また来た!

毎年恒例で、ウチの実家と女房の実家に柿やらなんやらといろいろ送ります。
これは常にこの辺の名物等をお中元やらお歳暮代わりに旬の時期を迎えると買って送るわけです。
まぁ~これは、「今年も行けないからまたこっちの名物でも送るね!」みたいなもんかな?。
これはもう何十年続いていることやら・・・。

去年も今年もウチの実家へは帰っているし、もちろん同郷の女房の実家へも行くわけですから、そんな[今年も行けなくてゴメンなさい名物]を送る必要はないんですがぁ~・・・

ついつい毎年のことなんで。


もちろんこれには毎回お返しが来るんですよ。


ウチの実家と違い、女房の実家は畑を持っています。
別に農家というわけではないんですが、自分の家で食べる物はたいがいの物は作っているんですよね。
で、秋になると自分の畑で収穫した野菜やらなんやらいっぱい送ってきます。
で、その中に必ず混じっているのがコレ!

securedownload[1]

そう、私の大好物のぽん鱈!(女房の親は知っている)。

もう笑っちゃいますよ。
たくさんの野菜の中にこのぽん鱈が埋まっていまして、明らかに、

なんでたくさんの野菜の中にぽん鱈???

です。



ウチの女房はあまり好きではないんですが、それは女房の親も知っているはず。
当然これは私に向けてのお礼なんでしょうねぇ~。

ちなみに息子も大好物なんですが、そちらにはちゃんと別に送っているのでしょう。
なんたってウチの家系では唯一の孫だし、女房の実家から見てもたくさんいる孫の中の一人なんですが、今年ただ一人、自分が生きているうちに初曾孫を連れて来た大事な外孫ですから。

そう考えると私も息子も女房の家系とはかけ離れているんですが(息子は血がつながっている?)、毎回毎回気にしてくれているんでしょうねぇ~。

過去記事を読んだ方はわかると思うんですが、女房の親とは一時犬猿の仲で殴りあったこともある私です。
でも、亡くなった長男のおかげで今の私達家族があります。


毎年毎年ぽん鱈見るたび、女房の親は私に気を使ってくれているんだろうなぁ~、っと思いますよ。
なんたって今年、曾孫を連れて遊びに行った時、女房のお母さんが、

「末っ子(ウチの女房)が一番最初に曾孫を連れて来るとは思わなかった」

っとメッチャ喜んでいましたからねぇ~。


さ~て私にとって酒の肴に抜群のぽん鱈、女房の親の気持ちも含めてじっくり味わいますよ、ハイ!。

コメント

ぽん鱈

おおっ!ぽん鱈。
ユウジさんに教えていただいて、初めて2015年に購入。そして今年9月、北見駅周辺のお店が定休日ばかりで苦労して、やっと北見エキナカのキヨスクで買いましたね。
美味でビールに合うのですが、ウデが疲れる(笑)

Re: ぽん鱈

あれ結構高いですからねぇ~、正直申し訳ない・・・。
ですが、やはりこの辺では買えませんので嬉しいですね。

> 美味でビールに合うのですが、ウデが疲れる(笑)

それは確かなんですが、ウチの女房は残った皮が臭いのがイヤなんだそうです。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ