人質ならぬクルマ質?

とうとう大晦日です、本年も今日1日で終わります。

なんでも女房は、どうしても今日中に買い物に行きたいんだそうですけど、私はゴロゴロしていたいんだけどなぁ~・・・。

明日というか、今日夜からこの辺(我家付近)はとてもクルマでは出かけられなくなるため、女房はその前に買い物を済ませたいのでしょう。

なぜクルマで出かけられなくなるか?っというと、


そ~なんですよ、毎年恒例の初詣で人がごった返すから。

どこの神社???

言わずと知れた豊川稲荷!。

そう、誰もが迷うほどごった返すお稲荷さんですよ。
しかも東名高速豊川IC出口から渋滞しますからねぇ~。
これが31日夜から3日頃まで続く。

で、我家はその通り道にあたるため、毎年まともに外へ出られない!。

まぁ~しょうがないかな、ウチの会社の代表(グループのトップ)も来ることだし。
なにせ商売繁盛の神様ですから、今年は景気が良くなって私の給料も上がるようお願いしたいところですし。


さてウチの息子は、友達とスノ-ボード片手に岐阜のスキー場へ行くそうです。
そのおかげで私の愛車を持って行かれました。

なんたってCX-5君、4WDだし、スタッドレス履いているし、なにより広いですから何人かで行くなら便利なクルマ。

そこで我家に人質ならぬクルマ質として置いて行かれたのが息子の愛車トヨタの[86]!。
99999.jpg

まぁ~私もインプとかRX-8とか、スポーツ系のミッション車は多数乗って来ましたので、運転にそう問題はないのですが、
それとは別に今月後半からメッチャ腰が痛いんですよ。

そこそこ無理のないよう配車を組んだつもりなんですが、歳のせいか腰に来ちゃいました。
そのせいで屈むのがツライことツライこと・・・。

で、このクルマ、メッチャ低いんですよ。
乗り込むというより、屈み込むように尻から滑り込みます。

これがツライ・・・。

なにせこの高さですから。
2014123001 012
私の身長は、それほど大きくはなく170cmほど。

でもこのクルマ、屋根の高さが私の胸のあたり、イスのヘッドレストがお腹のあたり・・・。
乗り降りが苦しいですし、腰は痛いし、ドアを開けると地面に手が届くほどメッチャ低いドライビングポジション。
買い物に行っても降りたくないほど出るのもツライ体勢・・・。

RX-8以来だなぁ~、こ~んな寝そべらなければ運転出来ないクルマは。

まぁ~運転していて楽しいクルマだけど、腰がイタイため段差で強烈な突き上げがあるとモロに腰に衝撃がぁ~~~!!!。
なんせ足もボティー(下周り)もノーマルとは違い、必要以上に補強されているせいか段差がまともに腰にくる。

こういう時は、乗り心地が良く乗り降りしやすいCX-5君がやはりベスト!。

歳取ったなぁ~・・・、

来年は56歳かぁ~・・・、

もうこんなクルマ乗ってられる歳じゃないなぁ~・・・、


そういうわけでちょっとの間(正月中)、腰をいたわりながらクルマ質君とお付き合いさせてもらいます。



では、また来年もこのくだらないブログは続くと思いますけど、おヒマな方はお付き合い下さいませ。
来年7年目かぁ~・・・、記事ももうすぐ1000回かぁ~・・・、
飽きずによう書くわ。

みなさん良いお年を。

帰ってきました

無事本年の仕事も終えて家へ帰ってきました。

な~んか疲れたなぁ~。

昨晩は土曜日体制ということもあり、夜中1時頃には終わったんですよ、もちろん甲府でね。
で、風呂に入ってちょっと呑んで朝まで3時間ほど仮眠しました。
なにせ今日は電車帰りなので、ちょっと呑んでいても大丈夫!。

朝6時20分頃、特急[ふじかわ]の時間に合わせて最寄の駅まで夜勤に送ってもらったんですよ。
その最寄の駅というのが甲府駅ではなく、店に近い身延線の東花輪駅。
もちろん特急[ふじかわ]も停まる駅ですよ。

ところがこの駅、なんと無人駅!。
駅の入口があるだけで改札口もない、ホームだけの完全な田舎の無人駅なんですよ。

そこに特急が停まるんですよ特急が!。

もちろん乗車券以外に特急券が必要な、JR東海が誇る[ワイドビューふじかわ]ですよ。
なかなか笑えるでしょう。

まぁ~私は何度か利用していますので、もちろん知ってはいたんですけどね。

で、車内に乗り込んでから車掌さんに、

「豊川まで、静岡~豊橋間は新幹線自由席で」

そういうと車内販売特有のペラッペラの切符を買います。
もちろん自動改札機に通らない切符!。

しっかし静岡まで2時間以上、長かったなぁ~。
まぁ~空いてはいたのでゆっくり出来ましたけど。

で、静岡から新幹線です。
ただ、3つ先の豊橋までなので[こだま]ですけどね。

でも今の[こだま]、N700Aを使っているんですねぇ~、ちょっと驚きました。
まさかこんな新しい新幹線を[こだま]で使っているとは思わなかったんですよ。
確か昨年、茨木から帰って来る時の[こだま]は300系だったような・・・。

乗車時間45分、しかも浜松で[ひかり]と[のぞみ]に抜かれるため5分も停車。
距離はこっちの方が長いと思うんだけど、そこはやはり新幹線、メッチャ速いです。

まぁ~なんだんだといいながら、無事豊川駅に10時過ぎには到着。
女房に迎えに来てもらっていま家でくつろいでます。
ちなみに関東勢(豊川所属10人ほど)、みなさん私より早く帰って来ているようで、私が一番遅かったみたいですよ。

そりゃ~そうですよね、[ふじかわ]に乗っている間にみなさん東京駅から新幹線で豊橋まで直行なんだから。

さぁ~あとは30日の格納(仕事納め)を残すだけ。

今日はゆっくり寝よう。

ダメだぁ~~~!

ちょっとマイブームになりつつある星空撮影。

長いシャッター速度と連写で数十枚(時には100枚以上)の写真を重ねて流れる星空を撮っていたんですよ。
ところがやっぱ、ど~してもやってみたいのが、

北極星を中心とした円を描く星空!

これにはどうしても広角なレンズが必要。

私が持つレンズではワイドいっぱいで17mmが限界で、しかもイメージセンサーがキャノン製APS-Cのため、画角が1.6倍になってしまう。

っということは、

17mmのレンズを使っても写る範囲は27mm付近。
これでは広大な空を丸ごと写すのは不可能(たぶん1/4も写せない)。

そこで、以前買ったオモチャみたいなコンバージョンレンズを使ってみることにしたんですよ。
このコンバージョンレンズとは、

レンズの先(もしくは元)に付け足し、より広角にとか、より望遠にとか出来る面白いレンズ。
私が買った物はより広角に出来る、いわゆる魚眼(円周)レンズというもの。

実はこのコンバージョンレンズ、キットレンズしか持っていなかった頃、どうにかして変わった写真が撮りたいと購入したもので、お値段は3800円とお小遣いで買える代物。
ただしレンズ口径を指定していますので、キットレンズにしか合わないんですよ。


さてそこで、このキットレンズ&コンバージョンレンズの組み合わせなら夜空を広く撮れるのではと考えました。
なにせこのコンバージョンレンズ、8mmくらいまで広角で撮影出来ますから。

ただ・・・、

安いだけあってあまりに暗く、昼間でもAFが利かないほど情けないレンズなんですよ。


いざチャレンジ!


そこで気が付いたこと。

「あぁ~そうだ、キットレンズに∞(無限)というのが無かったんだ!」

通常、夜空や花火等、暗くそして遠い場所を写す時はピントを∞に合わせます。
そうするとだいたいですが、ピントは合うんですよ。
でもキットレンズはかなり暗い物でもAFが利くせいか、∞という設定が無いんですよ。
でも今回は、そのAFに優れたキットレンズにメッチャ暗いコンバージョンレンズを組み合わせていますから、AFなど利くわけがありません。

そこでおおよその見当をつけてピントを合わせます。

ところがレンズが暗すぎてファインダーを覗いても星が見えない!
もちろんモニターを拡大しても何も写らない・・・!

どんだけ暗いんじゃこのコンバージョンレンズ#!


しょうがないから出来るだけ遠い街灯にピントを合わせ、携帯アプリの方位磁石で真北に向くようカメラをセット(上へ向ける角度もおおよそ)。
あとはいつものごとく、30秒のシャッター速度のまま連写状態でレリーズを固定。

実は一度試してはいるんですが、シャッターを5~60回程度(約30分)切ったくらいでは、あまりに広角なため丸くならないことを知っていました。

そこで今回は粘っておおよそ1時間半!、シャッターを切った回数は180回以上!

でも、寒さ(-5℃)と長時間撮影でバッテリーがぁ~・・・


それで撮って合成したのがコレ!。
489.jpg
確かに北極星を中心に星は丸くなりました、でもCG合成みたいでしょ?。

理由は簡単。

1、あまりに暗いレンズで星が見えず、完全に星にピントを合わせることが出来なかったこと。
2、撮影中(1時間半)、あまりの寒さ(-5℃)にレンズが曇りだしたこと。

ですよ。

方向は合ってたわけです、なにせ北極星を中心に渦を巻いているし。
そこら辺は携帯アプリ(方位磁石)の正確さですよね。

やっぱ本物の魚眼レンズ(超広角)?を買わないとダメですねぇ~。

夜中(午前1時頃)山の中まで行ったのに無駄な1時間半だったような・・・。


クヤシィ~~~~!。


持てる物(レンズ等)と、いろいろ調べて工夫を凝らし、もう一度チャレンジしてやる#!。

お金さえ掛ければ何とでもなるんでしょうが、私にそんな余裕(お金?)はナイ!。

我社の社風じゃないけど、

工夫と熱意でなんとかしよう!。


またもやこりずに?

今回は108枚を合成、メッチャ寒かった。

やっぱ地球は回っているんだ。

output_comp.jpg

ちなみにこの108枚を連続して見るとこのようになります。

YouTubeの補正を利用したら、ちょと色合いが変っちゃったけどね。

これはTVを見ていたら、[イッテQ]で星空写真を数十枚(数百枚?)重ねると動画に出来るという場面があり、

「これって、あのソフトを使えば同じことが出来るのでは?」

っと思いついたんですよ。

「あのソフトも連続(動画へ変換)で見せることが出来たはず」

ビデオ撮影では、星はほとんど映りませんからねぇ~。

で、チャレンジ!


撮影時間、午前5時頃から約1時間(明ける寸前まで)。

寒いのに懲りない私ですよねぇ~。
なにか面白い物を見つけると、どうしてもやってみたくなる性分なんで。

しかしこのこのソフト面白いなぁ~。

またやろうかな?

時が過ぎるのは早い

さぁ~あと2週間で今年も終わります、なんだかあっという間だったなぁ~。

今年の年末は比較的楽な定期を組んであるんですよ、なにせ私も年ですからそんなに頑張れず、今年の年末は若い連中にお任せ状態なんですよ。

で、私のこの後の予定。

月曜日(22日)増便予定で、たぶん関西の応援部隊かな?。
一応関東方面へは別便を仕立ててありますから、私の出る幕はないでしょう。

火曜日(23日)、茨木へ走ります、もちろん通常定期で水曜日(24日)は復路となります。

で木曜日(25日)は臨時のライナー便

貨物列車に積まれるコンテナを専用車に載せて浜松駅(貨物ターミナル)まで走り、指定された貨物列車に載せます。
そこからまた空のコンテナをもらって来て終わりです。

そうですねぇ~、仕事時間は午後4時に出発して(他の人が積み込み済み)約1時間半ほど走り、空のコンテナと入れ替えてくるだけですので、帰ってくるのは午後8時頃?。
仕事時間おおむね4時間!。
荷扱いはありませんから、本当に走るだけなんですよ。

来年からこれ専門で走らせてくれないかなぁ~、楽だし時間も短いし。
でも給料(歩合)は下がるだろうなぁ~。
 
そして26日金曜日は今年最後の休務となります。

で土曜日(27日)は、私にとって今年最後の運行。
行先は甲府です。

そうなんですよ、昨年に続き今年も往路で終わるわけで、そこからは電車を使って帰って来ます。

まずはJR身延線甲府駅から特急ふじかわに乗って静岡駅まで行き、そこで新幹線へ乗り換え豊橋駅まで。
そこからまたJR飯田線へ乗って豊川駅までくれば、たぶん女房が迎えに来てくれると思います。
通勤時間(帰り)約3時間半!。

あとは30日大掃除兼格納(よは仕事納め)をやって終わりです。

年始は5日なんですが、車両を甲府へ預かってきているため、わざわざ愛知県は豊川から山梨県は甲府まで出勤となります。
もちろん帰りの逆で、電車&新幹線を乗り継ぎ3時間半かけて甲府へ初出勤。

メンドクセェ~~~!

でも仕事だから仕方ないですよね。



むか~しむかし、息子が幼かった頃

「お父さんいいなぁ~新幹線に乗れて・・・、僕も乗りたい」

っということで、17~18年前だったかなぁ~・・・。

当時は東北の福島定期を走っていた関係で、同じよう年末に電車帰りとなりました。
そこで息子をこっそり車に乗せ福島まで走りましたよ。
本来職員以外便乗禁止なのですが、そこら辺はちょっと黙っていてもらいましたけどね。
もちろん現在では絶対不可能で、当時だからこっそり出来たこと。

とにかく夜中、愛知県は豊川から福島県は福島市まで走るわけですから、息子は後ろのベッドで爆睡していましたねぇ~。
息子に、
「起きていたら新幹線で眠っちゃうぞ!」
っと言ったら、すぐさま
「おやすみぃ~」っと言って寝ちゃいましたよ。

作業が終了したのは朝の8時頃。

さ~て福島支店で車を預け、新幹線で家へ帰ります。
もちろんこれが目当てですから息子は嬉しくてワクワクしてます。

東北新幹線は、MAXと呼ばれるオール2階建て新幹線があります。
これに乗せてあげましたよ。
メッチャ喜んでましたねぇ~。

東京駅で東海道新幹線に乗り換え家に帰りましたけど、息子は家で待つ母親に何時間も話を聞かせていましたよ。
もちろん福島駅でお母さんに持って行くんだ!とお土産まで買って(お代は私持ち)。

懐かしい思い出だなぁ~。

とにかくもうちょっと。
新人教育も今日で終わりなので、やっと自分の仕事が出来るけど、あっという間の1年だったなぁ~。

年とともに時間が過ぎるのがすごく早い。

来年はもっと早いのかな?。

こだわってみる?

以前、写真を何枚か重ねて1枚の写真にする、っというをやりました。

イマイチ上手くは行かなかったんですが、やはりどうしても綺麗で華やかな写真にしてみたいと思い、いろいろ調べているうちに、[比較明合成(ひかくめいごうせい)]っという文字に行き当たりました。

比較明合成とは、写真の明るい部分だけを重ね合わせる手法で、よく天体写真で使われるそうです。
どう使われるかというと、

何枚(何百枚?)もの写真を重ね合わせ、星の軌道をグルリと回るように写す方法なんだそうです。
まぁ~、言葉より見た方が早いですね。

例えば、借り物写真ですけどこんなふうに、
IMGP4213And11more_tonemapped3_1024[1]
まるで星がグルグル回っているようでしょう?。
ここまでとなると私の予想なのですが、50枚近い写真を重ねていると思います。

また同じ方法で、こんな写真も撮れるそうです(2枚とも借り物)。

これは月食(もしかして日食かもしれない)を時間を空けて20枚ほど重ねて撮ってますねぇ~。
c0153969_8352291[1]

これまたスゴイ!
太陽が沈む瞬間から沈んだ後まで30分くらいのタイムラグを作り、それを10枚ほど重ねているのでしょう。
20140104220102[1]


で、こんなのを見て私も挑戦してみようと思ったんですよ。

使うソフトは、フリーの[SiriusComp(しりうすこんぷ)
これメッチャ簡単で、誰でも4アクションで合成写真が出来るというシロモノ、もちろんフリーソフトですからタダ!。
レイヤーがどうのこうのとか、切り取りが難しいとか、そんなの一切ナシ!。
もちろん一眼レフでなくても、コンデジだろうが携帯カメラ画像だろうが関係ナシで使える。


元となる写真を撮るカメラ機材は、

①カメラ(何でも良いが、星空を撮るにはバルブ機能があればベスト)
②三脚(同じ写真を何十枚も撮るためカメラを動かせないから)
③タイマーレリーズ(外部シャッターのことで、タイマー式)
これだけです。


一番上の星空を撮るには(もちろんカメラ固定状態)、たぶん10分くらいシャッターを開けては閉め、1秒後にまた10分シャッターを開ける、これを50回くらい繰り返していると思われます。
撮影時間は単純計算でも半日以上?。

やってられます?手動でこんなこと。

そこでタイマー式レリーズ(カメラに触れられないから)が必要になるんだそうです。

外部シャッターに上の操作(10分開いて1秒休む)をプログラムし、あとは夜中半日以上放置!。
これがベストだそうです。

でも私は普通のレリーズしか持っていませんので、この方法はムリ!。

ちなみにタイマー式レリーズ、価格を調べましたけど、アマゾンなどでは安い物では2000円以下であるんですねぇ~。
ついつい買っちゃおうかな?っと思ったんですがぁ~・・・、

女房に怒られたのでやめました。


そこで自分なりに考えました。

ようは、長い時間連続して写真が撮れれば良いわけだから、バルブ機能ではなく、マニュアルモードでシャッター開放最長時間(最大30秒)を利用し、それをレリーズ固定で連写すれば良いのでは?、

っと考えました。

そうすれば、30秒ごとに写真を連続して撮り続けるわけだし、あとは適当に見ていれば良いだけです。

そこで実践してみました。

星空は今の時間(午後7時頃)、灯りが多く小さな星では写りませんので、街並みの交差点で行き来するクルマを撮ることに。

output_comp+-+繧ウ繝斐・_convert_20141218220336
*この写真もクリックすれば拡大できます*

これ、20秒のシャッター速度(iso100、絞りF22でシャッター速度を遅らす)で12枚ほど連写したものを上のソフトを使って重ねてみました。
なにせ周りが明るいものですから、感度を下げ絞りを絞らないと20秒もの長い時間シャッターを開けていられませんので、こんな方法で試してみたわけです。
ちなみに30秒は白く飛んじゃって昼間のように写るので20秒で抑えるのが精一杯。

なかなかだと思いません?。
これ豊橋駅前の交差点で夜7時頃と交通量も多く、クルマのライト&テールランプが流れるように撮ろうと思ったんですよ。

20秒のシャッター速度での10枚以上の合成と光の明暗の差で、クルマも路面電車も写りません、ただ光だけが残るだけ。
この間、たくさんのクルマが通ったし、路面電車も走って行きました。

ちなみに単体写真では、このように写っていたんですよ。
2014121803+014_convert_20141218235940.jpg
2014121803+020_convert_20141218235911.jpg
これらを12枚も合成するとクルマも電車も消えちゃう。



このソフト、面白いわぁ~。


今度は星空でやってみよう。
でもタイマーレリーズないしなぁ~・・・・、

女房にだまってこっそり買っちゃおうかな?。






*追記*

本日はお休みだったので、夜な夜な女房が寝た後に出かけてみました(夜中3時頃)。

シャッター速度30秒(自動で開いていられる限界)、絞りF11、WB電球。
この設定でレリーズを使って60回連写(撮影時間約30分)。
寒いので私はクルマの中でスマホで遊んでましたけど、カメラは連写状態のまま(レリーズシャッターロック状態)で外へ30分ほど放置。

それを重ね合わせるとこうなりました。

繝悶Ο繧ー30_convert_20141219061744

ビミョ~なズレはあるものの(ピントもあまい)、これ面白い!。

缶コーヒー

仕事柄、缶コーヒーをよく買うんでよ。
運転中にも、缶コーヒーを横(カップホルダー)に置いてよく走っています。

実はつまらないことなんですけど、最近愛飲している缶コーヒーの缶の素材が変わりました。


毎回よく買うのが、コカ・コーラで出しているジョージア。

ちょっと前までスチール缶だったんですよ。
ところが最近、この缶がアルミに変更になったんですねぇ~。

自動販売機から出てきたジョージアを取り出したとたん、

アレ???

でしたね。

別にラベルも変わっていないし、缶の形もほとんど変わらないし、見た目は前の缶と同じ状態。
でもリングプルはまるでビールの缶と同じようで、なんだか違和感がありますねぇ~。

で、ここで気になったことなんですが、

開けにくい!

開けにくいというより、開けるのに気を遣うようになってしまったこと。


缶コーヒーって、たいがい飲む前に振りますよね、中身を混ぜ合わせるために。
これが前のスチール缶の時は、問題なく振った後にパキッと開けれたんですよ。

ところがアルミ缶になってからというと、

振るのはいっしょ、でも開けるときに気を遣う。

なぜ?っというと、

これがまるでビールの缶を開けるがごとく、中身が一部吹き出るんですよ。
したがってそ〜っとリングプルを引かなければならない。

それでも開けた瞬間、手に付くわ周りは汚れるわで最悪。
とても運転中には開けてられない。

な~んであんな開けにくい構造にしてしまったんでしょうねぇ~。

そういうわけで、ジョージア買うのはやめました。
今日からアサヒのワンダにします。

それにしてもくだらない記事だなぁ~。

衆議院選挙

もうすぐ選挙ですねぇ~、こんな忙しい時期に#・・・。

14日投票日ですが、私の場合、日曜日埼玉県は越谷から帰ってきて日曜日神戸へ向けて出る忙しい1日。
こりゃ~期日前投票でもやっておけばよかったかな?。



ただぁ~・・・、誰に入れよう・・・

なんです。


私が住む選挙区は愛知14区、自民、民主、共産の三つ巴(形だけ?)。


なにせ私も労働組合の一員ですし、労組推薦の関係で選挙のたび民主党(選挙区個人含む)に投票していたんですが、最近の選挙戦では組合自体ぜんぜん力が入っていません。


理由?


予想がつくとは思いますが、あれだけ大騒ぎして政権交代を成しえた民主党。
もちろん当時労組も万々歳!(当時といってもちょっと前)

で、いざ政権を取ってみると、あのバカさ加減。

くだらぬ派閥闘争、二重権力構造、日本を動かすどころか身内(党内)ですらまとまらないありさま。
しかも政権途中で空中分解、引っかき回すだけ引っかき回して何も出来ないまま野党へ転落。
その間東日本大震災とか、速攻党派を超えて手を打たなければならないこともあったのに・・・。

もう大バカ!。

そんな関係で、どこの労組も呆れ顔だったんでしょうか、今ではな~んにも言ってこない。



で、私が住む選挙区。

自民の若手がばく進中?。

そりゃ~そうだよなぁ~、対抗馬があれでは・・・。


民主党→国民の生活が第一→日本未来の党→生活の党→選挙直前民主党へ復帰・・・


たった3~4年で何回所属政党を変えたことやら。

あげくに今のままでは絶対当選は無理?っと踏んだのか、選挙直前に親分見捨てて?民主党へ出戻り。
あんた(失礼)、あの親分の側近中の側近じゃなかったの?。

しかし民主党もお家事情(議席の確保)とはいえ、よくそんな人を迎え入れたよなぁ~。
もうその辺からして、民主党にもこの人にも1票を入れる気にはならない。


じゃ~共産党は?ですけど、

ほ~んとわかりやすい説明と、難しい言葉を使わず誰にでも理解出来る言葉を使うあたりは好感が持てますけど、政策は無謀というか、確信のない綺麗事が多くてぜんぜん現実味がない。
そんなんでこの国が良くなるんなら誰も苦労しないわ#!っと言いたくなるような演説。
なんか、時代間違ってない?っと私は思っちゃいます。


まぁ~そういうわけで、自民党に投票してもいいんですけど、[アベノミクス]、私のような庶民には今のところ恩恵ナシ!。
それは今回もらった賞与が証明している。

あんなに頑張ったのに、上がったのはこれだけ???

ですね。
会社は儲かっていたとは思うんですけど・・・。

まぁ~微々たるものでも、上がっただけマシか。


そういうわけで今回の選挙、私にとって本命となる人はおらず、かといって受け皿となる人もおらず、票を入れるだけの価値があるんだろうか?っと思っちゃいます。
それこそ、どんな銘柄に投資しても儲からない時期に投資するようなもん?のような気がして・・・。

この選挙、本当に意味あるんだろうか・・・


選挙権を持ってから人生初めて、






棄権しちゃおうかな?。

心境

繝悶Ο繧ー20_convert_20141209155500

愚痴 part2

もうイヤ!

*****

続きを読む

写真って?

実はこの記事、以前書いたもので、下書きのままにしてあったものです。
今回ちょうど良いかな?っと思ってupしてみます。

なにがちょうど良いかは聞かないでね!、気分ですから気分。

写真、今はエントリーモデルとはいえ、デジタル一眼レフカメラを使っています。
キャノン製 EOS KISS X-5 です。
ブログ用13
*現在、レンズだけ違うものを使用*

そう、早い話が、カメラを知らないド素人でも使え、フルオートで使うなら、シャッターを押すだけで誰でも綺麗な写真が撮れる、っというシロモノ。

ただし、それではコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)や携帯カメラの画像とそれほど遜色はなく、ただただ画質が綺麗というだけで、写真を伸ばした時に違いがわかる程度。

通常のL版サイズの写真なら、コンデジで撮っても携帯カメラで撮っても、初めて一眼レフカメラで撮った写真(フルオート)と比べても、さほど変らないくらいの写真しか撮れないのが現実ですよ。

一眼レフカメラの良いところは、写真を撮るカメラマンの腕次第で、驚くほど素晴らしい写真が撮れることです。
逆なことを言えば、腕がなければ携帯カメラで撮った写真よりもヒドイ!っというときもあります。

逆は、まさにカメラを買った当時の私のよう。
まぁ~今でもたいして変わりはないけどね!。


一眼レフカメラは、カメラの善し悪しではなく、その人の腕が問題で、 [カメラが高価=良い写真] ではありません、これは断言出来ます。

これをイヤっというほど思い知らされたのが、ほとんど知識も無いくせに一眼レフカメラを買ってしまった私ですから。

せっかく買った高価な?一眼レフカメラ。
これでは無理してポルシェを買ったけど、まともに運転出来ないみたいなもん!。
事実、途中で諦めそうになったこともあり、これじゃコンデジで撮った写真の方がマシ!っという写真をどれだけ撮ったことやら。

大枚?払った以上、どうにかしてコンデジよりマシな写真を撮ろうと四苦八苦。
図書館で調べたり、本を買って読んだりしているうちに、レンズによって写真が大きく変るということを知りました。

明るいレンズと暗いレンズ?この意味すらよくわからなかった。

明るいレンズはまぶしいくらい明るく写る?、暗いレンズは昼間でも夕方のように写る???
ぐらいの知識だったんですよ。

そんなはずはありません。


この違いに気が付いたのが、本で紹介されていた8000円程度で買える単焦点レンズ。
安いし騙されたと思って買ってみたんですよ。

で、このレンズで撮った写真があまりに鮮やか!。

ここまで鮮明に、そして遠近感を出せるか!っというほど、自分で撮っておきながら感動してしまいました。
それがこの2枚の写真。
繝悶Ο繧ー逕ィ15_convert_20141206230833

繝悶Ο繧ー逕ィ16_convert_20141206230900
*上記2枚の写真をクリックすると大きく綺麗な画質で見られると思います*

この遠近感とピントの合う場所の鮮明度がスゴイ!

ここで今まで使ってきたキットレンズとの違いを実感したんですよ。
これが明るいレンズの成せる業なんだぁ~・・・でしたねぇ~。

これは私のよう、メガネを掛けている人ならわかると思うんですけど、
買ったばかりのメガネはレンズも綺麗で掛けた瞬間、見える世界が変るみたいなもんで、これが明るいレンズと一緒なんだと思いました。

それに対して今まで使っていたメガネは、目には見えない汚れやキズなどが付いてしまい、実は鮮明に見えてはいないんですが、それに自分が気が付かないだけ。
これが暗いレンズと一緒みたいなもんだとわかりました。

ようは、そのレンズの透明度の違いなんでしょうね。


そこからヒマを見つけては写真の勉強(独学だけど)をし、一度カメラを持ち出し何処かへ出かけるたび、1回で300~500枚ほど撮っていました。

ちょっとづつ設定を変えてはパチリ。

少しづつだけど、フルオートで撮った写真より、自分で設定した写真の方がいくらか良いと思えるようになってきたんですけどね(自分だけそう思っている)。

でも写真って、実はその人が持つセンスってものもあるんですよねぇ~。
特に一瞬を逃さないセンスや、自分が見た景色を、その場から切り取るがごとくの写真が撮れるセンスだったり。

それを見せ付けてくれたのがウチの息子。

ちょっと使い方(設定)を覚えた私のカメラで、息子なりに撮った写真がコレ!
繝悶Ο繧ー逕ィ14_convert_20141206230756
*これも大きく出来ます*

これ見てメッチャ凹んだなぁ~・・・。

息子の方がぜんぜん上手いじゃないか、ちょっと使っただけなのに、なんでこんなに綺麗な風景が撮れる?

でしたよ。

ちなみにこの後、息子もカメラにハマりだし、私より良いEOS50D(中級機)を中古で購入。
その後の写真、時々見るけどやっぱ独特のセンスが光っている。


しっかし、写真ってセンスいるよなぁ~。

いつだったか他の人がブログでupしていた写真も、たいしたカメラで撮ったわけではないのに、

おぉ~???

っと目が止まっちゃったもんなぁ~。


私ってセンスないのかなぁ~・・・。

このカメラを購入してからほぼ3年。
趣味にお金を掛けたわりには、本当にそれに見合う写真が撮れているのか最近疑問に思うようになってきていますよ。

別にプロのカメラマンを目指すわけではないので、まさに自己満足の世界でいいはずなんですけど、こんなことを考えてしまうのは、やはり人が見る自分のブログにupしているせいかもしれません。


でも、写真って難しいよね。
どこまで行ったら、上手くなったと言えるのかな?。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ