久々にゆっくりと

久しぶりにカメラ片手に出かけてみました。
まず樹齢250年にもなる、豊川稲荷にある金木犀と銀木犀


金木犀
20150927 009

こちらは銀木犀
20150927 016

せっかくですのでおみくじなんざ・・・
20150927 039
吉でした、ハハハ(^^ゞ。

さてどこへ結びましょう。

っというわけでここへ(銀木犀の枝)、
20150927 013


実は豊川稲荷、すぐ近くにあるわりにはめったに行かないんですよ。
そこで何十年かぶりに狐塚へ行ってみました。

20150927 058
わぉ~~~!
相変わらず気色悪りぃ~~~!
でもよく見ると一匹一匹表情が違う。

こちらはただの休憩所
20150927 062

実はすぐ近くに豊川海軍工廠(とよかわかいぐんこうしょう)の慰霊碑もあるんですよ。
20150927 068

ここにはビッシリ従事されていた方や亡くなられた方の名前が刻まれています。
20150927 075

これよ~く見ると昔協力した学校名が・・・
20150927 076

合掌



ひっそり咲くショウキズイセン(通称 黄色い彼岸花)
20150928 041

そろそろコスモスの季節
20150928 016
20150928 061

そしてこちらも
20150928 073

もうすぐですねぇ~。

最後に昨晩撮った中秋の名月
2015092702 001
まぁ~300mmじゃ~トリミングしてこの辺が限界でしょう。
ちなみに今日が満月で、スーパームーンだそうです。

スーパームーン

一年で一番明るく大きく見える満月だそうで、一番小さく見える満月を1円玉に例えると、スーパームーンは10円玉の大きさになるんだそうです。

って、実際は比べようがないからわからんよね。

久々にアレコレ撮ってみたけど、3枚目だけは余計か。
むさいオッサンの顔なんざ見たってしょうがないのにね(女房が撮った)。


さて今週土日も休みなんですが、息子夫婦の引越しの手伝いに大阪まで行ってきます。
嫁さんの実家からも応援にくるそうなので、そこで初めて向こうの方々と顔を合わせることになるかな?。

とりあえず順番が狂いまくっているだけに、ちゃんと挨拶だけは考えておかないとね。

初対面

さ~て今日から仕事だなぁ~・・・。

シルバーウィーク中はこれといってなんかするわけではなかったんですが、息子が嫁さん連れて帰って来る予定でしたのであたふたしていましたよ。
予定よりちょっと遅れて昨日来ました。

女房初対面。

愛知県付近は初めて来たそうで、昨日は浜名湖付近をちょっと一周。
夜は弟夫婦を呼んでわいわいがやがやでしたねぇ~。

今日、私は仕事のため、ついさっきまで寝ていたんですが、起きたらだ~れもいない・・・。

息子夫婦と女房の3人でどっか行ったな?。


昨晩一応、実家へも電話はしたんですよ。
母も喜んでいまして、息子いわく、

「来年は曾孫連れて遊びに行くからそれまで死ぬなよ」

な~んて失礼なんだか身内らしいというか、ある意味元気付ける話をしていましたよ。


相手方に不幸があったため式は来年だそうですが、やれるんなら早いうちにやった方がいいような、
な~んて思っていたんですがぁ~・・・。



すでにお腹が大きい・・・。

なるほど、これじゃ無理だわなぁ~。

予定ではお正月付近なんだそうです。



まだ相手側と顔も合わせていないし、女房なんか昨日初めて息子の嫁さんと顔を合わせたばかり。

まぁ~順番は違いますが、ウチとしては元気な子を産んでくれれば問題ナシ!。
ちなみに相手側もわかっていることのようで、相手の親より兄達の方が気を使っているみたいですね。

これで本当に私、お爺ちゃんになっちゃうんですねぇ~・・・。

女房はすでに産むまでの間、こうしたほうがいいとか、あれはダメとかいろいろ指南していましたよ。
まぁ~仲良くやってくれそうなので一安心。


息子、来月引っ越すそうです。

現在住んでいる西中島のアパートはかなり狭いため、ちょっと郊外にある寝屋川に小さな一軒家を借りたそう。
まぁ~あの部屋じゃ、狭すぎるわなぁ~。

新大阪駅の近くなので交通の便は良くても、もともと一人で暮らすために借りたアパートだし、ほとんど寝れれば良い程度の広さだったしね。


そ~れにしてもどこ行ったんだか・・・。

晩飯は帰ってくるのかな?。



ちなみに私、本日は自店での集約から関西予備車。
たぶん京都南、摂津、神戸あたりかな?、
で、最後は明日お世話になる茨木まで戻ってきて通常定期に入ります。

そういえば息子の嫁さんの実家、川辺郡猪名川町って言ってたなぁ~。
この辺は豊中支店の担当なので、私がよく行く店で顔も利くし何か送るなら便利かも。



それにしても腹へったなぁ~・・・

適当にメシ作って食うか、そろそろ仕事行く準備せんならんし。


ついでにこの時期の花、彼岸花を撮ってきました。
続きでどうぞ。

*****

続きを読む

今期面白かったもの(2015夏アニメ 他)

終わったなぁ~・・・。

何が終わったか?っというと、2015年夏アニメ。

今回の夏アニメ、個人的にはあまり面白い物がなかったんですよ。
それでも何本か観ていました。

いつ観ている???

仕事が終わった後の寝るまでの短い時間で、食事をしながら持ち歩く小さなノートPCで観ていたんですよ。
ただ携帯のnet回線では限界があり、どうしても画像自体が荒れますけどね。

で、個人的に唯一といっていいほど今回面白かったもの。

GATE~自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~]
569463f1.jpg


よは、銀座に突如出現し開いた門(これがGATE(ゲート))から異世界からの攻撃を受ける日本。
それを圧倒的な武力で阻止した自衛隊。
その後、調査を名目に門(GATE)をくぐって異世界へ向った自衛隊は、人種も言葉も違う世界で活躍するという物語。

これ、アニメでなくてもドラマや映画でよくある物語ですよね。
ただ、それらとの違いは、あくまで常に自衛官らしい行動と振る舞いであること。
そしてそれを指揮するのは日本の国会であって、突如異世界や他の時代に飛ばされ独自の行動をする物語ではないこと。

日本の法律に従い専守防衛、絶対こちらから仕掛けない。
異世界人といえど、守らなければならない人たちを必ず守る。
もちろん攻撃もするんですが、基本は異世界の国と手を結び、互いの利益のために自衛隊が活動するというもの。


その異世界は、まるで中世ヨーロッパ時代のようで、相手は弓や槍で戦う日本でいう戦国時代(江戸時代以前)の戦い方。
それを現在の最新装備で武装する自衛隊が相手するわけですから、いくら異世界の巨大な国家といえど敵うわけがない。

ただ、一人の自衛官が現地の人と上手に付き合い、それを糧に敵国となる異世界帝国となんとか和平交渉へ持ち込もうとするんですが、これがなんとも・・・

[喰う寝る遊ぶ、そして時々人生]

っという、アニメオタクの自衛官が主人公。
趣味のためにちょっとだけ働くという、基本的に怠け者なんですが、これがなかなか面白いキャラ。


異世界は完全にファンタジー!
ただ、他の作品のパクリ?らしき部分が多々あるんですが、これって了解をもらっているんでしょうか?。

エルフの金髪少女(実は165歳)やら、ゴスロリ風の死神ロゥリィ(961歳)、そしてプラチナヘアーの魔導士少女(15歳)・・・、
猫耳娘、バニーガール、髪の毛が蛇のメデューサなど、アチコチのアニメで観たキャラのオンパレード。

これ、本当に大丈夫???。


自衛官の作戦部隊全員を[サーバント達]と呼び、その人物のコードネームが[セイバー]とか[ランサー]とか[アーチャ]とか・・・。
仕舞いに作戦指示に、「聖杯が満たされた」とか、完全にFateのパクリですよね。

あと帝国と日本の仲介役となった帝国の第三皇女の名前がピニャ・コ・ラーダとか、それを守る騎士団団長の名がボーゼス(女)とか、完全に洋酒の名前?。
しかもその騎士団が薔薇騎士団とかぁ~・・・。


思いっきり笑えるのが、現地住民を参考人として国会に招致し、その人たちに質問をする女性国会議員。
この国会議員がなかなか。

しゃべり方や表情、そして肝心な部分は大きな声で感情そのままに質問を投げつける様は完全に誰かさん(民主党の辻元清美氏?)と同じ?で、逆に突っ込まれた時の凹み方も同じで笑ってしまった。

なかなか笑えるんだけど、訴えられそうな描写ですねぇ~。
でもまぁ~、顔が違うから許されるか。

さてこの物語、12話で一応終了!
でもまだまだ物語の途中・・・、

2クール目があるのかな?、あのままでは終わらないでしょう。
期待しています。

ちなみにこの原作者、元自衛官だそうで、装備(武器含む)に関してはあまりにリアル過ぎて、ウチの会社の元自衛官も驚いていました。
しかも防衛省も一枚からんでいるんだそうです。
最近、自衛隊員集めでなんでもやるねぇ~防衛省さん。

でも主人公が国会答弁で、

「武器の威力が足りないから荷電粒子砲とかレールガンがほしかった」

って・・・

まだ完成していない未来の武器でしょうし、威力ありすぎでしょう。
これも[とあるナンチャラ・・・]のパクリ???

よく防衛省がダメ出ししなかったよなぁ~・・・。




もう1本、

アニメじゃないんですけど、なかなか笑えて面白かったドラマ。

民王
民王 ドラマ

[武藤 泰山(むとう たいざん)]という政治家が次の内閣までの繋ぎとして総理大臣になるんですが、その息子(武藤 翔)がバカ息子で大学生。
この二人が両主演で、あることがきっかけで精神が入れ替わってしまうというもの。

バカ息子が突如総理に、親父はバカ息子の姿に・・・

精神はそのまま父と子が入れ替わってしまったわけで、それを知っている人たちは大騒ぎ。
ただ父は総理大臣のため、ごくわずかの人にしか知らされず、これを総理の側近達が守り抜き、また息子の取り巻きも右往左往しながら中身は総理のバカ息子をかばうというシナリオ。

とにかく笑える。

突如総理の姿になったバカ息子は、国会答弁で側近が作った書類の漢字が読めず大爆笑!。

未曾有=ミゾーユー?

これ、どこかの誰かさんも使ってしまった言い方(当時は総理で、現 財務大臣?)。

それでも最後は総理としてより、一人の父親としての人生を選択するあたりは好感が持てました。

1話45分ほどあり、全7話ありまして、今回無事にパッピーエンドです。
とにかく総理の側近が優秀すぎ!。
でもどこか抜けている・・・。

あと、主演の遠藤 憲一さんと菅田 将暉さんの演技が素晴らしい!。
どちらも一人二役みたいなもんで、同じ姿のままそれを同一人物がやっているように見せない演技は凄いの一言。

これ、もちろん深夜に放送されていたんですが、個人的には通常のゴールデンタイム放送でも人気が出たと思うんですけど。
ウチの女房なら、きっと笑いながらTV相手に突っ込みを入れるところでしょう。


さて今回の夏アニメ、個人的には今一歩で、観ていて楽しい物が少なかった。

もうすぐ2015秋アニメがスタート。
こちらはちょっと期待の番組が多そう。

ルパン三世(新シリーズ)
終物語(化物語の派生)

あとヤングブラックジャック(若き日のブラックジャック)は手塚マンガのリメイク版?。
おそ松くんならぬ、おそ松さんなど、あの六つ子の兄弟が大人になって登場など、ルパン新シリーズも含めて、私のよう年寄りでも楽しめそうなアニメが放送予定。

私にとって夜しか休みのない生活ですので、こんな趣味になったんですよ。

以前はクルマで山の中を爆走とかやっていましたけど、無駄にお金が掛かりますからねぇ~。
最近はビール片手にアニメを観ながら朝まで時間を潰していますよ。
これが出歩くより一番安上がり?。

じゃ~最近は夜中のドライブをしなくなったか?っというと、そうでもありません。
相変わらずカメラ片手に身近な夜景を狙って時々出かけます。
ビールばっか飲んでいても身体に良くないしねぇ~。

さ~て、しばらく観る物がなくなっちゃったなぁ~。
早く秋アニメ始まらないかなぁ~・・・。

つまらない記事を書きながら期待している、いい歳こいたオッサンでしたぁ~。

指揮者

♪じ~んせい楽ありゃ、苦~もあるさぁ~・・・(^^♪

まぁ~最近仕事でいろいろあるなぁ~・・・。
今朝は年末繁忙期並みの状態だったのが甲府。
もちろん到着に関してだけなんですけどね。

ここの店、最近到着責任者(管理職)が変わったんですよ。
まだどうして良いやらわからない状態で右往左往。
そのとばっちりを喰らっているのが私たち路線の乗務員。
さ~て落ち着くまでどれくらい掛かることやらです。

どんな仕事でも、またどんなグループでも指揮する立場の人がどんな方向で指揮するかで全体が変わってしまいます。
劇的に良くなる場合もあれば、だんだん悪くなる場合もあり、この人(甲府の指揮者)が今後どう対処してくるかが見ものです。
ちなみに徐々に良くなるというのは意外にないんですよ。

仕事に関していえば、よく言う「だんだん良くなるよ」っという言葉、ほとんど言葉の誤魔化しです。
たいがい何もせず見守るだけで何も良くなりません。
良くなる時は一気に良くなるもんですよ。
したがって、その人が動き出したら勝負!です。



指揮といえば、すぐ思いつくのはオーケストラ等の指揮者ですよね。
これ、ただ棒を振っているだけではないんですよ。

実は、この指揮者次第で音楽も劇的に変わり、演奏者の腕前なんざ音楽全体の2割程度にしか過ぎません。
したがって演奏の8割が指揮者の音楽センスに掛かっていると言っても過言ではないんですよ。

今年の吹奏楽コンクール、私は休みの関係で愛知県大会しか聴きに行けませんでしたが、他府県では常連校が負けたり、この地区でも常に上位に位置する学校が地区予選で負けたり・・・。
このほとんどが先生の移動(転勤)による指揮者が変わった学校です。
ちなみにその先生が異動した先の学校は確実に強くなります。

毎年のよう全国大会まで進みそこで優秀な成績を収めてきた学校が、たった一人の先生(指揮者)が変わっただけで地区予選すら突破出来ない。
生徒にしてみれば可愛そうなもんですよ。

優秀な先生(指揮者)の下、2年間頑張って全国大会を目指し腕を磨いてきたのに、3年生になり突然先生が移動(転勤)となり、指揮者が変わった途端夢が潰えて地区予選で涙・・・。

こういうことが多々あるため、私立校等はプロの指揮者を雇うところもあります。
驚くことに公立の中学でも音楽の先生ではなく、時にプロの指揮者が振っているところもあるんですよ。
教育的にはどうなんでしょう?っと疑問もあるんですが、それほど指揮者の影響力は大きいんです。

仕事でもそうです。
自分の仕事場でどれだけセンス良く指揮を振るうかで流れが変わってきます。

甲府の指揮者、

さて、どんな指揮を振るうことやら。




HDR合成

ちょっと作ってみる。

曇り空
曇り空

雨の交差点
交差点

面白いとは思うけど・・・

いろいろあるんですよ(先回記事とは違う)

な~んか、家の中がちょっとずつ片付いてきているなぁ~・・・。

どうも女房が誰かを迎え入れるが如く、家の中の細かいところを手直ししているみたいです。
これは、「大きな部分はアンタがやれ#!」っという無言の強要に見えるのは私だけでしょうか?。



実はですねぇ~・・・、
今度のシルバーウィーク、息子が自分の嫁さんを連れてくるらしいんですよ。


あのバカ、ちょっと前籍を入れたらしく、今さらながら、

「ちょっと俺の嫁、連れていくわ」

っと連絡が来ました。




実は私、息子の嫁さんになる彼女と一度顔を合わせているんですよ。

大阪は茨木で出先休みの時、同じ出先休みとなった仲間と一緒に息子の店へ呑みに行った際、そこに彼女がお手伝いに来ていたんですよ。

前にも書きましたけど、自分で商売しながら呑み屋を経営している息子は、今その呑み屋を他の人に任せ、自分は本業に専念しているみたいなんですけどね。

ちょうどその時、息子の店に手伝いに来ていたその彼女が私に自己紹介していたんですよ、それこそ今後の夢というか展望を語りながら。
私はハーハーと返事をするものの、初めて会う息子の彼女の前でちょっと混乱していたんですよ。

なんたって、本来は同じ出先休みで暇をもてあます同僚と一緒に呑むため、ちょっとでも安く楽しく呑めるように息子の店を選んだわけで、まさかそんなサプライズまであるとは予想もしていませんでしたから。
ちなみにその時、もっと驚いたこともありましたけどね(誰かさんならわかる)。

混乱しているところに輪をかけそんなこと(どんなこと?)があったわ、しかもかなり酔っている状態だったため私は正直わけがわからない状態。



で、それ以来の息子の彼女(現 嫁さん)と再会することになるわけです。


ちなみに女房は息子とマメに電話のやり取りをやっているせいか、私より詳しく彼女のことやその親や親類等の情報を知っているんですが、肝心の息子の嫁となった彼女と顔を合わせたことがないんですよ。
それが今回やっと実現。

籍を入れる前に、

「まず私(女房)のところへ連れ来て挨拶させるのが道理」

とばかりに女房はちょっと不満顔です。

でも、連れてくることがはっきりした以上、せめて家の中を片付けようとな~んかいろいろやっていますよ。
今日日曜日、私は休みなので、

「アンタちょっと手伝え#!」

っと、小間使いにされること必死!(イヤだなぁ~・・・)


「いゃ~・・・会社でいろいろあってメッチャ疲れているんだけどなぁ~・・・」


っと言わせないような家の中の状態。



シルバーウィーク、私は女房に言われるまま準備に奔走し疲れ果て、連れてこられる息子の彼女(現 嫁さん)は女房に睨まれ針の筵?。


仕事がやっと一段落しそうな時に、それは勘弁してほしいなぁ~・・・
どんな形でもお祝い事なんだし。


まぁ~なるようになるしかないな。
みんな(息子の嫁さん含む)で写真でも撮って実家へ送ってやろうかな?、これが孫の嫁さんですって。


5月に慌てて実家へ帰った際、息子が、

「曾孫連れて帰るまで死ぬんじゃねぇ~!」

な~んてバカなことを伝えてくれと言われたけど、



本当にそうなりそう。

いろいろあったんですよ

な~んかずいぶん間が空いちゃったなぁ~・・・、いつの間にか9月だしなぁ~。
先月の更新は7年以上書いてきて過去最高に少ない(タイだけど)6件、しかもほとんどがお盆休み前後。


実はですねぇ~・・・


6月くらいから定期の編成替えをやってきたんですが、この完了がやっと今月前半に終わることになります。
たった数人の移動なんですが、ダイヤに照らし合わせながらちょっとずつ調整し、また無理な運行にならないよう休務日を調整しながらの編成替え。

これが結構大変なんです。

調整調整を進めるとどうしてもどこかにシワが寄ります。
つまりダイヤに穴が空くわけなんですよ。
それを埋めるのが私の役目。

基本、編成を動かしたのは私ですから当然責任はあるわけで、

上手く行きませんでした

は、絶対に許されません。

そこで約3ヶ月近く掛かって何十本ものダイヤと睨めっこしながら、ここでこう走らせてここで止める・・・
とか。

ここでコイツを使うと基準日数オーバーになるからどこかで止めないと・・・等。
32人もの動きを裏表(上りと下り)でラインを引き、そこに車両を当てはめながら考えるわけです。

車両が1人1車なら簡単なんですが、ウチの定期の場合、通常4車5人体制で1グループを動かしており、それが6グループあります(1グループ6人というところもある)。
車両が4台しかないのに、なぜ5人も乗務員がいるか?っというと、

1グループあたり2コースを走っており、それが1コースにつき上り便と下り便があるわけです。
つまり4台の車両があれば良いわけですが、それでは年がら年中休みが無くなってしまいます。
現実、車両は1日も休むことなく走り続けるわけですが。

でも乗務員は定期的に休ませなければなりません。

そこで、2コース(1コース1泊2日なので4日間)走ったら1日の休みにするわけです。
当然車両は休み無く動くわけですから、休務後は別な車両に乗るわけで、そのグループ体制にもよりますが一人で最大4台の車両を乗り回すわけです(これはグループ全員)。

ところが車両には毎年車検があります。
これを車検日には自店へ止めなければなりません(検査場へ持って行くため)。
それが全部で28台もあるんですよ、平均月に2~3台も車検に出さなければならず、人だけではなくこの辺も調整しなければならないため頭がイタイ。
ちなみに車検対策&増便対策のため予備車はある

そういうわけで私の場合、そのしわ寄せをまかなってきたら5運行連続で走って2日休みとか、日曜日に帰ってきてそのまま日曜日に出て行くとか、とにかく定期的な休みにはならず、帰ってくるなりバッタリでした。
無駄に2日休み(基準日数調整のため)をもらっても、実際は疲れ果て1日ほとんど寝ていて休んだのかなんだかわからない状態。
しかも平日に連休をもらっても、女房は仕事だし、だからといって何処かへ出かける元気もないし・・・。

先月(8月)が一番きつかったなぁ~。

私だけ狂いに狂った定期の中、やっと休みになると思ったら、突然夜7時頃会社から電話。

「〇〇さんが倒れた、疲れているところに申し訳ないけど、今から東京へ走ってくれない?」

とか・・・

編成替えの中、ギリギリでダイヤを組んでいる以上、ここでこれ以上狂わせると後が大変なことになるので走りましたよ。

ほ~んと先月は死んだ・・・。


今月9月、小手先の調整をあと1回やれば通常定期へ戻せる。
そうすれば4勤1休のパターンに戻る。
今月は半期決算月だから月後半忙しくなるのが目に見えているので、なんとしてでも戻さないと。

たった数人の編成替えでもこれだけの時間と労力を使うんだから、JRのダイヤ編成替えなんか大変だろうなぁ~。
まぁ~ウチも全国区でダイヤが組まれている以上、そこ(全体)に影響を出さないよう、あの手この手で大きな編み物の目の一部を調整するんですけどね。

とにかく疲れた。


今日今年2回目の健康診断に行って来たんですがぁ~・・・、

血圧高すぎるから毎日計って記録しなさい。

っと言われちゃいました。
まぁ~いつものことだけど、今日は上が150、下が115だったかな?(ちょっと高すぎ)。

だいたい朝仕事終わって風呂入って寝る前に健康診断なんて、そりゃ~血圧も高くなるって。

休みの日の夜中やってくれ#!

っと言いたい。

今日は9日ぶりの休み、何事もありませんように。

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ