手入れするなら最後は確認を

今日9日(日曜日)はもちろんお休みなんですが、いつもと違い午前10時前には起きてしまった・・・。
普段なら仕事の関係で(朝まで仕事)午後2~3時頃まで寝て、その後は女房に付き合い買い物に出かけるのが日曜日の日課?みたいなもんなんですが、今日はクソ暑くて寝てられなかったんですよ。
もう昼間にエアコンナシでは寝ていられませんねぇ~。


せっかく早く起きてしまったもんだから女房に、

「おぉ~涼しいとこ行こうぜ!」

っというわけで山の中へ。

相変わらず山好きだよなぁ~・・・。


で、向った先は静岡県の山奥、寸又峡!
でも、結局[千頭]止まりだったんですけどね。

=千頭駅=

そうです、あのSLが走る太井川鉄道(本線)の終着駅。
榛原郡川根本町にある山の中にある駅で、そこからアプト式鉄道で有名な井川線へと連絡する乗り継ぎ駅でもあります。

=アプト式鉄道=
レールの間にギザがある軌道があり、これを列車側のギアと噛み合せて坂を登る方法


着いて間もなく、な~んか知らんけど、トーマスフェアなんざやっていますねぇ~。
これは知らんかった。
20170709 004

とりあえず入場券を買って駅構内へ。

20170709 012

おぉ~実物大?トーマスですか???。

構内のレール上を足漕ぎトロッコで走行可、しかも横に本物のSL(定期便)が停まっているのにですよ。
20170709 013
ちなみに向こうに見える車両は太井川鉄道の井川線を走るアプト式車両。

もっと笑ったのは、ホーム上にミニレールを敷きミニトーマスまで走らせていました。
20170709 040

さて、例のアプト式鉄道の車両なんですが、以前にも紹介した通りメッチャ小さいです、まるで遊園地にある園内を周れるミニSL(モドキ)に引っ張られる客車みたいです。
20170709 073
横に立っている駅の方々と比べてもわかると思いますが、この電車内は大人が立つには難しいほど小さい。

さて出発時間となりました、運転士さんは女性でしたよ。
20170709 084

ちなみにこの電車がアプト式というわけではなく、登りのきつい部分だけギアのある特別な気動車と途中で連結して登ります。
したがってその区間だけの特別な気動車は、そこへ行かなければ見ることが出来ません(長島ダム付近)。


さて、私が見たかったのは実際に動く機関車だったんですよ。
ところが・・・



上の写真でも気が付いた人もいると思うんですが、写真に鮮明さがありません、特に右半分(縦構図なら上半分)。

なんで???



実は帰るまで原因がわかりませんでした。

ファインダーを覗いていても・・・

「な~んか霞むなぁ~・・・なんで???」

レンズが汚れてる???
一応前玉を綺麗に拭きとってみる。
それでもやや霞むので、もしかしてファインダー窓が汚れてる???
麺棒を使って綺麗に拭きとってみる。

うぅ~~~ん・・・良くならない・・・。
ちなみにカメラの小さなモニターでは良いか悪いかよくわからない。

天気が悪い(曇り)からかな?
WBをオートから曇り&日影に変えてみる。

うぅ~~~ん・・・色具合が変るだけで相変わらず霞む。
あの豪快に吐き出すSLの煙のせい???(咽ぶくらいにすごく、周りが霧に包まれているよう)。
しかもなんでかやたらと白飛びするんですよ(霞む部分)。


ついにカメラ壊れたか???
これじゃぜんぜんまともに撮れないじゃないか#!。



じゃ~まともに撮れないんなら内臓フィルターを掛けて誤魔化すか、です。

これが意外に良い写真になりました、ただし私がそう思うだけですけどね。




私が生まれ育った頃の、まさに古き時代の北海道は40年以上前の北見駅へタイムスリップ!(実際は千頭駅だけ)

20170709 045

20170709 024

20170709 016

20170709 096

20170709 034

20170709 025

20170709 101

20170709 067

私の小学校時代から中学生になったばかりの北見駅はこんな風景だったんですよ。
機関車もそのままなら客車もそのまま、まさに40年以上も前のまんまでトーマスの方を向かない限りタイムスリップしたみたいでしたよ。
ちなみにトーマス号も走るそうです。


そういうわけでここで時間を潰してしまったのと、カメラがまともに写せない状況では何しに来たのかわからないので帰ることに。
だいたいウチの女房、

「今日は年に一度の特別な特売日なんだから夕方5時くらいまでは帰ってよね、この全品30%OFFの会員パス(私の名義で女房だけ会員)、今日しか使えないんだから#!」

はい・はい・・・


っというわけでウチの女房、機関車より特売が終わる時間を気にしていました、ハハハ(^^ゞ。




さてこの霞む原因、帰ってからわかりましたが、ようはレンズの後玉に手垢が付いていました。

行く前にレンズ等を磨いていたんですが、磨き上げた後ほんの一瞬親指がレンズの後玉(カメラとレンズの接合部内)に触れたことに気が付かずカメラにセットしてしまったんです。

バカですねぇ~。

触った部分がレンズの右半分でして、そのため光が乱反射し霞むは白飛びするわで悲惨な状態になったというわけです。
まぁ~とにかくカメラが壊れたわけではなくて良かったですけど。

それにしても、

出先まで行ってからカメラの不調に気が付くと、その後は、

ど~でもいいや・・・

になっちゃいますよね。

しょっちゅうやるカメラの手入れなんですが、こんなことに気が付かない私って初心者らしい、


形ばかりの手入れ?



関連記事

コメント

No title

壊れた(?!)原因が分かって良かったですね
でも、不調を上手く利用する技、凄いです!

機関車の半分ボケた感じが
すごく良いです(^^)

Re: 谷口冴さん

正直、な~んでこんなこと(レンズに手垢)気が付かなかったのかが情けない・・・。

> でも、不調を上手く利用する技、凄いです!
> 機関車の半分ボケた感じが
> すごく良いです(^^)

昔の写真を見ていたら、大概こんな感じで写っていたので面白いかな?っと思って。 
手垢の付け方によっては、案外面白いフィルター代わりになったりして、ハハハ(^^ゞ。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ