運賃で荷物を運ぶことは望ましくない#!っというもの。
ただし、人の賃金と違って法的拘束力はなく、あくまで国の推奨。

したがって民間企業はライバル(同業他社)の動きを見てから考えるわけですよ。
ちなみに国が推奨する運賃を律儀に守っているのは〇通と〇〇パック(旧 郵便局)だけかな?。
まぁ~この2社、株式のかなりの部分を国に握られている半官半民の会社ですから、国の言う事を聞かないわけには行かない・・・。
が、その代わりある意味国が守っている?。


さて前置きが長くなりましたが、ウチの会社、やっと重い腰を上げまして本気でダイヤグラム化に取り組み出しました。

とにかく早く仕事を終わらそう、短い時間で効率の良い仕事にしよう。
それに必要な物はたくさん取り入れよう(25mフルトレーラーもその一環)。

おかげで私達路線の出発時間が驚くほど早くなり運行自体に余裕が出来るようになりました。

以前は、距離的にもうちょっとだからとか、時間的に苦しいからとか、到着でメッチャ待たされるから、などなど運行中も余裕がなかったんですよ。
それが今では以前より1時間から1時間半以上前倒しされた出発時間は運行に余裕が出来ているせいか、ここでちょっと休憩とか、無理して走らなくても十分に間に合うので疲れたら一時車内で仮眠を取るとか。
早く出たからといって最終到着時間(遅くてもこの時間まで)っというのは以前と変りませんので、したがって問題のない時間に到着でき、そして早く終わったならゆっくり休憩(もしくは休息)してくださいということ。

出先での休息時間でも、また復路の定期が終わり家へ帰って来てからでも、就寝に入るまでの自由な時間がほ~んと増えました。
おかげでもうすぐ定年を迎える私のような年寄り連中にはありがたいことなんですよ、なにせ疲労を回復させる時間が長くなったわけですから、それだけ次の仕事を万全な体調で迎えられます。


さてそんな年寄り、しかも今やなんの権限もなく自分の仕事を全うすることが今では精一杯なんですがぁ~・・・

路線配車
「中森さん、今週金曜日柏へ行ってくれん、復路(土曜日)は船橋からだけど」
「ついでで悪いんだけど、再来週の土曜日も人がいないんで甲府でお願い出来ます?」

えぇ~~~!!!

ですよね。

今や関西サラリーマン定期を担い1年以上経とうというのに土曜日に2回も仕事?しかも千葉県は柏と山梨県の甲府?


オイオイオイ#!、

私がすでに降りたといえ、それでもまだ6人もの役職がいるのになんでこんな棺おけに片足突っ込んだ年寄り使うよ#!、しかも1年ぶりとか2年ぶりみたいな定期で。

もう道忘れたわ#!

っといいたいところなんですがぁ~・・・

元大親分(部署のトップ)というつまらない肩書きのために断れなかった情けない私。


ダイヤグラム化の次は、こういう部分にも手を入れましょう。
過去の人間を使うのではなく、立場に見合った仕事しろよ#!っと今の上司に私は言いたいし、そういうことが自然に出来る若い連中を育てるのも役職の務め。

形ばかりのピラミッドではなく、下から上へ、そして上から下への風通しの良い組織作りをしてほしいもので、その中に人の心を察してやれる部署にしてもらいたいです。

あと1年、やれることはやります、できるだけ断りません。
でも、こんな仕事が未だ私に回って来るということは、


若い連中、こんな年寄りに仕事で負けるなよ!。

コメント

非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ