FC2ブログ

ほんとうにあるの?

ここしばらくアニメ関連の記事を書いていませんのでちょっとご紹介。
アニメ関連どころかブログそのものがメッチャ空いちゃってますけどね、ハハハ(^^ゞ。

鬼灯の冷徹

ほおずき
*借り物写真です*

2~3年前に1期目がスタートし、昨年秋に続編として2期目がスタート。
どちらも1クールですので2期も昨年12月で終わっています、ただ人気なのか今年4月からの春アニメで3期目がスタートする予定。

どんな話か?っというと、人は死んだら天国か地獄に行く!っとよくいわれますが、その死後どうなるのか?っというのをアニメにしたものです。
ちなみにタイトルの鬼灯というのは鬼人で、あの閻魔大王に仕える第一補佐官で鬼人のトップ。

人の死後、地獄を管轄する部署で働く人々(鬼人が多数)の奮闘記みたいなもんで、これが1話12~13分程度(1回の放送で2話)のショートアニメです、したがって最初からでなくても大丈夫!(話の構成がサザエさん風?で1話完結)

人が死んだらあの世で裁判に掛けられるのを知っています?。
なんと10回もの裁判を経て最終的に天国へ行くか生涯地獄に落とされるかが決まるそうです。
この裁判官というのが10人いまして、それぞれ裁きを下しその様子を見て次の裁判長がまた判断する・・・
だそうです。

その10人の裁判官というのが下記の通り、

1、秦広王(しんこうおう)
初七日に裁く裁判官、三途の川の手前で罪に対する嘘の有無を審議をしている。

まずはどんな罪を犯しているか、それに対しての弁明が正当かどうかを審議?。

2、初江王(しょこうおう)
二七日に裁く裁判官。秦広王の裁きを受けた亡者が、その裁きに応じた努力で三途の川を渡ったかを審議することに加え、生前に関わり合いのあった動物(ペット)が呼ばれ、その亡者について証言をする。

ようは生前、動物に対しての所業を判断されるわけですね。

3、宋帝王(そうたいおう)
三七日に裁く裁判官、邪淫罪の疑いを審議する。

こちらは生前の性癖(特に性的犯罪)の内容を審議するみたいです。

4、五官王(ごかんおう)
四七日に裁く裁判官、亡者の罪の重さを量る。

ようは罪に対して地獄まで落とす必要があるかどうかの判断、でも4番目の裁判なのに五官王ですかぁ~・・・

5、閻魔王(通称 エンマ大王)
伍七日に裁く裁判官

裁判官でもあり地獄の総責任者でもある、また全10人の裁判官(王)のトップでもあるが、なぜに5番目???。
ちなみにエンマ大王、このアニメで知ったんですが、神様でもあるんだそうですね。

6、変成王(へんじょうおう)
六七日に裁く裁判官。

事実上、ここで八大地獄行きか八寒地獄行きを決めるわけで(この二つの地獄の中にも細かい部署(地獄)がある)、ようは5番目の閻魔王の段階で天国行きとならなければ地獄行きがほぼ確定?。

7、泰山王(たいざんおう)
七七日(四十九日)に裁く裁判官。通常はここで結審する。

ようは前の裁判で決まった地獄行きをどの部署のどの地獄へ送るか細かく決め結審される。
ただ亡者の努力や反省も吟味し、また供養してくれた人々の供物等(もちろん心も)の多さなどで償いは終わったとして天国行きとなる場合もあるそうだから、亡者はここまでの間の努力を怠ってはいけない?。

ちなみに四十九日(しじゅうくにち)とは、亡くなってから49日目ではなく、仏教では7日を一回りとするため、7×7=49との計算から77日目が四十九日となるそうです。
したがって罪が大きい死者はこの四十九日の法要というのはものすごく大事で、供物による考慮(ようは身内の嘆願)も大きく左右されるんだそうで、犯罪人=地獄とはならない場合があるそう。

私が死んだら女房に、

「四十九日だけはいっぱい供物並べてしっかり供養してね!」

っと、頼んでおこう。


ここからは再審となる。

8、平等王(びょうどうおう)
百か日に裁く裁判官。

もう一度最初に戻って今までの判決が正しいのか、また亡者(死者)の弁明を聞いて再考するらしい。

9、都市王(としおう)
一周忌に裁く裁判官
同じく、細かい罪を再度審議。

10、五道転輪王(ごどうてんりんおう)
三回忌に裁く裁判官。
再審後、再度判決の出る場所で、ここで地獄行きが確定すると生涯地獄で罪の償いをするので戻っては来れない。

最終判決・・・


どうですぅ~?怖いでしょう。
死んでから2年間は天国行きにならない限り生前の反省と審議が続くんですよ。


あぁ~そうそう、このアニメで知ったのですが、死後2年を三回忌、でも1年は一周忌と呼ぶのはナゼでしょう?。
正式には死んだ直後を一回忌というそうで、じゃ~1年後はなぜ一周忌?(本来ならば二回忌)。
これは死後喪に服すことであって、それが一回りして開けるのが翌年(喪中ハガキが良い例)、つまり喪に服して一周回ったという意味で使われるそう。

これ意外にも生涯いろいろ勉強(人としての道徳?)になることがたくさん出て来ますよ。

また、一度死んだら地獄や天国ではもう二度と死なないので時代背景がメチャメチャ過ぎて面白い。
桃太郎とかも出てくるんですけど、あの人室町時代の人だったんですねぇ~。
ちなみに部下のシロ(犬、猿、雉の犬)が桃太郎の武勇伝の裏話をしてしまった。

*鬼退治の日、相手の鬼は宴会でベロベロに酔っていて、あれならだれでも勝てる、ようはビギナーズラック?その後鬼退治に成功した桃太郎は呑んで騒いで羽目を外しすぎて部下(犬猿雉)に減滅される*


黄泉のみこと(月夜見尊)のことも書かれていて、アニメ中、「ざっくりわかるイザナキとイザナミ」というのがありまして、現世に登場した始めての日本人とか。
ちなみにエンマ大王、日本人として最初に死んだ人なんだそうです。

正直コントアニメなんですが結構笑えますよ、そのわり勉強にもなる。

気が向く人は観て下さい、たぶんレンタルDVDもあるだろうし、yahooサイトのGYAO!でも観れます(一部有料)。

次回の3期目、楽しみだなぁ~。

コメント

非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ