例年と違う・・・

毎年3月も後半になるとほとんど寝る時間しか取れない状況に追い込まれます。
そうです、年度末繁忙期に入るわけです。

物流って、その年(年度末の3月末日〆)の物はその年の内に捌き、後々調整がされ決算となる企業が多いんですよ。
したがって企業は納期を前倒ししてでも自社の売り上げを少しでも伸ばしたいわけで、その煽りを喰らい物流業界は右往左往するわけです。
まぁ~ウチの会社もそれを見越して3月は目標額が高かったりするわけですけどね。

しかし・・・

今年は驚くほど荷物が動かない。
19・20日の連休明けだけちょっと膨れ上がった程度でして、そこからは下降の一途。


えぇ~・・・なんで???


今日30日なんかまるで閑散月の、しかも一番荷物が動かない日に匹敵するほど物量の落ち込みが激しい。
だいたい私は昨日仕事で今朝帰って来たものの朝の3時半にこのブログを更新している自体よっぽどヒマだったということです。
午前3時半じゃ、まだ朝とは言わないか。

今日31日のお客様動向調査では、荷物が爆裂する予定だそうです。
たった1日の爆裂で年間決算にどれだけ影響(底上げ)することやら・・・ですよね。

来月の給料、たぶん大したことないんだろうなぁ~。
なんたって私の給料、8割歩合で稼いでいますから。

4月にもらう給料明細を女房が見たら、

「3月って一番の稼ぎ時じゃん#!、なのにこの給料?」

っと言われること必至!。

もちろん私だって歩合給である以上、毎日自分の取り上げ高は把握していますから、来月もらう給料はこのくらい、っと云うのはもらう前からおおよそわかっています。
昨日までの目減り分をフォロー出来るのは今日だけですが、どんなに頑張っても11t車には11tしか載せられません!。

「荷物が爆裂するんなら20tトレーラー貸して、私一人で積んで走って降ろすから」

っとわがまま言ってもムリ!


せっかく去年、役を外れて自分の稼ぎのためだけに働けるようになったのに、これじゃなぁ~・・・。


それにしても今年は変ですねぇ~。
同業他社も我社同様忙しそうには見えないんですよ。

日本の経済、ただ単に人件費削減やら抑える物は抑えるで、発展型の利益収入ではなく縮小型の利益確保が出来ただけなんでは?。

ウチの会社もそう。

あれだけ物量の確保が難しい状況なのに利益は確保出来ているみたいです。
でも現実は、一人の人間がアレやりコレやりで右往左往・・・。

本当にこんな社会で良いんですかね?。
出るものを抑えての利益なんか1回限り(その年のみ)で終わると私は思うんですけど。

じゃ~来年はもっと切り詰める?。


勘弁して下さい。

妄想 その1

最近つまらないことを考えるようになったんですよ。
なにを考えているか?っというと、

身体が動くうちにクルマで日本一周したい

な~んでこんなこと考え出したか?っというと、自分のクルマでどこまでも走れる自信があるのに、仕事をしている以上必ず時間の制約(日数の制約?)があって、本当に自由に(気分で?)アチコチ観て歩けているとは思えないから。
じゃ~、仕事もなくなり(定年を迎える?)、残りの人生をまかなえるわけではないものの、ちょこっとだけ自由に使えるお金があって、しかも時間の制約(日数の制約)が無くなったら、一度でいいから自由気ままにクルマで日本一周をしてみたいと、ふっと思うようになったんですよ。。。


さて、ここからは妄想です。


何日も、もしくは何ヶ月もかけてクルマで日本一週をするためにはどんなクルマが良いのか。
お金さえあれば家を背負って走れるクルマを選べば良いわけですけど、私の場合それを選択するには宝くじで1等でも当たらない限り不可能。
また、ホテルや温泉旅館を転々とするのも金銭的に不可能。
じゃ~やっぱりいつも通り基本は車中泊で、風呂に入りたい時だけ温泉に入浴のみ。
時として本気でゆっくり寝たい状態になったらビジネスホテルかラブホテル(モーテル)を利用?。

ラブホテル(モーテル)???
今時モーテルという言い方はしないのかな?

モーテル
モーターホテルの略で、世界的には自動車旅行者用の車庫付きの簡易宿泊所。
ただし日本では自動車で乗りつける連れこみホテルをさすことが多いらしく、そのためラブホテルと呼ばれる?。



実はですねぇ~この方法、若い頃はよく使った方法なんですよ。

女房と二人で何日か掛けてクルマ旅行をするたび、車中泊では風呂に入れないため2日目くらいになると女房が嫌がる。
まぁ~女の人では当然といえば当然ですけど・・・。

ちなみに私の場合、どうしても身体を洗いたい時は川に飛び込んで身体を洗ってもOK!

そこでどこかに泊まる(ホテル等の風呂がある施設)わけですが、当時の観光ホテルやビジネスホテルでは飛び込みではなかなか泊まれず、しかも夜の10時や11時ではほとんどムリ!、しかも宿泊料金が高い!。
ビジネスホテルでは同室でも二人は二人分の料金が掛かり(2部屋取るよりは安い)、どうやっても一泊1万円以内で二人が宿泊することは不可能でした。

それから比べるとラブホテル、基本二人で使うことが前提のため一泊5~7000円くらいで二人が風呂付でしかも従業員に干渉されることなくゆっくり出来る。
時として、こんな風呂あり???みたいなのもありましたけどね、ハハハ(^^ゞ。

しかも飛び込む時間は遅かろうがほとんど関係なく、出る時間(チェックアウト)だけが決まっているため利用しやすかったんですよ。
ただし、入る時は女房は恥ずかしいから隠れていましたけどね!。



ちょっと話がそれちゃいました。


じゃ~私ならどんなクルマを選ぶか?ですよね。


いろいろなサイトを覗きました、もちろんクルマを使って日本一周をした人やら、これからやろうと計画している人やら。
けっこういるもんですよねぇ~、特に私のよう60歳の定年を迎えてから(私はまだ)、身体か自由に動くうちにやろうという年輩の方々が・・・。

じゃ~そんな人はどんな車種を選んでいるのか。

やはり多いのはキャンパー(キャンピングカー)ですねぇ~。

ハイエースをベースだったり、2tクラスのトラックベースだったり、時には軽トラをベースにしたキャンパーだったりと様々。

では、私はそういうクルマを選ぶか?っというと、まず間違いなく選びません。


一番標準的な2tトラックベースのキャンパーを選んだとしても費用的には装備にもよりますが4~600万円、豪華装備なら1000万円近く掛かるらしい(もちろんどちらも新車の場合)・・・。

仮に車体(ベース車)を中古で選んだとしても3~400万円くらいはするでしょう。
もちろん耐久性を考えればあまりに古いクルマを選ぶわけには行きませんし、キャビン(宿泊可能な部屋?)の中古ってほとんど聞いたことがありませんので、中古のトラックを買って新品キャビンを搭載してもらうしかないわけですから、ベースとなるクルマ代よりキャビン代がいくら掛かるかの問題ですよ。

この方法を選ぶなら多少高くついても私ならマイクロバスベース(コースター等)を選びますね。

なぜ値段の高いマイクロバスを改造したキャンパーを選ぶか?っというと、ある理由があるからです。


長年長距離を走ってきた私は何度かキャンパーの横転に出くわしたことがあります。
なんでこんなところで横転???
理由は簡単。

キャンパーってバランスが悪いんですよ。
頭でっかちのわり足回りは貧弱、そのため機敏な動きに対応出来ない。
そこへたいがいの場合トラック等(大きいクルマ)の運転経験の浅い(もしくはない)素人運転手が多いため、とっさの危険回避の際、乗用車と同じ回避方法を取ろうとするため、それにクルマが対応出来ず横転するわけです。
あとは高さを把握出来ていないため風に煽られるとか、高さ制限に目が行っていないとか・・・。

どちらにしてもクルマのバランスが悪く、そこに運転技術が未熟な(クルマのサイズや運動能力を把握していない)人が多いためこんな事故になってしまうわけで、これが意外に多いんですよ。

それに対してマイクロバス、

基本、人を乗せて走るクルマですし高い座席位置で景色が観られるようになっているものの、その不安定な状態を相殺出来る機能を最初から持たせているため走行が安定している。
だからキャンパーに改造しても安心して走っていられる。

ちなみにマイクロバスっていくらすると思います?。

例をあげるなら、キャンパーに向いているショートヴァージョン(それでも全長6m超)のトヨタコースターの新車で600万円ちょっと、高い物でも850万円也!。
これで通常は29人も乗れますし、高い物は最初から冷蔵庫付き(&TV等)も選べます。
実はこの値段ってトヨタのワンボックス最高峰、アルファード&ベルファイアの最高級ヴァージョン(700万円超)とほとんど変りません。

もちろんマイクロバス、室内灯やら冷蔵庫等を使うため最初から電源に余裕がありますからトラックベース(大きな電源の確保が難しい)と違って内装(宿泊用キャビン)にそれほどお金が掛からず、新車で購入し改造しても1000万円以内?。
それで快適に、そして安心して走れるわけですから値段相応ですよね。


でも

でも


そんな高い物、私じゃ買えないなぁ~。
運転は現役の大型トラック運転手ですから問題ないけどね!。



じゃ~やっぱり乗用車を利用した超長距離移動?。

まぁ~これが一番現実的ですよね。
ただし車中泊が可能なサイズのクルマは必要ですけど。

一人ならどんなクルマでもいいんですよ一人なら。
でも行くんなら女房と二人で行きたいですからねぇ~。



乗る人の人数によって(特に車中泊ありの場合)クルマのサイズは重要です。
私が思うに、車中泊ありで移動するなら乗用車ではかなり大きなワンボックス(幅広のハイエース等)でない限り二人が限界!、子どもがよほど小さくない限り(幼稚園以下)、三人で乗用車(ワゴンタイプでも)の車中泊は不可能ですよ。

そういう点では女房と二人だけなら乗用車でもなんとかなるか。


上に書いた一人ならどんなクルマでもよい!

これは身内に一人、クルマで日本一週したヤツがいるんですよ、しかもそんなクルマで???で。

それは私の弟です。
2つ違いの弟は彼女はいるものの未だ結婚はせず、自分の人生を謳歌している変ったヤツ?。
でも仕事は固い大手情報処理専門学校の先生!。

確か20年くらい前にやったんですよ、ただしさすがに沖縄までクルマを持って行くことは出来ず、北海道、本州、四国、九州のすべての都道府県を回って終わりでしたけどね。

二ヶ月くらい掛けて走り周ったんだったかなぁ〜。
その時使ったクルマが、当時弟が気に入って乗っていたスズキのカプチーノ!

こんなクルマですよこんなクルマ!
カプチーノ
*借り物写真でスイマセ~ンm(__)m*

なんと椅子も後ろに倒せない軽のオープンカー!
しかもトランクはキャベツ2個くらいしか入らない狭さ!
こんなクルマで日本一周ですよ!

弟に、
「なんでカプチーノ?、荷物も載らないし寝れもせんじゃん」


「いや、軽ならフェリーも高速代も安いし、長距離と言っても運転していて楽しくないクルマは絶対途中で飽きて帰りそうになるから」

だそう。

わからなくはないがぁ~・・・



「寝るときはどうするのよ」


「いや斜めなら何とか寝れる、バイクよりはマシ!」
「どうしても真横になりたいときは、無人駅かどっかで寝袋で寝る!」

ほとんどバイクの旅行と一緒じゃん!

一人ならこれでもOK!
でも私じゃそこまではムリかな?。




じゃ~今乗っているCX-5をそのまま使うなら?

個人的に長距離なら90点を与えられるくらい優秀!

まずトルクがあるため(ガソリン車4000cc級)山道でも苦にならない。
また高速では最新の4WD技術と力が相まって走りやすい。
買い物等では使い難い横幅の広い車体は、長距離となると運転席も助手席も広々としてくつろげる。
燃料代が安い(燃費が良いところに燃料は軽油で単価が安く、走り方次第でプリウス級)。
後席倒せば縦に二人寝られる(これは長さより幅の広さと高さが効果絶大)。

-10点は、エンジンの信頼性が低い!
別に壊れるわけではないですけどマツダの最新ディーゼルエンジン、やはりムリがあったようで4年近く経った今さらリコール続きで苦労しているようです。
どうもディーゼル特有のすす燃焼装置とそのプログラムに問題があり、私のクルマも異常警告がしょっちゅう!
これを直すには部品待ちでして、さすがに8万kmも走っていると不具合がアチコチ!。

もう一つの減点は、走っていて楽しくナイ!

これはあくまで私の感覚だけでして、女房に言わせれば動力性能は必要にして十分以上!っと言います。


じゃ~過去に遡って今まで乗って来たクルマで日本一周するのにベストなクルマは?っというと、

やっぱレガシィTWかな。

燃費はイマイチだったけど、あの一般的なサイズの中であれだけ広く造られしかも快適!あげくに走りはスポーツカー並みに豪快!
サイズは5ナンバーサイズに限りなく近いため、長さがあっても小回りはよく効きどこへでも入って行けた。
そしてなによりすごかったのはスバルお得意の4WDシステム!。
どれだけ上手く制御しているのかはわからないが、VTDシステムを積むトランスミッションは1輪でも路面を捉えていればクルマが動き出すほど悪路にはメッチャ強く、その点では後発のスカイアクティブ4WDを積むCX-5を大きく上回る性能!。
CX-5も悪路での発進(止った状態からの脱出)以外は優秀なんですけどねぇ~。

それにレガシィ、なんたって運転していて超楽しい!、私にとってこれは重要な要素!。
やっぱ走って楽しくないクルマで遠出というのは、なにかちょっと物足りない気がするんですよ。

ただねぇ~・・・

あのクルマ、燃費はイマイチだし燃料もハイオクと高くつくしねぇ~。
その点じゃ~CX-5なら燃料代はレガシィの半分で済む。
異常に長い距離を走るなら、これも重要な要素ですよね。


うぅ~~~~ん・・・


今後レガシィ並みの運動性能持ちながら、CX-5並みの余裕と経済性に優れたクルマが出てくることを祈りましょう。


いやぁ~記事が長くなっちゃいましたねぇ~。

次回はどんなルートでどこへ行こうかなんて書いてみましょうか。
観たいところはたくさんあるんですよ、当然写真にも収めたいのでその場所のその時間、そしてその天候でしか撮れない写真を撮ってみたいですねぇ~。
例えば狙った写真を撮るために、その場に何日も居座ることになったとしても。

まぁ~女房は退屈でしょうね、ハハハ(笑)。

でもよく一緒にドライブするんですが、時として良い風景(その時間のその瞬間)を助手席で見つけると、

「今、今が一番綺麗なんだからすぐ止まって!」

な~んてよく横で言ってますよ。

でもそういう時は必ずと云っていいくらいその場で止まれない状況・・・。

いつだか誰かさんにも書きましたけど、雨上がりの東京の夜景、特にレインボーブリッジの上から眺める摩天楼は、ここが日本とは思えないほどの鮮やかな景色を観ることが出来ます。
もちろん女房を連れて行ったこともあるんですがこの時、

「止まって、止まって、これスゴイから写真に撮りたい!」

無理だって、高速道路上なんだから・・・


まぁ~、こんな女房だから理解してくれるかな?。


さて次回、[妄想 その2]でも書きますか。

ただただ頭の中で考えるだけならタダだしね。



ハイ!、長い記事のわりにはつまらないお話でした。

私も女房もまだ慣れない?

さ~て今晩は久々の3日運行(泊まり運行)。

女房いわく

「これでやっとアンタのメシ作らないで済む日が出来たわ」



私って、そんなに厄介もん?



まぁ~いいわ、私も毎日ヘロヘロになって帰って来るロータリー便(その日帰り)より、出先でな~んも考えず風呂に入って爆睡するのも生活の一部で、それが何よりゆっくり出来る時間でもあるから。


グループ編成以前、毎日家に帰って来るというのはなかったもんで、私も女房も生活パターンが狂ってしまい、二人してなんだかぎこちないんですよ。
上記の女房の悪態は悪気があるわけではなく、私が居ない日は自分だけ食べられれば良い食事(質素な食事?)で済ませているわけで、私がいるとそういうわけには行かないわけですから、そういう意味では私が家に居るだけで女房に気を使わせているんですよ。

でも、だからといってお互いなにするわけではないんですけど、やっぱ普段の生活リズムって重要ですよね。


さぁ~今晩は代役の代役で、今まで走っていた大阪は茨木便!
で当然、明日は慣れ親しんだ出先でゆっくり寝られそう。
だからといって自分の家(部屋)でゆっくり寝られないわけではないですよ。
ただただ出先で落ち着いて寝られるのは久しぶりということ。


でも代役の代役・・・???


そういう役目は昨年で終わったはずなんだけどなぁ~・・・。

3連休だったんですがぁ~・・・

最近、ほ~んと写真撮らなくなったよなぁ~・・・、

ついに飽きた?

そういうわけではないんですが、その(カメラを構える)余裕がないのが今の現状。


最近やたらと疲れるわ、息切れするわ、で得意の睡眠?がいまいちスッキリ寝れていない。
まぁ~理由はいろいろありますが、来月早々になればはっきりするでしょう。

ここまではただの独り言・・・。


で、天気はあまり良くないのに桜を撮ろうと近所まで。

20170320 027

20170320 039

20170320 051

ついでに

20170320 013

なにせ晴れているものの空は黄砂の影響でこんなん!。
20170319 020
夕暮れ時期の太陽なんですが霞んでます。
でも、こんな太陽も悪くはないですけどね。

20170319 006
これは夕暮れの菜の花。
菜の花より、花の隙間から見える太陽もいいかな?っと思って・・・。

一応ちゃんと撮った菜の花(夕方)
20170319 013
やっぱ菜の花は明るいうちに撮れよ#!、ですよね。



最後に、タイトル通り土日月の3連休だったんですが、実はな~んもしていません。
ただただ疲れを回復させようと寝るか起きて趣味のアニメを観るかでしてほとんど出かけていません。
せっかく休みなんだから・・・っと思い花の写真を撮りに行きましたが、やはり気分が乗らないとダメですねぇ~。

もう少し気分が落ち着いてからカメラ構えよう。

たぶん初めて、

最近、仕事カテゴリばかりで申し訳ありません。



編成替え後、久しぶりのアマ(尼崎)やら名古屋ロータリー、遠州ロータリーと編成中の穴を埋めるためアチコチ走りました。

ほ~んと疲れた・・・

今日、本来甲府(これも代役)で出勤なんですがぁ~・・・配車係に、


「ちょっとのびた、しかも来週も土曜日まで仕事で埋まっているし、今日をパスして明日(日曜日)に積んで出ても良いか?」

っと聞いてみました。


ようは、本来今日積み込みだけに出勤し明日夜出発なわけで、片付けてくれる人がいれば明日積んでも問題ないわけですよ。
ただ、それを片付けてくれる人が必要なわけで、無駄な人材を使うことになるわけです。


とにかく疲れた・・・


ちょっとでいいから休みたい・・・



歳取ったんですねぇ~。



編成替えなんざ私が主導して何回もやったのに、これが役を降りて動かされる立場になったとたん疲れ果て、慣れない環境がどれだけ大変かを今さら思い知りました。

年齢的に(最近役を降りた立場的にも)断ることは出来たんですが、以前は自分が周りを振り回していた立場上嫌でもやるしかなかった。

でも・・・




今回、入社以来初めて、

「今日は休ませて、そのかわり明日(本来仕事日ではない日曜日)で調整するから・・・」



こんなこと言ったのは初めてですよ。


今年58歳、


新しい環境になかなか馴染めない歳になった情けない私でして、どれだけ歳を取ったか実感しますし、以前は立場上責任があったためこんなことは考えたこともなく、もちろんこんな弱音を吐いたこともありません。


とにかく今週は疲れた・・・
身も心もボロボロ・・・


年甲斐も無く、ちょっと無理し過ぎたかな?。


つ・か・れ・た・・・・

グループ編成替えの初日が昨日、十ウン年ぶりの尼崎定期へ向った私。

過去スポットでは時々入るんですけど、これは降ろしに寄っただけで、本定期として入るのは上にも書いた通り十数年ぶり。


私が定期として走っていた当時とは往路復路共に立ち寄り店は変っていますし、なにより荷質そのものが変っていました。
まぁ~10年も行ってなければ取引先が変るのも当たり前で、ある程度右往左往するのを覚悟していました。


まずは豊川からの到着。

ずいぶん変っていましたが、夜勤の顔ぶれは昔とそれほど変らず、

「おぉ~~~中森さん久しぶり、相変わらず元気そうだね」

ですよ。


で、昔なじみのコイツを捕まえて、


「これどうやって降ろすのよ(乗務員の仕分け作業)、ちょっと教えてくれ」

同僚の夜勤
「まぁ~アンタが来ていた頃とはずいぶん違うから手伝ってやるよ」

とのとこで、アレコレ教えてもらいながら往路は無事完了。


その後風呂に入って食事を済ませ、ある程度の時間になったら仮眠室へ行って寝るんですがぁ~・・・

この仮眠室の部屋がわからん・・・

ウゥ~~~ン・・・



ウチの店の同僚から、

「当時とは部屋もベッドの位置も変っているから向こうで確認して」

とのことでしたので、真っ暗な廊下の電気をすべて点け、やっと部屋を見つけその部屋の電気も点けて寝る位置を確認。


だぁ~れも寝ていなくて良かったぁ~!


これ、自分が寝に入っている時にいきなり電気を点けられるのは(部屋全体)嫌なもんなんですよ。
特に寝入りばな電気を点けられると目が覚めちゃいます。
だから普通、私も含めて仮眠室に入る時には電気を点けず、携帯℡の灯を照らして入って行くようにしています。
そうすれば寝ている人に迷惑にならないから。



さて夕方、尼崎からの復路定期。
接岸位置も違えば両隣の定期も昔と違う・・・。
でも、幸運なことに尼崎所属の古株連中が相手。

ラッキー!

なぜラッキーか?っというと、この連中、昔からの顔なじみなので聞きたいことが聞きやすい。

いろいろ教えてもらいましたよ。

「アンタが来ていた頃とはだいぶ違うからねぇ~」
「あ、この台車使って、あのリフトは確保してあるから自由に使って」

など等、メッチャお世話になってきました。


ちなみに昼間の現場の連中、

「おぉ~中森さん久しぶり、なにまた復帰するの?」


「今朝夜勤に同じこと言われたよ、またよろしくね!ハハハ(^^ゞ」


この現場(ホーム作業員)、私のことを名前までしっかり覚えているんですがぁ~、私は彼の顔は覚えているものの名前が出て来ない。
ちなみに私の本名、実は非情読み難く覚えてくれる人は少ないのに、それでも彼はしっかり覚えていた。


まいったぁ~・・・。


さ~て復路も無事に終わり、今日明日と小牧ロータリー。

女房の言う
「毎日ご飯作るのが面倒・・・」
っと言われるその日帰りが2日続く。

そんなこと言ったってねぇ~。


今週土曜日はPTA会長のため(同僚のあだ名)一度甲府へ走るんですが、その後は京都南が待っている。
今や他店から見ても古株の私ですから、そこは尼崎と同じよう昔の顔を使って京都南の連中(古株連中)を捕まえてなんとかしよう。


新しい仕事に移るというのはいろいろと大変なもので、これが新人クラスならもっと大変でしょうねぇ~。

顔が利かない、時として言葉も上手く通じない(早口で方言を使われる)、それでもって周りに誰一人助けてもらえる人間がいない・・・。

私にもそんな時代ありましたわ。

「だれも助けてくれないんなら、どんなに時間が掛かっても一人でやり遂げてやる#!」

くらいの勢いでしたよ。

特に関西はその傾向が強く、知らない相手は無視する・・・くらいの雰囲気ありましたねぇ~。


それに対して関東(特に東京)は、基本地元ではない人間の集りなのか、困っていたら手を差し伸べる人が多かった気がします。
どうでも良いことでも、見たことがない人には何がしか声を掛けてくれる人が多かったですねぇ~。


さて私と代わって玉突き移動の新人君、関西で上手くやって行けるかな?(堺&松原定期)。


関西定期、

私のよう一度顔を売っておけば、何年経っても覚えいていくれて(これが関西の良いところ)、困った時には助けてくれるよ。
私も新人を乗せていた当時、

「まずは仕事より顔を売れ、そうすれば後々自分のためになるから」

っとよく言いましたっけ。


いやぁ~・・・私、

過去、関西のアチコチで顔を売っておいて良かったと、今さらながら思う久々の定期でした。






今後のために?

過去の写真を使って多重合成+HDR合成で工夫してみる。



まるで画のように不自然だねぇ~・・・。

何時だか書いた[撮ったあとのレタッチは邪道?]の記事、プロはそう判断しないらしく、レタッチは作品の総仕上げと言う。
どう自然に仕上げるか?は、これも腕の一つなんでしょうねぇ~。
私の場合、絵心無いからなぁ~・・・。

やっぱレタッチもセンスがものを言うんですよねぇ~。

そういう点では私、こういうセンスはぜんぜん無いからなぁ~・・・。

そこまでやらんでも・・・

またメンドクサイことが始まっちゃいました。
今月は年度末で忙しいところに、

「今月中に全員クリアして下さい」

だそうです・・・


それでなくても今月私は違うコースを走ることになるんだから、そんなことやってられないんですけど・・・

っと、言いたい。


なにが始まるか?っというと、

プロドライバー始業点検チェック!

ようは、普段本当に自分が乗るトラックを規定通り毎日ちゃんと点検をしているか?が問われるわけで、これにはインストラクターが立会いチェックし(点数が点けられる)、これに合格するまで続けられる・・・。


うぅ~~~ん、メンドクセェ~#


なんたって普段、簡易的な点検しかやってないからなぁ~。
まずはマニュアル片手に覚え直すしかないなぁ~。


ちなみにプロドライバー始業点検、あの時々TVに出て来るトラックドライバーコンテストでも使われる点検方法でやらなくてはなりません。
あれそうとう難しいんですよ。

私の場合、たくさんある点検箇所の何処かが抜けちゃいます。
しかも時間指定もありますしね。

まぁ~今回、時間指定は解除されるそうで、とにかく抜けることなくすべてをチェック出来るか?を見られるわけです。


忙しい中、余計な仕事?が増えたなぁ~。

今やコンクリート並みに頭の固くなった私では、何回目でパス出来ることやら・・・。

あぁ~憂鬱・・・。


*****

続きを読む

いよいよ・・・

さて昨日3月1日、最終の茨木便復路となりました。
何年通ったよ・・・。

で、今日2日は最後の甲府・・・っと思いきや、人手が足りず3月あと2回も甲府が配車されている。
なかなかスッパリと替えられないもんだねぇ~。

実は今月から編成替えのため私は尼崎と京都南(長岡京市)+小牧ロータリーへ移動になります。
尼崎&京都南は相手者と相互乗り入れのため月、水、そして金曜日だけドッキング(ドッキングの意味がわからない人は過去記事から探して)。
そのためサラリーマン生活(月~金出勤で土日休み)へ転身。
女房いわく

「アンタのご飯作る日が増えたじゃん#!、あぁ~メンドクセェ~~~!!!」

そんなこと言ったって・・・

良いんだか悪いんだか、
でもこれで買い物に付き合わされる日々が増えること確実(荷物運び要員)。


さて、このブログが始まったのが2008年3月。
今年2017年ですからこのブログも、もうすぐ丸9年にもなろうとしているんですねぇ~。

そ~だよなぁ~・・・(当時を思い出す)


息子が大学進学のために初めて家を出ることとなり、向う(北海道の大学)へ行っても我が家の状態がいつでもわかるよう始めたのがこのブログ。
ついでだけど、当時右半身に軽い麻痺が出ていた私は、指の運動のために息子に勧められて始めた、っというのもありましたけどねぇ~。

それにしても、私じゃ女房みたく息子にホイホイ電話するわけにもいかないし、どうやって私の近況を伝えようか?っと悩んだ結果、じゃ~こういう方法(ブログで一方的に伝える)もありかな?っと思ってね。

でも、その息子も今では27歳、結婚して女房と娘までいるわけで、当時の目的はとっくに果しているはずなのに未だ続く[オッサンの独り言]・・・(^^ゞ。
数少ない読んでくれる皆さんのおかげかな?。



さて、

このブログを遡って、当時はどこの定期を走っていたっけ?、っと探してみました。

2008年当時、私は関東へ行っていましたねぇ~。
行先は東京の足立便と埼玉県は入間便。

その後一部編成替えのため(自分でやったんだが)、大宮便と越谷便(どちらも埼玉県)へ変更。
でぇ~、次がなんだっけ???

あぁ~そうだ、一時的に遠州ロータリーやら小牧ロータリーをかませながら関西は堺便を応援していたんだ。
途中、甲府との組み合わせもあり、あの頃はアチコチ走っていたなぁ~。

で、またもや関東が手薄となり、その後東京便と柏便(千葉県)へ変更。
その頃ですかねぇ~スカイツリーが完成したのは。

そうそう東京で出先休みの際(江東区新木場)、スリッパみたいな靴で歩いて見に行ったっけ。
帰りは足が痛くてバスで帰って来たけどね、ハハハ(^^ゞ。

その後か?今の甲府&茨木の定期になったのは・・・。
ただし土曜日だけ茨木ではなく奈良に入るようになったけどね。

それから考えるとこの定期、結構長くやったんだなぁ~。

もっと遡って、


入社当初は関東を3本走っていたんですよ。
足立便(現在の足立便とはちょっと違う)、越谷便、それと茅ヶ崎便。
この茅ヶ崎便だけちょっと長くて約5年走った。
当時の茅ヶ崎便は、一度横浜まで行って戻りながらの藤沢、そして茅ヶ崎。

その後茅ヶ崎便を抱えたまま千葉便(市原市)へ移り、それが1年ちょっと走っただけで突如尼崎&大山崎便(京都府)へ。

現在は大山崎という店はありませんが、その代替店が今度走る京都南支店なんですよ。
ちなみに大山崎支店という店、現在の大山崎Jctの真下にありまして、当時京滋BPと名神を繋ぐため立ち退き要請があった場所です。
引っかかっていたのは敷地の2/3なんだそうですが、当時の大山崎支店と同等の店を作るには狭すぎるため移転となったわけです。

じゃ~残った土地は?

確かお隣さんが買ったと思いますよ。



お隣さんっというのは、関西の年輩の方ならわかるでしょうが、旧大阪発動機京都プラント!


大阪発動機って知ってます?。

略すと、
動機


つまり、ダ・イ・ハ・ツ!


そう、現在のダイハツ自動車。



この頃ですよ、走りだしてまだ一ヶ月も経たない内に阪神淡路大震災があったのは。
日曜日の朝でしたよねぇ~。

この日私は尼崎便を担当していまして、コースは豊中、神戸(六甲アイランド内)、そして戻って尼崎だったんですよ。
正直、関東ばっかり走らされていた私を、なんでいきなり関西???っと思いましたよ。
もちろん北海道出身の私では土地勘すらない場所なのに突然の移動命令!。
それなのにまだ2回しか走っていないのにいきなりの試練・・・

すでに栗東から高速は全面通行止めの中、豊中へ行くにも迂回迂回で大変!。
しょうがなく梅田近辺の幹線道路を外しながら豊中に向かいましたよ、なにせ幹線道路はぜんぜん動けなかったから。

当時、スマホどころか携帯さえ持ていなかった時期ですし、ましてやナビなんざあるわけない!。
自分の持つ知識と感だけが頼り。

栗東付近で一度停まり、持っていた関西版地図と睨めっこ。

私、自慢ではないんですが、一度地図を見るとほぼその近辺の道路は頭に入る方なんですよ。
特に1度走ったことのある道は何年経っても忘れない方でして、走りながら、

「あそこであぁ~で、この先の信号を曲がるとここに出て、その後高架橋を渡り新幹線のガードを越えたたらこっちへ曲がり、そうすれば店の裏側に出て行ける・・・」

っと、100kmも200kmも離れた場所から頭の中で道と時間を計算します。



こういうの小学生の頃から得意で、親が遠出(家族旅行)して迷うたび、

「ちょっと地図(道路地図)見せて」

で、それを見て小学生の私が案内(行ったこともないのに・・・)。
それには親も驚く・・・。


そんなガキだったんですよ私。


なにせ地理に関しては、小学校時代も中学校時代も常に満点どころか、先生にも負けたことがなかった。
それ以外は大したことなかったですけどね。

まぁ~それが役に立ってあの悲惨な大震災直後の関西を走りまくったわけでして、当時、本当は大山崎と交互に走るはずが、
先輩いわく、

「お前ならなんとかしそうだから当分尼崎定期走ってくれ」

っと丸投げ!


オィオィオィ#


あの頃って、明石から豊川へ来ていた定期もあったんですが、その乗務員はほとんど出勤出来ず、代わりに私が尼崎定期なのに定期を大幅に超え、明石、西神戸(兵庫区)、神戸(灘区)、尼崎と走らされていたんですよ。

震災後2日目だかから神戸市内に入ることが出来なくなり(規制が掛かった)、そのため京都から一度福知山経由か彦根から舞鶴経由で明石へ入るしかなく、神戸は尼崎降ろしとなり西神戸は明石降ろしとなった(規制のため入れない)のは良かったんですが、どっちにしても一度大きく迂回して明石に入り、また大きく迂回して尼崎に戻るという過酷な定期!。
とうぜん近い福知山経由を選びたいところなんですがぁ~・・・

国道9号線は毎日大渋滞!

しょうがないから明石から尼崎まで小浜&敦賀経由で一度彦根に出で、そこから再度尼崎を目指すという悲惨な定期。
まともに寝る時間すらなかった。

大先輩に騙され?、「お前ならどんな過酷な状態でもなんとか出来る」、っと言われ、連続して一ヶ月くらいあの悲惨な定期を走らされたなぁ~。

私から言わせれば、

「30年近くも尼崎1本で走ってきたくせに、なんでこんな時だけ俺に押し付けるよ#!」

でしたねぇ~。

この時やっとわかりました、路線という仕事は何年勤めようと本当に電車の運転手と同じで、線路(定期航路)が無くなったらどうにも出来ない連中ばかりだと・・・。

それに引きかえ貸切上がりの私では、そんなことは日常茶飯事。
如何にして時間通りお客様の元へ荷物を届けるか、が重要で、その過程(不慮の事故等)はお客様には関係無いんですよ。
だから最大限努力する。
そのために知識を蓄える。

良くも悪くもこの会社のスタイル(路線職の能力)がよくわかった時代です。

その後鈴鹿とか土浦、あるいは新しくなった京都南を引き継ぎアチコチ走りましたよ。
もちろん尼崎もあるし遠州ローカルもあるし、小牧、茅ヶ崎、千葉(最終店は市川)等、一時一人で10コースも抱えていた。

その後赤字運行だったトレーラーのコースを私が単車(10t車)でやることに。

実はトレーラーって走るだけでもお金が掛かるんですよ。

当時は福島県まで走っていたんですがぁ~・・・
復路の定期に荷物は少なく、トレーラー(15t積み)なのに4~5tほどの積載量で帰って来ていました。
それでなくても高速代は後輪2軸のため単車の倍ほど掛かり、高速代と燃料代だけでも莫大でした。
しかもトレーラーは2人乗務という決まりがあったため人件費も2倍!。
上からもさんざん「ヤメロ#!」っという話があったんですがぁ~・・・、

豊川から東北向けの荷物は多く、突如勝手に定期をやめるわけには行かなかった。

そこで試行錯誤して私(当時すでに路線責任者となっていた)と管理職で話し合い、単車運行(ワンマン)なら赤字幅は少なく出来ると提案。
これが認められ単車運行に。

始めの頃は、

「誰が走るんじゃ、あんな遠いところまで一人で#!」
「終わってからの寝る時間は確保出来るんかい#!」

当時トップに就任したばかりの私では、無謀だとかバカだとかいっぱい言われましたよ。

でもそれを助けてくれた若い連中が(その中の一人が現在の私の後任)、

「年寄りの話なんか聞く必要ナイ!、俺らが走ってやる!」


そういうわけで、福島、土浦、沼津ロータリーの組み合わせで私を親分に若い連中で固めて無謀な定期を走っていたっけ。
夜9時頃には出発していても日が昇るまで第1店所に着かないような定期でして(距離が長い)、私の独断で決めたことなのに、み~んなよくやってくれましたよ。


その後は最初に戻って足立と入間ですかねぇ~。



酔った勢いとは言え、ちょっと書きすぎちゃったかな?。



さ~て事実上最後の甲府定期(不定期では入るけど)、挨拶しながら楽しんで来ます。
年齢的に出戻りは考え難く、本当に定期として走るのは最後かな?。

いろいろな店にお世話になったけど、甲府支店って、私にとって最高に良い店でしたよ。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ