平凡

最近、写真を撮っていないわけではないのですがぁ~・・・

20160227 009

20160228 043

20160228 033

20160228 022

20160228 061

行き詰まった感アリアリだねぇ~。


もっと別な撮影技術を学ばないと上手くなりそうにないな。

新東名

もう半月くらい経ちましたが、新東名 浜松いなさ~豊田東間が開通しました。
毎日渋滞していた豊川~音羽蒲郡間の渋滞も解消し、私にとってはありがたいことです。
また三ヶ日Jctの合流渋滞も解消し、分岐もスムーズに行けるようになりました。

何年前だったか、

第2東名(現 新東名)&第2名神(現 新名神)は無用!

とか、

莫大なお金(税金)を掛けてまで同じ路線に2本も高速が必要か?

とか、

第2名神に至っては、

北に名神、南に無料の名阪国道(自動車専用道)があるのに、お金を払ってまで使う価値があるのか?

などなど言われてきましたよ。

実際双方とも出来てみて私が仕事としてこの日本の大動脈を使う限り、


文句なく利用価値あります!。


とにかく、時間の短縮が可能になったこと。
これは輸送業界にとってはかなりのメリットになります。

私が住む愛知県は豊川を起点に考えると、大阪へは30分短縮、東京へは15分短縮。
もちろん、どちらも同じ速度で走った場合ですよ。

豊川は東名高速沿いにあるため、新東名までちょっと距離がありますが、東京~大阪間なら道路公団が言うとおり、同じ速度で走る限り、

[東名~名神全線で走るより、東名~新東名~伊勢湾岸道~新名神~第二京阪経由の方が1時間の短縮になる]

っというのも確かなんですよ。


それと、


走った方ならわかると思うんですが、

新東名&新名神、勾配がかなり小さくトラック用の登坂車線すらないわけで、しかもカーブがほとんどない!。
このため非情に走りやすく、長距離運転の疲れ軽減に大きく貢献。
しかも先々まで見通せるせいで事故等の回避にも効果絶大。

デメリットは?

私から言わせれば、

トンネルと橋で繋いでいるため、外の景色がまったく楽しめないために観光兼ねてのドライブには適さない。

かな?。



つい最近、開通した豊田東~浜松いなさ間を走ってみたんですが、やはりトンネルと橋のオンパレード。
豊田~新城間って、こんなに近かったか?っと錯覚するほど早くて走りやすい。

ただ残念なのは、この間すべて片側2車線だということ。

それも御殿場~浜松いなさ間のよう、全線片側3車線化を基準に造られているのに対し、こちらはあきらかに拡幅を考えていない造り方(片側2車線で完成?)。
それを意味するように、すべてのトンネルの半径が小さい(あきらかに2車線用の造り)。

なぜ???



これって確か政治的判断で、小泉さん当時(もちろん当時の総理大臣)、
「第2東名名神は要らない#!]
と言っていた小泉さんを納得させるために、すでに建設が始まり莫大な税金を投入した後だけに、それを無駄に出来ないからこそアレコレ手を打った結果だったんですよ。

その結果、もめにもめて結局簡略化させ費用の削減があったからこそ新東名の建設に小泉さんがOKを出したからで、それまでは片側3車線化で建設が進み(御殿場~浜松いなさ間)、費用圧縮が決定後に建設が始まった浜松いなさ~豊田東間はそのとばっちりを喰らった結果として、最初から2車線設計となってしまったんでしょうねぇ~。

これ、個人的にちょっともったいなかったと思いますよ。
あそこまで3車線化を前提に造って来たのに、一番混みそうな部分(しかも全体のたった一部40㎞ほど)を3車線化出来ない造りにしてしまうなんて(新名神も3車線化前提の造り)。


さて、公共の建設物はどんな物でも異論反論はあると思うんですよ。

新東名&新名神も発表当時、誰もがこんな物必要?現高速を全線3車線化したほうが良かったのでは?などと言われ続けてきました。

しかし、

新技術の投入もあり、誰が走っても格段に走りやすい安全な高速道路となったと私は思いますし、流通業界にとっては法令順守を堅持しながら、短い時間でお客様の要望に応えることの出来る日本の第二の大動脈に拍手を贈ると思います。
私もその一人ですけどね。


そういえば新東名、PA&SAは片側にまとめ、上下線同じサービスエリアというのが多いですね。
実はこれ、結構混む原因になるんですよ。

PA内、本当は奥が空いているのに誘導路に停めるトラック。

なぜ中まで入って停める位置を探さない?

これ実は上下同一のPAでは、中で旋回を繰り返さなければならない事、そのせいで入口から空いている場所を見つけ難く、奥まで行くのを躊躇するからです。
トラックでは乗用車のようにそう簡単に向きを変えられないため、一度入れる場所を見逃すと、そのパーキングエリアから出ることになるからです。
そのため一番近い、そして停めれる場所を目視出来る場所を選ぶせいなんですよ。

東名名神のよう、上下違う位置にあるPA&SAは本線から直線で入り、当然入った瞬間PA内の全景を把握出来ます。

これに対し、新東名&新名神のよう、上下一体のPA&SAは、お互いの進路が重ね合わないよう交差するため、中の奥まで行かないことにはどこに停めれるのかわかりません。
このせいで停められなかった場合を想定して、誘導路上であっても停めれるスペースがあれば停めちゃうわけなんですよ。

トラックの運転手、休憩はその名の通りの休憩で、わざわざPA内にある売店へ行くとか、食堂で食事をするとかはほとんどありません。
ただただ車内で身体を休めるだけです。


まぁ〜、そういうマイナスな部分を差し引いても、新東名は十分使い易い道路ですよ。


ちなみに夜は見事なまでに新東名と東名、流れは分散しています。
どちらかに偏ることなく綺麗に流れていますよ。

これは主要ターミナルが太平洋側にある会社のクルマは東名で。
東京~大阪・神戸間直通車は新東名へ流れるためで、工事や事故でもない限り渋滞が発生しません。
そう、自然渋滞というのがないんですよ。

実に良い事です。


さて、今度は御殿場から先、東京へ向けてどう繋がるかですね。
ただ、ここからは茨の道と言われていて、私がこの会社に居る間に完成するかどうかは疑問です。

なにせ都会の土地は高いわ空いている土地はないわで、土地買収自体に相当の時間とお金が掛かることだと思いますよ。
それでも東京オリンピックまではなんとか形にするんでしょうねぇ~。

とにかく、

新しい道路、やはり走ると気持ち良いですね。

北海道の食文化?

相変わらずネタナシですので、今回もお茶を濁しちゃいます。
スイマセ~ンm(__)m

そういうわけで、今回は私の生まれ故郷北海道の食文化です。




1、蛇口から牛乳が出る

でねぇ~よ#!

oお金持ちの家はコーヒー牛乳も出る。
oメロン牛乳も出ると聞いたのですが。


だ・か・ら・

水しかでねぇ~よ#!


なんかこれ、一回書いたような気がする。


2.オタフクソース」の存在を知らない。

今はどうだか知らないが、私の居た頃は聞いたことがなかった。
だいたいそれって、東京以西にしか販売網がないんじゃねぇ~?。


3.冷蔵庫は食品を凍らせないようにする道具だと勘違いしている

勘違いではない!それが正しい使い方。
冬に食べ物を外に出していると、ものの見事にすべて凍る(特に道東)。
したがって凍らないようにするために冷蔵庫に入れて置く。

私が幼い頃の実家では、冬は氷点下30℃以下なんてしょっちゅうあったし、そこまで下がると雪まで凍って雪の上を歩けるんだぜ!。

    
4.お湯を注ぐと「マリモ」が生まれるお茶がある。
o阿寒のホテルでお土産として売ってます。その名も「まりも茶ん」。「抹茶と昆布と梅をブレンド」と書いてましたが、ほとんど昆布茶味。生まれたマリモは昆布で出来ているので食べられます

それ、初めて知った。
今度買ってこようかな?。


5.焼いた餅にはバターをつけて食べる

いねぇ~よ!普通に砂糖醤油だよ#!

そういえばこちら(愛知県)で餅を焼いて食べるのに、砂糖醤油(醤油に砂糖を混ぜる)と言ったら、

えぇ~~~???

っとか言われた。

oごはんにも乗っけて食べる。しょうゆはお好みで。
oみそ汁(特にジャガイモの)にも入れて食べる。30前に心臓病で倒れてもかまわない人にはおすすめの美味である


それはどちらもやってた。


6.お菓子「白い恋人」のブラックがある。
o一部では「黒い愛人」と呼ぶ。


これは去年北海道に行った際買って来た。
ただ個人的に言わせてもらうなら、「白い恋人」はあのホワイトチョコレートが絶品で世界のチョコ職人も唸る優れものなのに、なぜブラック?(普通のチョコ)。
でも美味かったけどね。


7.パーキングエリアに牛がいて定額で牛乳が飲み放題。

パーキングエリアじゃないけど、道の駅ね!。
それ、ウチの実家の近くにあるよ(料金、確か300円)


8.茶碗蒸の中に入れるのは銀杏ではなく、栗。そして、茶碗蒸自体はひどく甘い

北海道にいた頃、中身が栗以外の茶碗蒸を見たことがなかった。
ひどく甘い・・・っというほどではないと思うが。


9.大学生コンパの一気飲みは、ジンギスカンのたれか焼酎割り用のライムシロップだ

これ、昔も似たような風習だったような・・・
ライムシロップは飲みにくいが、ジンギスカンのたれは意外にスルスル入るがけっこうキツイぞ!。


10.北海道で「お焼き」というのは今川焼のこと

そうだね、そう言ってたわ。


11.納豆に砂糖を混ぜて食べる

はい!私もそうしていました。
しかも、水分として足すのは醤油ではなく味噌汁。


12.赤飯はささげではなく甘納豆を入れる

確かにそうだね、だいたいコンビニで売っている赤飯おにぎりも甘納豆だし。


13、トマトに砂糖をかける

これもやってた。
もちろん切らずにそのままかじった部分に砂糖を掛けて食べてた。


14、一日に一食ラーメンを食べている

確かに昼食はラーメンが多かったなぁ~。

ちなみにうどんとかはあまり食べないし、蕎麦に至っては出している店自体極端に少なく、ましてや蕎麦専門店なんか見たことなかった。
正直、蕎麦は年末にどんべえ天そばくらいしか食べたことなかったしね。


15、ラーメン横丁には観光客しか来ない

そうらしいね。
それに札幌は味噌とか、旭川が醤油、函館が塩など、実際には道内どこへ行ってもそんなこだわりはなく、どこでどんな種類のラーメンを食べても美味いところは美味い!。



基本、北海道といったらラーメンが出て来ますが、私も昔住んでいたころは日に1食はラーメン食べていましたよ。
ただ、観光地でラーメンは食べませんでしたねぇ~。

あれ、あきらかに観光客用でして、具が盛りだくさんとか、味がキツイ(強い)とかインパクト重視で、とても北海道特有のラーメンには思えませんでしたよ。

私たち道産子にとってラーメンの具だくさんというのは邪道で、ほんのわずかのきざみネギ、そして渦巻き状の薄いナルト1枚、そしてほ~んの少しのメンマで十分なんですよ。
それだけ北海道ラーメンというのは麺とスープにこだわりがあり、他はほ~んの色ぞえで良いんです。

それに対してこちら(本土)は、ネギてんこ盛りとか、チャーシューがどうのとか、はたまたノリがアクセントとか、力の入れている部分がちょっと違う。

昨年5月に実家へ帰った際、苫小牧だかのイオンで買い物をし、そこで飲食店街に入り普通のラーメン店で食べたんですが、メッチャ美味かったです。
それまで忘れていた北海道ラーメンの味を思い出すほどインパクトがありましたよ。

あぁ~、これが北海道のラーメンだ!

でしたね。

ちなみにお値段、ご飯とザンギのセットで750円だったかな?。


そういえばザンギの話題、出てこなかったですねぇ~。
北海道の食文化ならザンギの話題だせよ#!


けっして鳥のから揚げではありません!
けっして鳥の竜田揚げでもありません!
でも、ほとんど作り方は一緒です、ハイ!

ただ味付けがちょっと違うような気がするけどね!。


道産子は鳥のから揚げを見ても、鳥の竜田揚げでも[ザンギ]と言うのが北海道民!


私が愛知に来て鳥のから揚げを食べた時、

やっぱザンギ美味いわぁ~・・・
ちがうって#!

違いがわからない男、中森ユウジ ハハハ(^^ゞ。


っということで、今回はこれまで。

くだらない話を本気で読む私

さ~て、最近ネタが無いときはこれがベストという記事。
あのnetの辞書と言われるwikのおバカ版=Chakuwiki=より抜粋です。

相変わらず笑えるんですが、そこから今回大阪の食文化の一部を紹介(青文字)。
白文字は私の意見&感想です。




大阪の食文化?

1、とりあえず小麦粉とソースがあれば当面生きていける。

大阪の業務用ソースは、別注をかけて作らせてることが多い。
大阪の粉ものがおいしいのは、だしがいいから。昆布を使った、だしの文化を発展させたのが大阪。


そ・そうなん???


2、つまようじとコテしか使ったことがないので、箸の使い方が下手。 コテ×、テコ○。 笑いはコテコテ○。
大阪なまりの一つ。

爪楊枝の消費日本一。
ちなみに生産地は河内長野市。


へぇ~・・・そうなんだ。
ただし、箸の使い方が下手というのは冗談なんだろうけど。


3、ラーメン専門店は多くなく、中華料理店で食べるのが主流 だから京都や和歌山のような独自のラーメン文化が育たなかった。大阪ではあくまでも中華料理店のメニューの一つ。

これは確かに言えるような・・・。
だって、これが大阪ラーメンと言える確固たるものがないし、北海道出身の私から言わせれば、

ラーメン、蕎麦、うどん、

大阪は麺の色と太さが違うだけで、それ以外は3種共同のダシと具、

にしか感じない。



4、恵方寿司を特異な習慣として紹介されたことに納得がいかない。
のり巻きのカンピョウの存在に対する意見は、大阪の勢力を二分する。
しかし「恵方巻き」の名前がまだ納得いかない。(大阪では「まるかぶり」「のり巻き」)
節分の行事の1つ…太巻きにしか見えないけど。
間違っても鬼に投げつけてはいけない。福の神にぶつけるなんてもってのほか。
どう見ても、「太巻き」じゃなくて「中巻き」。


どっちにしても宣伝効果狙いじゃん!


5、アイスミルクコーヒーは「れーみーこ」、 分解するとアイスコーヒーが「冷コー」で、ミルクコーヒーが「ミーコー」 、未だに使っているのは50歳以上の人だけ。

愛知の[ケッタマシーン(自転車)]に匹敵するくらい笑える。



6、ホットプレートに板が3枚付いている。
1つ、焼肉用(溝がある)。1つ、お好み焼き用(普通の平らなプレート)。1つ、たこ焼き用(家でたこ焼きが作れる) ちなみにたこ焼きは電気でやるよりガスで焼いた方がウマイ。表面はカリッと、中はトロリと。


よは、大阪ではホットプレートを買うと用途に応じて使えるプレートが3枚付いてくるわけ?。
そういえば大阪人、どこの家にもたこ屋機器があると聞いたことがある(我家にはない)。


7、有名な話だが大阪ではマクドナルドのことをマクドという。
でも朝食をマクドナルドで摂る事は「朝マック」、もしくは「マクソ」と言う。


マクドは聞いたことあるが、朝マックをマクソというのは聞いたことないぞ#!
どう略したらマクソになるんだ?。


8、「ケンタッキーフライドチキンに行くこと」を「鳥しばこか?」と言う。

ウソこけ!聞いたことないよ#!

松原に住んでいた頃、周囲の人間はマクドナルドは「マクソ」。ケンタッキーは「とり」あるいは「かしわ」と読んでいた。
「ケンチキ(もしくはケンタ)で”かしわ”しばこか?」とも言う。


5年くらい松原でお世話になったけど、かしわしばこか?、なんて話、聞いたことないぞ!。
ちなみに京都では[ケンタのフラチン]と言うらしいけど、京都にも7年くらいお世話になったけど、そんな言い方一度も聞いたことナイ!


9、「フィレカツ」のことを「ヘレカツ」と言う。 関東では「フィレカツ」のことを「ヒレカツ」と言う。
スーパーでも、「ヘレ肉」と書かれて売ってある。


ヒレカツと書いてあるのは見たことあるけど、ヘレカツは見たことない。


10、串カツのソースは2度浸けてはならない。
ソースが足りなかったときは、キャベツですくってカツにかける。


おぉ~な~るほど、そうやって足りないソースを掛ければいいんだ。
もちろん二度浸け禁止は知っていたけど、ソースの掛かってない部分はしょうがないからそのまま食べていた。

11、押し寿司がないと、どうも寿司を食べた気にならない 回転寿司にも穴子押しやバッテラが回っている。
なお、回転寿司は大阪発祥(東大阪)。 近鉄布施駅前の元禄寿司。
「回転寿司」というのは一般名詞化したが「廻る寿司」とかいうのは今でも元禄寿司の商標らしい。


ほぉ~・・・、

ただTVの番組でも言っていましたが、北海道の人間にとって茹海老(ボイル海老)の寿司は許せん#!。
ほとんどカルフォルニアロールに近い乗りで、北海道民にとって、あれをにぎり寿司とは言わない。
現実、愛知県へ越して来て海老を頼んだらボイル海老が出て来たときにはショックだった。

ちなみに北海道、海老を頼むと甘えび(もちろん生)が出て来ます。
ボイルの海老は?な~んて言ったら、絶対変な顔されると思うよ(そういうのがナイ)。
そういえば、北海道で押し寿司というもの特別に頼まない限り出てこないなぁ~。


12、他地方者に「イカ焼き美味しい」と言われると、内心ニヤリ。大阪布教の第一歩である。 関東人が想像するイカを串に刺し、タレを漬けて焼くのは“イカの姿焼き”である。
イカ焼き>>>>(越えられない壁)>>>>イカの姿焼き


これは知ってる。
現実、大阪でイカ焼きを買ってきてもらったとき、
これって、イカ団子(もしくは煎餅)???っと思ったもん。


13、すき焼きのしらたきも知らない。 そら「糸こん」でっしゃろ 「糸こん」と「しらたき」はちゃいまっせ
昔は製法の違いがあり区別していたけど、「今ははっきり区別できる要素はない」(日本こんにゃく協会)らしいよ


ウチの女房、私と同郷ですが、しらたき、っと言うよ。
糸コンとは言わないなぁ~。

鯨の皮下脂肪「ころ」を入れるのが基本。炊く前はまるでスポンジである。
糸コンニャクはコンニャクを切ったものだけど、大阪にはシラタキが存在していなかったので今では混同されている。


あぁ~そうなんだ、でも北海道も昔は鯨は普通に食べていたし、消費量も多かったはず。


14、愛知万博では「大阪名物」としてキムチが売られていた。

なぜ???、でもラーメン屋へ行くと必ずキムチがあるねぇ~。

15、大阪人の前で納豆を食うと怒る。
さらに無理やり食わせようとするとちゃぶ台をひっくり返して怒り狂う。
知り合いに、東北人の前で「納豆は人間の食いもんやない」と発言した大阪人がいる。
言われた東北人は激怒して大喧嘩となった。
参考までに、納豆消費量の上位は東北や北関東の太平洋側が占めている。つまり、それは大阪を最も嫌っている地域とダブっている。
そいつは火に油を注ぐような発言をしたわけだから、言われた方は怒るのが当然。


大阪でも納豆売ってるじゃん!。


さて、私のリンク先の方々、大阪を含め関西在住の方々が多いので、これは間違っているというのがあったら教えて下さい。

ネタが無いときはコレだな!。




ちなみに、日本3大がっかり名勝というのもありまして、

札幌時計台(札幌市)

はりまや橋(高知市)

オランダ坂(長崎市)

だそうで、このうち2つは行きました。


札幌時計台、

ビルの谷間に埋もれた小さな時計台。
CM等で撮影される画は、絶妙の角度で周りのビルを外していて、いかにも広大な北海道の台地に立っている雰囲気にさせます。
ところが実際行ってみると、

街のど真ん中で直前まで行って、

えっ・・・これ???

ですね。


もう一つ行ったことがあるのがはりまや橋。

言われなければ気が付かないくらい小さな小さな橋。
しかもすぐ横に何車線もある大きな国道が走っているため、まるでそこら辺の公園の中にある、小さな人口池に掛かるダルマ橋のよう。

正直、

マジ!これが・・・


言葉失っちゃいました。


こんどチャンスがあったらオランダ坂も見てこようかな?。
日本3大がっかり名勝の名に恥じない物なのか、実際に自分の目で見てみたいものです、ハハハ(笑)。



ブラブラ

実は一昨日、出先休みだったんですよ。
もちろん大阪は茨木なんですが、することがありません。

することがない?・・・

っというより、実はここでちょっとした問題があり、祝日にもかかわらず店はテンヤワンヤの大騒ぎになっていたんですよ。
このせいでゆっくり落ち着くことが出来ず、しょうがないから店を出ました。

ちなみにこの問題、私にはぜ~んぜん関係ないんですけど、触らぬ神に祟りナシ!で、つまらないことに突っ込まれて痛くない腹を探られるのも嫌ですしねぇ~。


しょうがないからどこへ行こうと考えます。


茨木所属の同僚が、

「中森さん、いいカメラ持っているんだからエキスポシティでホワイトタイガーの写真撮って来てよ!」

とか、

「あのニフレル、大きな水滴(人間よりも大きい1滴)が見られるらしいから是非写真で見せて!」

とか・・・



しかたなく行ったんですよエキスポシティだかに、しかも重いカメラ機材を抱えて。

大阪モノレールの豊川駅まで歩いて10分。
そこから万博公園駅まで乗って行きましたよ。

駅直前で見えたニフレルの建物を見て、

「あぁ~、よはららぽーと内にあるミニ水族館&動物園なんだね」

でしたよ。

ところが、ものすごい人出。



あのホワイトタイガーだかいるミニ動物園へ行くつもりが、あまりの人の多さと入場料の高さであきらめました。
だってミニ水族館&動物園でしょう?、それなのに入場料が1900円!、

た、高い!!!

しかもそのチケットを購入するまでの待ち時間が30分以上!。

入場するのに30分じゃないですよ、チケットを買うだけで30分ですよ。
ありえん!。



そういうわけでプンプン怒った私はしかたなくそのまま、またモノレールに乗り門真まで行っちゃいました。

ちなみに、何しに門真?

モノレールの終点が門真だったから。

逆方面に乗ればきっと伊丹空港まで行って、飛行機の写真でも撮ってくるところだったんですけどね。

でも、

なぜか門真方面・・・。


門真駅降りても、な~んもないです、ハイ!。
その前の大日で降りればイオンモールとかあったのに。
そうしたら映画でも見て時間を潰せたのに・・・。


そこで、


ここからなら京阪電鉄で枚方までもうちょっと。
枚方から乗り換え交野線に乗り3駅程度で息子の家の近くの村野駅。

やっぱ孫の顔を見たいですしねぇ~。

女房に、

「しょっちゅうしょっしゅう行くんじゃない#!、息子は息子達の生活があるんだから」

っと言われていたんですがぁ~・・・



一応嫁さんに電話してみて、

「今から行っても大丈夫?、ユッキーの顔が見たいし」


もちろんぜんぜん大丈夫とのこと。
ただ、息子は仕事で出かけているので家には居ないらしい。


二週間ぶり???


行ってきました息子の家まで。
そこで、難しい顔をして迎えてくれたユッキー。

「あれぇ~?見たことあるぅ~・・・」

みたいな顔でしたね。

まぁ~しょうがないか。


しかし、ちょっと見ないうちにプクプクになっちゃって。

顔もそうですが、手足がプクプクになってやっと赤ちゃんらしい姿に。
それに、やたらめったら手足をバタバタさせているし、なにより表情が変わり、笑うわ、声を出すわで、やたらと面白くなりましたよ。
やっぱ可愛いわ!。

夕方、ちょっと抱っこして散歩に出たんですが、すぐさまスゥスゥ寝ちゃいましたので、しかたなく帰ってきました。


嫁さん、

「夕飯食べて行きます?」
「ゆうちゃん(息子)帰って来てから送ってもらったら?」

っということでしたが、私はブラブラしたかったので、

「いや、ユッキーも寝たことだし、そこらへん周って帰るわ」

っということで1時間足らずで家を出ることにして、ユッキーの寝顔に挨拶して帰りました。



帰りは京阪電鉄交野線に乗り枚方まで出ます。
そこから乗り換え一度門真まで。

あとは来るとき同様、モノレールに乗り万博公園駅で乗り換え豊川駅まで。


そういえば摂津の操作場、新幹線がたくさん並んでいるんですが、昼間でも結構並んでますねぇ~。

普段は近畿道の上からか、あるいは中央環状から見かけるだけなんですが、今回モノレールの高い位置から見ましたけど、なかなか壮観ですねぇ~。
ただ、お客さんもたくさんいましたし、さすがにカメラを構えるわけには行きませんでしたけど。


あとは茨木市豊川町付近をブラブラかな?。


せっかく持って行ったカメラは、ユッキーの写真を撮って来たのと、な~んとなく、

「三日月が綺麗だなぁ~」

っと思って撮った写真が1枚だけ。

IMG_8093.jpg

つまんない写真だなぁ~。



まぁ~とにかく1日ブラブラ出来てヒマつぶしには良い1日でしたけどね。
また、あれだけ何度も乗り換えながら電車に乗ったのも久しぶり。

夜、店に帰って来て、他店の仲間と午前3時くらいまで飲み明かしましたが、おかげでちょっと飲み過ぎ!。
缶ビール(500mm)ばかり10本くらい飲んだような・・・。

それでも、その後12時間ほど爆睡して、いつも通りのリズムで仕事が始まります。
まぁ~、寝るのは得意だから。


さて、次回ユッキーと顔を合わせられるのはいつのことやら。


あれだけ行くな#!と文句言っていた女房にユッキーの写真を見せると、

「おっきくなったねぇ~、プクプクになって赤ちゃんらしくなってきたねぇ~」

と、ご満悦。

まぁ~生まれてから一ヶ月くらいまでは足も手も細く、女房メッチャ心配していましたから。



次の出先休み、予定では4月の最終週。
ようはGWですよ。

ただ、


その前に長期休暇を取って実家の北見市へ帰らなければならなくなりましたけどね。
この時には息子が、

「俺も行く、もちろんお婆ちゃんに曾孫を抱かせるために」



辛い長期休暇にはしたくないんですけど、こればっかりは・・・。


とにかく、会社では私の責任も薄くなったことだし、今自分に出来ることを精一杯やること。

なるようにしかならん!。



でも、ユッキーは可愛いわ!。

単色?


20150323 070

20151220 050

20150328 128

20151222 028

面白いような、つまらないような・・・

今季 面白いアニメ

僕だけがいない街

面白いですね、このアニメ。
まだ5話なんですが、物語が興味を引きますよ。

売れない漫画家が(別に小説家でもなんでいいような・・・)リバイバル(再上映)という特殊な能力を持ち、これをどう使うか?っという物語のよう。
ようは、一時的に過去へ戻って失敗をやり直せるというもの。


5話まででは、主人公はまだこの能力を上手く使うことが出来ず、何かのきっかけで過去へ飛ばされるという状態。

最初はほ~んの5分10分前に戻れるだけで、その間に何かイヤな予感がありそれを探すというもの。

ところが、あることがきっかけで小学生時代まで逆戻り。
このあることとは、

自分が住むアパートに突如母親が訪ねて来るんですが、なぜか何者かに殺され、第一発見者である息子の主人公が逃げ惑ううちに過去へ飛ばされるというもの。

主人公はすでに29歳、
意識はそのままで小学生当時まで逆戻り。

実はここでも彼の人生が大きく変わる事件があったんですよ。
ある事件で同級生の女の子がさらわれ殺害されるという痛ましい事件。
当時、なにも出来なかった主人公は、これを機に何とかしてこの少女を助けようとする。

彼のおかげでほ~んのちょっとだけ時間がずれ、彼女は1日だけ長く生きることにはなるものの、事件を防ぐ前に予期せぬ状態で現実の世界?に飛ばされた主人公は、過去の新聞を調べ、若干内容は違うものの結果は同じということに落胆。
ただ、若干といへど過去が変わったことに希望を持つ。

5話では現在の世界に戻り、母親殺しの容疑が掛けられたまま逃げ惑う段階。


こういうアニメはよくあるんですよ。
ただ、そのほとんどが時代の流れを途中から自分でコントロール出来るわけで、この物語のよう自分でコントロール出来ず、どこへ飛ばされるのかわからない状態のまま物語が続くというのが面白い。

まぁ~この後、ちゃんと時間をコントロール出来るようにはなるんでしょうけどね。
そうだったらつまらん・・・。



あなたならどうします?。

あることがきっかけで過去のなにかを思い出し(悪いこと)、その瞬間その場に戻ることが出来たら。
もしかして、戻れたのはこの1回のみだったとして、このアニメのよう今の意識を保ったままで。


たぶん誰でもそうでしょうが、この後の結果を知る以上、それを回避出来るよう努力すると思うんですよ。

それが努力途中でまた戻され、過去を大きく変えられず欲求不満のままに終わったら?。
そこまで分かっているんなら、過去に戻っても結果通りになるんなら意味がない?。
しかも、もう二度とそこへは戻れないとしたら?。


私なら、それでもきっとあがくだろうなぁ~。
仮に、それが私の人生の最後となっても。


誰でも過去は思い出せます。
でも現実、それを実際に見に行くことは出来ません。
もしそんなことが出来るなら、私は命を掛けてでもあがきまくるでしょう。
それだけ自分の人生、途中から平穏無事だけを意識して生きてきたからかも。


平穏無事、


実は、それも悪くないとは思いますよ。



傍若無人に振る舞っていた若い当時。
それが結婚と同時に自分以外を本気で守らなければならなくなってしまった私。
そして、自分を犠牲にしてでも守らなければならなくなった新たな命(息子)。

書き方次第でカッコ良く見えますが、これは普通の家庭なら当たり前の話で、必ずしも自分が望んだ人生のすべてではないはずなんです。



この物語のよう、本当にもう一度やり直せるなら面白いですよねぇ~。



若い頃、大きな失敗をするたびよく言われたのが、

「お前は若いんだから、人生何度でもやり直せる」


これウソです、大ウソです。
人生のやり直しなんか誰にも出来ません。


だから、

この物語のようなことが現実に起こるのなら、私は命を捨ててでもあがくでしょう。


こんなことが書けるのは、私の人生、すでに折り返して先が見えてきたからでしょうねぇ~。
それだけ歳を取ったということです。
若い当時ならこんなこと考えないでしょう。



アニメでも、また小説でも、私が面白いと思うものは、

現実にありそうで、実は手の届かない空想

これが面白い。


以前、好きだった西村京太郎氏の小説に出てくる場所を、実際にあちこち行ったことがあるんですが、まさに小説通りで、あの木に下に死体が埋まっている?と錯覚するほど、その場の雰囲気に臨場感がありましたねぇ~。


このアニメ、小学校時代は北海道に住んでいたようで、まんま北海道弁。
レンガ造りの建物(主人公の家は公営住宅?)や道路の造り、学校等の造りも私が知る昔のスタイルそのままで、ある意味親近感が湧きますねぇ~。


この後どうなるのかな?。

Wikでは小学生当時に殺されたはずのヒロインは、彼のおかげで生き延び、一児の母親になったそう。

この辺はちょっとなぁ~・・・、
ハッピーエンドでなくても良いような。



とにかく、

続きが楽しみです。


キズがぁ~・・・

今預かっている息子のクルマ、トヨタ86。

*以下すべてiPhoneカメラで撮影*
2016020702 006

パッと見、綺麗に見えますが、実はキズがひどいんですよ。
どこを走ってこうなったのかよくわかりませんが、息子の使い方に問題があるような・・・。

特にひどいのが右のリヤフェンダー。
20160207 014

拡大すると、
20160207 015

ちなみにエンジンルームは綺麗(当たり前)。
20160207 011
TOYOTASUBARUTDRのロゴが並んでいるあたり、いかにも、

トヨタグループみんなで造りました、ぽい?



とにかく、洗車すると目立ってしまいますので普段はほったらかし。

この写真は、私が洗ったから見えてしまうんですが、つい最近まではほとんど洗いもせず気にならない程度?。

なんでしょうかねぇ~。


私としては、さすがにこのまま乗るには気が引けますので、なんとか誤魔化そうとちょっと手を入れることにしました。
もちろんお金を掛けるつもりはないし、また、塗装するわけでもありません。


そこで使うのが必殺の非売品ワックス!。
2016020702 007
バレバレですねぇ~。

怒られるかな?、業務で使うワックスを自分の乗用車に使うなんて。


普通、こんな強いワックス、乗用車には使わないんですよ。

コンパウンドが強いため塗装を傷めやすく、色もやや薄れるんです。
しかし、汚れ(ピッチやタール等)を落としながら艶を出すトラック専用?のワックスとしては優秀で、私達のよう年間10万km以上走るクルマを、常に綺麗な状態で保つためには必要なワックス。

なぜ今回このワックスを使ったか?っというと。

息子のクルマ、コーティングは最初から塗られていないんですよ。


普通、黒いクルマとかはキズが目立ちやすいため、ガラスコートとかをボディーに掛けるんですが、買うときに安く上げるため掛けなかったんです。
ちなみにCX-5、同じ黒ですのでかなり強いガラスコーティングを掛けています。

息子時々、ノンコンパウンドのワックスを自分で掛けていたようでしたが、すでに買って3年半以上経っていますので、アチコチキズが出来ちゃいます。

さて、必殺非売品ワックスの効果は?、っというと、

2016020702 005

拡大
2016020702 004


まぁ~この辺が限界でしょう。
さすがに深いキズまでは隠せませんので、タッチペンでも使ってなんとかしたいところですね。
ただ色が黒といっても、ブラックメタリック(ラメ入り?)だから難しいなぁ~。

その他、ドアに当てられたキズとか、水垢とか、結構ひどかったんですが、かなりキズや水垢は消しました。

女房も、

「おっ、綺麗になったね!」

まぁ~仕事柄、クルマを磨くのはある意味商売?みたいなもんですから。


さて今月13日、豊田Jctまで開通する新東名でもこれで走ってみるかな。

1月最後の日

ポツリと咲く蝋梅
20160131 004

まだ1月なのに、近所で見かけた桜
20160131 027

ちらほら咲いてます
20160131 035

名前、わかんねぇ~~~
20160131 051

久々に外で写真撮りました。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ