踏んだり蹴ったり

今日は参りました。

東京をいつもより遅い出発となったんですが、まぁ~事実上の月末と言うことで覚悟はしていたんですよ。
予想通り出発は遅いし荷物は多いし・・・。

いつも通り首都高は木場から乗り上がりました、で、電光掲示板に

谷町~池尻渋滞6km、通過時間30分

な~んだよ、今日はいつも以上に混んでいるじゃないですか。

もちろん愛知県は豊川へ向かって帰るわけで東名高速に乗らなければなりません。
そうです東京都内から東名高速に乗るには3号渋谷線を使うのが最短距離なわけです、それが渋滞で思うように進めない。

そこでしかたないく4号新宿線を使って高井戸で下りて環状8号線から東名高速に乗ろうと思ったんですよ。
ところが、

永福~新宿事故渋滞5km、通過時間40分

うっそ~~~~~~!


そういうわけで第2の逃げ道もふさがれてしまいました。

しかたない最後の逃げ道、湾岸線を走って横浜から東名に乗ろうと作戦変更!。
羽田付近まで順調に走っていたんですよ。

首都高速湾岸線はちょうど羽田空港の地下を走っていて、私が通る時にちょうど飛行機が高速の上を通過するところでした。
この地下トンネルの上は旅客機が発着する誘導路になっているので、運がよければ自分の頭の上を飛行機が通過するんですよ。
そういう点ではちょっと運が良かったかな?。

で、浮島トンネルを通過し東扇島を越えた頃、電光掲示板に文字が・・・、

保土ヶ谷BP、狩場~下川井事故渋滞7km

な~~~んで・・・!

予定ではこのまま横浜ベイブリッジを渡って狩場まで出て、そこから保土ヶ谷BPを使い横浜ICへ出ようと思っていたのに。

大きく予定が変わってしまいどうしようか悩みながら走ってます。

「いっそ石川JCから横浜駅へ向けて走って第3京浜に乗り玉川までもどって東名東京ICから乗ろうか?」

「でもここまで来てしまったらかなりもどることになるよなぁ~、確実に1時間は遅くなるよなぁ~」

「そんな無駄なことをするよりちょっと遠回りになるけど横浜新道へ出て茅ヶ崎まで走ってから厚木ICを目指した方が速いかな?」

「それでも確実に45分ほど遅れるしなぁ~・・・、どうしよう???」

結局、保土ヶ谷BPの事故渋滞は45分で抜けられないとの情報を同僚からもらい、遠回りでも茅ヶ崎へ向かうことに。

ところがこれがアダになってしまった。

国道1号線を順調に走っていると突如渋滞!
戸塚区の原宿(東京の原宿ではない)付近で大渋滞!

横浜近辺の道路情報でよく出てくる国道1号線の原宿と言ったら渋滞のメッカなんですよ。
ところが近年、あまりに渋滞がひどいもので、この区間を地下トンネルにして通過する人は信号が関係なくなり渋滞はなくなったはず・・・、でも今日は渋滞している。

2車線あるこの道路、工事のため車線を絞っている中、渋滞に輪をかけるが如く事故まで起きてしまった。

おかげで1時間渋滞にドップリ・・・。
普通に走れても45分遅れとなるのに+1時間の渋滞!。

メチャクチャ凹んだ。

普段なら東京~浜松間を3時間40分ほどで走るのにこれじゃ5時間はかかっちゃう。
当然、4時間以上の連続運転となるため途中で30分の休憩が必要。

いつになったら仕事が終わることやら。



なんとかお客様に迷惑をかけない時間帯に終れたものの、通常の3時間遅れ。
帰って来るなり

「どこで寝てたんじゃ!」

「うるせぇ~#!」

普通に首都高3号線を回った人に聞くと、

「うぅ~~~ん、20分ほど遅れた分かな?」

20分を避けるために3時間も費やした私でした。


急がば回れ!


身に沁みました。

[MONSTER]

久しぶりに良いアニメを見ました。
まるで長編推理小説を読んでいるかのごとく本当に本当に長いアニメ作品です。

[MONSTER]
monster.jpg


モンスターと言う作品なんですが、深夜に放映されるアニメとしては例外的に1年半も費やして放送されたアニメ作品です。
息子の勧めで見ることになったんですが、なんと6クール74話もあるなが~い長い、そして何日もかけて見た昔(2004年頃)のテレビアニメだったんですよ(現在はDVDで販売&レンタルされている)。
なんたって1話24分ほどの物が74話ですからねぇ~。
たぶん私が知る限り、これほど一つの物語にここまで費やした作品は知りません。

まずは私の評価を出しておきましょう。

オススメ度
☆☆☆☆☆
プラネテス以来の☆5つです。

とにかく非情に長いです、なんたってDVDで25枚ですから。

設定は東西ドイツの冷戦が終わった頃。
そう、ベルリンの壁が崩壊したばかりの時代の物語です。

主人公は天才日本人脳外科医のケンゾーテンマ。
漢字ではどう書くのかわかりませんが、正真正銘の日本人なんですよ。
このテンマ医師がドイツ&チェコを舞台とした背景で、天才的外科医として人の命は平等と言う立場から善悪問わず助けてしまった一人の少年がモンスターだったところから始まります。
本当だったら死んでいなければならないモンスターを助けてしまったこの日本人医師の物語です。
ちなみに日本人が主役なのにドイツとチェコだけで日本での風景はまったく出て来ません、これほど長い物語なのにこの日本人医師の肉親の話さへほとんど皆無。

実はアニメ作品ではプロアマ問わず、いろいろな人が評価を下してます。
この[MONSTER]についてはそれだけたくさんの人がブログや雑誌で評価しているんですよ。
アニメの域を超えた傑作とか、小説を実際自分の目で見ているようだといか・・・。
年齢の高い人ほど評価の高い作品です。

では、私の感想は?っと言うと上にも☆5つ付けたように、私も年輩の人にも見てもらいたい作品ですねぇ~。

画風も嫌味な部分が無く、マンガやアニメに興味が無い人でも受け入れやすい見やすいアニメです。
ストーリーは非情に重くじっくり腰を据えて見るのが一番。
夕方から深夜にかけてヒマをもてあまし気味な人がお酒を片手に一人でじっくり鑑賞するのが良いかと。

大人向けのアニメですからえげつないシーンも一部ありますが、物語の構成上致し方無いと思える範囲でこの部分だけを長い時間を割くことはありません。
見ていてもこのぐらいはしょうがないか?っと言う程度。

まるで推理小説を読んでいるかのごとく、私はなかなか途中で止めることが出来ません。
ところが異常なほど長いこのアニメはそういうわけにもいかず、仕事の合間や休みの日にじっくり鑑賞しました。

人の生き死と言うのはどういうもの?、
生まれ持った能力とはどういうもの?
洗脳ってどういうのも?
教育で人は変われるもの?
そして完全な自殺ってどういうもの?
生まれる前から将来の組織の長となるため、その集団の誰かが勝手に描いたその子の育成プログラムは子供の意思とは関係なく完成するのでしょうか?。
それとも育成プログラムを考えた誰かの計算をこの子が超えた時、それを抑え切れるのか?。

これって自分の子供の将来を親が勝手に決めるみたいなものですよね、子供の意思を無視してとは言わないものの、必要以上に関与しているみたいなもの。

私もずいぶん考えましたよ、そんなこと可能なのかと。
そして社会主義時代の東ドイツは本気でこのようなモンスターを育て上げるべく特殊な育成プログラムが存在していたんだろうかと。

日本だって戦時中(第2次世界大戦前)ならありえたような話で、テレビでもこれに近い話が特番で放送されたこともありますよ。
もちろん確証はないんですけどね。

これだけ長いアニメだったにもかかわらず、ハッピーエンドとはならず疑問は残ったまま(このアニメを最後まで見た者は)。
しかも最後までこのモンスターは生きている。
意識がもどることになったらこの日本人医師はどうするのだろう。

是非中年や年輩の人たちに時間があれば見てもらいたいアニメでした。


ついでに最近見たアニメ。

以前にも書いた[あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない]

オススメ度
☆☆☆☆★

物語中盤の設定に無理があるものの、ラストは泣ける。

[ラスト・エグザイル]

オススメ度

☆☆☆☆★

続編と言うか、新設定で[ラスト・エグザイル~銀翼のファム~]最近深夜に放映されているが、2話まで見たけど前作の方が良かったような???・・・、ただこれからの展開しだい?
画はどちらも(前作&新作とも)子供向けと言うか少女マンガに近い。
前作の物語は非情に面白いものの、何かの二番煎じのようなストーリー。

[図書館戦争]

オススメ度
☆☆★★★

これは物語そのものにちょっと無理があるような?。
なぜ図書館に保存されている書籍のために銃撃戦になるのかわからない。
特定な本のために命をかけるならわかるものの、図書館に保存されている膨大な書籍を守るために軍隊の養成システムまで作って命をかけて守らなければならないのがわからない。

[ソラノヲト」

オススメ度
☆☆☆★★

軍隊のラッパ吹き(女の子)の物語。
音楽をこよなく愛す私としては見ておきたかったアニメ作品。
ただ、国境を守る1分隊(小隊)がすべて女の子と言うのがなんだかなぁ~。
(心に響く音は必ず伝わる)と言うのはわかるし、物語のラストは彼女のトランペットの音で戦争を回避出来たのはアニメらしい構成なんだがラストが頂けない。
何でもない小隊の一少尉が実は戦争の終止符を打つ王妃だったとか・・・。
こんな終わり方じゃなかったらもっと良い星をあげたのに・・・。



ちなみにすべてシリーズ物。

[MONSTER]が74話でDVDにして25枚
[ラスト・エグザイル]26話、DVDで13枚
[あの花・・・]が11話、同じくDVD換算で6枚(現在レンタルではDVD3枚(5話)までしか出ていない)
[ソラノヲト]が13話、DVDで7枚

よく見てるよねぇ~、仕事柄そんなに時間もないのに。

そういえば[RIDEBACK]と言うアニメも見たんだ。

オススメ度
☆☆☆★★

バイクとロボットの合体版みたいなバイク?で戦うアニメ。

物語は元天才バレリーナが足を怪我して踊れなくなり、いつしかライドバックに魅せられ亡くなった友達のためにライドバックとともにバレーを踊りながら戦う物語。
あまり面白いとは思わなかったんだけど、バックに使われている音楽がムソルグスキーの[展覧会の絵]だったんですよ。
この曲、映画などでもよく使われるんですが、通常はラヴェルが編曲したオーケストラ版なんです。
ところがこのアニメ、なんと原曲のピアノ版が使われていた。
アニメはどうでも?、ピアノで奏でる[展覧会の絵]は久々に聴きましたがなかなか良い演奏でした。
したがって演奏の良さで☆3つね。

相変わらずアニメオタクなオッサンでスイマセ~~~~~ン。









ボォ~~~・・・

夕暮れの浜名湖



久しぶりにボォ~~~っとしてました。

私の更新のしかたから言えば、こういうのを2chで言えばアゲって言うのかな?
ちょっと良い?写真が撮れたっもんで。

スイマセ~ン(^^ゞ。

定年後は?

私の仕事仲間だった茨木のおじさんからメールが届いていました。

今年9月に無事定年退職をされて、その後北海道旅行へ行っていたんですよ。
ツーリングと言っていましたのでバイクなのかな?あの年で・・・って、怒られるか。

この人写真とトレッキングが好きで、いろいろな山へ出かけては素晴らしい写真を送ってくれます。

今回な~んと、奥様と二人でヨーロッパはスイスへ行ってきたそうですよ。
個人旅行だそうで、言葉に困りながらも楽しい旅行となり、トレッキングも楽しんできたそうです。

私は山は好きだけど山登りは苦手だなぁ~。
クルマなら何処へでも出かけられるけど、いざ自分の足でとなるとどうにも・・・、

茨木のおじさん、私より7つも8つも上なのに元気ですよねぇ~。


で、今回モンブラン山群で撮って来た写真を送ってくれました。

CA6I13V2.jpg
ベッターホルンとシュレックホルンの二つの山を映すバッハアルプ湖

CAJBBL4A.jpg
ゴルナーグラート展望台

CAYMI29N.jpg
グランドジョラス

しっかし、これ絵葉書じゃないよね、上手すぎるでしょう。
本当は旅のアレコレを書いた文面も載せたいところなんですが、さすがにそこまではNG?。
良いご旅行だったようです。

私が定年になったら何をしましょうねぇ~。
やはり茨木のおじさんのように第二の人生、体が動くうちに出来なかった事をやってみたいですねぇ~。

まずはじっくり時間をかけて日本一周ですよ。
キャンパーを買ってじっくり日本を回ってみたいですねぇ~。

私は旅行好きなので、沖縄と南九州以外はすべて回ったんですよ、もちろん通過しただけではなくてね。
27年前、北海道の片田舎?から女房を連れ出しこの地へ移り住みましたが、知り合いも無く友達もいない女房が可哀そうなので、休みの日はクルマで何処へでも行きましたよ。

息子が出来ても相変わらず休日は

「今日は何処へ行く?」

でしたからねぇ~。

基本車中泊がメインでしたから、それまで乗っていたスポーツカーをあきらめワゴンに乗り換えたのはそのせい、女房に3人でクルマの中で寝るには2ドアはダメ!と言われてね。

でもクルマにこだわりたい私はワゴンを買うことには妥協したものの、初めて買ったワゴンがインプレッサのWRXスポーツワゴン!。

ハハハ(笑)、ワゴンですよねワゴン。

そう、詳しい人ならわかるでしょうが、当時世界最速と言われた無敵のスポーツワゴン。

女房と喧嘩になりましたよ。

「こんなのワゴンじゃない#!」

「ワゴンじゃん、リヤカーゴルームが付いているし後ろの席を倒せば寝れるじゃん」

「アクセルをちょっと踏んだら鬼のように加速していくのが怖いわバ~カ#!」

「しょうがね~じゃん、1t300kgの車体に280psのエンジンだから」

このクルマ足回りも強烈に固められていて振動がすごかった。
ただし80km/hを超えたあたりからクルマは落ち着いてくるんですけど、それ以下の速度はちょっと辛かったかな?。

息子と女房は後ろの席に乗るのですが、前のシートがバケットタイプのため横しか見えない、しかもリヤデフにLSDが入っているものだから、お尻の下からゴロゴロとうるさい。
あげくに振動が大きいものだから2時間も走ると女房も息子もクルマに酔っていましたねぇ~。

こんなクルマで日本中を家族3人で走っていましたよ。

今度は女房と二人だけなら私も今じゃこんな走りにこだわるクルマでなくても良いわけで、ゆっくりのんびり行きたいですねぇ~。
だいたい走りにこだわると景色をまともに見ていられないですからねぇ~。

ゆっくり景色を堪能しながら走ろうと思ったのは写真に興味を抱いたせいでしょう。
そのために何処へでも行けるよう(道無き道へ)ジムニーかパジェロミニを物色中ですから。
あれだけ小さくて頑丈なら何処へでも行けるかな?。

さて上の写真、見ただけで日本とは空気まで違うんじゃないかと思わせますよねぇ~。
一生に一度くらいは行ってみたいとは思いますけど、今はまだ・・・。

会社からくるイタリア旅行の案内を女房が見るたび

「いつ連れて行ってくれるの?」

っと言われてます。

7泊8日イタリアベネチアの旅、
社員9万円、女房15万円、燃料サーチャージ料会社持ち。

さすが社員価格、安いですよね。

さて私が茨木のおじさんのよう、自分たち(私と女房)のためだけに第二の青春を謳歌出来るのはいつの日でしょうかねぇ~。

そう遠くない話のような・・・。

茨木のおじさん、このブログサイズまで測って?写真ありがとうございました。
これからもお元気で。

イヤになっちゃう 2

いやぁ~あんなに遅れていたのに普段通りに終われてラッキー!。

前回の記事通り、東名高速集中工事の渋滞にどっぷりハマッて市川市へ着くまで通常の2時間遅れ。
こうなるとすぐには荷下ろしが出来ず順番待ちになるんですよ。

何と言っても、名古屋から西側は東京方面に向かうなら、東名が使えなければ中央道へ迂回出来ますので、ここの所名古屋勢に先に行かれて、東名回りしか選択の余地が無い私はどこの店に行っても、

待機、待機、待機時間が2時間とか・・・。

メッチャ凹むわ、終る時間は遅いわ、渋滞状況によっては関西勢にまで追い越されるわ、今日もそのパターンと踏んでいたんですよ。

ところが、

2時間は待つだろう、と覚悟して市川へ到着してみると、

???

何故かガラガラ、

到着担当に
「なんでこんなに空いている?」

「東名は大渋滞でみんな遅れているわ、中央道は中津川~飯田間が事故で通行止めだわ、ぜんぜん到着車両が入ってこないんだよ」

「ふぅーん、それで空いているんだ」

心の中で思わず

ラッキー!

っと叫んでしまいました。

そこからは後ろから来る連中に追い付かれまいと老体にムチを打ちシャカリキですよ。
おかげ様で無事平和?に作業を終わらさせてもらいました。

東名でも中央道でも渋滞にハマッているみなさん御苦労様です、私は一足先に休ませてもらいます。
夕方までは到着してね、そうでないと出発時間が遅れるから。

いやぁ~、普段の行いの良さが出ちゃいましたねぇ~、

って、誰の?。


今日はみなさんよりゆっくり寝かせてもらいます。

悪しからず。

イヤになっちゃう

東名高速道路の集中工事。

週が開けてもまだやってます、どっぷりハマッてます私。
豊川を出て千葉県は市川市まで行くのですが、通常なら3時間と50分くらいで行けるんですよ。
ところが、この工事期間中は4時間半から5時間ほどかかるため、仕事が終るのがメッチャクチャ遅くなるんですよ、
しかも4時間以上の連続運転となるため、途中30分の休憩を入れなければならない。
したがってもっと遅くなる・・・。

あぁ~ぁ、イヤんなっちゃうなぁ~。

ちなみにこの記事、望まない休憩中に更新。

何時に終ることやら。

トラックバックテーマ 第1297回「あなたは涙もろいですか?」

ちょっとネタが無いもんで・・・。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは涙もろいですか?」です年をとると涙もろくなる・・といいますが本当に最近涙腺が弱くなってます人前では絶対泣かないタイプだったのですが、この前友達とテレビを見てる時に、映画の予告で半泣きになった自分がいましたさすがにびっくりしました・・・...
トラックバックテーマ 第1297回「あなたは涙もろいですか?」



まさに私もその通り!

歳を取ると涙腺が弱くなると言うか、涙もろくなっちゃいますよねぇ~。
なんだか知らないけど、「あの花・・・」のアニメで最終話を見た時は、大人気なく涙ボロボロでした。
久々に泣けるアニメを見てしまったんですがぁ~・・・、

後から冷静に考えると、

「でも、途中結構茶番だよなぁ~」

な~んて思い直したりして。

もっと情けなかったのが、最近出たカバーアルバムの中の一曲が、たまたまあまりにも想い出深い曲を、まったく知らない歌手がリメイクして吹き込んでいて、これが非情に素晴らしく、昔を思い出し泣いてしまったこと。

実は、このカバーアルバムは内容を確認しないままiPhoneに取り込み、深夜長い時間の運転中に聴いていたんですよ。
ところがこの曲がかかると、急に涙がボロボロ流れだし運転どころではなく、近くのPAへクルマを停めてしまい思わずタオルを出して顔を拭っちゃいましたねぇ~。

なんだか50を過ぎたら急に涙もろくなってしまったなぁ~。
私って、こんなんで大丈夫なんだろうか?。

始まっちゃいました。

あぁ~あ、とうとう始まっちゃいました東名高速の集中工事!。

ほぼ初日と言ってよい昨晩の状態(正確には11日午前0時からスタート)は悲惨なものでした。
昨晩は東京からのスタートとなった私ですが、夜10時に東京を出たものの、いきなり東京ICから川崎ICまで渋滞7km!、通過時間はおよそ1時間・・・。
とてもじゃないけど並んでられないので私は中央道へ向かうことに。

ところが最初の立ち寄り店が浜松支店。
なぜ中央道へ向かったか?・・・っと言うと、

中央道を山梨県下は大月まで走り、そこから河口湖線へ入り富士急ハイランドのある河口湖ICで降り、そこから国道139号線を使い富士市まで迂回しようと考えたわけです。
実は東名回りから比べるとこのルートは富士市まで通常の30分遅れで済むからなんですよ。
渋滞にはまっていたんじゃ確実に2時間遅れ!(川崎付近以外に御殿場付近でも激しい渋滞があった)。

夜中の青木ヶ原樹海を貫けるこの道は気持ちの良い物ではないのですが、この日ばかりは同じことを考えたドライバーがたくさんいまして、この樹海国道も大賑わいです。
おかげでこれじゃお化けも出て来ようがないですねぇ~・・・、
個人的には仲間がいっぱいいて樹海を気にすることなく走れたのは助かりました。
真っ暗な樹海の中でボワァ~~~・・・、なんてたまりませんしね。

ただ迂回したその後も渋滞は各所でありましたけど、私のルート選択が成功したせいもあり、最終的には1時間半遅れでなんとか帰ってこれたのはほ~んと良かったですよ。


さて、この東名高速の集中工事なんですが、今回は東京ICから愛知県は豊田ICまでの約300kmの間で行われます。
普段の年は春日井ICまでなのですが、今回はちょっと短い豊田までなんですよ。

ところが工事区域は例年より長いんではないかと思われるくらい車線規制が続いています。
なんと御殿場から焼津までず~~~~~~っと車線規制が続いています(下り線)、その距離約80km!。

しかも東京ICから豊田ICまでの間で、工事をやっていない区間がトータル50kmくらいしかないのではないかと思えるくらい工事、工事、工事なんですよ。
つまり工事のための車線規制が東京~豊田間で約250kmもあるんですよ(途中、途切れ途切れですけど)。

私がいつも驚くのは工事用パイロン(あの三角のヤツ)の数。
別名道路用コーンとも呼ばれますが、私たちドライバーはパイロンと呼びます。
そしてあれがセンターライン1本に対しパイロンが1本ずつ立てられているんですよ。

以前紹介した通り、高速道路のセンターラインは実線で8m、空線(引いていない部分)が12mなわけですから、20mに1本ずつ立てられているわけです、それも人の手で1本ずつ。

これが今回の集中工事区間が250km!
上り下り合わせると約500kmにはなるのではないかと思います。

さて、20mに1本ずつ手でパイロンを立てて行くと、500kmもの距離を立てるにはパイロンが何本いるでしょう?。



数えたくありません。

計算したい人は勝手にどうぞ。
解答をコメントで寄せてくれてもいいですよ。


今週の土日には一回撤収するんですよ、そしてまた来週の月曜日から再びパイロンを立て直すわけですが、正直呆れますよね。

世界一綺麗な道路と言われる日本の高速道路の何をこんなに修繕するんでしょう?。
本当にここまで必要???。

毎回この時期は頭が痛いですよ。
ただ、来年夏には新東名高速が御殿場~三ケ日間で開通するからこれほど混むことは無くなるでしょうが、それにしても毎年見苦しい渋滞や事故のオンパレードですよ。
今日も3ヶ所も4ヶ所もで工事区間内での事故が多発し渋滞に拍車をかけていました。

さ~てこの調子で今月21日まで続くそうですが、現在東京と柏(千葉県)へ走っている私にとって頭が痛い毎日が続きます。

早く終わってくれないかなぁ~。

期間中、雨が降らなければ1日早く終わるはずなので、それに期待しましょう。
一応、雨で工事が進まないことを念頭に予備日が設けられているんですよ。

さて、今日は千葉県は柏市まで走らなければならないんですが・・・、



あきらめてゆっくり行きます。

二日酔いの朝の散歩

夜明け

みょ~~~な天気の朝

栗

そう言えば近くの農家の軒先で、一袋100円で売ってました。

20111009+002_convert_20111009221244.jpg

旨かったです。

ただオレンジジュースのようで飲みすぎに注意(2本飲んだら二日酔い?)。
1本120円でした。

ビールしか飲まない私じゃチューハイはキビシ~~~イ!。

こだわり過ぎ!

まぁ~この記事はPCカテゴリに入れても良いのかわかりませんが、PC8級(自分でランク)の私の腕では充分PCカテゴリと言って良いでしょう(初心者は10級、プロ並みは1級と言うことで)。
息子はこの勝手なランクで判断すると3級ぐらいはあるかな?、なんたって小学校4年生から始めているからねぇ~。

実は最近、アニメのシリーズ物を女房と一緒に見ていたところ、

「続きが見たい!」

っと言われたのでウゥ~~~ンですよ。
レンタルで借りてきたのは良いのですが、まだレンタルが始まったばかりで続きが出てない!。

このアニメと言うのは私のブログにリンクさせてもらった方で、「非情に泣ける良いアニメ」と紹介されていたものですから、アニメオタクの私としては是非一度見なければ、っと思いさっそくレンタルビデオショップに。

ところがまだDVDで2巻しかレンタルが始まってないんですよ。
そうなんです、まだレンタルが始まったばかりの新作アニメで最終的には11話、DVDレンタルでは計6本出るはずなんですよ。
で、この内の出たばかりのDVD2巻(3話)を借りてきて女房と一緒に見たわけです。
*1巻は一話のみで2巻以降は2話づつ収録*

タイトルは

あの花の名前を僕たちはまだ知らない

タイトル名が長~~~い!。

どうやら女房はものすごく良いタイミングで入る間奏曲、ZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」も懐かしく、物語と音楽が非情に良くマッチしているところがなんとも気に入ったみたいですねぇ~。
それと女房にとっては画風も少女マンガに近いあたりが見やすいのかもしれません。

そこで女房の「続きが見たい」に答えるため、まずは自分でいろいろなサイトから探します。
基本、昔テレビの深夜放送で放映されていたのもがDVD化されたものですから必ずどこかにあるはず。

そしてなんとかすべて(全話)を収集するものの、ネット上に配信されている映像状態が非情に悪い・・・。
画面が小さければ気にならない程度なのですが、テレビの32inサイズで見ようと思うとかなりキビシイ!。
これじゃ~せっかくの続きも映像が悪く女房もめげるわなぁ~っと思いあらゆるアニメサイトを検索!。

そこで出来るだけ綺麗に保存され配信されている物(DVDrip並)を探してなんとかゲット!。
ところがこのファイル(拡張子)がかなり変わった物で、テレビで見られず(DVDへ焼く事が出来ない)、PCでも特殊なプレイヤーを使わないと見れない代物。
だいたい、ウインドゥズのメディアプレイヤーで再生出来ないファイルなのでなかなか手こずる。

で、女房はPCを使えませんのでPCを使ってあ~だのこ~だの説明してもチンプンカンプン、
そういうわけで、なんとしても簡単にテレビで見れるようにしなければならないわけですよ。
まぁ~おかげで女房の話をブログにUPしても本人にはわからないので助かりますけどね、ハハハ(^^ゞ。

とりあえず別な拡張子変換プログラムを使って変えてみるものの上手くはいかない。
そこで私のPCから持ち運びが簡単な昔使っていたノートPCにデータを移し、テレビにモニターケーブルで繋ぐ方がわかりやすいかと思いチャレンジ!。

ちなみに最近のテレビ(地デジ対応)はPCにも対応出来る端子がたくさんあるので助かります、ブラウン管のテレビじゃこうはいかない。
ところがこのノートPC、5年以上前に買った(半自作)のPCのためアナログ端子(VGA端子)しかなく、デジタル端子(DVI端子もしくはHDMI端子)は無いんですよ。

そこで昔使っていたアナログケーブルを探しテレビに接続。
とりあえずアクオスの液晶テレビはアナログ端子にも対応(VGA,DVI,HDMIとすべてに対応、ついでに映像用ピン端子でもOK)しているので助かります。

さ~て映像をテレビの画面に出してみると・・・、
アレッ???・・・映像は出るのに音声が出ない・・・。

そ~なんですよ、アナログ回線のケーブル(VGA)は映像しか送れないんですよ。
そこでしかたなくスピーカーをテレビの横に置いてPCから直接音声を流すことに。

PCから音声端子を使ってテレビのマイク端子に繋げば楽なんですが、それじゃ音が悪い!。
そこで独立してテレビの横にスピーカーとアンプを置いて映像と音声を近くでそろえることに。

で、なんとかちょっとした家庭内ミニシネマの完成!(画面は32inだけど)
ただ個人的にちょっと画質が悪い。

別に普通のテレビだと思えばそう悪くはないのですが、個人的にはなんとしてももうちょっと綺麗な映像で見せてあげたいと思ったんですよ(実は女房はそこまでこだわってない)。

いろいろ調整をするものの、結論はノートPCに搭載されているグラボが古すぎることとハイビジョン対応の液晶テレビにアナログ回線では限界があることを思い知らされ、これはどうしても高性能PCが使うデジタル映像回線(特にHDMI)が必要だと言う結論に。
そこで私が持つPCを居間に持って来て設置しようとすると女房が、

「そこまでしなくても充分綺麗に見られるからいらない!」

っと言われて断念。


「そ~かぁ~?、高性能グラボを搭載したPCとHDMIケーブルが使えればもっと綺麗に見れるよ」
っと言っても、

女房
「映画館じゃないんだからそこまでいらない#!」
「だいたい音だけでも凄過ぎてテレビを見ている気分じゃない!」

っと言われてしまいました。

そのくせ女房いわく、

「息子がちょっとだけ見せてくれた【ひぐらしのなく頃に】はないの?」

っと言われたので、ついでに【初期】と【解】のシリーズ物をノートPCに入れてやりました。
ただ、残念ながら最終の【礼】は持ってませんけど、初期で26話、解で24話あるので見終わるうちにはなんとか探しておきましょう。

この【ひぐらしの泣く頃に】の初期は、なんでこんな問題が起きたのか?ですよね、そして[解]はその解答と言うことで物語が成り立っているそうです、で最後の[礼]は、最後まで見てくれてありがとうとのことだそうです。
まぁ~本では出題編、解答編、番外編となってますのでそのままアニメ化されたみたいな物ですね。

ただ、私は劇場版しか見ていないんですけど、シリーズ物はなんだか長そうでまだ見ていないんですよねぇ~。
でも持っているところはさすがにオタク?。


ウゥ~~~ン・・・でも設置にちょっとこだわり過ぎたか?。

結構どちらも良いアニメなんだけどねぇ~・・・。
是非とも映画館並みの映像と音声で見てもらいたかったんだけど・・・、
女房はそこまで求めてはいなかった?。

さて、手こずってテレビで見れるようにしたものの、女房はいつ見るんでしょうねぇ~。
手こずってと言うよりも、女房のPCオンチなために手こずったようなもんですけどね。
今時こんな人ちょっと珍しいでしょう。

しかしちょっとつまらないことに手こずっちゃったよなぁ~。

この記事、PCじゃなくてアニメでも良かったような・・・???、

まぁ~いいか。




やっぱアニメにしよ!

続・彼岸花

山の中をドライブがてら見つけちゃいました、黄色い彼岸花。

今年はダメかなぁ~っと思っていたんですが、意外なところで発見!。
もちろん近隣のお宅で育てているのでしょうが、綺麗に咲いてましたよ。

20111007+014_convert_20111007172241.jpg

20111007+015_convert_20111007173543.jpg

イマイチ写真がヘタですけど、なかなか綺麗に咲いてました。
デジカメだと黄色が鮮やか過ぎてピントがうまく合わないのが難点、まぁ~私の腕が悪いんですけどね。

正式には【ショウキズイセン】と言うんだそうで、ようはスイセンの仲間なんだそうですよ。
彼岸花の形に似ていることから黄色い彼岸花とも言われているんだそうです。

せっかくだから前回撮った彼岸花の写真も並べてみましょうね。

彼岸花01

一番ポピュラーな赤い彼岸花。
マンジュシャゲ(もしくはマンジュシャガ)ですねぇ~。
でも愛知県ではそろそろ終りです。

彼岸花03

こちらは白い彼岸花、シロバナマンジュシャゲ(ガ)です。
一説には赤い彼岸花(マンジュシャゲ)と黄色い彼岸花(ショウキズイセン)の交雑種だと言われているそうです。
この交雑種って、よは交配による雑種のことですよねぇ~、したがってこの花は自然種ではなく、人の手によって作られた花なんでしょう。

彼岸花06

で、ラストは可憐と言うか、独創的と言うか、ピンクの彼岸花。
種類はリコリス・インカルナタと言う立派なヒガンバナ科の植物だそうで、リコリスと言うのはヒガンハナ科の総称なので、文句なく彼岸花と言って良いと思います。
ちなみに中国原産、和名は【タヌキノカミソリ】だそうで、何故そんな名前・・・???、
ですよねぇ~。
狸さん、これで伸びすぎたヒゲでも切るのかな?。

さ~て、今年も4色揃い踏みです・・・、
って、昨年はピンクの彼岸花を見つけておきながらカメラを持っていなかったと言う大ボケをかましてしまい、借り物の写真でUPしましたが、今年は自分ですべて見つけUP出来ました。
正直、黄色い彼岸花は昨年行った場所では咲かなかったのであきらめてはいたんですが、今日は実にラッキー!、なんたって、黄色い彼岸花だけは咲く時期がちょっと遅いので良かったのかもしれない。

っと言うわけで、今年うちの近所で見つけた彼岸花の続編でしたぁ~。

昨年から彼岸花に凝ってますよねぇ~私。
あまり好きな花ではなかったんですが、違う色の彼岸花を見つけて以来ちょっと興味を持ってしまいました。
ところで、この4色以外に類似した物でも良いので彼岸花と言われる花があるなら見てみたいですねぇ~。

さ~て、続きでドライブのお話。
せっかく休みだったのでちょっと一人でお散歩です。

*****

続きを読む

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ