またまたネタがなくて・・・

以前にも何度か書いた例のPCオチャラケ辞書から抜粋です。
実家の北見とか、自分が住む豊川とか書きましたので今回はよく行く場所(行った場所)を抜粋してみたいと思います。


子どもの頃、よく遊びに行った網走市(北海道)

1. 「網走と言えば刑務所」
行ったことのない人間にしてみりゃそのくらいしか思い浮かばない、クリオネと流氷も有名だが、だからなに?という知名度である


そうだろうなぁ~・・・、網走刑務所だけがあまりに有名だしねぇ~。
でもウチの実家の北見市より網走の方が全国的に有名なのはうらやましい。
*網走より北見の方が3倍くらいデカイ*


2. 未だに「あのー、網走水族館って、どう行けば…?」と尋ねてくる観光客が…。

いるかぁ~???今時そんな質問するヤツ。

まぁ~私が小学生くらいの時はよく行きましたよ。
ただ水族館に入るのではなく、目の前の海辺で遊ぶ(泳ぐ)ためモリと火箸を持って行くんですが、なぜモリと火箸?

ウニやカニを捕まえるため。

ウニなんかその場で割って食べてましたよ。

北海道の道東、泳げる場所って数少ないんですよ。
それでなくてもオホーツクの冷たい海、夏でもまともに泳げません、したがって網走水族館のような入り江でないとムリ!。


3. 網走の人は「網走湖」と呼び、女満別の人は「女満別湖」と呼ぶ湖がある

釣りの時には網走湖、泳ぐ時には女満別湖、本当は一つの汽水湖で、網走の人は網走湖と呼び、女満別(現 大空町)の人は女満別湖と呼ぶ不思議な湖。
ただ地図で見るとダム湖みたいに細長く、その川を河口で遮るように網走刑務所がある。


4. 冬の海岸沿いでは、「危険ですので流氷に乗らないで下さい」という広報車が走っている

確かに。
ただ誰でも流氷の上に乗れるんですが、どこから陸地でどこから海なのかぜんぜんわからない。
そのため時々流氷から落ちる観光客がいるんですよ。
海に落ちたらまず助かりませんハイ!。

5. 博物館網走監獄に展示してあるマネキンは妙にリアルである

これも確か。
ただわからんのは、この博物館に古い管楽器を飾ってあるのはなんでだろう?。
囚人で吹奏楽団でも結成させていたのかな?(ん、なわけあるか#!)


6. 網走の日本生命には「クマ保険」があるらしい

ウソこけ#!聞いたことないぞ!


7. 網走バス。名鉄グループで最も北限且つ今や北海道唯一の名鉄系バス会社

そういえば北見バスは東急系列だったなぁ~。



私の母の実家があった函館市(北海道)


1. 一応北海道だが「振り向けば東北地方」なので東北扱いされるのをこよなく嫌う。

そうかぁ~?・・・
でも爺ちゃんは漁師だし、伯父さんは青函連絡船の甲板員だったので青森の話とかよくしていたなぁ~。

2. 知名度だけなら北海道NO.2だがライバルに小樽あり

人口ならNO.2は旭川なんだけどね。
でも小樽も仕事でよく行ったけど、なにを観光するの?、レンガ造りの倉庫?、ガラス館?、それともそこら辺の街中にある小さな川のような運河?、はたまた坂の街?。

観光地としても知名度では函館の方が圧倒的だと思いますけどね。


3. 函館人は、青森人と会話ができる唯一の道民

まぁ~、文句なく津軽弁だしねぇ~。
子どもの頃、爺ちゃん婆ちゃんの言葉がわからず母に通訳?してもらっていた。


5. 観光するには素晴らしい街だが、永住するには覚悟がいる
北海道最南端なんですがぁ~・・・メッチャ寒いところですよ。
なにせ風がしょっちゅう吹いていて、それが冬になると肌に突き刺さるようにイタイ!。
しかも小樽に負けず劣らず坂の街ですので、雪が少ない分路面凍結は凄く、一度こけると下まで転がって行ってしまいます。
イタイっすよぉ~!


6. 棒二森屋が一番!と思っている人(年配)が多い

よく行ったわぁ~棒二森屋。
函館駅前にあるデパートでして、ウチの母は反対側の五番館(これもデパート)で服やら化粧品など見ていたなぁ~。
ある意味、こちら(愛知県)の3Mデパート(名鉄、松坂屋、三越)みたいなもんで、この2つにサンバード長崎屋を渡り歩いていましたよ。
今でも棒二森屋はあるみたいだね。


7. ソ連とアメリカの戦闘機が飛んで来た。おまけにハイジャック機も飛んで来た。函館空港は来るもの拒まず

これもそうだっけ。
函館空港、無敵だな。


8. 街並みが綺麗(恐らくは日本一)。函館の夜景は一見の価値あり。言葉で表せない素晴らしさとはこの事

夜景は有名ですからねぇ~、日本3大夜景どころか世界3大夜景の一つですしね。
確かに街並みも綺麗です、やはりそこは観光地、地元の人たちの努力と意識の高さなんでしょうねぇ~。



私がよく仕事で行く甲府市(山梨県)


1. 甲斐の国府、略して甲府

ぜんぜん知らない・・・。


2. 地形的に、綺麗な夜景が見られる

どこで?

太良峠、愛宕山、和田峠、風土記の丘などが地元では有名

そうかぁ~???、
いまの時期やっている、西島のイルミネーションの方が綺麗だぞ!、っと。


3. 居酒屋には駐車場が必須

普段甲府を夜9時頃出発し、国道52号線を静岡県まで南下するんですがぁ~、
「お前ら飲んで運転してんだろう#!」
っというのが、い~~~っぱい!
山梨県では呼気中アルコール濃度0.25 mg以下であれば問題ないそうです。

ハイ、ウソですよ、信じないように。


4. 盆地にあるため、夏は異常に暑い。熊谷、前橋、大月と並んでよくニュースに登場する

ほ~んと夏は暑いですよ、しかも冬は東北並みに寒いしねぇ~。
夏、エアコンを掛けて昼間仮眠室で寝るんですが、室温22度くらい、でも起きてドアを開けたとたん外は地獄の40度!
目まいがしてぶっ倒れそうになります。


5. もともと細長かったが、合併でより一層細長くなった

無駄に合併しすぎでしょう、上九一色村が甲府市と言われてもねぇ~・・・。



本当は息子の嫁さんの実家、猪名川町にしようと思ったんだけど、あそこまで行く間の川西市に寄る方が多いし、猪名川町の記事があまりに少なかったので川西市にしてみました、誰かさんも住んでいるしね。

川西市(兵庫県)
1. 三ツ矢サイダーが湧き出ている、西宮ではバヤリースが湧いていたんだけど、なくなっちゃいました

おぉ~すげぇ~~~!
北海道の蛇口をひねると牛乳が出ると同じですねぇ~。

って、そんなわけあるか#!。


2. 名産品は古田敦也(元東京ヤクルト兼任監督) 、新名産品は松下奈緒

食えんじゃん!飾れんじゃん!、名産品は人間かい#!。
そういえば松下奈緒、松下電器がパナソニックに社名が変更になった際、一緒にパナソニック奈緒に名前を変更する案はどうなった?。


3. 能勢電鉄の運賃がちょっと高いと思う。(日生中央まで片道310円。梅田に行くより高いです。)

あぁ~これ息子の嫁さんが言ってたわ、きっと維持管理費と売上高が見合わないんだろうねぇ~。


4.能勢電にはイノシシと真っ向勝負して負けた逸話がある、そのためか、能勢電に新しく入った5100系という車両にはイノシシ対策としてスカートがついている

電車、イノシシに負けるんかい!笑える。
電車のスカートってイノシシ対策?、これも笑える。

ちなみに北海道、トラックで鹿とぶつかってもトラック凹むが鹿は走って逃げやがる。
クマ(ヒグマ)はぶつかったことないが、目の前に見えた時点でもうなにをやっても無駄だろう(ご愁傷様)。


5. 一応兵庫県だが神戸に行くには遠い。尼崎か十三を経由する必要がある

あの辺って猪名川町も含めてどこから兵庫県なんだかわからんところですよね。



で最後は昔よくお世話になっていた同じ兵庫県の尼崎市


1. 兵庫県で最も東にある

それはわかってます、ハイ!


2. 「尼」と略される。「アマ」と発音する。

これもそう言いますねぇ~、ウチの店でも尼崎支店をアマと言いますよ。


3. 兵庫県に位置しているにも関わらず、市外局番は「06」(大阪の市外局番)

私が思うに、ここって大阪府でいいんじゃねぇ~?兵庫県である必要がある?。


4. 地盤沈下が激しい。近年は事業所の減少が激しい

そういえば阪神大震災の時、尼崎支店は地盤の悪いところに地震ですからホーム波打っていたのは驚いたっけ。
笑ったのは社員用の大きな風呂があるんですよ、当然10人くらい一度に入れる風呂の底も波打ってボコボコ。
でもお湯がまったく抜けないのは凄かった、どんだけ強いホーローなんだ。


5. 治安が悪く(特に南)、朝自転車で通学すると下校時までに盗まれている事がある

ホリデー用(出先休み)のために置いてあった自転車も盗まれた、鍵も掛かっていたし構内なんだけどなぁ~。


6. 川西・伊丹市民は学生の頃、まとまったお金を持ってアマに行ってはいけないという、約束事があった。(カツアゲのメッカ)

マ・マジですかぁ~。
そういえばへんな兄ちゃん達、いっぱいいたもんなぁ~。


7. 何気に県民は尼崎は大阪であってほしいとおもっている

だ・か・ら・
アマは大阪府でいいじゃん、日本一神戸ナンバーが似合わない街。


8. 市内に競艇場が有る

これは初めて見たとき驚いた。
こんな街のど真ん中に競艇場?、どうやってプール造っているんだろうかと思ったもんですよ。
普通、海や大きな川の近くに造りますよね、でもそんな物は見当たらず(外から見て)、しかも普通に買い物等で賑わう駅前に競艇場・・・。

いろんな意味で尼崎ってスゴイ!。
ちなみに私のイメージとしては、ドブ川と工場の変な臭い、そして汚い道路の路肩、ぜんぜん良いイメージがナイ!。
なにせ尼崎、南半分しか見てないからなぁ~。



さていかがだったでしょう、またネタ切れの時でもやってみます、お楽しみに。

ちなみにどこの都道府県とか市町村でも調べられます、リクエストがあれば調べますよ。

帰ってくる愛車

息子から連絡があり、

「そろそろクルマ返すわ」

です。

どうも営業車を1台買うみたいで、それがそのまま自家用車兼となるみたいです。
まぁ~半自営業ですからそういうことも可能なんでしょう。

で、戻ってくる86は?

息子の趣味のクルマになるんでしょうねぇ~。



以前書いていた86のクラッチ、あれ直したんですよ。
通常のエンジン(トヨタ製)とは違う構造のため(スバル製)搭載方法が複雑で手間がかかるため予想以上にお金が掛かりました。
まぁ~それでも妥当な金額なんですけどね。

直ってきた状態は?っというと・・・

繋がりが唐突で半クラが探し難い状態、しかもなぜかクラッチペダルがスカスカ。
ついでにミッションの状態もきわどかったらしく、多少の手直しが必要でした。

しばらく私が動かしながらあたりを出し普通に使える状態まで戻りましたが、相変わらずスカスカのクラッチペダルはそのまま。
しかもミッションの入りも軽くなり、カチッというとりスコッという感じ・・・。
良いんだか悪いんだか・・・。

半クラはかなり厳しくなり範囲が超狭くダイレクト感アリアリ。
そのせいで発進時にかなり気を使うようになってしまいました。

直ってきた翌日に女房が病院へ行くためこの86を使わなければならず、とりあえずそうとう感覚の変わってしまった86に女房が挑戦?。

クラッチの感覚があまりに変わったため交差点内でなんとエンスト。
女房右往左往!。

女房
「どうすんのどうすんの#%&’!(あせりまくり)」

私、助手席から
「とにかくすぐクラッチ踏め!」

クラッチ踏んだ瞬間に私が横からスタートボタンを押して再始動(86のスタートボタンはハンドル横ではなくセンターコンソールにある)。


「慌てないでアクセルを軽く煽ってクラッチをポンと繋げ!半クラは探すな」

女房
「昔乗ってたエイト(RX-8)みたいだ・・・これ嫌いだ!」

過去記事にも書きましたが、RX-8は女房にとっての天敵で過去一番嫌いだったクルマ。

そういいながらも翌日無事に病院へ行ったそうですが、とりあえず行く前に試運転していて良かった。


前回の記事で書いた通り、息子家族と一緒に京都へ紅葉を観に行きました。
その後息子は久々に自分の愛車である86に乗ってみました。

「ぜんぜん変ったなぁ~、でもこの感覚嫌いじゃないわ」
「な~んかオヤジが以前乗っていたエイト(RX-8)に近いクラッチの感覚でスパッと行っちゃうね」

自分が乗っていた当時とはかなり変ってしまった86なんですが、それでも顔がほころぶほど気に入ったよう。


で、私の愛車のCX-5!。

久々に乗りました。

アレ・・・クラッチが・・・

ついついクセで左足でクラッチを探す私。

AT車なのにクラッチなんかあるわけないです、ハハハ(^^ゞ。


相変わらず豪快なトルクを活かした加速は86と比べてもそれほど遜色はない。
とにかく静か、乗り心地がいい、しかも落ち着いて乗れるほど広い!
ただ、86と比べると乗っていて楽しくナイ!

やっぱスポーツカーとは違うな。

だいたい乗っていて楽しくナイ!っという感覚が女房にはわからないらしいが。

女房いわく、

「これだけ広くて静かで燃費もよく、しかも86とそんなに変らないほど速いのにどこが楽しくナイ?」

ですよ。


ウゥ~~~ン・・・


これはクルマ好きでなければわからない感覚でしょうねぇ~。


とにかく近い内に愛車CX-5が帰ってくる予定です。

86になってからはあまり写真を撮りに出かけなくなっちゃったし、なにせ買い物等でも不便です。
たださすがにスポーツカー、乗っていて楽しいので、せっかくカメラを積んで行っても1枚も撮らずに帰ってくることもしょっちゅう。

CX-5の時は、
「あ、あれいいな」
とか、
「あ、あの光具合なら綺麗に撮れるか」
など、外を楽しみながら被写体を探していたものです。
それだけ運転していても外を見る余裕があるということ。

それが出来ないのが86!。
外の景色より運転に集中してしまうクルマだからです。
けっして悪いことではないんですけどね。


さてCX-5、年内に帰ってくる予定なんですがどうなることやら。

帰ってきたらさっそくスタッドレスに履き替えて雪道爆走だな、なんたって4WDだし。
で、カメラ片手に冬の景色を撮りに行くとか。


クルマってそれぞれに個性があって、その影響が大きく趣味にも影響を出します。

私が思うにベストなクルマ選びとは、

クルマ以外の自分の趣味&実用に合致するクルマを選ぶこと。

私のよう写真が撮りたいだとか、延々遠くまで走ってまだ見ぬ景色を見たいだとか、はたまた家族と一緒に旅をしたいとか。
また逆に、ただただ買い物の足だとか、通勤のためだけとか、子どもの送り迎えだけとか、まん下駄代わりでも良いんですよ。


必ずあります、自分が求める使い方に合致するクルマが。


今の時代、カーライフってずいぶん変りましたけど、私はその時々に合わせて買い換えるかな。
ただ経済的にも頻繁にそんなことは出来ませんが、欲しいと思ったクルマは絶対に試乗すること。
買って失敗したというのは結構ありまして、見た目とカタログ値で判断する人がほとんど。
これが失敗の元。

私、どんなに欲しくても試乗させてもらえないクルマは絶対買いません、これが中古であっても。


あぁ~最後はまた熱く語ってしまった。

それだけクルマが好きだということでしょうね。


さてウチの息子、86が戻ってきたらユッキーはどうするんでしょう?。
あの超狭くて前が見えない後ろの席に一人で縛り付けておくのかな?(小さなチャイルドシートのシートベルト)。

ちょっとかわいそう・・・・。

鞍馬山

先週、土日でお休みとなりました。

土曜日は今預かっているトラックの3カ月点検のために奮闘、そして無事完了。
日曜日はやっと天気が良くなってきたので、たまには女房と紅葉でも見に行こう、っということになりました。

そこで、

「今ならやっぱ滋賀県かなぁ~、琵琶湖の北側とか・・・」

ですよ。

じゃ~息子ら夫婦を誘って行こうということになりました。



朝早くから出てまずは息子の家へ。
夏に京都水族館へ行った以来、ユッキーの顔を見に行きましたがぁ~・・・


部屋に入ってドアを開けようとした時、ユッキーはドアの裏からつかまり立ちをしながら「誰が来たんだろう?」だったんでしょうねぇ~。
そこへいきなり私がドアを開けたもんだからユッキーバッタリ倒れちゃいました!
それでもムックリ起き上り顔をあげたら、知らんオジサン(私)が立っているもんだからビックリして泣き出し大変!

そこから先、ユッキーガン泣きです!。
慌てあやしたりオモチャで誘っても、今さら遅いとばかりにギャ~ギャ~泣き叫ぶユッキー!。
まさに
「お母さん、たすけてぇ~~~!」
ぐらいの勢いですよ。

「マジかぁ~・・・」

完全に忘れられている・・・・。

私、ちょっと凹んじゃいました。



さて、やっと落ち着いて出かけられる状態になったのがお昼くらい。
京都の大学を出ているユッキーのお母さん(息子の嫁さん)が、

「今の時期なら鞍馬山良いですよ」

っというので行ってみることに。
ただ関西、天気が良くなかったんですよ・・・。

その前にユッキーご飯。
20161120 010
「赤ちゃんフード(離乳食)、おいちくなぁ~ぃ!」
みたいな顔。

さて鞍馬山。
20161120 006

20161120 017

あれぇ~?、なんでこんな時にゴーストが入る???(写真屋根の付近)。

私がユッキーを抱えながら片手でカメラを構えていたんですよ。
ところがユッキー、カメラに興味深々であちこちさわり、結果レンズにユッキーの手垢が・・・。

あらあら・・・

しっかしここ、中国人観光客が多いですねぇ~。
たまたまツァー一行がいたせいもありますけど、観光客の8割がたが中国人。

20161120 079

20161120 074

20161120 071

本殿まで行きましたが、本当は奥の院や貴船まで行きたかったんですよ。
ただちょっと遅かったのと雨が降り出したためあきらめました。

登りは歩いて本殿まで行きましたが、帰りは雨がチラホラ降ってきたためケーブルカーで降りることに。
距離が短いとはいえあのケーブルカー、運賃バカ安ですね、大人一人が200円とは・・・。
20081028_119418.jpg
ものすごい人(ほとんど中国人)だったため写真が撮れず、この写真だけ借り物ですm(__)m。


そろそろ夕暮れ

20161120 034

20161120 088

20161120 092

ほとんど私か女房に抱かれて移動していましたが、最後はみんなで夕飯を和食レストランで食べ帰ってきましたが、さすがに最後はユッキーご満悦でした。
20161120 080

さ~て、次行った時まで爺ちゃん(私)婆ちゃん(女房)を覚えているかなぁ~?。

読むのが辛い記事

再配達や年中無休、本当に必要ですか? 過剰品質が働く人を追いつめる

yahooニュースで見ましたが、身につまされる記事ですねぇ~。

ウチの会社は数年前から正月やお盆、そしてGWなど完全休養日にしてしまいました。
もちろんすべての日がお休みではないですが、完全にお休み(誰も出勤しない)という日が出来ました。
私のブログを以前から覗いている方々は、私がどこの会社で働いているかはご存知だと思います。

数年前までは年中無休24時間営業だったんですよ。
それがここ数年、休む時はみんなで休もう、的な状況に。

良いことだと思いますよ。

何十年か前、走っているトラックの中で紅白をラジオで聞きながら、それが終わるとカウントダウン!。
そんな放送を聞きながら東京へ向けて東名高速を走っていた思い出があります。

その時、私思いましたよ。

たかが数個の荷物のために大型トラックを使い、人件費や高速代、そして燃料代をはたいてまで走る必要があるのか?

っと。


本当に数個(一桁)だったんですよ。
それこそ乗用車にでも載せられるくらいの少なさと荷物の小ささ。
それを年末年始にまたがりながら走るんですよ。
しかも復路はなく、トラックを置いて東京から新幹線を使って家へ帰ってくるアホな片道定期(費用会社持ち)。

どう考えても大赤字でしょう。

SDは大変ですよ。
今や時間指定は当たり前、居なけりゃ何回でも行かなきゃならない。

ゆうパックとかいいですよね法律に守られているから。
居なけりゃ不在表に、「いついつまで預かっているからそれまで取りに来い!」で済みますから。

それが出来ないのが民間の運送会社。

お客様が「取りに行くから預かっておいて」っと言われない限りこちらから取りに来いとは絶対に言えない。
なぜ言えない?
それ運送法違反になるから。

じゃ~ゆうパックはなんで取りに来いと言えるの?
ゆうパックは運送法ではなく郵便法に則って仕事をしているから。
そうです、同じような仕事をしているのに縛られる法律が違うから。

それにしても最近のnet販売、無茶しすぎだよなぁ~。
その煽りを喰らっているのが運送会社。

あなたが仕事として午後6時頃に終るとして、突如夜の10時に会いたいとお客様に言われたとしたら行きますか?。
1回ならまだしも、それが毎日だとしたら行きます?。
あげくに時間通り行ったのに居ないので仕方なく帰ったら、「悪い、今から来てくれない?」とか・・・。

たぶん普通の人なら、

ふざけんじゃねぇ~#

ですよね。

これが毎日続くんですよ。


夜の時間指定、この記事にも書かれていますけど20%ほど居ません。
しかもその20%の中の40%の人は、後から再配達してもらえりゃいいや、っと思っているんですよ。

この時間に合わせるためにSDはれだけ苦労していると思います?。


我社でも荷物を出した店所から距離を測り、そこから600km圏内は基本翌日午前中配達が基本です。
ようは、午後8時頃まで持ち込むかSDが集荷行ける時間内(店によって違う)であれば、大阪を基点に東京や山口県下なんざ間違いなく翌日午前中に配達出来ます。
ただ、無謀に山の中とか離島とかは無理ですけどね、ハハハ(^^ゞ。
それでも最大限最速で着くよう努力します。

その一端を担っているのが私達です。

最低朝8時まで到着させないと配達に支障が出てしまう・・・。

事故で通行止めだろうが雪で動けなかろうが意地で朝の8時を目指します。
休憩時間が無くなろうが時には法に触れようが意地で着けます。
SDが待っているから、お客様が待っているから。

バカですよねぇ~。

もちろん会社はそんなこと要請はしません、ダメなら連絡して安全な方法で走り遅れてもかまいません、っと言ってくれます。
でも路線の連中は意地でも職務を全うします。
これは我社でなくても大手運送会社は同じなんですよ。

遅れれば自分の責任・・・
それがたくさんの人々に影響を出し何人もの人がお詫び安行・・・

そう思っちゃうから。


本当にバカです。
でも遅れず到着させることは私達路線の誇り!。
給料云々の問題ではない!。



こんなことがいつまでも続くことが問題なわけで、もう少し世間の人々に考えてもらいたいものですよねぇ~。


どんな商売も裏は見せません。
表だけを見て良いだの悪いだの・・・。


お客様は神様です。
だから良くも悪くも最善を尽くし表だけ見せる。

net通販全盛になってきたこの時期、そろそろ裏の苦労を見せても良いのではないかと私は思います。

この記事、もうちょっと大きくなってくれないかなぁ~・・・。

体調悪いです

金曜日(10日)、会社で要請のあったインフルエンザワクチン打ちに行ったんですよ。
まぁ~毎年のことなんですが、ウチの店は全員インフルエンザワクチンを打つことを義務付けられています。
そこで金曜日が休みでしたのでちょっと行っ来ました。

今年も昨年同様4種混合ワクチンみたいで、費用は3500円也!
内容はちょっと違うみたいですけどね。

でも・・・

その病院でどうやら風邪をもらって来ちゃったみたいです。

頭痛いわ喉もいたいわ、しかもくしゃみが止まらない。


土曜日、とりあえず出勤して仕事終え家に帰ってからも、どうにも調子わるい・・・・。
とりあえず積置きですので出発は日曜日なんですよ。

とにかく肩がイタイ(>_<)・・・。

これはワクチンを打った方の肩(腕?)が痛いだけで、風邪とは関係ないと思います。
とにかく金曜日午後(病院へ行った後)からメッチャ調子が悪い。
本当は積置きが終わった後、ちょっとトラックを洗車して3ヶ月点検の準備をしようと思っていたんですよ。

ところが・・・

仕事が終わった頃、そんなに暑くはないのに汗だく・・・。
駐車場へトラックを停め、キャビンから降りようとした途端めまいがしてステップを踏み外す始末・・・。

やべぇ~なぁ~・・・

それでもいつも通り(午後8時頃)帰ってから風呂に入り、女房とあ~だこうだとしゃべりながら夜中11時には自分の部屋へ。
今日は調子がイマイチなので夜のドライブに行く気はなく、しかも見逃したアニメもたくさんあったのでビール片手に朝まで時間を潰すことに。

この辺が普通の人とは生活時間が違うんですけどね。

夜中2時頃だったか、ビール2本目を飲んでいると目線が定まらない・・・。

あれぇ~~~???



ちょうど女房がトイレに起きてきたので、

「ちょっと体温計出して」

っと言って出してもらいました。

女房
「ちゃんとかたずけて置いてよね#!」

ハイハイ!


アニメ観ながらビール缶持ったまま体温計をわきの下に。



ありゃ~・・・38.7℃!


やっぱ風邪だわ。



な~んか急にだるくなって、とりあえず風邪薬を飲んで寝ることに。
飲みかけのビールで市販の風邪薬を飲んでも効かないような気もするんですがぁ~、
とりあえず気休め?。

まぁ~私の場合、普段から体温が高い体質なので38℃を超えても、
こりゃ~風邪かな?
くらいなもんなんですよ。
なんたって問題ない状態で体温計を挟んでも37℃くらいはありますから。

だれかさんが言っていましたけど、私は代謝量が多いらしい。
これは子どもの頃からですので、完全に体質なんだそうです。
したがって本格的に風邪を引くと39℃以上になっちゃうんですよね。 

今回はその一歩手前かな?。

ウチの女房も私の体質をよく知っていますので、

「そのくらいなら薬飲んで寝りゃすぐ治るわ」

ですよ。

自分が37℃とかあると大騒ぎするくせに・・・。


で日曜日、


出発は午後7時頃ですので、その前に買い物に行きたいと女房がいうのでしょうがなく付き合うことに。

やっぱちょっと調子悪い・・・。

出発前体温を測ってみるとやはり38℃をちょっと超えている。
まぁ~そんなに苦しいわけではないし、途中ダメなら停まって寝ようと思っていたので普段通りに出発。

途中静岡に寄り、そこで荷下ろし後残荷が載っている台車の中に甲府があったので、
「これもって行こうか?」
と尋ねたところ、
「これ今日(日曜日)集荷したんだけど間に合わないので明日の出荷でもOKと言われているんだよ」
とのことでしたが、どうせ行くならとのことで積んで来ました。

ところがこの時、

「そんなに汗だくになるほど降ろした?」

っと聞かれるほど私は汗だく・・・。


その後連続運転を避けるために、国道52号線にある道の駅で休憩。
寝ればいいのに携帯でゲームをやりながら時間を潰す・・・。

夜中の0時過ぎ甲府に到着。

パタパタ降ろして本日の業務終了!。

すぐさま風呂に入って汗を流しやっと一段落。
だいたい今の時期、しかも夜に汗だくなんてありえないんですけどね。

あとは娯楽室で時間を潰し午前3時には仮眠室へ入りました。

起きたのは午後3時頃・・・、就寝時間12時間。
いつも通りです、ハハハ( ̄∇ ̄;)。
でもちょっと身体が重い・・・、まだ完全に治ってはいないみたいだ。

さぁ~今晩は無理せずゆっくり帰ろう、なんたって調子がイマイチだから。

しっかしどこで風邪をもらったかはあの病院しかないんですよね。
内科ですのでマスクをした患者さんがたくさんいましたし、せっかくインフルエンザワクチンを打ちに行ったついでに風邪をもらってくるなんて・・・。


最後に今日14日はスーパームーン!

ダメそうですね。
今日の甲府、現在雨が降っていて朝までダメみたいです。

とにかく、体調がイマイチなんで気を付けて帰ろう。

大型免許

ここ10年近くなりますが、運転免許の種類が、普通車、中型自動車、大型自動車、っと切り替わりましたよね。
以前(10年近く前?)は、普通車と大型だけで、あとはそれに+して牽引や大特があります。
それ以外は二種免許(営業用)ですかね。

最近の運送業界、運転手の応募が非情に少ないんですよ。

なぜ???

っというと、この免許制度がネックとなりトラックを乗れる若い人材が少なくなってしまったからです。

現在の普通免許(AT限定は無理)では、せいぜい2t車くらいまでしか乗れず、運送業界で一番必要な4tクラスが乗れません。
このためいくら募集しても免許が無いため採用が出来ないんですよ。

じゃ~、中型免許や大型免許を取るためにはどれだけお金が掛かるか?っということ。


何時ぞやウチの息子(半自営業者)が、

「荷物の運搬に小さなトラックを使いたいんだけど、俺の免許(普通車)では乗れないので、後々つぶしも利くことだし大型まで取ろうかな?」

っという話をしていました。

まぁ~、確かに運転手なら手っ取り早く戦力になるし給料も年齢に関らずそこそこ高い。

そこで、




つい最近、ウチの店のお隣さん、豊橋支店へ路線希望で新人君が入って来ました。
その新人君と話をする機会があったんですが、年齢は22歳(若い!)、当然つい最近大型免許を取得したばかり。

ちなみに愛知県では、普通車を持っていてから中型自動車免許を取り、その後大型免許を取るという二段階方式でないと大型免許は取得出来ません。

で私、
「トータルいくら掛かった?」

っと聞いてみたんですよ。

他店の新人君
「だいたい50万円くらい」


えぇ~~~!!マジかぁ~


ですよね。


別に公安委員会(免許センター)で何度も落ちてこんな値段になったのではなく、ちゃんと自動車学校へ行ってのお値段。
唖然としちゃいましたよ。

彼によると、普通免許をAT限定で取ってしまうと、一度MT仕様で乗れるよう免許の変更試験を受けなければならないのでもっと掛かるらしい。

オイオイ#!、国家試験(運転免許)にそんなにお金が掛かるかよ!

くらいなもんですよ。

それらの話を聞く限り、私が持つ大型自動車免許というのは、今ではプラチナ免許に等しい?。



私が自動車免許(普通車)を取ったのは19歳の時、しかも北海道の片田舎。

あくまでこれは当時のお話ですよ。

当時北海道でクルマの免許を取るためには、ほとんどが公安委員会(現免許センター)へ直接出向き試験を受けるというのが普通でした。
もちろんそれを補助する自動車学校というものもありましたが、なにせ費用が高く、当時でもウチの女房が自動車学校へ通いながら免許を取るのに12~13万くらい掛かっていました。
公安委員会で直接取るなら、印紙代ほかもろもろ入れても1回の試験に5000円くらい(あくまで私の記憶ですが)。

年輩の人ならご存知と思いますが、公安委員会で直接取る自動車免許は1発で受かる(合格)ことは稀です、必ずと言っていいほど2~3回は落とされます。
なんたって100点からの減点方式で、乗り込みの段階から審査さてれいて70点を切った段階で試験は終了(不合格)。
中には試験コースの外周を回っただけでクランクも縦列駐車もすることなくお帰りになる人もいるくらいです。
しかも試験コースは3コースあり、当日どのコースが試験コースになるかがわからず(試験直前に発表)、いやでも3コースすべてを覚えなければならない。
ちなみにコースを間違えると減点、当然間違える前に戻ってやり直さないと不合格。

めっちゃ厳しかった。

ちなみに私も公安委員会で取った一人なんですが、仮免で3回、路上で1回落とされました(落ちた回数はかなり少ない方)。

じゃ~どうやって練習する?。


そこは北海道の片田舎、畑にコースを作り親に同乗してもらいながら練習するんですよ。
あるいは山の中の道で無免許運転で練習(当然同乗者(免許を持つ者)アリ)。

な~んせ広大な北海道の道東地区、畑でも直線で2~3km四方あるのは普通で、公安委員会の試験コースより広く取れますから、冬、畑が使えない時に試験コース通りに除雪し、簡易コースを作り練習するわけです。
あと中学生&高校生なら、夏から秋にかけての農作業アルバイトでトラクターやトラックを運転して作業していますので運転なれはしているんですよ。

私も高校1年生の時、近くの農家の手伝い(アルバイト)で出かけ、農家のオッサンから、
「クラッチ踏んで、これが前進、これがバック、そして合図をしたらこのギヤを入れて後ろの機械を動かしながら走れ!」
っと、メッチャ簡単な説明を聞いて初めて農作業用トラクターを動かしましたよ。

前を見るんじゃなく、後ろの状態を気にしながら走るんですがぁ~、

オッサン、
「バカ!わだちに沿って真っ直ぐ走れ!曲がったら芋が掘れんじゃないか#!」

とか怒られていましたねぇ~。


まぁ~北海道では警察も寛大?なのか、いくら道路でなくても中学生や高校生がトラクターで農機具を牽引していても笑って見ていましたよ。

中にはパトカーの窓を開け、
「ヘタクソ!」
っとイヤミまで言いやがる警官まで。

「うるせぇ~、初めて引っ張ってんだから上手く行くか#!」
な~んて悪態ついていると、

「もっと上手く引っ張らないと無免許運転で捕まえちゃうぞ!」

っと笑いながら脅してくるおまわりさん。


そんな時代の運転免許制度でしたから、わざわざ10万も15万も出して自動車学校へ通って免許を取る人は少なかったんですよ。
まぁ~北海道の片田舎、っという環境も大きかったとは思いますけどね。

ちなみに大型免許、その5年後に取りましたが、それも公安委員会で直接取り3回目で合格(仮免2回目&路上は一発)。
掛かった費用は1万5~6千円くらい、でしたかね。


それが今では50万円ですかぁ~!。
そりゃ~運転手になろうという輩が減るわけだ。


しっかし、本当に自動車運転免許を取るというのは簡単になったんですが、その分費用もかさむようになったんですねぇ~。
今じゃ普通車ならAT限定免許(MT仕様免許より安い)を持つ人が増えましたが、今の乗用車95%以上がAT車(2ペダル)、MT車なんかわずかに5%未満しかなく、確かにAT限定免許でも問題ないかもしれません。

でもそれって、

本当に自分で動かしている感覚ある?。
機械にまかせっぱなしで、壊れりゃどうしてよいのかわからない・・・どころか、どうして動かない???くらいにならない?。
しかもパンクですら気が付かないほど動く限りは機械まかせ。

昔の免許制度の方が、構造くらいは説明してくれたし、費用は安くても試験は厳しく自分のためにはなった。


自動運転=人の手に頼らない安全運転

最終的にはこれを目指すんでしょうねぇ~。
それには莫大なお金が掛かるのと、人が勝手に機械をいじれないようにする?みたいな・・・。


今じゃ私が乗るトラックもハンドルだけ持っていれば勝手に走るし、前にクルマがいると勝手に減速するし、確かに運転は楽になりました。
でも知らないで使うのと、それを知っていてその機能を利用するのは違うような・・・。

いいんでしょうかねぇ~、結局お金を出せば免許が取れるというのは(すべてではないが)。


な~んか考えさせられる他店の新人君との会話でした。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ