ヒマな2日間

28.29日とお休みだったんですがぁ~・・・、

28日は仕事に疲れ果て、ただただ爆睡。
で29日、ちょっとヒマつぶし。

浜名湖マリーナ(三ヶ日)
20130430+004_convert_20130430062703.jpg

豊橋の街(東田付近)
20130430+017_convert_20130430062752.jpg

もう少しですねぇ~(由比 水親公園)
2013042901+067_convert_20130430063137.jpg

芝川の山の中から(どこだかわからん)
2013042901+031_convert_20130430064029.jpg

ドライブがてら女房と二人、富士市付近まで行ってみたものの、渋滞に阻まれ目的地の本栖湖まで行けず断念。
139号線、新富士ICから山梨県堺まで混んでました。

渋滞の嫌いな私としては、富士宮市内から裏道(県道184号線)を使い山の中を走り回るものの、これと言った絶景はナシ(しかも天気はイマイチ)。

この裏道(よは田貫湖へ行く道)、結局朝霧高原付近で139号線に合流するため、目的地まで行くためには渋滞は避けられない。
反対側の県道71号線を使っても、鳴沢からもどるのに渋滞中。

で、目的地まで行けないまま、しかたなく帰り道も芝川の山の中を爆走?して由比海岸へ。

実は本栖湖にある芝桜を見に行こうと思ったんですよ。
でも渋滞にハマるのはイヤだし、途中で引き返したわけです。

今回、その途中で撮った写真と、愛知県付近まで帰ってきた時の写真です。

連休後半(4連休)、渋滞はイヤだし、でもどっか行きたいし・・・。


どうしようかなぁ~。

バス停のミニ図書館

昨日、連休前の最後の公休となりました。
ちなみにGW、私は暦通りの休みとなっています。

で昨日の休みに女房とちょっとミニドライブ。
ただ女房は今日大腸検査を控えているため、食事や飲み物に制限があり外食は出来ません。

検査、病気?

いえいえ違います。

昨年、多発性ニューロパチーなる難病を発症し、我家は右往左往しました。
っと言うより、私だけが右往左往?。

今ではほとんど問題ない状態にはもどりましたが、それでも女房の身体に異常が出ると心配ですので、今回は精密な健康診断です。

先週、血液検査&胃カメラを飲んで胃の検査を受け、問題ナシとのこと。
で、今日はその続きで大腸検査なんですよ。

主婦って健康診断を受けている人って少ないですよね、受けていても自治体が費用を負担する簡易検査だけ?。
ましてや子育て中の専業主婦となるとナカナカ・・・ですよねぇ~。

まぁ~ウチも人のことは言えないんですけど、それでも女房が勤める会社(パート雇用)で簡易検査は1年に1度受けています。

しかし昨年の病気をきっかけに、今回はもう少し詳しく調べようと総合病院で人間ドック並みの検査を受けることにしました。
まだまだ女房に倒れられては私も困りますまらねぇ~。

さて、前置きが長くなってスイマセ~ン。

でタイトルの[バス停のミニ図書館]。

以前から気にはなっていたんですよ。

豊川からそう遠くない旧作手村(統合され現 新城市作手)にある、山の中の小さなバス停です。
20130423+188_convert_20130424050058.jpg
田舎のバス停なんですが、右の建物が待合室。
で注目なのが、写真中央付近の縦長の本棚、外にむき出しです。
20130423+145_convert_20130424050132.jpg


で、中は?っと言うと、本がビッシリ!。
いつものことですが、写真はすべてクリックすると大きくなります
20130423+152_convert_20130424050159.jpg20130423+160_convert_20130424050225.jpg

マンガから児童図書までいろいろ・・・。
もちろん自由に開け閉め出来ます。
20130423+167_convert_20130424050249.jpg

なんたってこのバス停の時刻表を見ると・・・、
20130423+177_convert_20130424050319.jpg
ですもんねぇ~、時間はあるわなぁ~。

私もマンガはたくさん読みましたので、懐かしいものもありました。

コレって子ども達がバスが来るまでの時間、本でも読んで下さいと言うことなんでしょうねぇ~。
ちなみに待合室にも本があり、それと一緒に近所?の家(10軒ほど)の郵便受けも設置されていました。

田舎の自治体が子ども達のため、はたまた自分達のために設置したのでしょうねぇ~。

盗まれないの?・・・

たぶん大丈夫なんでしょう、なんたってバス停の隣が愛知県警の駐在所ですから。

で私が、ネコを題材にした懐かしいマンガ『What's Michael?』(ホワッツ マイケル?)をじっくり読んでいると・・・、

女房
「えぇかげんにせぇ~#!、マンガ読みに来たんじゃないわ!」

っと言うわけでミニドライブは終了し家路に向いました。

なんたって女房は今日早朝からの検診のため10時間以上の絶飲食状態、
メッチャ機嫌がワルイ・・・!。

実はココへ来る前、この近くにある、[つくで道の駅]へ芝桜を見に行ったんですがぁ~・・・、
ちょっと期待はずれ。
20130423+100_convert_20130424061508.jpg

GWに茶臼山でも行ってこよう(芝桜の名所)。

それにしても、これは食べてみたかったなぁ~。
20130423 131

検査前のため食事制限中の女房を横に、私一人だけ食べるわけにも行かず次回?に持ち越しとなりました。

懲りずに・・・

以前、携帯アプリの多重露光の話を書いたんですが、あれはとりあえずやってみよう!みたいな勢いでupしちゃいました。

で、今回はあのアプリを使って、もうちょっとまともな写真にしようと四苦八苦。

001.jpg

これは前回続きの記事で掲載した方法とは違い、携帯アプリを使って10枚ほどの写真を重ねています。
したがって秒針の軌道だけが残りました。

002.jpg

亀落ちそうです。

でも携帯カメラじゃなぁ~・・・、
なんたって画質が悪いところに、何枚も重ねているもんだからなお悪い!。
私としては、これを画質の良いデジイチでやりたい。

あのソフト(Digital Photo Professional)、なんとしても使えるようにしないとなぁ~。

年寄りだから、頭が固いところに出来ないとすぐ飽きる性格の私じゃちょっとムリかなぁ~・・・。

携帯アプリならこんなに簡単なのに。

方向が違う?

くだらないことにすぐ夢中になっちゃう私ですけど、今回はデジイチを買った当時、同梱されていたディスク(プログラム)を使ってみました。
Digital Photo Professionalっと言うソフトなんですけど、カメラを買ってもう1年半にもなるのに、ず~っと使わずほおって置いたものです。
なんたってソフトオンチ?の私では、コレをちょっと開いただけで、

「あっ、これ出来そうにないわ!」

で終わっちゃいましたから。

で、携帯アプリと同じことの出来るこのソフトを使って、以前自分で撮った写真をちょっと修整。

新居の港付近
0120917+002_convert_20130420084348.jpg

公園の花
20120716+016_convert_20130420180126.jpg

街の灯り
0120917 009



浜名湖に登る三日月
20120219+013_convert_20130420084526.jpg

ダムに埋もれた木々
20130210+044_convert_20130420180304.jpg

ブログに乗せるためには写真を圧縮しなければならないため、どうしても綺麗な写真にならないんですか、それでもまぁ~まぁ~かな?。

面白いなぁ~、これちょっと頑張って使えるようにしよう。

*****

続きを読む

これも多重露光?

久しぶりに甲府便を担当しましたが、甲府も昨日は暖かかったですねぇ~。
そして相変わらずの、の~んびりムード(土地柄しかたがない)で仕事が始まり、そこそこの時間で出発出来ました。
たぶん来週あたりから、ゴールデンウィーク前の駆け込み出荷で忙しくなるとは思いますけど、昨日は至って平穏、しかも余裕の仕事で終われました。

よかったぁ~。

で私、向こうでは結構ヒマだったんですよ。

ヒマ潰しに持っていた携帯℡(iPhone4s)で写真をちょっと・・・。

3.jpg

なにこれ、っと思うでしょ?
もう一つ、
__.jpg

オイオイ#!・・・、

で、合体すると?
2.jpg
ガオォ~~~!ですよ。

ちなみにこれは多重露光と言っても良いかな?、1枚の画に3~4枚撮った写真を重ねています。
最後なんか6枚も重ねています(やりすぎ!)。

本来多重露光を使う場合は、影の部分、空の色、建物の色彩等、どうしても1回のシャッターで綺麗で鮮明な写真に出来ない時、連写モードや三脚にカメラを固定したまま露出を換えて何枚か同じ写真を撮り、それを重ねて色合いの調整を図るものなんですよ。
したがって普通は同じ写真を何枚か撮る時に使われる方法です(この辺がデジタルだからこそ出来る業)。

私の場合、それをぜんぜん関係ない写真を別々に撮り重ねてみました。
結構面白いでしょう?。

ちなみに人の影は、自分で自分の影を撮りましたので私です。
もちろん持っていた携帯℡のカメラ機能を使って撮ったものですから、あまり画質はよくないですけどね。

で使ったアプリはiPhone用のDXPと言う無料アプリ。
これPhotosynth(フォトシンス)以来の面白いカメラアプリで、ちょっとハマりそう。

仕事もしないでナニやってんだぁ~!

って怒られるかな。

54歳

気が付いたらもう54歳かぁ~・・・。
何もすること無く、普段通りに家でも仕事でも普通に過ごしているうちに誕生日(15日)が過ぎてしまいました。
これで女房に12月まで、

「あんたとは6つも違うわ#!]

っと言われる日々が続くわけですねぇ~(女房 現在48歳)。

「たいしてかわんねぇ~って!]

っと私は言うんですけど、女房は私の誕生日が過ぎるたび、なぜだかやたらと自分の歳と比較したがります。
まぁ~女房に限らず、女の人って言うのはそんなもんですかねぇ~。

ちなみに定年まであと11年?。
果してそこまで今の仕事を続けることが出来ることやら・・・。

私の会社の定年と言うのは、一応60歳の段階で希望定年退職をすることが出来ます。

希望定年退職?なにそれ。

っと思うでしょう?。

実は会社としては、現在64歳まで雇用する義務(労使の間で決められている)があります。
でも、60歳到達時(誕生日の月)で定年するか否かは本人の自由。
よは60歳を過ぎても、正式な定年まで4年間の猶予期間があるわけですよ。
そして来年度にはこの猶予期間が1年延長され65歳までとなります。

結局私の場合、60歳到達時から65歳になるまでの間に、自分で仕事を続けて行くのがムリだと判断し、会社に仕事を辞めさせてほしいと申告した時が定年退職となります。
よは年金支給制度に合わせた退職制度となっていると思ってくれれば間違いないです。
まぁ~ある意味良い制度なんでしょうねぇ~。

ただ、未だに私が54歳にもなってしまった感覚がありません。
早ければあと6年で定年を選べるなんて考えたこともない!。

今日もいつも通り仕事に出かけ、女房はブツブツ言いながら洗濯に掃除に、そして私の食事の用意に奔走しながら、私が寝ている時間に仕事に出かけ、私が夕方起きて仕事に行く頃帰ってきます。
そうです、いつもと変らない毎日が今日も、そして明日も続きます。

歳を取ると時間の進み方が早いとよく言いますが、私の場合で言えば、30代後半から40代後半までの間が早かったですねぇ~。
とにかく公私にわたって忙しかった。

息子の成長、私の病気、女房の病気、とにかく精神的にも大変な時に、家計としてもやりくりが大変だった年代でしたねぇ~。

で、今は?・・・っと言うと、

正直、時間の進み方はゆっくりなんですよ。

今や家には私と女房の二人だけ。

「おぅ~写真撮りに行くから早く用意せぇ~よ!]

とか、

「今日は買い物に行くんだから早く起きてよね!」

とか・・・、

どっちの都合でも、常に二人で出かけてはアレコレ・・・。

子どもが独り立ちして離れて行くとそんなもんですかねぇ~。

とにかくどちらもそこそこ忙しいわりに時間に余裕が出来たと言うか、お互いマイペースで生活するようになったと言うか、今では私も女房もお互いよく話をするようになりましたよ。

で女房の方は、あれだけ機械オンチだったくせに、今ではスマホをアレコレいじってわからなくなると、

「こういう場合はどうするの?」

っと私に聞いてくる。

ヒマな時に私のコレクション?で集めている(いつの間にか集まってしまった)アニメを見ている。

なんだか普段作る料理にこだわりが出てきた。

もちろん節約には超~ウルサイ女房ですから、いかに安く美味しく作るかにやたらとこだわる。

「いや、もうすでに十分美味いって!」


さて、最近写真を撮ってないから金曜日の休みを利用して女房と共に、ドライブ兼写真でも撮りに行こうかな?。

54歳!

私ってもうそんな歳?。

そう言えばこのブログ、2008年3月に右半身感覚復帰のためのリハビリがてら始めてもう5年以上。
まぁ~身体はほとんど治ったけど、この年月あらためて見ても歳喰ったわけだよねぇ~。

ちなみに、昔の方が誰も見て(読んで)いないことをいいことに好き勝手書いていましたので、記事的には今より面白かったなぁ~。




地震

昨日の地震、意外に揺れましたねぇ~。
揺れだした瞬間、これって阪神大震災の再来?っと思うほどビックリしました。

あくまで関西圏でのお話なんですけど、一昨日夕方からいつもの河内便を担当。
で、昨日早朝?(朝4時頃)、いつもならそのまま茨木へ回送なんですが、昨日は土曜日の関係で減便ダイヤ。
そこで土曜日だけお世話になる奈良支店へ回送です。

いつもの如く、河内支店がある東大阪市から阪奈道路を使い奈良支店へ。

午前4時半頃到着。

すでに河内支店で作業は終わっていますので、奈良支店到着後、娯楽室の暖房を入れてからお風呂へ直行!。

奈良温泉、大きな湯船に私一人しか入っておらず、いつも以上にゆっくり浸かり・・・。

はぁ~~~~・・・・

で、風呂から上がって、すでにあたたまった娯楽室でTV(NHK)を見ながら食事をしていると、突然番組を中断して緊急地震速報が流れました。

えっ!???

正直、また東北?っと思っていたんですよ。

ところが、この緊急地震速報が流れた2~3秒後、突如娯楽室が揺れ始めた。

オイ、オイオイ#!・・・

実は奈良支店の娯楽室と言うのは普通の建物の3階にあたる場所にあり、この下はトラックの通り道となるトンネル状になっており、地面から柱2本で支えているだけの作りになっているんですよ。

img017_convert_20130414071328.jpg

よはこんな感じで、娯楽室は宙に浮いている状態。

震度以上にメッチャ揺れました。

あせりましたねぇ~、支えている柱が折れるか?っと思ったほど。
しかも土曜日の減便体制なので、娯楽室でゴロゴロしているのは私だけです。
この柱、見るからに超~細いくせに高い!。
で、この娯楽室を支える細い柱がボッキリ折れたら人的被害はもちろん私だけ?。


それもちょっとなぁ~~~・・・。


大したことなくて良かったです。

しっかし、東日本大震災以来だなぁ~、あんなに大きく揺れる地震は。

あの時は甲府で仮眠中2段ベッドの上で寝ていたけど、ベッドの床が抜けるか?っと思うほど揺れましたからねぇ~(当時ここ甲府でも震度6弱)。

とにかく我社での被害は報告されていませんので良かった良かった。

しっかしある程度(震度4以上)の揺れになると、やっぱ怖いですねぇ~。
しかも今回、この部屋(娯楽室)には私一人だけだったし。

そのくせ何もなかった様に、午前6時には爆睡して目が覚めたのは午後の4時!。
いつも通りの睡眠時間10時間!。

睡眠時間だけは若者にも負けません。

これが年を取っても元気で働ける私の良いところかな?。

しっかし地震、何度体験しても、やっぱ怖いわぁ~~~!。

どうする?

ウチの会社では積立預金なるものがあります。
もちろんこれに参加するのは個人の自由なんですが、なんせ金利が高いため私も入社当時から積み立てています。

入社当時の預金金利は年利5%とウルトラ高かったんですが、今では運用自体が難しく年利2%がやっとこさっとこなんだそうです。
それでも今時、預金としての金利はかなり高いですよねぇ~。
たぶん5年物の定期を組んだとしてもこれほどの金利は付かないでしょう。

これには会社も組合も一口絡んでいるせいで、逆ザヤ(金利より運用益が少ない状態)になっても決まった金利(現在2%前後)を維持することになっています。
もし会社&組合が運用益を金利分以上に出すことが出来なくても、その年の金利不足分は会社と組合が補填し、毎年話し合いで決められた金利を確保する義務があります。
したがってリスクが少ない割にメリットが大きい社内預金と言えますよね。

さてそれはさて置き、この預金を引き出せるのが年に1回のみ。
自分で貯めているのに自由に引き出せるわけではないのですよ。
まぁ~それがあるから運用益に関係なく、高金利を維持出来るんでしょうからね。

その引き出しが出来る期限が今月の10日から5月の15日までの間だけなんですよ。
これを過ぎると自動的に来年の4月まで引き出すことは出来なくなります。

で今月、私の預金明細をもらいました。
当然引き出す場合は、5月15日まで指定された書類に必要事項を書き込み印鑑を押して出せとのこと。

実は今年、引き出そうと思っているんですよ。
理由は現在2台のクルマを所有。
でもどちらもローンがまだ残っている。
我家で同時に2台となったクルマは、息子が家にあるクルマを自由に使いたいため、しかたなく購入したのがきっかけで、私と女房だけでは1台で十分だったんですよ。

ところが昨年10月に息子が自分専用のクルマを購入。
このため我家(私と女房だけのため)に2台のクルマは必要なくなった。
1泊2日の仕事をする私にとって、休みと言えば夕方から朝にかけて。
なんたって昼夜逆の生活を強いられる仕事ですから。

それに対し、女房がクルマを必要とするのは日中のみ。
よは私と女房、クルマを使う時間帯がかぶらないわけですよ。
今や仕事の関係で息子が家にいない以上、ドライブや買い物等となると、必ず二人で出かけるため2台は必要ないわけです。

そこで今回預金の一部をおろして、どちらかのクルマのローンを完済し1台売り払おうと言うわけです。
ちなみにどちらのクルマも二桁前半(50万円以内)程度の残債なので、今回私の社内預金を一部取り崩しても、生活にはまったく影響はありません。

以前にも書きましたが、ミッション派の私としてはチュー太郎(デミオ5MT)を残したいんですが、女房は燃費が良く高速代も安いし、しかも維持費がバカ安(特に税金)の軽(ATのAZワゴン)を残したいようなんですよ。

これで乗り心地が悪いとか、室内が狭く使いづらいとかなら女房もあきらめるでしょうが、このAZワゴン(本家スズキの場合ならワゴンR スティングレー)、チュー太郎よりも広く、軽ならではの小回りはよく利きスーパーでの駐車は女房でも楽勝!、しかも燃費は普通に走っていてもL/20㎞にとどきそうな高燃費!、当然高速代は普通車より安く、時間帯割引では軽自動車割引を引いた上に普通車と同じ%で割引なのでウルトラ安い(ETC搭載車のみ)んですよ。
もりろん我家の軽にもETCが付いています。

乗り心地は普通車のコンパクトカーより値段が高いだけあって、軽とは思えないほど乗り心地良し!、
しかも内装は軽とは思えないほどチャチな部分はまるでなし!。
なんたってエンジンスタートはボタン一つでカギはいらない!。

これが遅くて作りがチャチな軽をメッチャ嫌っていた女房の考えを一変させてしまったのが、最近の優れた軽なんですよ。
それになんと言っても、現在足がイマイチ不自由な女房にとってはAT(正確にCVT)と言うのが使いやすい!。

でもさすがに軽は軽で、走りでは普通車に敵いません、何たって馬力が違いますから。
それでも最近の軽は、高速でも登り下りがあっても100㎞/h巡行速度(法定速度)を平気でこなすほど力強いですからねぇ~。

さてローンを一括返済後売却すると、どちらが有利かと言えば・・・、

文句なく軽の方が有利。
ローンを完済してこのクルマを売却しても、かなりの金額が売却益として残る。
それに対しチュー太郎では、売却益とローン残高がチョンチョンと言うところ(たぶんマイナスにはならない)。

AZワゴンはなんたって年式が新しい。
超が付くほど人気の車種(老若男女を問わず)。
走行距離が異常に短い。
ほとんどフル装備。
よは売るには引く手あまた状態なんですよ。

チュー太郎では、このクラスとしては高価なスポーツ仕様とは言え室内が狭い、
ところが中古となるとあまり人気がない、
その上、基本近距離用コンパクトカーにもかかわらず、クラッチの付いたミッション仕様を選ぶ人はほとんど皆無!。
走行距離が異常に伸びている(すでに7万㎞超)、
年式が一度車検を取った平成22年仕様(デミオ中期型)。
とにかく売るには悪条件のそろい踏み。

でも走りにこだわる私としてはチュー太郎を残したい。

狭かろうが、長距離に向かなかろうが、クラッチの操作が難しかろうが、そして女房が一番苦手としているMTでの坂道発進が難しかろうが、クルマと言うのは自分の思うがままに動かしたい!っと思っているのが私です。

ただ昨年、大病を患い足がイマイチ自由にならない女房のことを考えると、損得の事や、自分の趣味のためだけに1台になってしまうクルマを、買い物にも使う女房に押し付けるのはどうかと考えている次第です。

女房の病気以前でもRX-8を乗っていた当時、ツインプレートの難しいクラッチ(半クラがほとんどムリ)と、ロータリー特有の低回転でのトルクの利かないクルマに翻弄されながらも買い物に出かけていた女房が、
「あんなクルマじゃスーパーの立体駐車場なんか登れんわ#!]
っと怒ってましたもんねぇ~。
カテゴリーのクルマ記事を読むと、女房の苦労がちょっとわかります。

でもねぇ~・・・。

年を取れば取るほど、趣味は生きがいでもあるものだと私は思うのですよ。
それがあるから苦労しても頑張れる?。

でも、どちらかのクルマのローンを今回の私の社内預金で完済するつもりです。
なんたって女房と二人だけなら、生活時間ウンヌン含めてクルマ2台はどう考えても必要ないですからねぇ~。

ちなみに乗らないクルマはただ痛むだけで、乗らなさ過ぎはただの飾り物に大枚をはたいているだけです。

普通の人は、

乗らない=クルマが痛まない、燃料喰わない、結局お金がかからない・・・、

っと錯覚しかちですが、プロから言わせれば、

それはクルマを無駄に痛めているだけで、乗らなければ水もオイルも循環ぜず錆びるだけです。
錆びは元通りには修復出来ず、交換あるのみで修理代が高く付きます。
それこそ必要な時にレンタカーでも借りて乗った方が良いくらいで、クルマの維持費も税金も関係ないですからよっぽど安くあがります。

最近では個人リースも流行ってますよねぇ~。
契約にもよりますけど、これも税金やメンテの費用がまったくかからなず、ただ好きに乗ってるだけでOK!(ただし改造不可)。
しかも今乗っているクルマを買い取ってくれて、そのままリース(条件は上と一緒)と言うのもあります。
息子の話では、フルメンテ付き(自宅まで出張しての定期点検&税金不要)で、ヴィッツクラスなら月々1万円以下なそうな(もちろん新車)。

あくまでクルマと言うのは、適度に乗っているからこそクルマ内部が正常な働きをしてくれているのであって、だからこそ異常を早期発見出来、ディ-ラ-等で故障や修理を最小限度に抑えることが出来るんですよ、壊れないクルマと言うのは絶対ありません。
これは人間の身体と一緒で、動いているからこそ健康であって、まったく動かない人と言うのは健康ですか?。

話がそれました。

で、我家は現在二人(女房と私)だけなので2台中1台はほとんど動いていません。
どちらかが近い内に壊れることは必死な状況です。
当然、壊れたクルマはただの鉄くずにしか過ぎません。
それは私も堪えられませんし、年式がそう古くないクルマにとっいても不幸なだけです。

さてどうしましょうねぇ~。

今晩あたり家族会議(女房と私だけかな?)を開く予定です。
女房にしても軽だけ残るのはちょっとぉ~・・・、
なんですよ。
この話に息子が加わって来たなら、また話が変ってくるかも知れませんけど。

どちらにしても今我家にクルマ2台は必要ないし、無駄な経費(使わないクルマはただの金喰い虫)にしかならない。


ウゥ~~~~ン、どうしよう。

ヒマだから、つまらんことしてしまった

腕以外(PCで編集)で写真で遊んでみました。
もちろん自分で撮った写真をちょっと加工しています。

鉄の森
20130306+093_convert_20130406085300.jpg

時計も疲れてます
2013040503+011_convert_20130406084823.jpg

ブルームーン?
20130225 111

小手先に頼らず、腕を磨けよ#!・・・、

っと言われそうな写真ですね。

今年も新入社員

さ~て、そろそろ年度末繁忙期も落ち着きそうです。
年度末?っと言っても、意外に4月一週目くらいまで引っ張るんですよ。
なんたって出版物や文具等は、学校の始業式まで用意するわけですから結構忙しいわけです。

ウチの会社も人事異動が有り、新しい顔ぶれが入ってきました。
そして私が所属する部署にも新人が入社して来ています。

さてこの新人君、どう指導するかはすべて私に任されましたので、まずは先生選びから始めます。

先生?

そうなんですよ、いきなり一線級で使えるわけではありませんので、これから約3ヶ月新人研修をやるわけです。
で、それを指導する先生をウチの部署から専任し、彼が一人前になるまでこの先生に任せるわけです。

ちなみに研修最後には本社資格試験を受けなければなりません。
これに合格しないと本採用とはならないんですよ。

実はこの試験、結構難しくて、現在の合格率は40%ちょっと。
受かるか受からないかは先生しだい!。

そういうわけで、試験前1~2週間は私が一緒に乗務し、各基準をクリアしているかチェックします。
当然悪い部分はその間に修正し、そして試験対策を施すわけですよ。

まぁ~一通り研修が終われば、私の方へ教えた先生から声がかかりチェックしてくれ、っと言われます。
そして入社当時とは顔つきも変った新人君を乗せて最終チェックです。
でもほとんどの場合、先生方が細かく指導していますので問題はないんですよ。

で、私が見てOKならば最後は本社試験へ送り出します。
しかし新人君、研修最後の1運行になると決まって、

新人
「私、大丈夫ですかねぇ~」


「教わったことをそのままやれば問題ないよ」

新人
「落ちたらどうすればいいんですか?」


「私がチェックした新人で、過去、本社試験に落ちた者は一人もいないよ」
「自慢じゃないけど合格率100%なんだぞ!」

新人
「じゃ~私が第1号になっちゃったらどうしよう・・・」


「帰って来なくていい!」

新人
「えぇ~~~~~・・・・」

っと言うのは冗談ですけど、ちょっとプレッシャーは与えておきます。
それなりに緊張感は必要ですからね。

ちなみに落ちても本人にやる気さえあれば再研修をやるのですが、上にも書いた通り、私が送り出した新人はすべて問題なく合格していますので、私は新人の再研修なるものをやったことはありません。

さて、まずは先生選びから始めないと。

誰にしようかな?。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ