FC2ブログ

近い将来?

そういえば最近、だれかさんのブログを読んでいると旦那さんがもうすぐ定年を迎えるそうで、その後は現在の仕事の派生?で独立し、新たに自営業者になるんだそうです。

当然定年延長扱いとなれば、同じ仕事をしても給料は相当ダウンするわけで、会社からみれば「その歳で使ってもらえるだけマシ!」みたいな扱い。
他の仕事を探しても結局バイト並みの仕事しか見つからず、それで年金をもらえる年齢まで家族を支えられるか?っというとちょっと無理。

自営業者、安い給料で年寄り扱いされながら働くより賢い選択だと私は思いますよ。
ある意味博打と言えるかもしれませんが、それをどれだけ高い確率で成功させることが出来るかはその人の持つ能力と知識、それと優れた感?。

さぁ~私も他人事じゃない!、定年まであと1年。

もちろん65歳まで延長は出来ますが、60歳を超えた段階でもらえる収入は現在の75%くらい。

まだまだ良いほう?。

そりゃ~そうです、私が勤める会社の部署は給料の7割が歩合給。
当然、1年生であろうと給料のピークになる55歳であろうと歩率は変りませんので当然定年後であっても歩率の変更というのはないんですよ。
したがって基本給がウルトラ安くなるだけで、それは給料全体の25%くらいでしかない。
とうぜん社員である以上福利厚生も変ることなく、当然額は多少減るが臨時給(ボーナス)もあるわけで、業務の上ではなんの変化もなく今まで通り働ける。

定年延長、

上記の通り、他の会社より待遇は悪くはないと思うんですよ。
でも、なぜ私はやらない?。

待遇は変らない=責任も今まで通り

っと、いうことです。

怖いのは運転手である以上運行中の事故!。

プロが起こす事故の責任は素人の比ではありません。
当たり前です、プロなんだから素人のような事故を起こす自体本人の自覚が足りないからです。
一般ドライバーのよう、「ごめんなさい、後は保険屋さん任せるから納得行くまで話して」な~んてわけには行きませんから。

実は同業他社の乗務員、大きな事故を起こしたばかりに身命を賭してまで責任を全うした方がいます(最終的に首吊り自殺)。
正直、そこまでする必要があったのか?っというほど可愛そうでしたし、残された家族の方々はどうなるんだと思いましたよ。
でも、自分の不注意で誰かを傷つけた以上、プロはそれに見合う責任を負わなければなりません。
被害者は家族も巻き込むわけですから加害者である当人も最終的には自分の家族や親族まで巻き込んだ責任を負うことになるんですよ。
ほ~んとプロが起こす事故は見ていて辛いものがあります。

事故を起こした責任が自分だけで済むならいいです。

我社でも似たような事案がありまして、本人は責任を全うするために被害者にお詫びをしながらその家族に対して自分なりの誠意を精一杯続けたんですが、それを支えきれなかった家族が自殺するというのもありました。
本人にしてみれば、自分のため、家族のため、そして同僚や会社のために罵声を浴びながらも被害者への償いに心で泣きながら耐えていたのに、自分にとって一番大事な家族を自分の起こした事故で亡くすことになろうとは・・・。

私もこれは一番やりたくないことです。
やりたくない、っというより絶対に避けたいことです。
でも運転は危険と隣り合わせ、自分がどれだけ周囲に注意を払いながら1秒たりとも怠ることなく運転に集中できるか?なんです。

これが難しい年齢になったということ。
だから仕事としてハンドルを持つことは避けたいんですよ。
事故を起こせば自分一人で済まないことを何度も目撃していますからねぇ~。


さて陰気臭いことばっかり言ってないで、定年後は何をやろう。
もちろん年金をもらうまで遊んで暮らせるほど裕福な我家ではありません。

あせってもしょうがない、まぁ~なるようになるか。
でも、一応自分なりに努力はしたいと思っています、ハイ!

でないと、私にとって一番大事な女房が困るでしょうしね!ハハハ(^^ゞ。

コメント

No title

こんにちは。
私のことか。

月日のたつのは早いもので、そういう年齢になってきたんですねえ。
夫は今の仕事自体は嫌いじゃないんですが、収入面や、休みの自由がきくということで、資格を活かして自分でやるということにしたようです。
全くの自営業ではないですが、やったらやっただけ収入につながるらしいです。
まあ実際に始まってみないとわからないんですけどね。
ユウジさんも来年定年ですか?
確かに運転の仕事は責任を伴いますね。失敗したでは済まない面もあるので、慎重に考えないとならないですね。
今後何をするか。どういう道を行くのか。
悩ましいけれど、楽しみや希望もある…かな?
お互いそうだといいですね。

Re: No title

知秋さんご無沙汰です。

そうなんですよ来年4月で私は定年を迎えます、もちろんその後5年間の延長は出来るんですが、やはり北海道へ残して来た両親が心配なので思い切って帰ることにしました。

ちょうど知秋さんのブログを読んでいると私の知り合いにも似たような方法を取った方がいまして、その方は自営業となるんだそうです、そこがちょっと違うところかな?。
知秋さんの旦那さんはそこまで行かないにしろ、いままで培ってきた技術と知識を活かせるのであれば良いんじゃないですか?。


私ですかぁ~・・・


正直、今はな~んも考えてない!っというのが本音、お金と時間に余裕があれば一度はやってみたかった日本一周にチャレンジしたいと思っていますよ。
ただ女房がなんということやら、家計はすべて女房任せですから。

向うへ帰っても両親はぜんぜん健康ですし年金暮らしでも困らないみたいですから、私も元気な内に仕事ではないなにかをやりたいんですよ。
たぶん一生に一度のチャレンジになるんでしょうが、思い立った時に身体がちゃんと動けない状態では意味がありません。

まぁ~その後は何か探しながら生活の足しになるような仕事を見つけないとね!。

実は私も女房も難病指定されている持病を以前から抱えています(生涯治らない)、ただ今はそれに負けないだけの精神と体力があるだけ。
これがいつまで続くかは分からないわけで、だったら動ける内に・・・

ですかね。

でも最近私の方に症状がやや出始めてきていまして、それに女房も気づき始めている。
当然私には自覚症状がありまして、それをどうやって誤魔化しながら仕事を続けるかで精いっぱい。
でもさほど生活するのに困る状況までは行ってないのであと1年、なんとかなるかな?。

私より1年先輩となる旦那さんの新たな人生、なにか参考になる話でもあったら聞かせて下さい。

春の所感

おひさしぶりです。
ブログ拝見しました。
お仕事の件、御勇退を決意されたことや、その御趣旨について読ませていただきました。
中森ユウジ様の責任感あふれる言葉を拝見して、少し涙がでる思いがいたしました。
私は、社会のことは、よく存じませんが、定年後の継続採用で現役時代の75パ-セントのお給料が出る会社というのは、制度的にはまだ良心的なほうだと思います。
たいていの会社ですと、半分になることもあるらしいですね。
ユウジ様の場合、その点もお考えになり、よくよくの御決断だと思います。
どうか、今後、お身体に気をつけられ、お幸せでいらして下さい。!!

Re: 春の所感

あやかさん、返信が遅れて申し訳ありません。

定年後のこと、なんだかまだ他人事なんですよ、きっと来年明けてからすぐそばの現実が見えてきて右往左往するんでしょうねぇ~。
今の会社、制度的にはそう悪いとは思いませんし、続けられるならもうちょっと・・・っというのはありますね。
でもやはり安全は第一で、自分だけが痛い目に合うのはしょうがないとしても、他人を巻き込むような事故を起こすとどうしようもないですし、それだけは避けたいからこそ職業としてハンドルを持つのはそこまでにしたいんですよ。

人の能力には限界がありますし、しかもそれを維持するのはこの歳になると困難で当然限界は下がり続けます。

クルマに興味のあるあやかさんならわかると思うんですけど、エンジンの最大出力は7000回転とか8000回転でピークを迎えます、でもそれが必要なのは一瞬で普段の走りではそれを必要としないものですが、実は使わなくてもそれがあるというのが大事。
それがあるのを知っているからこそ余裕を持って走れるということです。
でも現在の私はディーゼルエンジン並みにピークは低く(4000回転くらい?)でも常用域はガソリンエンジンとほとんど変らない、つまりエンジンにもう余裕がない=危険回避に使える能力に余裕がない。

みたいなもんですかね。

まぁ~とにかく今年1年じっくり考えてみますよ。

それにしてもわけのわからない例えですいません、まんま[きのこ]と[たけのこ]ですね!ハハハ(^^ゞ。

No title

なんだか読んでいて怖くなりました

そうですよね

運転が趣味!!という程度でとまってて良かった
と思う私です(^^)

Re: 谷口冴さん

仕事でもプライベートでも運転で自分の感覚が鈍ってきた、っというのはなかなかわからない物ですよ、それこそ目が悪くなっても自分で自覚出来るようになる頃には0.2以下まで下がらないとわからないように。
その数字を同じ仕事をする仲間と比較すると・・・
ですかね。

> 運転が趣味!!という程度でとまってて良かった
> と思う私です(^^)

趣味をギリギリまでやる、ということはなく、そこそこに終わらせ次に回せることが出来るから安全なんだと思いますよ。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ