出ました、またまたヒマ潰し記事

書くことがない時によくやるのがnet上で書かれる噂を自分で検証すること。
そうです、いつものくだらない記事に対して私がどう思うかです。

世の中の人はこれをどう思っているかはわかりませんが、私の独断と偏見&知っている限りの知識を正しいかどうかは関係なく答えとしています。
そのうち、この項目をカテゴリに加えようかな?。



北海道の肉料理

1.ジンギスカンが全国にあると信じて疑わない北海道民

私も以前はそうだったんですが、愛知県へ越して来てからジンギスカンを売っていないのにショックを覚えた。

2.ジンギスカンには2種類ある。 タレ漬けタイプか後付けタイプ

これ、地域とそのときのやり方によって違うんですよ。
ようは焼くか(後付タイプ)煮込むか(タレ漬けタイプ)の違いで、我家(実家)は家でやる場合は煮込みでしたねぇ~。
でも野外でやる場合は焼きで、早い話がタレに漬け込んだものを煮込むか、肉そのものを焼いてタレに付けて食べるかの話です。
ちなみにタレはベルのジンギスカン用タレが絶対です。

3.各家庭には必ずジンギスカン鍋がある

確かにどこの家庭にも必ずと言ってよいほどありました。
ちなみに30年以上も前に愛知県へ越して来た私の家にもあります。
これって関西人ならだれでもたこ焼き機を持っているのと同じでは?。

4.花見といえばジンギスカンパーティー

当然でしょう!道産子の嗜みですよ。

5.ジンギスカンといえば、松尾ジンギスカンが有名

正直それ以外知らんし、それ以外のメーカーを選ぶことはなかった。

6.外で焼肉をすることを「バーベキュー」といわずに「ジンギスカン」と呼ぶ、例え羊の肉がなくてもジンギスカンと言い張る

メッチャ笑えるけどそれは確か。
北海道でのキャンプは、羊の肉じゃなくても牛肉だろうが豚肉だろうが野外BBQ=ジンギスカンですから。

7.円筒状の肉を薄切りにした「円盤型」の物しかジンギスカンとは認めない。(元・道民)

いやそんなことねぇ~よ#!、それ海外製の冷凍物だろう!
本気でジンギスカンを味わいたいなら地元の生のラム肉を焼け#!

8.道民はやたらいろいろな肉を食べている。鹿肉、羊肉はもちろん熊、トナカイ、アザラシ

ウソ書くな#!、北海道のどこにトナカイの肉売ってんじゃぁ~~~!
熊はあるけどアザラシの肉だって見たことないわ#!

9.室蘭のフツーのスーパーの鮮魚コーナーで「海鹿」というラベルの貼られた切身を見た。北海道人はアシカを常食するのか?

それいつの時代じゃ#!、お前は明治時代のスーパーにでも買い物に行ったのか?。
ちなみに昔はあったそうです。

10.しゃぶしゃぶ鍋の肉はラム肉だと思っている

いや、そんなことねぇ~よ、ラムしゃぶも確かにあるけど、豚しゃぶも牛しゃぶも見分け付くわ#!。

11.すき焼きは熊やあざらしの肉でするものと勘違いしている

だ・か・ら#!、どこにアザラシの肉が売っているよ#!
熊肉のすき焼きは昔(北海道在住の頃)食べていたけどね。
8.9.10.11はどこの人間が(北海道以外?)書き込んだ記事だ?。


12.焼き鳥=豚串の地域がある

正確には、豚串だろうが牛串だろうが北海道民はすべて焼き鳥と言う。
当然鶏串も焼き鳥で、串に刺さって焼いたものを総称して焼き鳥と言い、別に区別が付かないわけではない。

13.函館の焼き鳥弁当は豚です

そうですかぁ~・・・私の母は函館出身だし、私も幼い頃に函館に居ましたが知りませんでした。
きっと幼すぎて豚が入っていても焼き鳥弁当だと思って食べていたのかも知れません、ハイ!。

14.鶏の唐揚げをなぜかザンギと呼ぶ

お前北海道民じゃねぇ~だろう、ザンギはザンギなんだよ#!
鶏の唐揚げでもなければ鶏の竜田揚げでもなく、ザンギはザンギ#!
どんなに鶏の唐揚げと作り方が同じだろうと北海道民はザンギ#!
北海道に鶏の唐揚げや竜田揚げは存在しないんだよ#(北海道民の意地?)!


いかがだったでしょうか、ザンギはザンギなんですよ。
鶏のから揚げでもなければ鶏の竜田揚げでもないんですが作り方はほとんど一緒です(本当は言い方が違うだけ)。

こんな記事書いていると、

あぁ~~~ザンギ食いてぇ~!

次回は(いつになるかわからないけど)、北海道の魚料理でも書きましょうかね、北海道の海産物、意外に本州以南とはかなり違いますからねぇ~(海の生態系が違う)。


はい、今回もくだらない記事でお茶を濁してしまいました、ゴメンナサ~イm(__)m。

関連記事

コメント

No title

ハイ(*^_^*)、、、
我が家にもたこ焼き器ありますよ~
大阪ですからね

ジンギスカンというと
歌の「ジンギスカン」と思う私です
ジィ・リッテ・ウンデェ・ビッテ・シュテッペヴィン~~♪
ちゃんとドイツ語で歌えるんですよ、私!!
(ちょっと自慢!)

どうでもええ、って?!

そうですよね
失礼しました<(_ _)>

今では
大阪でもジンギスカンが食べられるお店ありますね
煮込むと焼くの違いは知りませんでしたが
ジンギスカンは好きですよ(^^)

Re: 谷口冴さん

ジンギスカン、あれ鍋にも多少影響がありまして焼きはたいがい穴の空いている中央が凸状の物です。
余分な水分を下に落とすために空いているんでしょうが、我家(実家)は鍋に穴の空いていない周りの溝の広い物を使っていました。
この溝の広さが野菜等の水分の受け皿となりちょっと焼いた肉(味付け肉)を浸して煮込む?んですよ。
これが私は好きでしたねぇ~。

こちらで食べるジンギスカン、ほとんどが焼肉と同じ方法で作るためか(鍋は一応ジンギスカン用)ラム肉を使ってもタレが焼肉のタレにほとんど近くジンギスカンとは言いがたくただの焼肉???。
まぁ~人それぞれの好みですし、ラーメンでもたこ焼きでもその地の環境(味覚?)に合わせて変化して行く・・・ですかね。

それにしてもジンギスカン食いてぇ~~~!・・・ザンギも。

深遠な世界

ご無沙汰しております
ジンギスカンもよくやるなあ、っていうか
奥が深いですね
生まれて初めて食べたジンギスカンは、
中学校の修学旅行、奈良でしたが
「こんなカブトで焼くのか!」とショックでした
豚でも焼き鳥なんですか
ようするに、おおざっぱなんですね~

Re: 深遠な世界

シクラメンさん御無沙汰です、しかもちょっと返信が遅れて申し訳ありません。

北海道の肉料理といえばジンギスカンみたいなもんですよ、とにかく焼肉=ジンギスカン。

> 「こんなカブトで焼くのか!」とショックでした

ジンギスカン鍋を[カブト(兜)]と呼ぶところがスゴイです、ハイ!。
さすがの道産子でもそうは呼びませんからねぇ~(笑)。

> 豚でも焼き鳥なんですか
> ようするに、おおざっぱなんですね~

いや、違いは分かりますよもちろん、ただ串に刺さった状態で焼くのを総じて[やき鳥]と呼ぶ人が多いだけで、豚串も牛串も分かっていますよ。
でも、おおざっぱといえばおおざっぱですかね。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ