またまた花ですいませんm(__)m

今日、免許の更新に行ってきました。
女房いわく

「4月から更新料が変るから、上がる前に行って来なさい!」

だそうで、実は上がるか下がるかわからないのにね。


ついでに今日もカメラ片手にちょっとドライブ。
雨降りも時には良いですね。

20150329 018

20150329 057

20150329 089

20150329 045

20150329 115

こういう時こそ?明るいレンズは重宝します。

天気が良かったので

今日はヒマだったので、近くの公園でお花見。


20150328 188

逆光にて
20150328 170

久々に300mm望遠を使って
20150328 053

これは望遠マクロモドキ?
20150328 174

舘山寺桜?
20150328 197

野鳥もそうだけど、花も見ていて飽きないねぇ~。

カメラ片手に3年以上?

ぜ~んぜん知識のないまま、ただブログに貼る写真をもうちょっと綺麗に撮りたいというだけで買ってしまった一眼レフ。

もうあれから3年以上も過ぎたんですよ。

ほ~んと当初は、

買って失敗したぁ~~~

でしたね。


ナゼ???


だって、当時持っていたオリンパスのコンデジと写りがたいして変らなかったからですよ。
正確には格段に綺麗なんですが、とにかくフルオートでしか撮れなかったためコンデジよりちょっと鮮やかかな?くらいなもんです。
そのために6万円も払ったなんてちょっと後悔しちゃいました。

でもやはり大枚を払ったからには、どうにかしてコンデジよりはぜんぜん綺麗という写真を撮ろうと独学で頑張りました。

まずやったこと。

買ったeos kissX-5のフルオート機能は優秀で、さすがカメラ初心者向けといえるほどシャッターを押すだけでどんな写真でも撮れちゃう。
でもこれって、コンデジのオートと同じことをやっているわけで、その点ではコンデジも一眼レフも写真にしてみれば大差ナシ!。

とにかくこの優秀なオート機能を使うより、自分で絞りや露出、シャッタースピードを駆使してこのカメラ(オート機能)に勝つこと。
これは自分だけそう思える写真が撮れればヨシ!で、他人がなんと言おうとオートより私が撮った写真の方が絶対綺麗!と言えるようにまずはなりたい。


まぁ~そうなったかどうかはわかりませんがぁ~、
オートには勝っていると自分では思い込んでいます、ハハハ(笑)。


で、現在所有しているカメラは、依然として初めて買った初心者用モデルのeos kissX-5。
もう1世代以上古いカメラになっちゃいましたけど、私にとっては息子から借りた50Dより使いやすいですよ。

これに使うレンズは現在3本。

今は私の常用レンズになってしまったシグマ製17~50mmズームレンズ(F値2、8)
買った時は値切って値切ってそれでも4万円ほどしました(今はもう少し安くなった?)。
20150326 005
結構シャープに、そして近い場所でも綺麗なボケが可能で重宝しています。
この辺はズーム全域にわたりF値2,8というのが効果絶大ですねぇ~。

ただ難点は、四隅がちょっとケラれること(ズーム幅により違いがある)。
あと逆光に弱く、フレア全開!!!
これは勘弁してほしいなぁ~。

でもやはり暗いところにはメッチャ強く、夜景とか星空では威力絶大ですしねぇ~。
暗いレンズじゃファインダー越しに小さな星も見えない、ましてやライブビューでは星自体写らない。

あくまで私の意見ですけど、標準ズームレンズとしては、最初付いて来たキャノンの18~55標準レンズより使いやすく、用途も広く便利に使わせてもらっています。

お次がキャノン純正の単焦点レンズ(F値1、8)
20150326 006
これキットレンズを使っていた当時、どうしても綺麗で鮮明な写真が撮りたくて買ったオモチャみたいなレンズ。
確か特売で8000円くらいで買ったんですよ。
ところがF1,8の明るさは尋常ではなくキットレンズと比べると撮った写真は雲泥の差。
初めてカメラはレンズで決まるというのを思い知ったレンズ。

でも最近は出番がありませんねぇ~。
なにせ常用レンズがこれに匹敵するほど明るく、そしてズームが利くため便利だからです。

最後はキットレンズの55~250mmの望遠レンズが壊れてしまい、やはり望遠がほしいと思って買ったもの。
シグマ製70~300mm(F値4~5,6)
20150326 004
これ実はメッチャ安かったんですよ。
以前にも書きましたが12000円ほどと、この足の長さからは考えられないほどウルトラ安い!。
でも実はあまり使っていません。
その理由は?っというと、

手ブレ補正がないためやたらとブレる。
カメラ本体には手ブレ補正機能がありませんので、200mm以上の望遠側では三脚が必項。
しかも本当にF値4~5,6?っというくらい暗い・・・。
壊れたキットレンズもほぼ同じF値だったんですが、それよりあきらかに暗いと思うんですよ。
おまけにAFメッチャ遅いです、暗いと唸りまくりの迷いまくり。
とても速い動きに対応出来ません。

あと便利なはずの簡易マクロ機能(200mm以上なら可)。
実は1mくらい離れないとピントが合わない。

これなら常用で使っている17~50mmテレ端で20㎝くらいまで近づいて撮っているのとほとんど画角が変らない。
あのレンズ、レンズ先からなら10㎝近くまで近づいてもピントが合うので、こちらの方がマクロ性能が上!。

じゃ~なんのために300mm(フルサイズ換算なら450mmオーバー)を買ったの???。

うぅ~~~~ん・・・

月を撮りたかったから?。


正直、12000円も出すならキットレンズ(55~250mm)を修理に出して直せば良かったと後悔しています。
やはり私にとっては安かろう〇〇かろうです。

でも腕のある人は上手に使っているわけで、この値段でこの写りはスゴイ!と言う人多数。
この言葉を信じて購入したものの・・・です。
それだけ私の腕が伴わないからこんな言い訳になっちゃうんでしょうね。

現在はこの3本のレンズで写真を撮っています。

以前はもちろんキットで付いてきたキャノン純正18~55mmと55~250mmの2本もありまして、それに合うフィルター類もそこそこ持っていました。
でもそのすべては息子に譲っちゃったんですよ。
なにせ息子、カメラのボディーのみの購入でしたので、私が使わないレンズはすべて譲りました。

あと買って一番後悔したレンズ。
タムロン18~270mm高倍率ズームレンズ
201207160207407c3[1]
すごく便利だったんですよ。


なにせ広角から超望遠(フルサイズ換算400mmオーバー)までこの1本ですべてがまかなえる優秀なレンズ。
しかも当時最安値でも6万円以上したんですよ。

最初は楽しいんですよ、なんたってレンズ交換の必要なく、ズーム1発で一瞬を逃すことなく写真が撮れるから。

でも・・・

どうにも写真の写り具合が良くない。
あきらかに写真にするとキットレンズに負けている。
色具合もあいまいでシャープさに欠ける。

やはり便利レンズは、いろいろな部分に妥協しているんだというのがわかりました。
そのかわり1本ですべてが可能なレンズなわけですから便利は便利なんですよ。

でもやはり一眼レフを持つと写真の精度にこだわりたいですよねぇ~。
ただ便利なだけで写りがイマイチじゃぁ~納得出来ません。

そういうわけでこのレンズ、1年も使うことなく息子へバトンタッチ。
正直、今まで買ったレンズの中では1番高かったのに、手放しても後悔しなかったレンズです。
こういうの、無駄な買い物というでしょうねぇ~。

最初はなにも出来ずカメラなりに撮るだけ(オート)。
そして後悔。
せめて自分で納得出来る写真を1枚でいいから撮りたいと勉強。
そのうち楽しくなってきたわけです。

まぁ~これは歳を取っても楽しめる趣味ですから良しとしましょう。

本気でカメラを始めた人から見れば、私の進歩(腕前)は亀のように遅く、未だ初心者を抜け出せませんけど、これからもじっくりじっくり付き合って行きたいと思います。

平日休み

今日も休みだったんですよ。
なにせ21日は仕事をしましたので、まぁ~その代替ですかね。

平日休みでヒマだったので、カメラ片手に近くをドライブ。

20150323 004

20150323 009

早い桜はもう散りかけていました。

20150323 033

20150323 041

すずらんスイセンも可愛いですが、白いスイセンもバックを黒く潰すとナカナカでしょう?。

最後に日が沈んだ直後の景色

20150323 056

電気の交差点?
20150323 077

いい暇つぶしになりました。

春本番!

20150322 005

20150322 008

20150322 025

20150322 043

年度末繁忙期はいつ来る?

ちょっと間が空いたかなぁ~?。

別に忙しかったわけでもなく、体調がすぐれなかったわけでもなく、更新出来なかったのはただの私の横着です。


今日(21日)祝日ダイヤの中私に順番が回って来て、とある定期を走りました。

この祝日ダイヤ運行は平常時より大幅な減便体制で臨むため、私の店では各グループから順番に誰かが選抜され、本定期とは別に臨時定期として走るんですよ。
これに今回私が当たりました。

実はメッチャクチャ嫌だったんですよ。

なぜ嫌か?っというと、


例年ならここが年度末繁忙期のスタートとなり、これが引鉄となり毎年4月一週目までどこの店もてんてこ舞いになるからです。
その引鉄を引く役目にウチの店では私が当たったわけですから、行く前からものすごく憂鬱だったんですよ。

何年か前には祝日前に出発し終わったのが昼前・・・、

「あぁ~今日休み(祝日)で良かったぁ~・・・」

でも、結局疲れ果てずぅ~っと寝ていて休みが終わってしまうとか、昨年は消費税up前の駆け込み需要のためメチャクチャ忙しいところに、関東方面では(特に甲信地方)季節外れの大雪で交通網はズタズタ。
おかげでダイヤは大幅に狂い私も予期せぬ場所へ走りましたよ。

ほ~んとこの時期は辛いんですよ。
でも、



今日はなんで???


っというくらい閑散としていました。

驚くほど荷物が集らないんですよ。
これは我社だけではないそうです。

前年同月比(3月度)90%以下の流通量。
今期最後の利益を出すための決算月。
なのに昨年より10%以上も流通量がダウン!


なにかがおかしい。

3月としてはありえない数字。


前兆はありました、それは昨年10月頃から。

不特定多数のお客様から荷物を預かって届ける仕事を生業としている我社(運送業)。
季節によって集る荷物の質が変るんですよ。


10月頃から一斉に出回る物ってなんだと思います?。


翌年のカレンダーなんですよ。

商店街でもらうカレンダー、銀行でもらうカレンダー、景品でもらうカレンダー、
そしてお得意様に配る自社のカレンダー・・・。

これ、実は年々減ってきています。
減らないカレンダーもあるんですが、それはカレンダーそのものが販売目的(有名人のアイドルグッズやアニメキャラクター商品の一部)の物だけで、タダで配るカレンダーはどんどん減ってきています。

よって、昨年後半から年末にかけてのカレンダー輸送は著しく減りましたよ。
企業もお金を掛けてまで、そこまで自社をPRする余裕がなかったのでしょう。

で、今年の3月決算月(繁忙期)。

スタートから平常運転。

いつまで平常運転を続けられるか微妙だったんですが、今日21日になっても流通量はまったく増えず、それどころかどんなに頑張っても儲からない赤字月と言われる2月の日割り分までとどかない始末。


4月消費税10%upを先送りしたせいで、どこの企業も安心しちゃったのかなぁ~。

なのに昨年8%up時には駆け込み需要で利益を上げるものの、4月以降は売れないのがわかっているから無駄なコスト削減に躍起。
人件費を抑えるのが一番手っ取り早く、昨年のベースアップは最大手を除いてほとんどナシ!。

おかげで今年度はどこの企業も微減収ながらも大幅な増益。
これをいいことに来期は大幅なベースupが確実(利益が大きく残ったから)。

今日の物量を見ていると、

「ほんとうにそれでいいの???」
「来年とばっちりが飛んでくるんじゃないの?」

ですよ。

まぁ~私にとっては物量に関係なく給料が上がることは嬉しいですけど、このままだと臨時給(ボーナス)がどうなるか不安・・・。

本当に今年、年末繁忙期が来るんでしょうか?。
企業にとっては12月と並んで一番の稼ぎ時なんですけどね。

な~んか近い将来が心配になるほど閑散としていた今日の定期でしたよ。

ホンダF-1?

F-1、始まりましたぁ~2015年シーズン。

今年はホンダがエンジンサプライヤーとして参加しているんだから、以前のよう地デジでも放送再開してほしいよなぁ~フジTVさん。

なにせ日曜日(翌月曜日)の深夜から朝にかけてのTV放送って、NHKの音楽だけ流しながら風景を見せる番組と、民放ではTVショッピングしかないからつまらん・・・。
以前はフジTVが地デジ放送でF-1中継をしていたんですが、現在はナシ(BS放送のみ)。

実は私の仕事上、2週に1回は日曜日出発し月曜日に相手店所から配車を受ける仕事があるため、常に日曜発車日は早く終わっちゃうんですよ。
早いと夜中12時(当日)とか、遅くても午前2時とか。

そこから寝るまでの時間がメッチャ長い(通常朝6時頃就寝)!。

そこで娯楽室でTVでも見ているんですが、日曜深夜から月曜早朝にかけての番組が上記の通り。
あと深夜ニュース番組(繰り返し)があるだけで、

「あっ、このニュース今日3回観た」

とか。


そこでクルマ大好きの私、F-1中継が唯一の楽しみだったんですがぁ~・・・、

ここ数年、放送ナシ!。



さて今年のF-1、なんといってもホンダが数年ぶりに復帰したこと。
しかも組む相手が名門マクラーレン!、しかもドライバーはともにチャンピオン経験のあるベテランアロンソとバトンのコンビ。
ちょっと期待したんですよ。
なにせホンダは前回、まともに結果を残せず無念の撤退となりましたからねぇ~。


でもテスト走行から問題多発でまともに走れず、戦える状態に持って行く前にシーズン開幕。

予想通り結果最下位(完走11台中11位)。

ホンダのエンジンって本当に大丈夫???。


以前撤退した当時、ギリギリまでホンダは撤退を決められなかったために翌シーズン用マシンを開発しすぐにでもレースが出来るような状態だったものの、業績悪化で突然の撤退宣言(リーマンショック?)。
これに困ったのがホンダF-1チームスタッフ。

しかたなくチーム監督がホンダからすべてを譲り受け(なんと1ポンドでホンダは売却)ブラウンGPとしてレースに参加。
でもホンダが撤退した以上肝心のエンジンがないわけで、そこでメルセデスからエンジンのみ購入。
車体はホンダ製、でもエンジンはメルセデス製、チームはホンダを離れたブラウン氏率いる元ホンダワークス。

あれだけ勝てなかったホンダF-1、エンジンだけメルセデスに載せ換えたとたん総合優勝!。
長らく勝てないおかげで給料が半分以下になってしまったバトンが年間チャンピオン!。

そこで言われた言葉が、

「ホンダがF-1で勝てなかった理由は、エンジンがクソだったから」

これはエンジンサプライヤーとして屈辱以外の何ものでもなく、エンジン屋としてホンダの面子は丸つぶれ。
エンジンにこだわるホンダだけに、これは社内でも、また日本国内でも信頼を失いかけない事態。

でも結果はその通りだったわけですよ。
ホンダのエンジンよりメルセデスのエンジンの方が格段に優れていたわけです。

で、今年から復帰したホンダ、そのリベンジの年が始まる。

でもやはりテスト走行から今回の予選までぜんぜんダメ!。
原因はすべてホンダ製エンジン!。
マクラーレンの車体は優秀、でもエンジンがクソ(ハイブリッドシステム含む)!。

どうするのホンダ、また前回の失態を繰り返すのか?。

予選でもトップ(メルセデス)よりラップタイムで5秒も6秒も遅いなんて、100m競争で言えば11秒台しか出したことがないヤツが、突然オリンピックで金メダルを狙うと言っているみたいなもんだぞ!。

今のF-1、1600ccV型6気筒ターボ+ハイブリッド方式。
これで700馬力以上を叩き出します。

エンジンの性能も大事なんですが、それ以上に大事なのが熱エネルギーや減速エネルギーを利用しながら蓄電し、それを原動力としてモーターを動かしエンジンをアシストするハイブリッドシステムが肝なんですよ。

ホンダはこれに自信があったからこそ自ら望んで世界相手に戦いに出たF-1レース。

日本のハイブリッドシステムは世界のトップクラス?、その一角がトヨタとホンダ?。
それいつの話???

まさにそれをF-1が証明している通り、世界は日本のハイブリッドシステムを越えてきているんですよ。

BMWなんざ、1500ccターボエンジン+プラグインハイブリッドシステムで、0~400を11秒台、最高速は250km/h以上、モーターだけでも走行距離30km以上走れて、その最高速がエンジンを使わずとも120km/hまで出せるという[i8]なるクルマまで市販されているんですよ。
もちろん燃費は24Km/L以上だそうで、速さと引き換えに燃費を落としているわけではありません。

これにプリウスやフィットハイブリッドが勝てる?。

BMWi8は値段こそスーパーなものの、これをベースにトヨタと連携(業務提携済み)して値段を大きく下げたクルマを開発することは必至。


ホンダさん、そろそろ一匹オオカミでは限界があるのでは?。

それでも世界に一人で立ち向かう?。


そういう心意気は私好きなんですけど、それにしてもオーストラリアGPはちょっと情けなさ過ぎると思うよ。

今シーズンは限りなく薄いかもしれないけど、期待を込めて、


頑張れ、POWERED by HONDA

消えちゃうねぇ~

いよいよなくなりますかぁ~トワイライトエクスプレス(大阪~札幌間)&北斗星(上野~札幌間)。
カシオペア(上野~札幌間)は8月くらいまで残るそうで、その後はどうなるかわからないそうです。
また、カシオペアの走らない曜日に臨時で北斗星が使われるそうですけど、それもいつまで続くか。
カシオペアも8月以降未定ということは、やはり引退するのかな?。


寝台特急、

新幹線の延長とともにどんどん消えて行くのは寂しいですねぇ~。

上記のような豪華な寝台列車を乗ったことはないのですが、むか~しむかし青森~上野間の[ゆうずる]だか[はくつる]だかは乗りましたねぇ~。

それ以外というと、

これまたそうとう昔の話で、たぶんで申し訳ないですけど、北海道を走っていた急行[大雪]に一部連結されていた寝台車に乗って、北見から札幌まで寝て行った記憶があります。
なにせ私、北海道の片田舎に住んでいましたから。

このたぶん?っというのが、急行名がいまいちよく覚えていないんですよ。

その他、部分的に別な名前の急行もあったためで、[しれとこ]だかの急行もあったような・・・(間違っていたらm(__)m)。
でも印象としては夜に網走を出て、北見駅では最終?となる[大雪]だったけどなぁ~。
しかも肌色に赤いラインの普通の車両に、後ろだけブルーに白いラインの入った寝台車を連結して。

ちなみに道内を走る特急には寝台列車はなかったと思います。

当時北見駅を出る列車は、網走から釧網線(網走~釧路間)にも直結していたし、遠軽以北の名寄本線を経由した湧網線にも繋がっていたし、道東でも鉄道だけであちこち行けたわけです。
もちろん私が幼い頃住んでいた訓子府にも、北見~池田間を結ぶ池北線があり、日に1本急行[池北]が帯広まで走っていて、これにも乗ったことがあったなぁ~。

とにかく田舎の汽車は常に空いていたので、足を伸ばして横になり寝ていたので寝台車と変らないか。

*当時北海道は電化されていなかったため、電車を汽車と呼ぶ(札幌近郊以外現在でもそうらしい)*

まぁ~寝台列車ではないですけど、北海道に居た頃はクルマの免許を取るまで、とにかく汽車が私の移動の手段でしたからねぇ~。



それにしてもこういう列車がなくなるのは寂しいですねぇ~。
ただ北海道とは違い路線は残るわけで、いずれまた何かの機会に復活なんかも出来ますしねぇ~。


北海道のよう路線ごと消えてしまうと、もうどうにもなりません。
復活などほぼ皆無で、それどころか沿線市町村は衰退の一途を辿ります。

旧池北線沿線市町村、湧網線や名寄本線に関係するオホーツク沿岸の都市紋別市などは、両線の廃止とともに街はどんどん寂れて行く・・・。
鉄道が地域に与える影響は本当に大きいんですよ。


寝台列車からちょっと話がそれたねぇ~。

それにしても・・・、


新幹線は札幌まで延びるそうですが、どんな車窓を見せてくれるんでしょうねぇ~。
あの北斗星やトワイライトエクスプレスのような、感動を与える風景を見せてくれるのでしょうか?。

移動の手段は早さだけではない魅力もあると私は思うんですけど。


こんなニュースを見るたび、

出来るだけ早く家(実家)に帰りたいと思うようになっちゃいます。


ちなみに[北斗星]臨時運用が終わり次第、解体なんだそうです。

まだどこかの国で十分使えると思うんだけどなぁ~。
雪にも強いことだし、それこそ日露親善のためにシベリア鉄道で使ってもらったら?。
ロシアの人、メッチャ喜ぶと思うけど。

色の心理学?

勉強になるアニメ[アニメで分かる心療内科]。

そこからちょっと拝借。


好きな色でメンタル状態?がわかる色の心理学だそうです。

さて、あなたは何色が好きですか?。

1、白
2、黒
3、赤
4、青
5、ピンク
6、紫


選びましたかぁ~?

選んでよぉ~~~!

群青色とか言わないで、上から選んでね!。

黄土色もダメね。

私なら青だなぁ~。


さて選んだら続きへ行こう!。

*****

続きを読む

どこまで・・・

3月かぁ~・・・、早いなぁ~。

ほ~んと歳とともに時間が経つのが早いこと早いこと。
それにもうすぐ56歳になるしなぁ~。

将来?、老後?・・・

ぜ~んぜん考えてないなぁ~。

ただ、親が死ぬ前に北海道へ帰らないと・・・っと思うものの、それは何時?。



まぁ~いいや、なるようになるだけだな。



さ~て、このブログを始めてからすいぶん長くなりました。
7年前の3月から始めたもので、こ~んなに長く続くとは自分でも思ってもいませんでした。
しかも書いた記事はもうすぐ1000回にも達する。


7年間、ここでいろいろあったなぁ~。
ある意味リハビリのため息子に指南を受けて始めたブログでして、適当なところでやめようと思っていたはずなのに。


半年くらいは、初めて親元を離れるたった一人の閲覧者(息子)に読んでもらうためだけに始めたのに、途中で誰かがこのブログを見つけコメントを寄せてくる。

メッチャあせる(^^ゞ。

「あれぇ~・・・だれか知らない人が読んでる」
「やべぇ~どうしよう・・・」

すぐさま息子に電話


「こういう場合、どうすればいい?」

息子
「せっかくコメントくれたんだから返信しろよ」


「誰だかわからんし、無視しちゃダメ?」

息子
「いやいや無視はダメだろう、記事に対してまともなコメントなんだから」
「失礼のないような言葉を選んで返信しろよ!」


「いや読んでいるのはお前だけだとわかっているからこそ好き勝手書いているわけだから、どう返信していいのかわからねぇ~よ」

息子
「いくら広めないよう工夫していても、netを使って記事を上げている以上いつか誰かが見つけるって、それをきっかけに顔も見えないnet上の友達が出来るのもブログの楽しみなんだぜ」


「いや、そんなのいらねぇ~し・・・」


初めはこ~んな状態だったなぁ~。

なのに今では勝手にランキングされていて、メインジャンル(日記)で700番台とか、サブ(その他)で200番台だとか・・・、

誰がそんなに読んでいる?
本当にこのランキングって正しいの???

確かある記事を書いたあと、サブで100番台前半(当時8万人中)だかでランキングされていたときもあったなぁ~。
しかも周りは芸能人や有名人が書く?ブログに囲まれていた(売名行為?)。

ありえんと思うんだけどなぁ~。
コミュにも入らずブロ友もおらず、ましてやスポンサーサイトも表示せず、

なんでじゃ~・・・

ですよ。


あるときは私の意見に反発しコメントの応酬になったり(しかも鍵コメで)、あるときはお互い納得出来ず已む無く記事自体(関連含む)を削除するはめになったり、相手が名乗ることなくただただメチャクチャに批判されたり、一番困ったのは私の無知さゆえに運営側(FC2)から一方的に記事を削除されたり・・・。

あれはちょっと腹立ったなぁ~。

なにが悪かったのか(記事内のなにが悪いのか)の説明もなく、それを問い合わせる手段もなく、私のブログの私が書いた記事を他者が一方的に削除するというのは(下書き保存も不可)。
悪い部分があったなら、その件についての弁明もお詫びも出来ないまま消え去ってしまった幻の記事が私にはあります。

未だかつてブロ友申請自体表示していない私でも(広める意思がなかったから)、ここで顔も知らないここだけのお友達もたくさん出来ました。
そして離れていった人も多数。
相互リンクをお願いされながらも、相手の方が先に放置状態になってしまった人もた~くさん!。

でも、カメラを始めるきっかけを作ってくれたのもこのブログだし、普段話さないことを自由に(失礼のない程度で)書けるのは、ある意味ストレスの発散?にもなったり、良いことも悪いこともたくさんあります。


ただ最近、訪問者が増えるだび、

「この記事は本当にこれで正しいんだろうか?」

っと、upする前に調べまくらなければならないのがちょっと苦痛になりますけどね。

なにせ過去、適当なことを書いて(内容が一部間違っていた)ずいぶん非難を浴びたことがありますので、ある意味トラウマになっちゃってます。

まぁ~それも勉強だと思えばよいことですよ。


そういうわけで良くも悪くもここでいろいろ経験させてもらいましたので、このブログを通じてある意味人間としてちょっと強くなった部分もあるのは確かです。



さて、どこまで続けようねぇ~・・・。


書き始めたのが2008年3月10日、こんな記事でした。

[今日から始めるオッサンの日記

書き方がヘタ過ぎて、読みにくぅ~~~い!





好きなイメージ

やっぱ私はこうだな!。

20150227 046

ひまなんでつい・・・

実は今日、メッチャひまなんですよ、なにせ出先休みとなってしまいましたから。
したがって今は大阪の茨木市でゆっくりしています。
昨日土曜日、午後7時半頃出発し、今日2時頃作業は終了しました。

昨日は月末ということもあり、既存のダイヤでは捌き切れない物量があったため、私は臨時便として走ったわけです。

まぁ~それはどうでもいいんですが、
早く終わって茨木温泉?に入って、ちょっと飲んですぐ寝ようと思ったんですよ。
なにせ今日はヒマだから、持参したカメラを片手に京都でも散策しようと画策していたからです。

でも・・・

携帯で天気予報を見ると関西地方、今日は1日雨模様・・・

残念。。。



しょうがないから飲んで寝るしかないですよねぇ~。


ちなみに本日、ここ茨木で出先お休みになるのは私だけだそうで、だぁ~れも話し相手がいない・・・。

そういうわけでひまを持て余しついでに、愛用のモバイルPCで自分のブログの過去(管理者画面)を覗いていたんですよ。
そうすると以前にも書きましたが、何年も前に書いた記事にちょこちょこ訪問者があります。
つい最近でもこの記事に訪問者が、

その記事というのがこれ
↓↓↓
最新鋭トラック

5年も前の記事なんですよ、それなのに未だに訪問者が絶えない。
最新のトラックって、そんなに興味を惹かれるものなんですかねぇ~。

とある雑誌を読んで書いたもので、著作権上問題がありそうな記事(写真の転載)なんですが、この記事にこの雑誌を創刊している雑誌社からコメントをもらった、ある意味特別な記事。

ちょっとしたお誘いもあったんですが、私は無断で雑誌の写真を転載してしまったことをひたすらお詫びしたんですが、そんなことはどうでも良いとばかりに、広い心で私にご返事を下さった雑誌社には今でも感謝しています。
ただ、せっかくのお話を断ってしまった私は今でもちょっと後悔していますけどね。

それにしてもこの記事、何年たっても訪問者が絶えないなぁ~。
なにが気になったんだろう?。
もしかしてトラックの値段が気になったんだろうか?。

普通の人ではトラック1台がどのくらいするかわからないですよねぇ~。
それを10円単位まで正確に書いているこの記事が気になったのかもしれません。

トラック1台、意外に高いんですよぉ~。
私が使っているトラックでも、標準価格は1700万円ほど。
ちなみに観光バス、1台5000万円ほどするんですよ(2階建てバスなら1台1億円!)。

メッチャクチャ高いでしょう?大型営業車って。

ちなみに最近、韓国製観光バスをよく見かけるようになりました。
そうですヒュンダイ製のバスです。
これ、国産バスの半額くらいで買えるそうですよ。
しかも国産と変わらないほど高性能で、乗務員からの評判もすこぶる良いそうです。

じゃ~なぜ普及しない???


これ、あの記事にベンツのトレーラーを入れたウチの会社でも困っていた話と同じで、サービス網が確立していないのがネックになるからです。

いくら半額(仮に国産5000万円、韓国製2500万円)でも、メンテナンスは重要で、ましてや営業車では必項です。
これにお金が掛かり過ぎるからですよ。

ある人がこんな計算をしていました。

国産バス5000万円、韓国製バス2500万円。
これを廃車になるまで11年(12年目以降は税率が高くなる)使った場合、客単価にどれだけ影響を出すかです。

結果は一人当たりの客単価はたったの100円程度(韓国製のバスを使った方が安い)。
これはあくまで壊れないと想定しての計算で、部品発注の時間や手間、そしてその部品の値段や交換時間を考えると、2500万円のバスは5000万円のバスより高いものに付くそうです。

これから考えても、トラックの値段なんてほとんど関係ないんですよ。
よはどれだけランニングコストを抑えられるかが重要なわけで、長い目でみれば、やはり日本の道を知り尽くし、全国どこででも直せるサービス網を持っている国産メーカーが一番強いと言えます。
だいたい日産ディーゼルに勤めていた義兄がこんなこと言っていました。

「新車(トラック)を売ってもディーラーに利益は無いんだよ、その後の修理(メンテ含む)でどれだけ利益を出すかでウチは生き残れるだけで、新車自体にメーカーもほとんど利益を乗せられないほど原価に近い価格で売っているんだよ」

なっとく!


さぁ~て、つまらない話でつまらない時間を潰しちゃった。
なんせだぁ~れもいない状態で一人寂しく飲んでいるだけだから。

今日晴れないかなぁ~・・・

せっかくカメラ持ってきたのに・・・。





プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ