疲れた一週間

今年のGW、ちまたでは長い休みになっているようですがぁ~・・・私の場合は今回短いんですよ。

近年、お客様動向調査の結果、大幅な減便体制を取って来たんですが、どうも今年はちょっと違う。

昨晩祝日便から関西へ走り、今日復路が奈良からの帰りです。
したがって今は奈良の娯楽室でウダウダ。
で、帰りは愛知県下のどさ回り(各店立ち寄り便)。

まぁ~帰って日曜日が休みなんですが、2日は甲府便、ただし積みに出勤するだけで5日に積足し出発。
結果、私の休みは1日と3.4日の三日間だけ。

今年のGW前、ずいぶん荷物が動いたんですよ。
ギリギリの4月最終週に爆裂し各店右往左往。
おかげで到着は酷いわ、発送は遅れるわで私たち路線もどっと疲れる毎日。
とにかく次の仕事のために寝る時間を確保するのが精いっぱいな状況。

年末も年度末もこれほど荷物が膨らむことはなかったんですが、な~んでこんな風になっちゃったかなぁ~・・・。
上が変わったからかなぁ~・・・。

な~んだか私たちが知らない内にウチの社長が交代しているし、4月の人事異動で各店トップが大幅に交代したし。
そのせいというわけではないんでしょうが、どんどん以前の状態に戻りつつある。

発送時間は遅れ当然私たちの出発時間が遅れる。
到着店では荷物があふれ捌き切れず長い待機時間が待っている。
やっと接岸してもまともに荷下ろしが出来ない。
結果路線の到着時間が大幅に遅れ、それを配達するSDは右往左往。
結局配達に時間が掛かり集荷も遅れる。
そしてまた発送が遅れる。
この繰り返し(悪循環)。

今週の火曜日だか甲府定期だったんですよ。
豊川の発送はやや遅かったんですが、その後の集約業務で持ち込まれる甲府行きの荷物は意外に早く持ち込まれ、通常時間と変わらない午後10時半頃積み上がり私は豊川を出発。

甲府へ到着したのが翌日の午前1時45分。
ところが、

待機車両(荷下ろし待ち)でごった返していた構内。
もちろん入れず場外待機(路上待機)。
いったい私は何番目???っというくらい待機車両がい~~~っぱい!

接岸出来たのは午前3時半頃。

通路はないわ、台車が通らないほど狭いわ、リフト操作なんか周りの荷物を避けながらでないと通過出来ないわで悲惨な状態!。

どぉ~なってんじゃぁ~~~!!!

ですよ。

結局荷下ろしが終わったのが午前6時前。
待機時間を含めると4時間もこの店にいた。

この日私は荷物が七分目とやや少なかったせいと、ロット(大口荷物)が多かったせいでこの時間で終われましたが、通常通り満載で積んできたらあと1時間は余計に掛かっていたでしょうねぇ~。

気の毒だったのは久居の乗務員。
私が終わった6時頃、まだ待機していまして、疲れていたのかハンドルに足を上げて爆睡中!。
何番目だかわからないけど、自分の番に起きれたのかな?。
しかもあのクルマって、確か最後に入るのは埼玉県の入間だったはず・・・。

甲府の店って関東圏ではかなり中途半端な位置にあるんですよ。
近隣店所といっても、西は長野県の諏訪支店、東は東京都の八王子支店、北は長野県の佐久営業所?、南に静岡県の静岡支店と、どう走っても1時間以上掛かる中間点。
しかも到着車両の多い関東圏発と中部圏発のちょうど真ん中なので(時間的に)路線の到着時間が双方かぶる最悪な展開。

私はここ甲府で終わりなので良いですが、久居の乗務員、何時に終わったのかなぁ~・・・。


さて、今日で残荷ははけ切るかな?。
2日は平和に終わってもらいたいなぁ~。

とにかく私も疲れました。
今日帰ったら明日はゆっくりします。


さて時間だ、仕事しよう。

計画を練ってます、ハイ!

近々、実家の北見市へ帰る予定なんですがぁ~・・・。


ちょっと前に母へ電話したんですよ。


「手術の予定日決まった?」


「それがねぇ~まだ決まらないんだよ」
「なんでも部品が足りないとか、手術する先生の予定が空かないとかで、病院からな~んにも音沙汰なし」
「もう身体はぜんぜん調子いいし、手術しなくてもいいような気がするんだけど・・・」
もうちょっと前に電話したときは人工弁を作成中とのことだったんですよ。


心臓弁膜症

netで調べたんですが、機械式と生態弁式があるそうで、機械式はその名の通り機械で心臓内の弁の代わりをする装置で、これを埋めると半永久的に動くそう。
ただ難点は、機械の関係か血栓が出来やすく、常に血栓を溶かす薬を飲まなければならないそう。

それに対し生態弁は、自分の体の一部を使って動きの悪い弁と取り替えるそうで、こちらはもともと自分の体の一部ですから薬に頼る必要はないそう。
ただ、この方法だと弁の寿命が10年くらいだそうで、その後が心配。


ただねぇ~・・・


ウチの母も言ってましたけど、80歳を越えているのに半永久的に動く人工弁なんか必要???
生態弁でも10年くらい持つわけだから、それでも優に90歳を越えちゃうんだよ。
「自分で動けなくなっても生きて行くなんて嫌だよ」
っと、母は苦笑い。

最近IPS細胞とかありますから、それを培養し心臓で働く人工弁でも造っているのかなぁ~。

とにかく、それって医者がやりたいだけじゃねぇ~???

って、書いたら怒られるか(もう書いたけど)。



さて、本来は母の手術に立ち会うため帰る予定だったんですが、どうもそれが何時になるかわからない様子。
しかも大きな病院を紹介してくれた母の主治医が言うには、

「弁の動きは悪いんだけど今すぐ死ぬわけではないですよ、それ(悪い弁)が何時まで持つかわからないけど、数ヶ月で死ぬようなことはないと思います」

とのこと。

よ~は何時でも手術はやれるということ。


そういうわけで母には、

「手術云々関係なく、一度帰るわ」

っと話をしました。


さて、どう帰るかです。
前回の様、切羽詰って帰るわけではないので、今回はほとんど観光がてらに帰ることになりそうです。
まぁ~ある意味良かったような悪かったような・・・。

基本、予定はクルマで帰ります。
なにせ向こうで動くにしてもクルマは必要だから。

ついでに、

今や仕事では責任のある立場ではないので(後進に道を譲り、今やただの平社員)、有給いっぱい余っているから2週間くらい休んじゃおうかな?。




さ~てどう行く!

やっぱ私らしく、愛知県は豊川市から北海道は北見市まで片道1800km爆走だね!。
それも女房と二人、和気あいあいと。
ぜんぜん自分の歳なんか考えてないところがすごいでしょ!。


飛行機?


時間がある旅にそんなこと考えません、いくらLCCで安くあげられたとしても、

です!。

それって遠くへ行った意味ないじゃん!。
そこまで行く苦労がいいんですよ、今まで見たことない景色を見ながらお金を掛けずに時間を潰すのも贅沢の一つ。
しかもカメラが趣味なら旅行途中を逃すなんてもったいない!

*本当は、ただ飛行機が嫌いなだけ*

それに、
今回こそ然別湖の近くにある、青い沼を写真に収めたいし。


借り物写真で申し訳ないんですがぁ~・・・
こんな沼です。
青い沼
空の青さが沼に反射しているわけではありません、本当に沼が青いんです。



でもねぇ~・・・北海道広いからねぇ~。

過去記事でも書きましたけど、北海道へ上陸してからが長いんですよ。
なにせ函館市から北見市まで700km以上あるし・・・。


まぁ~いいか、時間もあることだし(お金ないけど)。


問題はクルマだよなぁ~。

昨年は愛車CX-5で行きましたので、車中泊もなんのその。
しかも燃費いいし、燃料は軽油だから安いし。


でも今回はすでに6万キロ以上走っているトヨタの86!。
しかも息子がまともなメンテをやっていないので、これだけの長距離(往復どこも寄らずに走って3600km)だとちょっと不安。


荷物積めんしなぁ~・・・
後ろで寝れないしなぁ~・・・



やっぱ新潟と小樽の間はフェリーにしようなか。
なんたって個室取っても二人で片道4万円くらい(クルマ代込み)だったような。

4万円じゃクルマで全線走ると(豊川~青森、函館~北見)燃料代と高速代で消えちゃうし、フェリーなら走る距離が半分以下(燃料代は1/3以下)で済むし、しかも個室取ってビール片手に17時間、ゆっくり休めるもんなぁ~。
それに、あの怪しいクルマ(86)も労わりながら走れるし。


さ~てじっくり計画でも練ろう。


ついでに、

帰ったら昔のマイロード、この86で爆走してこようかな?。
それってRX-8で行って以来だな。

しつこいぞ#!

最近、

えぇ~かげんにせぇ~よ#

っと、言いたくなっているのがwin10へのアップデート強制?。

しないって#
する気ないって#

なのにこういうのが強制的に表示される・・・。

しつこい

アップグレードしない、っという項目がナイ#!。
そういう選択肢が含まれてナイ#!


ほ~~~~んとしつこいわ!。


その表示、なんとか消したいんだけど、どうも無理に消そうとすると問題が出るらしい・・・。
しょうがないからこの表示が出るたびPCを再起動。
そうするとしばらく出てこない。


win7、軽くて使いやすくて問題はないと思うんだけど、なんであんなに無理してアップデートさせようとするわけ???。


昔、XPからVistaに変ったころも相当困ったひと多数で、私もXPに戻したくち。
まぁ~後々XPじゃあまりに遅くてwin7に変えたんだけどね。

それにしてもなぁ~・・・、

なんであんなに無理してまで変えさせようとするんだろう、意味がよくわからん。
この勢いなら、変えなきゃ早々にwin7のサポート打ち切るぞ!くらいになりそうな気配。


みなさんどうしてるんでしょう。


ちなみに、

なんでノートのwin8.1にはこの表示が出ない?

不思議だぁ~~~!!!。。。

むずかしぃ~~~!

過去の写真を利用してみました。
以前RAWで撮ったものをどうしてよいのかわからず、そのままPCの中に眠っていたもの。


まずは撮って出しで、RAWをそのままJPEGに変換
raw (3)

JPEGに変換後補正(winフォトギャラリー使用)
raw (2)

RAWのまま補正しJPEGへ変換(DPP使用)
*DPP=(キャノン純正のフォト修正用プログラム)*
raw (1)

普段なら縮専を使って圧縮するんですが、あのソフト、多少勝手に修正しちゃうんでそれは使わず、すべてDPPで圧縮しています。

2枚目と3枚目はだいたい同じような感じで補正(修正?)してみたんですが、鮮やかなのは2枚目?、でもどうにも不自然。
それに対してRAW状態で補正したのが3枚目なんですが、あきらかに2枚目より自然な感じ。

どちらもわざとらしくならない程度に変えてみたんですが、RAW修正はどういじれば良くなるのかわからず手こずりました。
この辺、もっと勉強しないとダメかな?。

テスト撮影

昨日土曜日遠州ローカル、九州からの中継荷物がメチャクチャ少ない!。
そりゃ~そうだよなぁ~、あんなことがあったんじゃ・・・。

前回の記事、実は書き溜めていた記事の中から上げたものです。
そのせいで熊本地震のことを書いていませんでした。

大変なことになっていますし、亡くなられた方々にはご冥福を祈ります。
また、熊本近辺の同僚にも「へこたれるな、頑張ってくれ!」と、エールを贈ります。


さて今回の記事、前回の本を読んでのテスト撮影。

一点集中
20160415 016


しっかりと・・・
eee.jpg


前ボケ、その1
uuu.jpg

前ボケ、その2
ooo.jpg

とにかくスズメ?
20160415 036

華やかに
fff.jpg

幻想的に、ガラスに映った枝に前ボケを入れて
ppp.jpg

緑色のサクラ(御衣黄桜)
yyy.jpg


な~にやりたんだか、自分でもよくわからん・・・。

新たな道を探る

最近ですねぇ~、休みになるたび図書館へ通うんですよ。
なんのためか?っというと、
カメラの腕を磨くため、もうちょっと勉強しようと思って・・・。


最近行き詰まってるんですよねぇ~・・・。


一眼レフを持つようになってから早4年以上?。
最近、過去自分で撮った写真を見返してみたんですよ。

最初の頃って無茶なアングルだったり設定がメチャクチャだったり、はたまた常に日の丸構図で撮りたいものがすべて真ん中だったり・・・。

でも、時々面白い写真や、まともにカメラを使えずフルオートで撮っているくせに、

これは良いなぁ~・・・

とか、買ってから半年1年くらいの頃が一番面白い写真を撮っていました。

それが2~3年目くらいからほとんど同じ写真のオンパレード。
もちろんその時々で違う風景だったり、被写体もぜんぜん違うんですよ。

でも・・・

な~んだか変わり映えのしない写真がず~~~~っと続く・・・。


機材が変われば写真も変わる???
確かにそうかもしれない・・・。


でもそれって腕が上がったのではなく、カメラが良くなっただけ。
カメラが良くなったから画質が良くなった。
だから今までより綺麗に見える???。


これクルマと同じですよ。

今のクルマ、ほ~んと速いです。
しかも使いやすいわ、スピードを上げても安定感は高いわ、しまいにゃ自分の腕をコンピューターが検知し、それを参考にドライバーがどうしたいのかまで考え、事前にそうなるようクルマの操作感まで変えてしまう。
俗に言う学習機能付きコンピューター搭載車(AI機能搭載車)。
最近のクルマはスポーツ系でなくてもほとんどこれです(特にAT車)。

今、このブログでも書いてますが、現在トヨタの86に乗ってます、もちろん6速MT。
基本グリップ走法がメインな私ですが、時々トラコンをOFFにして遊びます。
でも、それとは別にスポーツモードなるものがあります。

これがまた絶妙で、流してもヘタはヘタなりに滑りながらも飛び出さない程度にコントロールしやがる(滑りを止めるわけではない)。
正直これ自分のイメージとは違い、滑り出したらクルマが勝手にコントロールするので腹が立つんですよ。

じゃ~とばかりに、完全にスポーツモードを切って滑らせると、フルカウンター当てながら道路から飛び出さないよう右往左往する私!。

まさに、
「私(コンピューター)が助けなかったらアンタの腕なんかこんなもんよ」
っとクルマに笑われているよう。


今私が持てるカメラとレンズがこの状態!。
もちろんけっして高価な物ではないんですけどね。


「アンタねぇ~、このカメラの持てる機能の一部しか使えず、しかも描写はあの明るいズームレンズに頼りっぱなし。
しかも、このレンズのどの辺がベストなのかもわからず、ボケ優先のためにF値開放で写真を撮りまくる。
実はそこよりもっと良いところあるんだよ、アンタ知らないでしょう?」

っと、カメラやレンズに言われているみたいなもんなんですよ。


これに気が付いたのが最近で、過去何万枚と撮った写真を見ながら、ここから(2~3年後)作風が同じになったと気付きました。
これが個性あるなら文句ないんですが、この作風が個性どころか常にありきたりになってしまっていた。

これを一歩でもなんとかしたいと突然思ったんですよ。
そのために、もう一度このカメラの機能、そしてそのレンズの特性を勉強しようと。


過去、今より高価なC-PLフィルターを持っていた。
マクロレンズが高くて買えないため、それに代わるクローズアップレンズももっていた。
クロスフィルターも今より高価なスノー(光が6本)を持っていた。
すべてキットレンズに合わせて買ったためレンズ交換後使えなくなり、息子に譲ってしまった。

今ならもうちょっと上手く使えたのに・・・

今さら後悔しています。


現在持つC-PLフィルター、かなりの安物で某国製(初めて買った物の1/5の値段)。
おかげでどう偏光しているのかよくわからないほど効果が薄い。

クロスフィルターに至ってはご存知の通り、しょせん素人の手作り、網の目が細かすぎて光の伸び方がすごく不自然。
自作ソフトフィルターに至っては、ムラがあり過ぎてまともに使えない代物。


もったいなかったなぁ~、息子に譲った各フィルター類。

ステップダウン出来るリングがあるんだから(もちろんアップも可)、撮影時多少ケラれても(トリミングで誤魔化せる)息子に譲るんじゃなかったぁ~・・・。

なぁ~んて今さら思っています。


家計を支える世の旦那様方は私同様、皆小遣いが少ない!。
そこでその少ない小遣いをどう活かしながら気にいった物を買うかに頭を悩ませるのですよ。
買えなきゃ自分で作る、っという手もあるんですが、デジタルカメラの場合、相当の知識と経験がなければちょと無理。

じゃ~今あるものでなんとか・・・

ですよね。


このカメラ関係に使えるお金、私の場合小中学生並みの金額なんですよ。

ちょっと前にupした某国製77㎜C-PLフィルター、1400円だったかな?。
これでも女房に怒られた。

「前にも買ったのになんで同じ物買うの!その分小遣い減らすからね#!」

ですよ。

それでも無理して通販で買ったんですがぁ~・・・、

なにせ梱包は雑だわ、レンズ表面に某国人?の手垢は付いているわで、国産品ならありえないレベル。
リングをクルクル回しても、本当に変化してる???
っと、目を疑うくらいにしか変化しない!。

以前買ったC-PLフィルターはケンコー製で62㎜にもかかわらず7千円だか8千円だかしたんですよ。
でもご存知の方はわかると思いますけど、偏光マーク(このマークが目安)が縦位置と横位置ではかなり変化しますし、真上と真下では効果があるかないかくらいに違ってきます。

この時、私にまともな知識がないまま買いに行き、カメラのキタムラで店員に勧められるがまま買いました。

「多少高いですが、こちらの方が効果がありますよ」

確かに自分の目でわかるくらい偏光してくれましたし、調整も細かかったんですよ。



これと比較して今回のC-PLフィルター、失敗しました。
ようは、安物買いの銭失いに近い物を買ってしまったんですよ。

これもちょっとかじった程度の知識しかないからでして、もうちょっと勉強しておけばいくら安いからといってもあんな物を購入することはなかったと思うんです。
俗にいうウンチクだけ多少あったものの、実践には通用しない知識だったわけです。

カメラ本体もこれと一緒で、多少古くなったとはいえデジタル一眼レフ(kiss X-5)。
多彩な機能を持ち合わせていて、エントリーモデルのわりに中級クラス以上の腕のある人でも困らないほど高性能なカメラ。

私はこれのさわりの部分だけしか使っていない。
クルマでいえば、高性能なレクサスRC-Fを買ったものの普通にしか走れないみたいなもん。

レンズもそう。

初めはキットレンズで右往左往。
万能で使いやすいんだけど何か飛ぬけたものはない。
そこでちょっと慣れてくると、何かに秀でたレンズが欲しくなる。
それが今使うシグマ製の明るい大口径ズームレンズ。

でもそれって、全域に亘ってすべてが優れているわけではないんですよ。

そんなレンズ何十万円もするわけですし、それに近い性能を持たせながら私のような庶民でも買える値段で出すレンズは、どこか飛びぬけている代わりにかなりの部分で妥協している。
それに気付けない私・・・。


そこで今回、カメラもレンズももうちょっと勉強しようというわけです。

カメラ関係の本、たくさんありますよ。
基本操作の本、カメラ機能の本、その修正用プログラムの本。
構図に関しても、風景の本、撮り鉄の本、物撮りの本、人物撮影の本。
まだまだたくさん、夜景の本、星(星座等)の本。
キリがないほど。

これ1冊1500円以上はするんですよ。
したがってたくさん買えないから図書館で借りるか調べるわけです(タダだしね)。

1冊ですべてが載る本というのもありますが、それは本当に一眼レフカメラを持ちたての頃に使うような本でして、詳しい説明や撮り方等が載っていません。
ただ、こういうことが出来ますよ、くらいなもん。


音楽では、まずは良い演奏をたくさん聴きなさい、と言われる。
そこで自分とは違う何かを見つけて真似してみる。
結果上手くなって行く。


写真もそうだと思う。

人の撮った写真をたくさん見る、出来れば自分と同じようなシーンをプロが撮った写真を見てみる。
同じ風景でも、自分で撮った写真とプロが撮った写真では雲泥の差がある。

なにが違う???

素人と同じような機材で撮ってもプロはプロで、さすがに綺麗でハッとさせるものがある。
どう設定してどう撮ったらこうなる???。

まずはこれを探そうと思います。

そのためにも、まずは自分の持てるカメラの機能とレンズの特性を理解する必要がある。
そこでもう一度最初にもどって勉強し直し。
ただ、今度は簡単な本ではなく、分野分野に分かれて詳しく説明されている本を読み漁るつもり。

さてどこまでやれるんでしょう。

仕事の環境も落ち着いたし責任も減ったし、プライベートでは心配事もあるものの、とりあえずは今落ち着いていて自分の趣味に没頭できる時間が作れるようになった現在。

何時やるの?

今でしょう!

ですかね。


な~んでこんなこと思うようになったと思います?。

実は同じ店の同僚が個人で写真展を開いたんですよ。
使うカメラはキャノンの70D!。

同じ頃に始めたはずなのに、最初のカメラからバージョンアップし、小さなコンテストで入賞し、今や個人で写真展まで開くほどの腕前。


くやしぃ~~~!!!


これが本音でして、少しでも彼に迫ろうと思ったわけです。

でもねぇ~センス違うしねぇ~・・・、
彼の写真、個性あるしねぇ~・・・、

しかも20代後半と若いので、基本なんか関係なく自分のイメージ爆発なんですよ。
時には、これって写真???っというほどインパクトありあり!。


私もそんな写真、

撮ってみてぇ~~~!!!

再度桜

4月4日、午前中天気雨

300mmテレ端
20160404 088

50mm単焦点で草むらとタンポポを利用し前ボケ(空の色が悪いのでスクリーン代わり)
20160404 144

50mm単焦点でボンネットの写りこみを撮る
20160404 134

50mm単焦点、ss1/25で流し撮り(AIサーボ不使用)
撮った後、AIサーボを使えばよかったとちょっと後悔(そのせいで動くクルマにピントがいまひとつ)
20160404 133

300mmテレ端をさらにトリミング(約半分)
20160404 065

300mmテレ端で接写
20160404 016

300mmテレ端でさらにトリミング(これも約半分)
20160404 046

50mm単焦点で絞ってみる(F8)
20160404 167

今回はいつも使う標準ズームではなく、シグマの安い70~300mm望遠レンズ(手振れ補正ナシ)と、キャノン純正50mmF1.8単焦点レンズを使ってみました。
天気悪いわりに、どちらも意外にキレいいな。

でも、300mm望遠レンズで手振れ補正ナシ(カメラ内にもナシ)じゃ、

ちょっと、きびしぃ~~~!!!
手振れ止めるのに必死
息を吐いた瞬間に写しかなぁ~~~ぃ
1枚でも止ればそれでヨシ

ハハハ(^^ゞ!。。。




*追記です*

この日の夜中に撮ったものなんですがぁ~・・・、
あんまり良くなくて。

20160405 009
標準ズーム、ゴーストがすぐ出ちゃう・・・

20160405 013

やはり17mmいっぱいに引くとレンズの歪みがぁ~・・・
さすが明るくても安いズームレンズ、後ろのタイヤが楕円に写る!

近所の桜

20160402 003




20160402 061

20160402 067
 
柔らかく撮ろうと露出オーバー気味で撮ったけど・・・



相変わらず上手くならないねぇ~・・・
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ