担当変更?

一ヶ月ほど前に打診があったんですが、私、担当区域が変る予定でした。
どうもチーム再編が上手く行かないのか、はたまた上が現在の運行状態を維持したいのかはわかりませんが、とりあえずこのまま年末まで突入するみたいです。

現在はご存知の通り、河内便(最終茨木)と甲府便の2本、これを1泊2日で運行しています。
これを3往復へ持っていく案だったんですよ。
そこで河内便(茨木)はもちろん関西なわけで、これと甲信越にあたる甲府とのコンビはちょっと組み難いというのがありました。

やはり物量には日によって波があり、それを同じチーム同士で調整しあうのが普通です。
したがって2、もしくは3コース1チームで同じ方向に向くよう組まれているのですが、ウチのチームだけが関西と甲信越という組み合わせで、とうぜん方向が違うので同じチームの荷物を助けるというのは出来ません。
そこで現在欠員が出てる以上チーム再編という案が出て来たわけです。

予定されていた私が担当する便は、足立便(東京都)、入間便(埼玉県)でこれに甲府便。
ちなみにもう一方の河内便は、堺便と松原便、これに河内便が加わるという関西集中型の案。

まぁ~方向的には文句ないですよねぇ~。
特に関東方面はどちらかというと東名というより中央道よりの設定。
ちなみに関東便、上記以外にも3チームある。

ちなみにこの打診、私はOKしていました。
定年前は入社当時と同じよう最後は東京かぁ~・・・
な~んてね。

何回目の華のお江戸は東京行き?。

ただ、どうもその他の人間から一悶着あったみたいでとりあえず現状維持らしい。
今じゃ私はただの平社員、なかなか事前に情報を得ることは難しくなっているんですよ。

まぁ~いいです、私でやれるなら出来るところまでやってやるだけですから(イヤミじゃないよ)。


東京かぁ~・・・
しばらくあの夜景観てないなぁ~・・・。


大都会東京、

夜、特に雨上がりの湾岸線からレインボーを渡る途中、突如現れる摩天楼の光はまるで別世界!。

いつぞや新人を乗せた時、


「お前に東京の凄さを見せてやるよ」

っと言って、雨上がりの夜、わざわざ遠回りして湾岸に乗り南側からレインボーを渡りました。

レインボーブリッジ頂上付近から見る芝浦付近の摩天楼は驚くほど綺麗です。

新人君
「スゲェ~綺麗!、ここが日本とは思えない!」

でしたよ。


さて、遅かれ早かれ東京へ行くことになるのかな、私。

レインボーの上から見る東京の夜景も好きですけど、横浜ベイブリッジの上から眺める横浜港の夜景も素敵です。
これ、目線の高いトラックの運転席だからこそ綺麗に見えるんですよ。


あぁ~久々に観たいわ~、東京の夜景。

コミカル・クラシック?

本来の曲のイメージがぁ~・・・。
でも、どちらの技術もスゴイ!(歌もね)。



相変わらず面白い連中だ。

携帯のアップデート

iPhone、

つい最近アップデートしたんですよ。
以前からアップデートの案内はあったんですが、時間が掛かるのと面倒なので放っていました。

①っと赤く付いているマークがウザいので、仕方なく家のWi-Fiを使ってアップデート、ios9からios10へ。

そこで使い難くなったのがホームボタン。

ロック解除がスライド式だったのにホームボタン二度押しに変更されていた。
これが慣れないとよく間違う・・・。
おまけにちょっと傾けるだけでonとなり、ポケットの中で誤作動・・・。

この傾けるだけでonは暗いところでは便利かもしれませんが、どうにも余計な操作を誘発してしまいますので私はこの機能をoffにしました。

それにしても、

スライド機能、別に不便ではなく誤作動を防ぐにも一役担っていたはずなのに、なんで止めたかなぁ~?。

この機能に戻そうとnetで探してみるとダウンデートという、OSを古い物に書き換える必要があるそう。

面倒だし古いOSに替えると不具合が出そうだし、このまま慣れるしかないかな?。


これって不満が出なかったのかなぁ~・・・。

ちなみに私は不満です、ハイ!。

旬なアニメ映画

m(__)m、先にこの記事を読んだ人にはお詫び申し上げます。

実は1回upしたんですが、どうにも記事の内容が気になって別なアニメ映画を観てから再度編集しようと思ったんです。
そして再度upします。



今一番旬のアニメ映画[君の名は。]、

観ましたよ。
最後に丸(。)があるのは同タイトルの映画と差別するため、とかなんとか・・・。


あれだけ興行収入を上げていて、何度も観に行く人もいるくらいの感動する映画だそうですけど、正直、


そんなにいい???


観て感動した人達にはちょっと怒られるかなぁ~。



ファンタジーアニメの中ではよくあるパターンの物語なんですが、私としてはもう一歩・・・
というところかなぁ~。

人の心が入れ替わる、っというのはよくあるパターンですが、岐阜の山奥と東京の人間、しかも男と女・・・。

お前はだれだ!っと自分の腕に書き残したあたりは面白そうなスタートだったんですが、相手の環境を把握するにはちょっと物語を端折り過ぎ。

それ以外にも突っ込みどころはいろいろあるんですが、そこはアニメ、まぁ~しょうがない?。
でも、繋がらない電話で呼び出し音が流れるのがちょっとおかしいでしょう。

「電波の届かないところにいるか電源が入っていません」

っと流れるのに、その前に呼び出し音が数秒あるというのはおかしくない?。


ラスト感動の場面。

昔、渡した赤い組紐を髪留めにして、遠く東京まで見知らぬ相手(入れ替わった相手の瀧)に会いに行く三葉(ヒロイン、みつは)。
それを知らない瀧(主人公、たき)。
その二人には同じ場面にいるのに、実は3年の時間差がある。
その3年の時間差が埋り出した時、相手の名前も忘れてしまう。

最後は満員電車を降りる瞬間三葉と瀧は出会い、あの赤い組紐を髪からといて瀧の手へ・・・。


悪くはない・・・
でも、もうちょっと・・・。



実はラスト、似たようなシーンのアニメ、ちょっと前に観ているんですよ。

「僕だけがいない街」

実写でも放送される(された?)そうですが、私の場合アニメ版です。


時代を遡り小学生時代にもどって物語が進むアニメ。
そうなる前に本来の時代で助けられた準ヒロイン、あいり。

その後、物語は時代をもどすことなく進み、主人公は本来の年齢まで歳を取る。
あいりは物語前半にしか登場せず、難しい家庭環境も相まってどうなったかわからない。
そんなことを忘れさせるほど本来の物語が進みクライマックス。

最後はパッピーエンドなんですが、やっと落ち着いて雪降る中散歩に出たとき、雨宿りならぬ雪宿りのため橋の下へ。
そこへ雪の中カメラ構えて写真を撮るひとりの女性に出会う。

彼女
「スゴイ雪ですねぇ~、私もちょっと休ませて下さい。」

これがあいり!


主人公、言葉にせず心の中で

「生きていてくれたんだ」

っと涙してエンディング。

私も以前あいりが登場していたのを忘れて、ちょっと、うる・・・としてしまいましたよ。


君の名は。

最後はあのような再会でも良かったんではないかと個人的には思います。
どうせ最後は時代の違いに気が付き会えないことをわかっていた主人公、なにも最後に君の名は、と叫び続けなくても・・・。



この話、女房にしたんですがぁ~・・・

「一人で観に行きやがって、私も連れてけ#!」

っと怒りやがる。

「しゃ~ないじゃん、出先休みですることなかったから・・・」



しょうがないから観に連れて行くか。
でもそろそろ上映も終わりなのでは?。


もう一つ、大垣を舞台にした[聲の形(こえのかたち)]。

これも観たいなぁ~。


でも、今度は何時になることやら。
結局後に発売されるDVDかな?。





この記事を再upする前に見たアニメ映画とは、
[心が叫びたがってるんだ。]
です。

物語も荒いし画も荒い・・・でも未来を感じる。
しかも主人公とヒロインは最後一に緒にならない。
でもハッピーエンド。


なんなんだこの物語。


でも、

それでもなんだか未来を感じる。

それが[君の名は。]には感じない。



あれだけ人の心の奥深くを探る新海誠監督の映画、本当にあれでいいの???。
画も含めて[秒速5センチメートル」や[雲の向こう約束の場所]を超えていると私は思えない。


もう一度見たいか?




次は女房と見に行っても、






どうでもいいかな?。


舟を編む・・・か

2016秋アニメ、
これといって観たいものはなかったんですが、ちょっと気になったこのタイトル。

[舟を編む]

舟を編む、ってどういうこと???




とある出版社の辞書編集部。


言葉とはどういうもの、
言葉の海、
氾濫する言葉、

それらをまとめる辞書には個性がある。


面白そうだなぁ~。



[大渡海]という新しい辞書を創る(この漢字であってる?)という物語。

[辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく]というお話で、過去映画化(実写)されたこともあるんあそうです(ヒットしたかどうかは知らない)。
それを今回アニメ化したわけです。

1話観ました、興味そそられますねぇ~。

キャラ作りも昔見たMonsterに近く、今のチャラチャラした人物像とは違い、私のよう50代にはちょうどいい!。
たぶん深い話になるんでしょうが、個人的には今季一番、期待のアニメ(ただしアニメランキング的には評価が低い)。

特にPV2の「海を渡るすべを持たない・・・」はいいねぇ~。
これ、以前観たノーゲームノーライフで使われた「空を飛ぶ手段を持たない人間が、どうにかして空を飛ぼうとする」に近い!。

PV1はほとんど宣伝なので、PV2&PV3だけ貼っておきます。

PV2

PV3


気になったら観てみて!







って、そんな人いないか。




コスモス

天気が良いので、近所でコスモスを撮ってきました。


20161016 009


20161016 030


20161016 027


20161016 012

少しでも風があるとすぐ揺らいじゃってブレまくりになっちゃいます。
そこでシャッター速度を1/2000まで上げ、ついでに露出を2段引き上げ明るめに撮ってみました。




最後はご愛嬌でこんなのも・・・

20130209 192

ここまでやったら補正じゃねぇ~よ、創作だわ#!

てか。


ちなみに上のコスモス、補正もトリミングもなく、すべて撮って出しです、ハイ!。

また観てます・・・

ついに始まりました、[響け!ユーホニアム]の2期目。
正直、昨年春アニメの段階でそのまま2期目に突入してほしかったですねぇ~。

せっかく当時の課題曲とリンクしていたのに、わざわざ翌年まで持ち越し、結果昨年版の課題曲にする必要はなかったと思いますよ。
しかも全日本吹奏楽連盟のお墨付きまでもらっての放映なんだし、今さら昨年ヴァージョンの課題曲にしなくても・・・。

ついでにあの自由曲[三日月の舞]も、全国大会を狙うにはちょっと物足りない曲で、今一歩インパクトに欠けますねぇ~。


って・・・

そういう風にあのアニメを観ているヤツなんかいねぇ~わ#!

ですかね。


ようは学園物です。
学校内(部活内)で紆余曲折しながら人間関係を見せるアニメで、課題曲やら自由曲の直接の内容(曲の出来栄え)なんて関係ないアニメなんですよ。

で・も・・・

吹奏楽に興味のある私にとって、やはり全国レベルが如何程の物なのかを知っている以上、どうしても曲の内容が気になります。

実際時々ですが吹奏楽コンクールを聴きに行きます。
地方大会あたりならほとんどの場合、一発目の音を出した段階で良し悪しを判断出来ます。
まぁ~その感覚は絶対じゃないですけどね。

ウチの息子が高校時代(吹奏楽部員)、吹奏楽の地方予選を聴きに行ったんですが、出だしを聴いた段階で、

「あ・・・これダメだな」

でしたよ。

ところが曲自体に力がある(魅力がある?)ことと、それを技量はおぼつかない状態なのに上手にその曲の良い部分(魅力ある部分)を強調しながら聴かせる指揮者の腕が良かったため地方予選を突破。

でも、やはり技量が伴わないのではその次(県大会)で限界。


響け!ユーホニアム。


技量はさすがにプロ、もしくはそれに近い人たちが吹いているためスタートから、
あ、これはダメ、とは思いませんがぁ~・・・、


あの自由曲[三日月の舞]、宇治北高校版をノーカットで私は聴きました(net動画だけど)。
悪くはないです、でも良くもない。
演奏が良くないのではなく、曲自体が良くもない。

な~んか薄い曲だよなぁ~・・・・。

前半はインパクトがあり良いんだけど、トランペットのソロが入り後半へ突入。
その後半の創りが今一歩盛り上がらない。

まぁ~、そういう風に観るアニメではないんでしょうが、なんだかなぁ~・・・。


さて、今期2016秋アニメも数本観ていますが・・・


イマイチ面白そうな物がなく、なんだか飽きたなぁ~。



そういえば同僚から、

「[攻殻機動隊]を観たいのでDVDに焼いてくれない?」

な~んて頼まれたんだけど、あれ全部でDVD100枚くらいになるんだよなぁ~。
そんなん作ってられるか#!ですよ。

後輩だし同じ所属だし、しょうがないから劇場版だけ数枚焼いてやろうか。
でもウチのPCもう古いからエンコード付けに時間が掛かるんだよなぁ~。
新しい物(最近好みのアニメのみ)はISOファイルにしてあるから焼くだけなんで早いんだけど、古い物は外部ハードにAVIで保存(データ容量を減らすため)してあるからめんどくさいんだよなぁ~。
それでなくてもアニメで2TBの外部ハード1本潰しているし・・・。

どうも最近[攻殻機動隊ARISE(アライズ)](最新の物)を観て面白かったそうで、それなら過去の物も観てみたい、なんだそうです。

ヒマな時に出もやるか・・・。


さて上記にも書いた通り、響け!ユーホニアム2、一応観てます。
オリジナルの自由曲、こんな曲です。

堀川奈美恵(松田彬人)作、[三日月の舞]

堀川奈美恵という作曲家はアニメのための架空の人物で、そのため()内の本来作曲した方の名前(松田彬人)が入っています。

さてこの曲、どうなんでしょう?。


って、興味ないか。

ベランダ菜園

相変わらず女房得意のベランダ菜園、今年も私の部屋の窓にはグリーンカーテンが掛かっています。
またアサガオとかなにかプランターに植えたんでしょうが、それと一緒に別な蔓が伸びてきています。

2016101002 002

相変わらず好きだよなぁ~・・・。



で、何が出来てきているか?っというと、


2016101002 004

おぉ~・・・・

今年はまともに出来ているじゃないですか。
なによりも前回(2~3年前?)より網目がまともに出来ている。
去年はスイカだったんですが、メロンは過去2回挑戦しているものの、出来るには出来たんですがぁ~、
とても食べれる状態ではなく、ほぼ失敗に終わっている。

だいたい、あんな小さなプランターで育てようというのが無理があるような気がするんですが、スペースの関係でこればかりはどうしようもない。

それでも今年はかなりまともそうだなぁ~。


そろそろ収穫時期?。

さて美味しいメロンになっているんでしょうか?。


ちなみに大きさ、

2016101002 007

ソフトボールくらいです。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ、って知っています?。
借り物写真ですけど、こ~んな食べ物。

ドラゴンフルーツ

よはサボテンの実ですかね。
Wikによると、日本で流通する物のほとんどが輸入で、熟成する前に収穫し輸入するんだそうです。
じゃ~日本では作られてないの?
っというと、そうでもないみたいですね、ほ~んのわずかですが南の方で栽培されているみたいですよ。

もともと亜熱帯の植物らしく、したがって暖かい地方でしか育たないのかと思えばそうでもないみたいで、常春の国、渥美半島でも作られているんだそうです。

実はこの実、田原市にある道の駅[田原めっくんはうす]で見つけたんですよ。
ここってなにせ葉物野菜で有名な渥美半島、ウチの女房が安くて新鮮な野菜を探しにくる場所の一つ。

私としてはたいがい風景写真を撮るため渥美半島へ行くんですが、そのついでに野菜の直売所を周らせられるんですよ。
上記の[田原めっくんはうす]、[サンテパルクたはら]、[あかばねロコステーション]はトライアングル周回コース。

なんたって今、野菜メッチャ高いですからねぇ~。

女房得意のスーパーのチラシを吟味し、それと比べてどうか?っと現物を見ながら直売所を周るんですがぁ~・・・

私としては結構大変(写真撮ってるヒマがない)。


ちょっと話が逸れましたが、その時見つけたのがドラゴンフルーツなんですよ。

20161007 011

値札に生産者の名前があったので、その部分はちょっと黒く塗りつぶさせてもらいました。
大きさとしてはおおよそ大人の握り拳大ですかね。
正直110円というのは、安いのか高いのかよくわかりません。
女房に、

「ま~った、わけのわからん物を買って#!」

っと怒られましたが、な~んか気になっちゃって・・・。

縦に二つに切ってみるとこ~んな感じ。
20161008 003

う~ゎ、色がエグイ・・・・

買った時におばちゃんが、
「もう熟れているからそのまま食べれるよ」
とのことだったんですがぁ~・・・

勇気いる色具合ですよ(写真より実物の方がもっとエグイ色)。

で、スプーンですくって食べてみました。


ビ・ビミョ~・・・


やや甘みはあるものの、とてもフルーツとは言い難い甘み。
しかもそれ以外の味はほとんどなく、果実を食べている感覚とは言えない。
ただ、食感は種?も相まって不思議な感じ(悪くない)。

わかりやすく言うと、スイカやキウイを食べている感覚に近く、ただ味が超~薄い。
ところが食感はチョコチップの混じったツブツブグミを食べているみたいな感覚で、そのツブツブ感が超~自然!。


ツブツブ感が超~自然!・・・の意味が、自分で書いていてもよくわからんけど・・・。


これ、練乳とかシロップとか掛けて食べると絶対美味しいと思います。

栄養分も豊富だそうで、健康食品の一つとして今注目されているそう。
味より食感が凄いです、ハイ!。

ウチの女房いわく、

「味、ぜんぜんせんじゃん#!」


いやいや、ちょっと甘みがあるって。


ちなみにこのドラゴンフルーツ、何種類もあるそうで、一番そのまま食べるにはベストの赤肉腫のレッドドラゴンみたいですね。

[レッドドラゴン]

名前がスゴイ!


サボテンの実ですし、写真で見てもトゲトゲしているように見えますがぜんぜん大丈夫で柔らかいです。

ただ個人的に、


これって野菜なんでしょうか?果実なんでしょうか?

ちなみに、野菜売り場で売っていました。

年中行事の東名集中工事

さぁ~、半期決算が終わった10月、メッチャ忙しいです。
ただ、これが何時まで続くかが問題ですけどね。

さてご存知の方も多いと思いますけど、現在東名高速の集中工事中なんですよ。
場所は東京~春日井間。
もちろん御殿場~豊田間は皆さん新東名へ迂回していますのでそれほど混雑しているわけではないのですが、その新東名から外れる御殿場~東京間と豊田~春日井間がメッチャ混んでる。

まぁ~年に1回の事ですからしょうがないんですけど、それでも定期はそれほど遅れていないところを見ると、皆さん上手に迂回しているようです。

そういえば大昔?、集中工事に関してボロクソ書いたことあったっけ・・・
ゴメンm(__)m。



で、私?

私、今回はほとんど関係ないです。

現在は甲府便と河内便(最終茨木)ですので、甲府は三ヶ日から新東名新清水で降りちゃいますし、河内便は伊勢湾岸道&新名神経由ですので渋滞はほとんど皆無。
ただ、茨木の帰りだけが名神&東名経由(大垣に寄るため)になるので、ちょっと???影響がある。
ちなみに先月、欠員が出たため定期が変り茨木に行ってません、ハイ!(ラッキー?)。

で今週、今晩河内便なのでついに引っかかるかな?。


そういえば先週の工事の段階で、あの走りずらかった豊田~音羽間の狭い3車線がついに2車線に戻されましたねぇ~。
あれ、走りずらかったんですよ。

本来高速道路規格というのは1車線あたり幅3.5mなんですが、渋滞と事故の多さのためあの区間だけ暫定3車線だったんです。

暫定3車線・・・

本来2車線しかない道路を無理やり路肩まで削って3車線にしたんですよ。
ところが、高速規格の車線幅を維持できず、しかたなく一般道規格の1車線あたり3mという狭い3車線。
このためこの区間だけ最高速度が60km/hに設定されていました。

これ、別に60km/hが走りずらいのではなく、本来2車線で引かれている舗装を無視して3車線化したものだから路面の凹凸が酷いんですよ。

通常、高速道路の舗装工事で使うフィニッシャー(舗装を平らに引く特別な重機)は、車線に合わせるため3.5mの幅で舗装を引きます。
ところが、舗装と舗装の間(よは3.5m×2)というのは微妙に段差があり、無理に3車線化したものだから、タイヤがその間を走ることとなりハンドルが取られ易い(よは舗装の継ぎ目の上を走ることになる)。
このためやたらとふら付くんですよ。
ちなみにこの区間に入ると、トラックのモニターに、

「フラ付き注意!」

っと、すぐ警告が出やがる#!。

「別に俺がフラついているんじゃないわ#、路面が悪いんだよ#!」

っと機械に文句言ったところで、

「あぁ~そうなんだ・・・」

な~んては言ってくれません、(当たり前)。


少なくても、これで普通に走れるようになったのはありがたいですねぇ~。


あの暫定3車線、新東名が開通し次第2車線に戻す、っという話だったんですが、やっと、やっとです。

これで残すは東名阪の暫定3車線!(こちらは幅3.2mのため80km/h規制)。
新名神(四日市~亀山間)が完成次第2車線に戻す予定なんですがぁ~・・・、

新名神(四日市~亀山間)の完成予定が平成30年!


まだ先がながぁ~~~い!。
でも定年前に全線(大津~神戸間も含めて)開通した新名神、走れるかも。



新しい道路、やはり気持ち良いですよ。
トラックなのに、まるで観光バスに乗っているくらいの静かさとクルマの落ち着きの良さ!。

たかが道路、されど道路。

新しい道路が出来るたび、どれだけ進化することやら、ですよ。

私は仕事柄、これを誰よりも早く実感出来るのは嬉しい限りです。


乗用車を含め、クルマの性能も格段に良くなっています。
でも、道路もクルマの進化に負けないくらい良くなっているんですよ。
ウソだと思ったら新東名&新名神、走ってみてください。

「ウチのクルマって、こんなに静かにそして軽快に走ったっけ?」

っと思うはずです。


高速の集中工事、

私達ドライバーからしてみると、ほ~んとうにほ~んとうにやっかいな数日間です。

でも、

その先のことを考えると、


しょうがないね!


で、済ませられますね。


さて今週台風がやって来ます。

工事関係者の皆さん、無理せず頑張って下さいね。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ