オイオイ・・・、

行って来ました日帰りで大阪まで。


実は行く前日息子から

「ちょっと動けないから早めに来て」

っと、連絡があったんですよ。


なんで???


話を聞くと少し前、何度目かのスノボをすべりに行った際、ゲレンデのコース脇でコケた初心者をかわそうとし、しかたなく自分が逃げた際に豪快にコケてしまったそうで、その後痛みをこらえて帰って来たのは良かったけれど、結局家に帰ってから動けなくなり、救急車を呼んで病院へ行ったそうです。

オイオイ・・・

入院はせずに済んだものの腰の筋肉の断裂だそうで、ようは腰の肉離れですかね。

当然まともに座れないわ、屈めないわで、医者から「しばらく安静にするように」と言われたそうです。
まぁ~あの様子じゃ医者の言分もうなずけますよ。

そういうわけで、向こうへ着いてまずは買出し。
店の仕入れすら出来ないらしく、私と女房で手伝いましたけど、結局当の本人が動けず本日臨時休業!。

あんな状態ではムリだわな。

明日からは開けるそうで、店長代理として別な人を呼ぶそうです。


そういうわけでお休みとなった以上、まずは息子の部屋へ行って、寝難いと言っていたベッドの修正。

柔らかすぎるベッドは腰が沈んで痛いそうで、しょうがないから分厚いマットを外してベッドを作り変えました。
アンダーとなるベッドの土台の板をむき出しにし、その上に薄めのマットを敷き、そしてこの上に布団を敷きます。
ベッドの枠は私が工具を使ってちょっと調整。
あと、女房が新しいシーツや布団カバー&枕カバーを買ってきて交換していましたよ。
なんやかんやと忙しく、アレコレやってきましたわ。


本来の目的であるクルマの交換なんですがぁ~、

あんな状態ではまともにクルマを運転出来ず、ましてやあの着座位置が超~低い86では、運転どころか乗り込むことすら出来ずどうしようもない。
CX-5ならまだ背が高く、そして着座位置の高さから運転席シートを立てることが出来るためなんとか座れる(軽トラの運転席状態)。

結局クルマを換えるのはいつでも良いからと私が言い、そのままCX-5を置いて、しょうがないからまた86に乗って帰って来てしまいました。
さすがの女房も、あれを見たら文句は言いませんでしたよ。

あのクルマ(CX-5)なら、少しはまともに乗り込めるし、なによりATなので変速の必要がない。
それにこの後休んだ分、店で必要な物を仕入れるにしても、あの86では荷物が載らないし、それに病院へ行くにも寝そべるようなドラポジでは運転も満足に出来ないわけですから。

そういうわけで、しばらくあのクルマ(CX-5)を貸すことにしました。

だいたいクルマの助手席に乗せても、私がちょっと強いブレーキ(急ブレーキではない)を踏んだだけで、ウッ・・・ですからねぇ~。

こういう時って自営業者は大変ですよね。

サラリーマンなら傷病休暇とか有給とか、生活の助けになる制度がどの会社にもありますけど、経営者ではそうはいかない。
まかり間違えば、借金だけ残したまま店をたたんで路頭に迷うはめになりかねませんからね。
それ以上にもっと困るのが、自分が雇っている従業員ですよ。

息子もこの辺、ちょっとは経営者としての自分を反省をしているかな?。

事前に予告のない臨時休業とは、
いくら小さな店でも、せっかくひいきにしてくださるお客様の信頼を、大きく失う引き金となってしまう可能性大ですからねぇ~。

まぁ~とりあえず買出しにはついて来れたし、女房や私にあれこれ指示しながら、あれがいるとかこれがいるとか見て回ることは出来たので、近い内に動けるようにはなるでしょう。

あぁ~そうだ、女房が洗濯物をたくさん持って来たんだ。

洗った後、それってだれが持っていくの?

やっぱ私?、しょっちゅう大阪へ走っているから。



ついでにカメラの本体を交換して来ました。

やはり息子も使い慣れた50Dが良いそうで、私も素人らしく自分の愛機kissで今のところ十分です。
さ~てバシバシ写真でも撮りに行こう!・・・、かな?。

帰り際、大津SAで琵琶湖にからむ大津の街の風景を愛機 kiss X-5で撮ってみました。
20151129 116

風が強くてブレまくりぃ~~~、スイマセンm(__)m。

やっと・・・

ちょっと間が空きましたが、それほど忙しかったわけではありません。
まぁ~ちょっと怠慢かな?。

やっとクルマを交換することになりました。
そうです、息子から預かっていたトヨタ86を28日に大阪まで持って行くことになったんですよ。

息子、スノボに夢中らしく、友達と何度かすべりに行ったそうで、休みのたび高山近辺まで足を延ばしていたみたいですよ。
友達2人を含め、自分とスノボ2本、そしてもう一人はショートスキーだそうですから、CX-5なら楽勝で積め、自分達も快適に走って行けます。

86では3人乗るのも厳しいよなぁ~、とてもスノボやショートスキーを載せられないし。

おかげでウチは正月からこの86で生活していたんですが、女房は結構大変。

アクセルの開き方を早めるスロットルコントローラーを搭載しているため、そうとう手こずって運転していましたよ。
まぁ~途中で私が設定をノーマルにもどしてからは、

「ちょっと楽になった」

っと、女房は言っていました。
それでもCX-5とでは、使い易さに雲泥の差があるため文句タラタラですけどね。

それにしてもあの使い難いクルマで、買い物やら持病のための病院通いなどと、女房の足として活躍していましたよ。
たぶん私よりも乗っていたかな?。

女房はやや足の不自由な状態にもかかわらずクラッチを駆使して(6MT)スーパーの立体駐車場やら、バックアイもなく後ろが見え難いあのクルマでは、ドアを開けながらクルマの外へ顔を出さないとバック出来ないにもかかわらず、上手に病院の狭い駐車場へ入れているわけです。

それだけでも女房の腕は、大したもん!っということかな?。

ただ走っている時小さな女房では、いくらシートを上げてもハンドルから顔が半分しか見えず、外から見ているとまるで小学生が運転しているみたいでちょっと笑えます。

なかなか面白いクルマですが、生活する上ではちょっと使い難いクルマですね。
しかも基本構想が遊びグルマですから、ケツが離れるのが早いこと早いこと。

トラコンが利いてくれるからズバッとは離れませんが、キュッキュキュッキュ後ろのタイヤがコーナーのたび鳴いていますよ。
さすがにドリフトマシーンですかね。

もう一つクルマを返しに行くにあたって、カメラも交換してこようと思っています。
そうです、あの息子と一時交換して使ってみたキャノン製50Dです。

あのカメラ、慣れないせいもあるんですが、私にとっては使い難いカメラなんですよ。
とにかく発色と露出に特徴があり、好みの画にならないんですよ。

常にややアンダーの露出は何を撮っても暗め。
もちろん+補正はするんですが、な~んかちょっと違う・・・。

発色に関しても、息子には悪いんですが設定登録を一度リセットしました。
それでもシアン系やマゼラン系が強く、私にとっては不自然な色具合になっちゃうんですよ。

ただ、WBをこまめに調整出来るのはありがたく、ただ太陽光だの日影モードなど簡単な設定にとどまらず、ケルビン数(光の強さ)で調整出来るのは助かります。

また、AFの速さと連写速度の速さは、あの古い機種にもかかわらずkissとはぜんぜん違い優秀ですね。
この辺が私の持つ初心者用一眼レフとは、あきらかに一線を画するものがあります。

それでも、やはり使い慣れないカメラは私には難しいです。
それだけカメラに私の腕が対応出来ないほどド素人ということですよ。

まぁ~そういうわけで、最近写真をupするのに躊躇してしまうような高性能カメラ(私にとって)は息子に返したいと思います。

やっぱ初心者は初心者ですよ、もうちょっとカメラを理解しながら腕を磨かないと。


さ~て水曜日、ドライブがてら女房とともにクルマ交換のためちょっと大阪まで走って行きます。

愛車のCX-5君、ボコボコだったりして(^^ゞ。

メガネとカメラのファインダー

なんだかんだと忙しい日々がやっと落ち着き、今日はゆっくり休める休務日。
まぁ~明日は仕事で積み込みのために出勤し、日曜日また茨木へ走りますけどね。

実は11日から12日にかけて1泊2日の新年会へ行ってきたんですよ。
そこでカメラマンをお願いされ、およそ500枚ほど撮って来ました。

帰ってからの編集が大変で、写り具合を修正しながら長時間写真ファイルと格闘!。
ちなみに動く写真ということで、シリウスコンプのソフトを使って100枚以上の写真を1秒間に5コマ(5枚)使ってミニ動画も作っちゃったりして。


まぁ~、それは置いといて、


初めてデジイチを持ってからすでに3年近くになります。
でも、いつも悩んでいることがあり、他の方はどうしているんだろう?っというのがあります。

メガネです。

私のようメガネを掛けている人は、どういう風にファインダーを覗いているんだろうか?ですよ。

ちなみに私、メガネを外します。

「それでファインダー越しにちゃんと被写体が見えているの?」

っと女房に言われたことがあるんですよ。
なんたって私の視力、裸眼で0.06しかありませんから。

実はメガネを掛けている時と同じように裸眼でもカメラのファインダー越しなら見えるんですよね。

ナゼ???

もちろん最近のデジイチを持っている人ならわかると思います。

そうです、ファインダーから覗く景色を機械的に調整出来るからですよ。
よは、自分の視力にファインダーの焦点を合わせることが出来るからです。

携帯 121
上の写真を見てもらえばわかりますが、ファインダーの外にあるアイピース(目の周りが当たるゴム製のカバー)の横に小さなダイヤル式の視力調整スイッチがあります(写真の+とか-とか書いてあるダイヤル)。

これを回しながら自分の視力にファインダーから見える景色を合わせるんですよ。
で、回しながらはっきり見えた部分が自分の視力と合致したということなわけで、したがってメガネを掛けなくても問題はないんですよ。

でもですねぇ~・・・、メガネ外して周りを見ると景色が見えないんですよ、目が悪いから。
なにせ大きな風呂(温泉等)なんかでもメガネが必要な私ですから。

でもメガネを掛けながらファインダーを覗こうとすると、どうにもメガネが邪魔でファインダーが覗きにくいんですよ。
それと、メガネ(近視用)を掛けていると、老眼のせいもあり近い所が見えず、写真を撮ったあと、モニターで画像を確認しようにも、モニターが小さくそして近すぎて良く見えず、どの程度しっかり写っているかが確認出来ません。

そういうわけで、メガネを掛けない状態(裸眼)でカメラのファインダーを自分の目に合わせるんですよ。
これならメガネを掛けていないから、撮影後小さなモニターでも写り具合を確認が出来るわけです。
なにせメガネ無しならただの近眼だし、近いところなら見えますからねぇ~。

でも普段はメガネを掛けないと景色がよく見えない・・・。

こういう場合、どうしたらいいんでしょうねぇ~。


カメラ好きの同僚に聞くと、

「メガネ掛けたままファインダーを覗くよ」

ですよ。

彼はまだ若いからただの近眼(乱視&遠視ナシの0.1~0.2程度)だし、メガネを掛けていても近い所が見えるからよいわけですよ。
しかも彼、アイピースを丸くちょっと大きい厚手の物を使い、メガネを張り付けても困らない物に換えているみたいだし。


私じゃちょっと無理だなぁ~。
なにせ超近眼だし、老眼だし、それに乱視もあるし・・・。

カメラ好きで目の悪い人、どうしてるんでしょうねぇ~、一度聞いてみたいもんです。

ちなみに私、ファインダーを覗く直前にメガネを頭の上に移動させ裸眼でファインダーを覗きます。
でも、これで2度ほどメガネを落として壊しましたけどね、ハハハ(^^ゞ。

だれか良い方法あったら教えてぇ~~~!。

私の成人式

昨日って成人式でしたねぇ〜、そういえばテレビでもラジオでも話題になってましたよ。
なんたって人生たった一度っきりのお祝い事ですし、晴れて大人の仲間入りするわけですから。

そういえば【冠婚葬祭】の冠という字、これ今でいう成人式のことなんですよね。
確か、正確には【元服】だったかな。

実は、この冠婚葬祭の冠の意味を知ったのは相当後のことでして、

「冠婚葬祭の冠ってなんだろう?」

だったんですよ。

それ以外はわかりますよね。
婚は結婚式、葬は葬儀、そして祭は字の如く祭り事です。

日本人なら地域に関係なく、冠婚葬祭は他のことを差し置いても駆けつけるのが道理。
まぁ〜ある意味、大人としてのマナーの一つかもしれません。
でも最近は仕事や家の事情やらで、その辺は気薄にはなってきてはいますけどね。


私の成人式はもう35年も前のことです。
でも、あまり良い思い出はないんですよ。

[シリーズ物(人生)]でも書きましたけど、あの頃はまだまだ私はガキで、傍若無人な振る舞いをしていた当時でしたから、高校時代の同級生には顔を会わせづらい状況でした。

それでもウチの親が、
「一生に一度のことなんだから、必ず行って来い!」
と言われてしぶしぶ行きましたよ。


私が育った町ではみなさん正装だったんですよ。
古くからのしきたりなのか、成人式は必ず正装という暗黙の了解がありました。
これは出席者も主催者も、そして成人式を支える裏方さんまでもが黒いスーツで正装していましたよ。

男子の半分くらいは羽織袴(もちろん黒基調)、残りは黒のスーツ。
もちろん女子は全員晴れ着姿でしたよ。

で、親のさとされしぶしぶ出向いた私。

身なりはセーターとジーンズ、上着はメッチャ寒いにもかかわらず薄手のジャンパー。
そんな恰好しているのは私だけ。
まるでただの見学者みたいな出で立ちですよ。

じつはその時、周りの身なりを見たとたん、帰ろうと思っていたところに高校時代の同級生達が気が付き、そのまま強制的に会場入り。

強制的にとは書きましたが、

「おぉ~来たか、久しぶりだなぁ~」

っと声をかけられ、なんとなく照れくさく

「おぉ~・・・」

でしたね。

で、そのまんま背中を押されて何人かで会場入り。

女の子達はあまりの変わりように驚きましたよ、なにせ合うのは高校卒業以来だから化粧して着飾ってる姿なんて見たことなかったし、なによりあの化けよう(失礼m(__)m)には良い意味でほ~んと驚いちゃったなぁ~。
女ってあんなに早く大人になるんだとあの頃は思いましたよ。

それに結婚している人もいたし、子どもまで連れている人もいる。
で、あいつがぁ~???みたいなのがすでに結婚していて、ちょっと旦那の顔を見てみたかったりとかね。

でも逆の立場になったらそうでもないのかな?。
なにせウチの女房が私と結婚したのが、まだ成人式前の19歳だったわけだから。
ちなみに男ではまだ結婚しているヤツはいなかったなぁ~。

それでも形式通りに式は進み、最後はみんなで記念撮影。
確か200人くらいはいたと思うんだけど、後からもらった記念写真には私は隅の方で、しかもあきらかに場違いな格好で苦虫をつぶしたような顔で写っていましたよ。
まぁ~当時は写真に写るのが嫌いだったから。

それなのに今では不特定多数の人が見るこのブログに、堂々と顔写真入りで載せているのがすごいでしょう?。
まぁ~その辺がバカだと言われても文句を言う気はありませんけどね。

ちょっと話がそれたけど、同じ町で育ってきた面々(同級生)とは、高校卒業と同時に私は皆とかけ離れた道を進んだせいで、その後の話には入れなかった思い出があります。

式の後のこと(二次会)にも誘われたものの、そんな状態では付き合ってもしかたなく、

「じゃ~またな」

で別れちゃったなぁ~。

あれから35年、同級生に会ったのは25歳までの間で数回しかなく、それも街で偶然出くわしただけ。
したがって私と同じ学校の同級生と会ったのは30年も前の話で、それが最後でしたよ。
ちなみに小学校時代の同級生も、そして中学校時代の同級生も同じで、誰一人30年以内に会った人はいません。

ある意味寂しい人生だね、っと言われたらその通りかもしれません。

でもねぇ~、

人生シリーズ読んでもらえばわかりますけど、一人でひねくれてたわけではなくほ~んと苦労しましたよ。
頼れる人間が周りにいないというのはどれだけ辛いかも思い知りましたし、仲間は重要だというのも遅ればせながら知りましたよ。


話がだんだんずれるなぁ~、成人式ですよ成人式。


今って見境ない人間(成人)が時々いて、これがニュースに大きく出てしまう。
たぶん彼らは知らず知らずに重い十字架をしょってしまったことを、今はわからなくても何年か後に思い知るでしょう。

私の頃でもいましたよ、そういう輩は。

でも、周りが助けた。

っというか、大事になる前に自分たちで止めた。

仲間に止められたヤツが、それを裏切ってまでバカをやるヤツはいなかったですよ。

でも今の仲間は見て見ぬふりで誰も止めない。
見たくないから止めない?。
あるいは、関わりたくないから止めない?。

あの頃の私みたいですね。

私は同級生が楽しんでいる所をぶち壊そうとは思いませんでしたし、ただあの頃は私の座る場所がない以上、そこにいる意味がなかっただけ。


で結論。


今の成人となる若い連中、お前らガキ!、そしてさめすぎ!。

若いんだからバカ騒ぎにしてしまえ!、その時ぐらいみんなで輪になってしまえ!そして輪から飛び出す者は引き込め!逃げるヤツも引き込んで一瞬でいいから大きな輪を作れ!。

迷惑?

たかが二十歳、考えなくてもいいんじゃない、仲間は大事だから。
度が過ぎれば絶対仲間が止めるって、一瞬でも息が合い大きな輪になれば。


ハイ!35年前の自分に言い聞かせるように説教たれてしまいました。

でもいずれ社会人になったらきっとそれが役に立つ。


しっかし酔っているとはいえ、成人式の記事に自分の人生論を熱く語ってしまったなぁ~。
とんでもないバカオヤジの独り言として許して下さい。

さ~て朝になるから寝よう、昨日は新年会で飲み過ぎたから。

ではごきげんよう、



って、誰かみたいな終わり方だね!。

メガネ買いました

今年になって自分のために買った物の中にメガネがあります。

まぁ~私は近眼の老眼+乱視ですから、メガネは必需品なんですけどね。

で、買ったのは仕事用で、2本で5000円というバカ安のメガネです。
20150110 001

私は、身体のわりに顔が小さいので、それほど大きなメガネは掛けられません。
20150110 007
それでもこのサイズは標準的なほうかな?。

じゃ~もう1本は?・・・、

っと、いいますと、

昨年暮れに女房が免許の切り替え時、視力で引っかかってしまい、メガネが必要になったんですよ。
まぁ~ギリギリセーフだったそうですが、メガネを掛けるよう奨められたそうです。

そこでもう1本は女房のメガネになっちゃいました。

やはり運転中は見栄えなんか気にしているわけにもいかず、なんたって、見えない=危ない、ですからね。

それと、

何といっても女房が、

「あんたメガネ何本持ってるの、これ以上いらないでしょう?」

でしたから。


で、今持っているメガネ(使っている)がこちら。
000.jpg

そんなにたくさんなにするの?っと聞かないでね!。

ある意味気分の問題で、時には自分のイメージを変えたいでしょ。

仕事の延長線???

さてちょっと間が空きましたけど、今週末はちょっと忙しいかな?。
仕事で忙しいだけでなく、やらなきゃいけないことがたくさんある。

まずは車検。

乗用車の車検ではありません、自分が使うトラックの車検。

ご存知の方も多いと思いますけど、大型トラックの車検は1年に1回受けなければなりません。
ただ車検場(本社工務)へ持って行けばよいわけではなく、我社は車検の前整備は乗務員の仕事。
とにかく検査やシャシーブラック(下処理塗装)がすぐ塗れるよう完璧な洗車が求められます。

実は4日の日、ほぼ半日かけて洗ったんですよ。

ツナギを着て、その上に防寒着、頭はヘルメット、肘まで隠れるゴム手袋やどんなに濡れても良いよう膝まである長靴。
そして最後に目の前を覆うゴーグルを掛けて完全武装!。
そういう出で立ちでまずは洗車機と格闘するわけですよ。

で、この洗車機の圧力というのが乗用車用コイン洗車機の比ではなく、そこはプロ用(当たり前)、持っているだけでも噴射する強烈な圧力のせいで、腕が震えて持っているのも大変な高圧洗車機。

洗車ごときに、な~んでこんな重装備か?っというと、可動部分のグリス落しもやらなければならないからです。
これは車検時、グリスが残っているとシャシーブラックが上手く車体の吹き付けられないから。

これが大変で、温水が出る高圧洗車機を片手に車体の下へもぐりこみ、自分の顔や身体にグリスが飛ぶことを気にせずノズルの先を洗車する部品の10cmくらい前で噴射するんですよ、そうしないと温度が下がるわ、威力が落ちるわで、なかなかグリスを飛ばし切れないからです。

温水はおよそ90℃!(ノズル先端付近)。

熱いわ、顔に温水はかかるわ、ついでに飛んできたグリスの塊が体中に付着するわでた~いへん!。
顔なんか飛んできたグリスで真っ黒!。
それに洗車機のノズル自体が熱くなるため、厚手のゴム手袋を履いていても熱いんですよ。

私は道産子なので、手袋をはめるではなく履く(はく)と言ってしまう

それでも超接近しなければ綺麗に飛ばないから困ってしまう。

それが終わると2~3時間かけて手洗い。
これも車体表面を洗うだけではなく、メインは車体下のシャシーむき出しの部分。
ドライブシャフトとかデフとかスポンジ片手に車体下にもぐりこみ手で洗うんですよ。
もう大変!。

で、作日(9日)めでたく?私が使うトラックは車検を問題なくパスしました。
これで今年1年なんとか無事に使えるようになりホッと一安心。

今日10日は茨木便の積み置きで出勤します。

明日11日は、朝から交通安全祈願で近くの神社へ行きます。
今年1年、無事安全に仕事が全う出来ますよう店全体でご祈祷するわけです。

で、その後、路線全体の会議で、昨年の反省や今年の方針等を決めます。

私はこの部署の責任者ですので訓示(ほぼ挨拶?)はやりますが、会議は議長を中心に進められますからそれを聞いているだけで終わりそうなんですけどね。

で、その後、



午後から1泊2日で新年会。

でも、私は12日夜には豊川を発たなければなりませんから、そうバカ騒ぎに付き合ってはいられませんが、それでもしっかり楽しんできますよ。

昨年は山の中にある温泉で、愛知県は新城市の鳳来(ほうらい)で行われました。
なにせ山の中、周りに自動販売機も無いような場所ですので、ホテル内でグダグダに酔ってましたねぇ~。

今年は浜名湖沿いにある舘山寺温泉。
ここはまだ外へ出ても何がしかあるので楽しめるのかな?、遊園地(浜名湖パルパル)もあるしね。

それにしても、最近は蒲郡の西浦温泉、新城の鳳来寺温泉、浜名湖の舘山寺温泉のパターンが続くなぁ~。

でも、たまには遠くへ行きたいぁ~。



遠くかぁ~・・・、



確か何年か前、山梨の石和温泉で新年会をやったっけ。
その前というと、15年くらい前に福井の芦原温泉でも新年会をやったなぁ~。

私が定年する前に、一度北海道で新年会でもやろうかな?、ものすごくお金が掛かりそうだけどね。

ちょっと無理か、近場で1泊2日の宴会でも常に100万円級の費用が掛かるし。
昨年度の会計報告(ウチの部署)を受けましたけど、去年もたかが25人程度の出席で、新年会に掛かった費用が93万円って・・・(それでも承認)。。。

ウチの連中、

どんだけ騒ぐんじゃ~

ですね。

そういうわけで、今年も年明けそうそう忙しい身なんですが、こちらは仕事の延長線といっても、ちょっと楽しみかな?。


さ~て今年は給料のピーク(年齢給の上限)も越えたし、業務上でもそろそろ世代交代の時期、そろそろ年寄り扱いになってもいいかな。

今年は仕事もプライベートも、まったりと?、頑張ろうと思います、ハイ!。

ヒマ人

さぁ〜て、本日は今年の仕事初めとなります。
そうはいっても、通勤時間の長いこと長いこと。

そうです、今日は愛知県の豊川から山梨県は甲府まで出勤しなければならない日。
おおよそ4時間ちょっとかけて出勤して来ましたけどさすがに平日、新幹線も身延線の特急も空いていましたよ。

さて、今年のお正月はのんびりしていました。
息子も久々に大阪から帰って来て、家族3人水入らずです。
ただし息子は仕事の関係で帰って来たのが31日の朝。
しかも友達とスノーボードに行くそうで、2日の夜には帰って行きました、私の愛車で・・・。

4日には一度帰って来て自分の愛車トヨタ86と取り替えて自分の家へ帰る予定だったんですが、結局近畿付近の大雪と交通事情の悪さで愛知県まで戻れず、そのまま家に帰ったみたいです。

ウチの女房、
「あんなクルマ(86)で買い物行けないわ#!」
っと、ちょっとおかんむり。

まぁ〜、そのうちヒマな時に替えにくるんでしょう。

そういえば息子から預かったカメラ、あれバッテリーがもう限界。
息子が、
「たぶん2〜30枚くらい撮ったらバッテリーなくなるよ」
と、言っていたんですよ。

オイオイ#!

ですよね。

そこで元旦にもかかわらず、Amazonで安いバッテリーを探してみることに。

ありました、2個で2680円!

バカ安!

大丈夫かい?っと首をひねりたくなるほどのお値段、しかも税込み&送料ナシ!。

それでも使えないバッテリーよりはましだし、しかも2個なので1個は予備バッテリーとして使える。

さっそくネット上で注文。
発注したのが元旦の午後4時頃。

発送元は、大阪の堺からだそうで、何時着くことやらですよね、普通は。
しかも正月だし。

で、届いたのが、なんと翌日2日の午前10時頃。
届けてくれたのは、ウチと業務提携しているヤマトさん。

さすが!

Amazonもスゴイけど、それを請け負っているヤマトさんもスゴイ!。

ウチじゃちょっと真似できないなぁ〜。


それはさて置き、バッテリーぜんぜんまともです。
1個は初めから充電済、もう1個は空の状態で送られてきましたけど、試しに適当にシャッターを500回くらい切ってみましたけどバッテリーが減らない。

あれ???不良品?。

その後200回ほどシャッターを切ると、やっとひとメモリ減りました。
どうやら大丈夫みたい。

さて、つまらないことばかり書いていますが、実は今日ヒマなんですよ。
まぁ〜当たり前か、各社仕事初めだし、今日から本格的に営業するわけだから、輸送は明日からが本番かな?。

とにかく、今年1年頑張らないと。

こんなことばっかやってないで、ちょっと仕事しに行ってきます。
怒られるから。





カメラ本体

ちょっと息子のカメラを借りてみたんですよ。
息子の愛機はキャノンeos50D、この本体だけ借りました。
IMG_0786.jpg

IMG_0788.jpg


ちなみに私のカメラ(kiss X-5)、軽いこととバリアングルモニター(可動式モニター)があるせいか、しばらく貸してくれとのことで息子が試し撮りを兼ねて持って行きました。

息子は物撮りメインなんだそうで、特に店で出すメニューの写真を撮る際この50Dでは、被写体を真上から撮るにはどうにも不向きなカメラなんだそうです。

まぁ~そうですよね、あのカメラじゃ重いわ、真上からじゃファインダーを覗けないわで、だいたいの目測で撮影していたそうです。

そういう時は、X-5以降に採用されたバリアングルモニターが便利。

なにせ真上からでも真下からでも、モニターだけ自分の方へ向ければファインダーでは覗けないアングルで写真が撮れますからねぇ~。

で、交換条件で息子に借りたeos50Dを使ってみました。

20150102+035_convert_20150103141726.jpg
=この写真はクリックすると大きく出来ます=

これ、補正しているわけではありません、またWBを電球や蛍光灯で撮ったわけでもなく、ごくごく一般的な太陽光で撮ってます。
もちろんWB微調整もこの通りで中央にセット。
IMG_0789.jpg

でも色がすごいんですけど・・・。
特に青とか赤とか・・・。

なんで???

あぁ~それとこのカメラに搭載されているAFボタン、これは便利ですね。

これでもうちょっとボタンが大きければ文句ないんですけど、AIサーボなら、このボタンを押している限り、動くものをシャッター半押し以上に速い速度で動く被写体を捉えている。
この辺が静のkiss、動の50Dなんでしょうねぇ~。
IMG_0795.jpg

あと、連写の速いこと速いこと。
さすがに秒速6コマだけあってやたらと速い!
ただし、連写中の音(パコパコパコ)は残念!。

さ~てしばらく使ってみますけど、さすがに中級機だけあり、ゴツイわ重いわ、あのバカデカいシグマ製F2.8通しのズームレンズを付けても違和感ナシ!(kissではレンズだけが目立つ)。
ただ、首に掛けていると肩がこりそうだけどね。

でもちょっと気になったのが、イメージセンサーがX-5より一世代前のせいか、写真のシャープさに欠けるような・・・。

せっかく借りたことだし、ちょっと遊んでみよう。

迎春

あけましておめでとうございます。

しかし今年のお正月はヒマだぁ~!。

腰痛くてどこにも行こうとは思わない。

そんな中、蒲郡の夜景をちょっと撮ってきました(買い物帰り)

888_convert_20150101174020.jpg
この写真、ちょっと遊んでますけどね。

また今年もヘタな写真をバシバシ撮りますので、本年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ