86 vs RX-8

本日は祝日のせいで出先休みです。
で、どこに居るか?っというと、大阪府は茨木市。

今月すでに22日にもなるのに私のブログ、今月1回しか記事を書いていません。
この辺でなんとか書かないとせっかく読んでくれている人に申し訳ありませんし、なにせ出先休みでヒマなので、ちょっと奮起して更新しようと思います。

書きたいことはいろいろあったんですよ、例えば2016年夏アニメの感想とか。

実は10本くらい観ていたんですよ。
正直、私的には外れのシーズンかな?。

唯一最後まで観ていたのは、2016年春アニメから2期連続で放映された[Re:ゼロ]
正式なタイトルは[Re:ゼロから始める異世界生活]。

作家として素人だかプロだかはわかりせんが、netの投稿サイト[小説家になろう]の中から選ばれたものだそうです。

そういえば前期まで観ていた[GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり]もそうじゃなかったっけ???。


正直最初Re:ゼロ(1期前半)、観ていて、

またこのパターンかい・・・#!。

だったんですが、2期目から面白くなる。
でも最終回、

あれ、レムは?、ベア子は?、もう一人最初から出てきている王選参加者のフェルトは?、その騎士、無敵のラインハルトは?、最初の頃に出てきて一時逃げた腸狩りの綺麗なおねぇ~さん、エルザは?。
とか、違和感アリアリの最終回。

なんだったんだコレ・・・。

やっぱ原作読まないとアニメでは後半端折り過ぎてよくわかんない。




違うって、そういう記事を書こうと思っていたわけではありません。


上記を無視してカテゴリ通り、クルマの話ですよ。



現在私の愛車は、息子から借りたままになっているトヨタの86(黒いGT-リミテッド)。

今年1月に、ユッキーのために女房に文句を言われながら息子と取り替えたクルマですよ。
もうすでにこのクルマ、9ヶ月も乗っています。

20160404 004


すでに7万㎞にとどこうという走行距離のせいもあり、イマイチ調子はよくありません。
以前書いた通りクラッチは滑り気味だし、ブレーキパッドもそろそろ危ない。
でも私も女房もこのクルマを労わりながらなんとか無難に乗っているんですよ。

で、このトヨタ久々の軽量安価なスポーツカーを、私や女房はどう感じたか?っということです。
20160404 071


このトヨタの86、実に良く出来たクルマです。
40代50代のオッサン連中が、

「昔はこんなクルマに乗っていたんだぞぉ~・・・でも結婚して子どもが出来てこんなクルマが乗れなくなんたっだわ!」

っと、言い訳がましいことを自分の子どもに言って聞かせ、

「じゃ~子どもが大きくなって親に頼らなくても暮らせるようになったら、またオヤジは乗れるか?」

っと聞かれるみたいなもん。

それを可能にしているのがこのトヨタの86!。


以前にも書きましたよね、年寄りでも乗れる安価なスポーツカー。
それがこの86ですよ。


昔のスポーツカーって、クラッチもステアリングもバカ重で、エンジンに力はあるものの、それをドライバーが自分の力でねじ伏せながら走っていたものです。
燃費悪いわ音うるさいわ、それでいて操作性は悪いわで、とてもとても好きでなければ乗れないクルマでした。

今のスポーツカー、そんなことありません。
しかもあの600馬力もある日産GT-RニスモでさえAT限定免許でも乗れ、免許取りたてのおね~ちゃんでも運転出来ます。
当然、普通に買い物の足にも使えます。

でも、ひとたびアクセルを踏み続ける勇気さえあれば、誰でも315㎞/hまでスピードが出るとんでもないクルマですよ(サーキットではノーマルで340㎞/h超を記録?)。

まぁ~そんなクルマを買い物グルマにする人はいないか。
だいたいこのクルマ、1500万円だったかな?、そんなクルマを買い物の足にするセレブ、いないでしょう。
それだけ出すならもっと乗りやすいベンツかBMWを選ぶでしょう。


86はそんなに出ませんし高くもありません。
軽量でなんたって2L自然吸気の200馬力ですし、お値段も300万円前後と今時のプリウスとかわらないお値段。
でもなかなかシャープに走ってくれますよ。
フルスケール260㎞/hのスピードメーターはご愛嬌ですけどね。
20121014 064



実はちょと前、女房とこのクルマのことで話をしたんですよ。


歴代我が家で選ぶクルマは、私の趣味のせいで高出力のスポーツ系エンジンを積んだクルマばかり。
ワゴンであろうとセダンであろうとスポーツカー顔負けのウルトラ速いクルマばかり。

本来、自分だけが満足出来れば良いクルマ(例、ロードスター等の二人乗り車)を選べば良いのですが、女房がいて息子がいてではそういうわけには行きません。
しかも一家に1台のクルマですから、運転免許を持つ女房も乗れなきゃ意味がないわけです。
そのためクルマ好きが絶対に避けて通れない、家族かクルマかで悩む時期は誰にでも必ずあります。

まぁ~私の場合、それはそうとう前に通り越したので、現在私と女房だけが乗れればいいわけですよ。

で、女房との話というのは、当時息子が独立し二人だけになったので、そこで昔のよう二人でドライブを楽しめるよう、事実上二人乗りスポーツカーを買ったわけです。
実際には4ドア(観音開き)のマツダRX-8なんですけどね。
このクルマ、4ドアと言っても事実上後ろのドアはまともに使えませんけど・・・。
RX-8 01


そこで同じフロントエンジンリヤ駆動のスポーツカー同士、過去乗ってきたRX-8と今乗っている86ではどっちが使いやすいか?ですよ。

女房
「そんなもん比べようがないくらいぜんぜん違うじゃん!その差は大差だわ!」
私も同意見、

女房文句なく86!

???

私、
「えぇ~~~???RX-8じゃないの?」

女房
「あんなバカグルマ、二度と乗りたくないわ#!」

凹む・・・

ウチの女房、RX-8に嫌われていて犬猿の仲だったからなぁ~。
ようはRX-8より自分のいうことを聞いてくれる86の方がまだマシ!っという消極的判断。



さて女房の意見を無視し、私からみてRX-8と86では雲泥の差があります。

まず馬力、
RX-8はご存知マツダの魂と言われる1.3Lロータリーエンジンで210馬力。
これに対して86はスバル製2L水平対向の200馬力。
車体はどちらも1300㎏前後と、このサイズにしては軽量なクルマ。
数字の上ではどっこいどっこいなんですよ。
ところが実際は、

この頃のRX-8には同じエンジンを積みながら回転ピークをあと500回転上げて235馬力にしたクルマもありました。
これも乗ったことがあるんですが、210馬力仕様とほとんどかわりません。
よは、エンジン回転終盤だけちょっと回る分力がある、っというだけで、感覚的にはほとんど同じです。
したがってこのクルマ、きっちり210馬力出ていたみたいです。

これに対し86の200馬力、
本当にそんなに出ている???
です。
RX-8と10馬力しかかわらないとは思えないほど力の違いを実感。
RX-8が210馬力なら、86は私の感覚的にこのクルマより30馬力から40馬力くらい少ない感覚。

あと動き、

シャープかつしなやかで落ち着いているRX-8、
動きだしからチャカチャカ落ち着かない86、

ドライバーを包み込むように速い速度で旋回するRX-8、
ハンドルを切った瞬間、ノーズから曲がりドライバーの感覚がクルマより一歩遅れる86、
もちろん旋回能力はRX-8に遜色ないレベルなんですよ。

キャビン内、
座った瞬間から気分が高揚しそうなくらいスポーツカーらしく、しかもそこそこ高級感のある造りのRX-8。

わざわざ260㎞/hフルスケールのスピードメーターを付けたわりには普通の感覚の86。
しかもセンターコンソールに至っては、まるで安いコンパクトカーくらいのチャチな造り。

とにかくどちらも長く乗ってみたら、ほとんどの面でRX-8が完全に格上ですよ。
ただ86の良いところはスポーツカーなのにエコなんですよ。
 とにかく年寄りに優しいスポーツカー。
 20121007 118


軽いステアリンクやクラッチなど、とにかく操作性が全てにおいて軽く使いやすい。

クラッチの繋がりも、まるでカローラのバン並みにジワ~っと繋がり半クラの範囲が大きく、しばらくAT車しか乗っていなかった人でもすぐ慣れそうな使いやすいクラッチ。

燃費も良く我が家で使う限りでは、ちょこちょこ買い物等街乗りで12㎞/L、高速を法定速度超で走った長距離だと17㎞/Lくらい。
燃料はハイオク仕様ですが、タンクは小さめで燃料計1/4を切ったあたりで給油しても30~35Lくらいしか入りません。

これから比べればRX-8なんか街乗りで5㎞/L、長距離で8~9㎞/Lと、さすが日本一の金食い虫といわれるだけあります。


86に乗り替えてすでに9ヶ月、今や女房も慣れたもんで一人でホイホイ買い物の足に使っています。

でも、そろそろあのクラッチなんとかしないと・・・。

ちなみにあの86、新車から車体の補強をしてあるんですよ。
車体下の補強、スタビライザーを強化版へ変更、もちろんストラットタワーバーもガッチリ入れてあってクルマが硬いこと硬いこと・・・。
それでなくても常にヒョコヒョコ落ち着かないクルマなのに。
メンバーブレースセット
*この写真はTRDサイトからの借り物です、これと同じものが私のクルマにも付けられています*

それでも今の時代にこんな時代遅れ?のクルマをよう造ったわ。
自分の好みに合わせて好きなようにいじって下さい、なんてクルマ、今どきないですよね。
しかも私が乗るGT-リミテッド以外は車体や内装も陳腐で、本当に自分でなにか付けないとカッコ悪いクルマなんですよ。

現実同僚に同じ86を乗る人がいますが、あちらは標準的なGTなので私のクルマと比べると内装も違うしエアロ関係も何もない。
しかも車体を完全ノーマルで乗っているので、乗り心地やハンドリング等、私のクルマと同じクルマ?っと疑いたくなるくらいまるで普通の乗用車。

やっぱ86っていじってなんぼ、のクルマなんでしょうねぇ~。


さて、まだまだこのクルマ乗らなきゃならないみたいです。
まぁ~しゃ~ない、いい歳こいたオッサンが若き頃を思い出して女房と二人、このクルマでもうちょっと楽しみますか。

20121014 063
関連記事

コメント

No title

ベンツと86なら.....
今の私はベンツに乗りたいと思います

86に乗る勇気(?!)は、もうないです
なんちゃって~~(*^。^*)

Re: 谷口冴さん

> ベンツと86なら.....
> 今の私はベンツに乗りたいと思います

本当は私もそういうクルマ乗りたいですねぇ~、特にBMWのi8は興味津々。
でも2000万円、宝くじでも当たらない限り絶対乗れません。

勇気?、乗っちゃえばしょせんクルマはクルマですから。

お久しぶりです。

86、楽しんでらっしゃいますね!

私も車買いました!
オープン2シーター、1700ccのキャブ車です。
22年オチですが、楽しんでます!

ほのぼの

たまたま、インターネット検索してるうちに、このブログ拝読しました。ほのぼのとした、余裕のある暮らしをなさっておられ、なによりです。お車に興味をお持ちで、いつまでも青春を謳歌しておられるようで、ほほえましくおもいました。私も、サーキットのレースクイーンをしたこともあり、お車のことかいていらっしゃるので、ふと、コメントさせていただきました。お幸せになさってください。

Re: ヌルハチさん

> 86、楽しんでらっしゃいますね!

ぜんぜん楽しんでるほどではないんですけどね。
これが完全に自分のクルマならもっと無茶をするところですけど、さすがに泣く泣く私に預けた息子のことを考えると、そう無茶な走りは出来ませんよ。

今時・・・らしからぬ、それでいて結構優秀なクルマですよ、十分スポーツカーと言えると思います。

>オープン2シーター 、1700ccのキャブ車です。
> 22年オチですが、楽しんでます!

22年前のオープンカーは国産&外車問わずそこそこ思いつくんですが、排気量1700ccというのが・・・。
ベンツAクラスにオープンなんかないし、ミニも1700じゃないし・・・

ウゥ~~~、わからん。

教えて下さいよ。

Re: あやかさん

初めまして、コメントありがとうございます。

余裕のある暮らし・・・

とんでもないですよ、ただただ子育てが終わりやっと自分達だけの生活に入った初老?の夫婦なんですから。
仕事柄もありますが、ただとれだけ歳を取ってもクルマは好きなんですよ。
女房によく言われます、
「アンタがクルマにこだわらなきゃ今頃家の2~3軒は軽く建っている#!」
ってね!。
ただウチの女房、買い物の足にしかクルマを使わない(クルマの能力に興味ない?)くせに、私がどんなクルマを選んでも上手いこと乗り回します。
私に負けず劣らず腕は達者といいうことですかね。

クルマに関しては大した記事は書いていませんが、気が向いた時にでもまた顔を出して下さい。
コメントありがとうございました。

ケーターハムスーパー7 1700ss です。
また買ってしまいました(^_^;)

日曜日の追伸

昨日、コメントさせていただきました、あやか、です。
ブログ主さまや、他のコメント者のかたの、お車についてのお話を拝見しますと、皆様、喜色満面のお顔が想像できます。
中森さまは、なにか自動車関係か、交通、流通関係のお仕事なさっておられるようですね。私は、子供のころ、女の子のくせに、自動車や電車の絵ばっかり書いてました。それで、大きくなってから、サーキットのレースクイーンに応募して、おつとめしてます。ご存じかもしれませんが、超高速自動車競技場の看板娘みたいな仕事です。
中森さまは、ご自分のお好きなことと、お仕事の内容が一致していて、
ほんとうにお幸せだと思います。
中森様の大切のブログに私の落書きみたいなコメント書き込んで失礼しました。ーでも、ーときどき中森さまのブログー拝読させていただきたいと思います。

Re: ヌルハチさん

セヴンでしたかぁ~、そういえばOHVの1700っていうのがありましたねぇ~。
雨の日乗れないじゃないですか、あの幌じゃドア付けても完全に防げないのでは?。
ついついMR-Sをちょっと乗っていた時代、幌を掛けていたのに足元が洪水になっていたのを思い出しちゃいました。

セヴン、一度は乗ってみたいですねぇ~。

Re: あやかさん

再コメありがとうございます。

仕事の方は深夜定期便の乗務員です、もちろん大型トラック。
大手運送会社5社を思い出せばその中の一つで間違いはないと思いますよ。

若い頃、ラリーをやっていたんですよ、とにかく借金との格闘でしたけどね。

レースだけで食って行けるひとなんか日本では誰もいないでしょう。
ほとんどはスポンサーがいるとか、副業(カーショップ経営、雑誌のコラム、TV出演等)で食っているだけで、ラリーじゃWRCクラスになってもレースで食って行けるのはほ~んの一握りでしょうねぇ~。
この辺はレースクイーンを御経験ということでご存知では?。

個人的に思うことですが、レースで食えるようになるには、1%の才能と29%の金、そして70%の運(もちろんコネも含めて)!。

なにを犠牲にしてもやりきる強い意思がないと出来ませんね。

今はただ相変わらずクルマが好きなだけで時々景色を観ながら走る程度ですよ。

落書きなんてとんでもないです、いつでもお好きなようにコメント打ってください。

就寝前に

中森さま。大型トラックの深夜定期便のお仕事なさってたんですね。ー
たいへん重要で責任感を要するお仕事ですね。私、少し安易なコメントをして、あるいは失礼な部分も有ったかもしれません。ーその点、ご容赦くださいね。カーレーサーの生計については、おっしゃるように、ひとそれぞれにいろいろあるんですが、私どもの立場としては、あまり立ち入ったことは言えません。私たちレースクイーンにしても、他の方が思っていらっしゃ るほど、お給料は多くありません。ただ、可愛くて、少しセクシーな服装ができますし、それは楽しいですね。ごく一部、運がいいかどうかわからないですけど、専属のモデルさんになったり、芸能方面にいく子もいたみたいですけど、私はそういう道にいきたいと思ったことはないですね。ま、青春時代のひとつの思い出になればいいな、というところですね。私個人は、ああいう業界の中では、かなり地味なほうですし、ながい人生はできるだけ堅実にこつこつと生きるほうが幸せにつながると、確信しています。いろんなことを、だらだらと、かいてしまってごめんなさい。それでは、ーおやすみなさい。

Re: あやかさん

どんな仕事でもいろいろな裏表関係なくそれぞれの事情というものがあります、それで私もいろいろ苦労しました。
そこで私が思ったこと、

=どれだけ理不尽に耐えられるか=

ですかね。

今じゃ笑って済ませられますけど、当時(若き頃)そうは行きませんでした。
なんでもそうじゃないですか、すべてが上手く行く人生なんてないんだから。
非公開コメント
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ