無駄に書いてみる? その1

10月・・・秋らしくなって来ましたねぇ~。

先月の更新、たった2回かぁ~、過去最低だな。



前回の記事にも書いた通り、これといって自分に重大な問題があったわけではないんですよ。
多少重大な部分?もあるようなないような・・・。



気晴らしに、今日はカテゴリのすべてを何か考えながら書いてみたいと思います。


えぇ~っと、まずは仕事かな?。


正直、順調です。
今までより家にいる日が多くなったせいか、
「アンタの食事の準備をする日が増えた#!」
っと女房は文句を言っていたわりに、配車表とにらめっこしてしっかり休みの日は私を巻き込んだ予定を立てているのが女房らしい。

得意のチラシ広げて、この日はコレ、あの日はコレ、っとしっかりチェックし、そのたび私は叩き起こされ買い物に付き合う始末。
まぁ~これはこれで、今や二人しかいないながらも我家の家計を切り盛りしてくれている女房に付き合わないわけには行かない。

一昨年までは私がほとんどの配車を決めていましたので、実は女房は配車表が配られる前から私の休みを知っていたんですよ。
それが今ではなんの権限もなくなった私は、後輩(今の上司)に配車表を渡されるまでどうなるのかがわからない。
当然女房も私が家に配車表を持ち帰るまでわからないわけです。

一応パターンというのがありますから、だいたいの予想は付くんですけどね。

それでも女房は、

「アンタなんかヘタに知識あるもんだから、それを逆手に?今じゃいい様に使われているんだから、どこでどう変更になるんだかわからんわ#!」

まぁ~確かにそれは言えるかな?。

なにせ元は路線のトップだったんだし、自分の部署の定期くらいはすべて知っていて当たり前。
それが役を降りたとたん、
「人のことは知りませ~~~ん」
とは言えないでしょう。
だって私が十数年、常にこの部署のトップとして皆を振り回して来たんだから。

まぁ~そのせいもあって私の身体が動く限り、役を降りたからといってわがままを言う気はなく、私で使えるなら、
「命じられたことはなんでもやってやる!」
っと、いうつもりで今は仕事に励んでします。

でも最近は年寄り扱いのせいかほとんど途中で定期を変えられるというのはありませんし、私の上司(以前の部下)は、
「以前はたくさん助けてもらったんだし、今は無理にならないような定期を組まさせてもらうから休める時は休んで」
っと気を使ってもらっています。

ちなみに半歩合給の職場なので私がトップ当時は、若い連中には美味しいところを分け与え常に貧乏クジを引かなければならなかった私、当然ベースとなる給料は安いものの、辛うじて役職手当でカバーしていたせいで他の人と同等の支給額をもらっていました。
これを知っていた今の私の上司(後輩)は、

「最後くらい(定年まで)、今までの損(立場上給料的に損をしていた部分)は取り返せなくても、今後は少しでも楽して儲けましょう」

っと、今の仕事を与えてもらっています。

事実、役職手当がなくなったにもかかわらず、以前より7万も8万も給料は上がったし、しかも自分の自由になる時間が相当増えた(終わる時間が早くなった)。
あげくにサラリーマン生活となり、常に土日連休で女房とも孫とも付き合いやすくなった。

メッチャ気を使ってもらっています。
そういうわけで仕事は実に順調です。
ただ身体の方がイマイチなんですよ。

歳のせいもありますけど、足は上がらないわ腕は上手く動かせないわでた~いへん!
とにかく右半身が上手く働かないため仕事に支障が出ちゃう。
まぁ~これは以前書いた持病との付き合いですから、当然歳を取るとちょっとづつ影響が出て来ます。

以前はちょっとイタイ!とか、動きが悪いと違和感があるとか、ちゃんとした感覚があったんですよ。
ところが最近、この感覚がないまま身体の動きが狂っちゃう。
歳だなぁ~・・・

でも、なんとかあと1年半、無事に勤め上げたいと思っています。



でぇ~次はクルマかぁ~。

ほ~んと最近、クルマの記事書いてないですよねぇ~、それだけ興味が薄れた?。
まぁ~それもありますが、最近のクルマは出来すぎていて、新しいクルマは乗らせてもらっても楽しいとは思わないんですよ。
アバタもエクボ?
私の場合、こ~んなクルマが好きですからねぇ~。
多少使い難い部分があっても、それをものともしない魅力あるクルマ。
そんなクルマが今はありません。

もちろん金額や用途にこだわらなければ面白そうなクルマはありますよ、でも、通常の使い方にも耐えうる構造でハチャけたクルマって無いですよねぇ~。

今ちょっと興味あるのはスズキのスイスポ(スイフトスポーツ)かな?
1tを切る軽量で1.4Lターボエンジン、ハイオク仕様ながらも燃費は〇走りは◎。
今や二人しかいないし、女房が一人で買い物の足にするにはちょうど良いサイズ。

なんたってCX-5、幅がありすぎて(ミラーのはみ出しを入れると2.2mくらい)女房はスーパーの駐車場でメッチャ手こずるもんだからすごく嫌がる。

それとディーゼルエンジン。

普通に使う分には文句ないです、ほ~んと良く出来ている。
しかも長距離となれば水を得た魚の如く、強大なトルクと4WD性能を活かしてどこへでも行ける。
しかもあのデカさのわりに燃費も良く、使う燃料は軽油なので距離が伸びるほど経済的?。

でもねぇ~・・・

女房いわく、

「もうディーゼルはいいや・・・」

ですわ。

きっと女房にとって、これはディーゼルでなくてもハイブリッドエンジンでも同じだと思います。
ようは、自分の思った通りの反応と違う!
ですよ。

結構ウチの女房、クルマに対して知識もないわり超~わがままで・・・。

1.とにかく安く買えるヤツ
2.だけとチャチなクルマはイヤ
3.絶対AT、でもCVTはイヤ
4.燃費いいヤツ
5.ビュ~ンと行くヤツ
6.スルっと曲がるヤツ
7.長距離で後ろで寝れるヤツ
8.乗り心地のいいヤツ
9.バックしやすいヤツ
10.絶対壊れないヤツ

そんなクルマねぇ~わ

ちなみに現在乗っているCX-5、結構いい線行っていると思うんだけどねぇ~。
だいたい今のクルマ、女房の持病(左足がやや不自由)に対応させるため私がメッチャ妥協して買ったクルマなのに・・・。


そうそうクルマといえば時々書いていたF-1のお話。

とうとうホンダはマクラーレンから見捨てられることになりましたねぇ~。

エンジンがクソだから・・・

もうホンダにとっては屈辱だと思うんですがぁ~、事実だからしょうがない!。
しかも来年はレッドブルのセカンドチーム、トロロッソとのコンビを押し付けられたみたいなもん。
それほどの屈辱を味わってもF-1に残りたい?BAR時代よりもみっともなく宗一郎さんが泣くぞ。
負けず嫌いのホンダはいいけど、すでに負け過ぎでしょう。
年間ウン百億円もF-1に使うなら、もっと別な方法で世界一を狙ったら?。



さ~て次は写真?

カメラ換えてから絶不調の私です。
独学ながら、苦労して苦労して何年も掛かってちょっとだけ自分らしい写真が撮れるようになったのに、これがカメラを換えたとたん白紙になった。
今までの経験や苦労はなんだったんだろう・・・っというくらい今のカメラに笑われている。

それほど高性能なんですよ、今のカメラ。
ここまで出来るか・・・っというほど凄く、これを自由に扱えない自分が情けない。
クルマに例えるなら、コンマ何秒を削るためアレコレ工夫しながら持てる自分の知識と技術を埋め込んだ自分の安い愛車。
これが突然ポルシェやフェラーリに乗り換えたみたいなもんで、どこをどうすれば良いのかぜんぜんわからない。
でもただ走らせただけでもドライバーの技量に関係なくバカっ速!。

みたいなもんです。

だから今のカメラ、シャッター押すだけです(モニターをさわるだけでもOK)。
もっと言えば、ファインダーなんか関係なく、モニターを見て強調したい部分をさわればそれでヨシ!。
どんなに設定を変えてもフルオート撮影に敵わないし、タッチパネルを指先でさわるだけでボケまで作りやがる。
オイオイ、レンズの明るさはどうなっているんだ???

あぁ~・・・(溜息)

初めて一眼レフを持った頃に逆戻り・・・
腕に見合わないカメラ買っちゃったなぁ~。

このカメラで撮った写真、鮮明で綺麗ですよぉ~・・・
まるで人の撮った写真を、

おぉ~~~綺麗だなぁ~・・・

っと眺めているくらいに。


ようは、自分で苦労して撮った感覚がないんですよ。

これ、上にも書いたクルマと一緒ですよね。
あまりに出来すぎてしまったがために楽しくナイ!。

選ぶカメラ間違ったかなぁ~・・・。


そういうわけで、今は写真になかなか気合を入れられない状態です。
せっかくの趣味なんだし、これはこの先何十年でも続けられる趣味なのでなんとかしなければ。

こだわり過ぎなんですかねぇ~。


さ~て次は音楽かぁ~・・・もっと書いてないなぁ~。


続きは次回ということで。
なにせタイトル通り今回は、その1、ですから。


しかしこの記事、何日掛かったんだろう・・・
最初の部分なんざ9月後半に書いたもんだから書き直しちゃった。

今月はもうちょっと更新しよう、せっかく読んでくださる人もいるんだし。
今回はそのための、その1、かな?

コメント

No title

カメラ編について。
そんなに違うんですか…
私はやっとこさカメラの基本がわかってきて
絵を見ても、広告の写真を見ても構図が気になる(笑)
そして諸先輩方の写真と自分の写真を見比べて
はぁ…とため息出ます。
紅葉の季節が近づいてきましたよ。楽しみにしてます(^^)

Re:yuminさん

結構良い調子で進んでますねぇ~、写真も見ましたがナカナカですよ。

カメラ、結構違いますよ・・・
っというより、あまりの高性能に私がついて行けないだけなんですが。

デジタル一眼ってまだ歴史が浅く一般に普及して20年程度?、このせいで突如いろいろ変っちゃうんですよ。
前のカメラは7年くらい前の設計ですが、今のカメラとは比べ物にならないくらい進化しています。
yuminさんが理解しやすいように言いますと、

20年前の電子ピアノと現在の電子ピアノ、どのくらい差があります?。
実際ピアノを弾かれる方なら20年前の電子ピアノなんざ、ある意味オモチャだったのではないですか?。

でも現在の電子ピアノ、タッチも含めてアップライトに負けないどころか、音を出せばスタインウェイ?くらいの進化ぶりですよ。

私の場合、カメラはそのオモチャ(実際はオモチャではない)で頑張っていたみたいなもんで、ここまで進化しちゃうとちょっとついて行けず凹んじゃいます。

2~3年ごとに機種を変える人ならそうでもないでしょうが、私のようガラパゴスではちょっと無理、なにせ頭の中もガラパゴスですからねぇ~。

せっかく買ったんだし、もうちょっと使えるように頑張ってみます。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ