ちょっと勉強

前回の記事で触れた通り、ちょっとダイヤが変わります。
実は復路も変わるんですよ。

大阪は茨木支店の帰りが8月2日より[北海道便]に変更になります。
別に大阪から北海道まで走るわけではありません。
関西方面からの北海道向け荷物は、岐阜県の大垣で集約されトレーラーに積み込まれます。
この後、トレーラーは敦賀または新潟まで走り、荷物が積まれたトレーラー部分だけが小樽へ向かうフェリーに積み込まれます。
頭のトラクター部分はフェリー内まで牽引し、指定の場所に止めたのちトラクターは切り離されフェリーから降りてきます。

当然、小樽港へフェリーが接岸後、向こうで待っている乗務員がトラクターだけでフェリーに乗り込み、積まれてきたトレーラーを再度連結し降ろすわけです。

フェリーの料金は長さが最大のポイントになるため、出来るだけ短く運べるようトラクター部分は積み込まれないんですよ。

まぁ~、私がそこまで走るわけではないんですけどね。

じゃぁ~、私は何をするか?・・・っと言うと。
茨木支店から集約される大垣まで運ぶのが仕事になります。
ここで問題なのが荷物の仕分けです。

北海道へ向けて走るトレーラーは1本ではありません。
何十本もあるんですよ、しかもあの広大な北海道をくまなく網羅するため、地域別にトレーラーは準備されます。
ここで地域ごとのトレーラー別仕分けが必要になるんです。

本当は内部文章なので公開はダメなんでしょうが、これくらいならOKでしょう。
北海道番号表\
読めるかなぁ~、ちょっと字が小さいのでモニターが大きな物でないと見えないかもしれない。

私は北海道出身ですので、これを見ながら
『なるほど、ほぼ支庁別に分かれているんだ、札幌以外は』
これならすぐ覚えられそうだと思いました・・・が。

『爾志郡?爾志郡?・・・えっ???・・・』

なんと北海道出身の私が読めません、しかもそれがどこにあるかもわかりません。
[にしぐん]だそうです。

でもよくよく見るとこの仕分け表、ちょっと古くない?っと言ったら
『合併後の仕分け表はまだ製作中とのこと』
おせぇ~わ!・・・ちゅーの。

でも爾志郡は現在でもあります、1町(乙部町)だけですけど。

とにかくちょっと勉強しなければいけません、忘れた郡部が多数ありこれを丸暗記せねば仕事になりません、しかも間違うとそのまま別な場所へ行ってしまいそうでちょっと怖い。

北海道の地名はアイヌ語をもじり漢字に当てはめた市町村名が多いため、この集約店ではフリガナを打った仕分け表もあるのですが、
『いっしょに持っていくか?』
っと言われ
『北海道出身の人間が北海道の地名を読めないわけないだろ#!』
っと、もらってこなかったんですが・・・。

ヤベッ・・・読めねぇ~。

もらってくればよかった・・・今さらおそいって。
ちょっと後悔してます。

月曜日(8月2日)からのスタートなんで私が1発目となります。

あぁ~本当にヤバイなぁ~、なんとか覚えないと。
頭がアナログの私では時間がかかりそう・・・。

ついでに問題!
この表には載っていませんが、石狩市は一部石狩市の下の町名により便が違うんだそうです。
そこでこの地名、なんと読むのでしょう。

【石狩市花畔町】

石狩市(いしかりし)が問題ではありません、このあとの花畔町が問題です。
もちろん、問題にするくらいだから[はなみさきちょう]ではないよ。
きっと私が覗いているブログで国語の先生でも読めないだろうなぁ~。
読めたらスゴイ!。

答えは続きで・・・。

****



続きを読む

店内ダイヤ改正

来月(8月)から一部運行便の見直しとなりました。
これは全国区ではなく、私の店の事情からしかたない措置なんですよ。

今月は定年者をひとり出します、来月もお盆以降にもうひとり・・・ご苦労さまでした。
しかし、新人の補充はままならず、職安に公募を出しているにもかかわらずゼンゼン来ません。
他部署では何とか人材を確保しているものの、私が担当する路線部門はさっぱり・・・。

なんたって1泊2日の業務ですから、なかなか家に帰れないのが大きな障害です。
どうしても家族の理解がないと出来ない仕事で、なおかつ奥さんの力がどうしても大事になってしまいます。
本当に家(家族)を守るには奥さんしだいと言うのが私達の仕事です。
家に帰っても昼寝て夜仕事ですから、なかなか家族とのコミュニケーションは取りづらい環境です。

ただ、こんな仕事ですから休みは多いですねぇ~。
実働で言えば4勤1休ですから日祝合わせて、月に8日~10日の休務になり実働20~22日くらいなんですよ、これは定期の関係と、走る距離に応じて休みが決まります。

さて、私はどういうふうに変わるか・・・っと言うと、翌日運行が出来ます。
翌日運行とは別名ロータリーと言われる近距離便で、夕方出勤し翌日早朝に業務終了という泊まりがない定期です。
ただ、今まで走ってきた1泊2日の甲府便も大阪は茨木便も残ります。

以前書いた通り、本当は東京や大阪市内を回る定期が一番儲かるのですよ。
なんたって半歩合給料ですので、こまかくたくさんの荷物を運べる都市圏定期はわれわれ路線乗務員にとって花形定期です。

私もこのブログを書き出した頃は東京は足立便や東京便を担ってました。
また、大阪も堺便や神戸便も担当していたこともあります、おかげで首都圏も阪神圏も自在に走れるようにはなりましたけどね。

新人が入ってくると、やはり儲かる定期を預けるわけで、必然的に上司は儲からない定期を走るわけです。
ただ、上司は基本給が違いますので、ビックリするほど給料は下がりませんけど、私でも時として2~3年選手に給料で負けることもありますよ。
よは実力しだいで給料はどうにでもなるのが歩合給の良いところ。
逆に稼げる=辛いですから潰れる人も出てきますが、その場合は私が状況を見て定期を換えます。

さて、ロータリーは儲かるか?っと聞かれると・・・ぼちぼちです。
ただ、経費が掛かりません、コーヒー代とタバコ代で済んじゃいますからね。
泊まりは着替えやコンビニ弁当、社員食堂での出費など、結構お金が掛かります。
仕事の後の一杯となるとなおのこと。

この点、ロータリーなら家で食事が出来るし、女房に『朝帰ってくるからビール冷蔵庫に入れといてね』・・・で済みます。
儲かる以上に無駄なお金を使わなくて済むのはありがたいです、しかも自分の家で寝られるし。

とりあえず暫定で私が決めました、なぜ暫定か?っと言うと・・・
11月にも、そして翌年の1月にも定年者を私に部署から出すからです。

こう書くと私の部署は年寄りばかりに聞こえますが・・・その通りです。
一応、若い人も多数います、ただ、この業務は人間的に落ち着いた人でなければ続かない仕事なので、どうしても平均年齢は上がっちゃいますね。

毎日、東京へ行きたい人、または大阪神戸へ行きたい人募集中です。
私が懇切丁寧に教えますので大型免許さえ持っていれば大丈夫です。

東京の夜景も結構綺麗だよ、お勧めはやはり神戸の夜景ですか。

どこの会社?、で、どこの所属?・・・。

会社に公認をもらってない私のブログじゃ言えません。
気になった人はこちらで確認してください。

http://seinodriver.blog122.fc2.com/blog-date-201003.html

ってばれるって私がだれだか。
でも本気でヤル気のある方大歓迎です。
出来ることなら豊川支店まで御一報を。

ちなみに
『中森さんいます?・・・』
と言われても当支店にはいませんので聞かないように(ハンドルネームですから)。




こんなのUPしたらまずいかな?でも会社のためにはなるし。
でも最近このブログ(上記アドレス)更新してないよなぁ~、仕事なんだからちゃんと更新しろよ。
わたしなんか毎月平均10回くらいは更新しているのにね(しかも今月は過去最多)、しかもタダで宣伝してやっているのに。
そういうわけでナイショで大歓迎、クルマが好きな人なお歓迎、私のブログ見たとは言わないように。
本当に人手不足で困ってます(これマジだよ)。

茨木のおじさんに『これはまずくねぇ~?』って言われたら即効削除しますので悪しからず。

不景気なんか吹っ飛ばせ!。

どんな人生?

最近ですねぇ~、訪問者リストやランキングお隣さんを覗いたせいで、子育てに悩む人や、自分の人生を振り返って辛い過去を書いているブログを読みます。
人それぞれの生き方があって、みな苦労しているんだなぁ~・・・っと今更ながら思うしだいです。

じゃぁ~私の人生はどうだったか?・・・っと言うと。


傍若無人な若かりし頃、生きていくのが精一杯の生活、そして私のわがままへの大きな代償などなど・・・。
人は常に幸せではありません、そんな人生絶対にあるわけない。

人生山あり谷あり。

以前こんなこと書いてました。

【人生】人それぞれ part1

【人生】人それぞれ part2

【人生】人それぞれ part3

【人生】人それぞれ part4

こりずに【人生】人それぞれ part5

【人生】人それぞれ part6

【人生】人それぞれ part7
上記全部読んでたら1時間くらいかかるぞ・・・っと。

今思えば私もバカですねぇ~、こんな人生送るはずじゃなかったのに。
女房なんか『バカなヤツに尽いていっちゃったなぁ~』って後悔してたりして。

でも、もうおそい・・・人生やり直しの利かない一発勝負、こう言う生き方もひとつの人生です。

息子はどんな人生を歩むのかな?。

豊川も暑かったぁ~

今日は休務日、でも小遣い稼ぎに一苦労です。

気温37℃、ホーム上はあきらかに40℃超!・・・ちょっと前に記録した北見市の37℃とはわけが違います、だいたい湿度がぜんぜん違いますからね。
こういう時だけは北海道の方が良かったぁ~っと思っちゃいます。

例の積み込みアルバイトなんですが、1台積んで5千円、ひとりで2台積めば
いっちまんえ~ん

女房にナイショでお金もらえる(当たり前か)アルバイト、しかも会社公認(社内アルバイト)!
給料(銀行振り込み)とは別に現金支給の私にとってはうれしい収入源です。

息子に金がかかり、お父さんの小遣いは減るばかり、どこの家でもいっしょだぁ~。
まぁ~息子が学校を卒業して社会人になるまではしかたがないけどねぇ~。

でも、小遣いは欲しいし、女房に言っても
『なんに使うの#、余計なお金はナイ!』
で終わりです。

で、こっそりアルバイトです。

『休みなのに社服着てどこ行くの?』

ハハハァ~・・・バレバレなんですけどね、まぁ~平日にゴロゴロされるよりは良いし、どうせ何かを買うためにアルバイトに行ったんだろうとわかっています、ただ、さすがに[その金よこせ]・・・とは言いませんねぇ~、鬼のような女房でなくて良かったぁ~。

頑張って2台積みましたよ、死にそうだった。
途中、汗が出きって汗かかなくなりました、しかも目がまわる・・・ヤバイ!。
すぐさま水分補給・・・汗がどっと出ます。

こんなこと繰り返しながら6時間、辛かったぁ~。
毎日やっているアルバイトのおじさんたち(ひとり1台担当)ご苦労様です、ちなみにこのアルバイトの管理は路線配車と二人がかりで一部担当しているのが私です。

しぬぅ~!

自分で作っておいて自分で言うな・・・っと言われそう。
小遣い欲しさに私が上層部を説得して作ったアルバイトは夏になると地獄です。

とりあえず、これで明日の吹奏楽コンクール東三河地区大会(高校の部)の入場券が買えます、しかもお昼のお弁当も。

女房に
『行くか?』
って言ったら
『朝から晩までクラシック音楽なんか聴きたくない#』
だそうで(予想はしてた)、ひとりで行ってきます。

また、帰ってきたら勝手な感想でも書きましょう。
昨年は適当に感想書いたらメチャメチャアクセスがありあせっちゃいましたけどね、コメント返すのが大変だった。

頑張れ東三河の高校生!

オッサンもちょっと頑張りました。

キツ~!

ひまわり02

茨木支店のひまわり、でかくなったなぁ~・・・ゆうに2mくらいになっちゃって。

前回の記事がちょっと厳しかったので、出来るだけ更新してとっとと消しましょう・・・。
茨木のオジサンごめん・・・。

ほ~んと大阪も暑かった、梅雨明けしたもんだから日差しが強く大変です。

ちょっと暇な時間帯に休憩がてら、このひまわりをよくよく見ると・・・なんだこれ?

ひまわり

ひまわりの後ろにある松・・・。
ここになんやら殻が多数。

セミ

セミの抜け殻です。

もうすぐうるさい季節に突入です。

夏の風物詩だからしょうがないか。

夏だ~、私も夏休みがほし~い

でした。

1通のメール!

ギャオォォゥ~~~~~ッ

大阪は茨木の友人から1通のメールが来ました、写真付きで。
所属は違いますが同じ会社の同僚です。

今回の3連休中に登山というか?散策に行って来たようです。
大阪府と奈良県堺の金剛山へ!。
大阪人いわく『大阪の屋根やねんでぇ~!』だそうです(別に大阪弁で書いてはいなかった)。
ここって高野山も近いよね、金剛山を地図で見ると、頂上までロープーウェイもあるし、登りか降りで散策しやすそうですね。

そう言えば愛知の屋根ってどこだろう・・・茶臼山?。

ここで見つけたのが珍しい?[やまかがし]なんだそうです。
[やまかがし]ってわかる?・・・私、知りませんでした、この類いは苦手なもんで。
いやな人はたくさんいるでしょうから、この記事は続きでどうぞ。
また、綺麗なアジサイとね。












見たい?・・・やめた方が・・・。










ウッ・・・ヤバッ!




これアジサイ?・・・!











それでも見る?

では
☆↓↓↓↓↓☆をクリック!

続きを読む

開店40周年記念パーティー

フォレストヒルズ

今日は私の店の開店40周年記念パーティーがありました(家族同伴)。
場所は愛知県豊田市にある[フォレスタ・ヒルズ]、グランパスのホームグラウンド[トヨタスタジアム]の近くですね。

ホテルを兼ねたアミューズメントパークです。

出発前にグループ分けがありました、パターゴルフ組と流れるプール組。
身内のひとりがパターゴルフと言うのでしょうがなく参加しました。
パターゴルフ01パターゴルフ02

こっのクソ暑いのにパターゴルフですよ~。
梅雨が明けたような強烈な日差しの中で汗だくです・・・ツ・ラ・イ!。

しかし、芝も綺麗で天気も良くて最高なんですが・・・私の身内、計5人参加中ゴルフ経験者0!。
どんどん後ろの組に追いつかれ、楽しいパターゴルフも必死です。

ちょっと横では
流れるプール01
この景色
流れるプール02
私もこっちの方が良かったなぁ~・・・あのちっちゃいテントの下での~んびりと。

散策
しかし広大な敷地だぁ~・・・手入れが大変そう。

やっとホテル内でパーティーが始まります、・・・スズシイ~。

挨拶や乾杯が終わりみなさん食べてます・・・私は呑んでます。
まずは子供たちのために大道芸人のおに~さんが登場!

大道芸01大道芸02

結構受けてましたねぇ~・・・特に子供たちには。

この後、お笑いコンビ登場!
マシンガンズ
だれ?こいつら・・・マシンガンズ?・・・しらねぇ~。
息子いわく、『エンタの神様』に出てたヤツ。

ヤツかい。

だいたい、登場前に『写真撮影はご遠慮願います』のアナウンスがあったのに・・・この距離!。
本人たちいわく『写メでもなんでも撮って!近くまで行こうか?』っと言うわけでこの距離です。
あのアナウンスはなんだったのでしょうねぇ~。

マシンガンズ02

肝心のお笑いはスベリまくりです・・・でも結構すべっているところが面白い。
しかも目の前では小さな子供が運動会状態!。

マシンガンズいわく

『君・・・きみキミ・・・ゴラァ~お前だぁ~# もう6回目だぞ、目の前走るなぁ~』

相方『お願いだから話を聞いてくれない?』

ガキンチョ・・・『なんで?』

なかなか面白かったです。

最後に抽選会がありました、狙うは地デジ対応テレビかブルガリの腕時計!
参加人数170人中当たるのは30人くらい。

当てちゃいましたよ~、家族3人中2人も
景品
ただし、電子ケトルとイオンドライヤー!。
身内では弟なんか洗濯機です・・・どうやって持って行くんだ?
私の身内は5人中3人的中!確率高っ!。

帰り際・ホテルの事務所前に送迎バスが止まります、この事務所の看板が
トヨタ基金
さ~すが天下のトヨタ・・・金ありますねぇ~、なんたってこの広大な敷地にはゴミひとつ落ちてないんですよ、どんだけ手間掛かっていることやら。

でも、これって一種トヨタの保養所?、結婚式場もありましたけど。

なかなか楽しい1日でした。

吹奏楽コンクールまでもうちょっと

さ~て、来週から吹奏楽コンクールが各地区でスタートします、これにともなってプログラムも完成したようですね、愛知県大会を目指し、各学校がしのぎを削るわけですが、どこの団体も頑張ってもらいたいものです。


前回、東三河地区の高校の部をちょっと書きましたが、私の業務の方は定期の入れ替えで(半職権乱用で)無理やり休みを作りなんとか聴きに行けそうです。

プログラムを覗いていると結構面白い選曲をしている学校がたくさんありますねぇ~。

中学の部では、蒲郡中学が自由曲に[機動戦士Zガンダム]ですかぁ~、ちょっと聴きたいなぁ~。
地元の有力中学、豊川東部中は[風の谷のナウシカ]ですもんねぇ~。
どちらもクラシック一辺倒の中、プログラムを見た観客にはインパクトがあるでしょう。
また、どう編成してくるのかも楽しみです。

特に蒲郡中学はその昔、全国大会の常連で中学№1を欲しいままにしてきた名門中学ですからねぇ~。
ただ、最近は東海大会止りなのが残念、会場が蒲郡市民会館だし頑張ることでしょう。

一般のプログラムも出ていましたねぇ~。

一般はいきなりの愛知県大会になっちゃいますけどね。
注目の東海市吹奏楽団、バルトークの[中国の不思議な役人]です。
あの派手なサウンドで、どうやってあの《おどろおどろしい雰囲気》をかもし出せるかが見ものです。

ただ、ちょっと気になったのが指揮者がまたもどっていますよね、昨年の全国大会で金賞をもらった指揮者はいったいどこへ消えたのでしょう?

あとは創価中部の交響詩[ドン・ファン]も聴きたいですねぇ~。

ただ、いつも思うことがあるのですが、一般バンドのコンクールは常にホールの許容範囲を超える爆音大会になってしまうのがちょっとツライ。
あれだけ上手いのですから『なにもあそこまで鳴らさなくても』っと私はいつも思います、別にドーム球場で演奏するわけでもないのに。

その他、愛知県大会&地区大会のプログラムは下記でどうぞ

愛知県吹奏楽連盟HP

相変わらずマニアックな記事だこと、私のブログを訪問してくれる人の中に、どれだけ吹奏楽やクラシック音楽に興味をもってくれる人がいるんでしょうねぇ~、たぶん、ほとんど皆無でしょう。

私の趣味も、ちょっとオッサンにしてはマニアックな物が多いですが、結局人それぞれですからまぁ~良しとしましょう(女房は呆れてる)。

ちなみに予定としては高校の部[東三河大会]&一般の部[愛知県大会]、そして高校の部[代表選考会]までは聴きに行こうと思ってます。
あとは業務の休み方と相談してからですね、さすがに何度も職権乱用は出来ませんから。

さて、寝よう、今日は私の店で開店40周年記念パーティーが盛大にあるそうです・・・
って、知らんわけは無いが私にとって正直どうでもいい。
ゲストにお笑いコンビ(一度名前を聞いたが思い出せない)を呼んでいるそうです、もちろんプロですよ、会社のお笑い社員じゃありません。

結局、私にとってはただの飲み会?。

おうちゃくマウス?

選挙の投票を済ませ、時間つぶしに家族で名古屋へ遊びに行って来ました。

名古屋はドシャ降りの雨。
息子の運転で大須のアメ横へちょっと買い物。

名古屋高速

アメ横と言えば、すぐ思いつくのが[コメ兵]です。
中古、新品、買取&販売でなんでも売ってます、ブランド品が結構安い。

コメ兵

ちょっと写真が遠くわかりませんねぇ~

この近くの赤門通りで買い物です。

赤門

何を買いに行ったか?っと言うとマウスなんですよ。
PC用マウスのことです、ねずみではありません。

息子が持っていたマウスがなかなか良く、同じような物を狙いに行きました。

マウス01
これです、不思議な形でしょう。

こう持つんです。
マウス02

この赤い部分がローラーになっていてカーソルを親指で動かします。
ちなみに光学センサーも入っているので普通の使い方も出来ます。
マウス03

ちょっとわかりにくいのでこんな角度ではどうでしょう。
マウス04

ね!結構ユニークでしょう。
右&左クリックは写真上下(人差し指&中指)のスイッチで操作できます。
親指に隠れちゃって見えませんが、すぐ横にはスクロールが出来るホイールも付いています。

さて、なんでこんなマウスを買ったか?・・・
っと言うと、寝っ転がりながらカーソルを操作出来るからですよ。

検索だけならキーボードは必要ないですしね、しかも私が使っているキーボードは赤外線タイプなのでベッドで横になりながら脇に置いて打ち込めます(長い文章ではちょっと態勢がツライ)。

ここで必要になってくるのが、土台が必要のないマウスです。
早い話が横着なマウスなんでねぇ~。

息子の持っている横着マウスより、一回り大きく手に馴染みやすい大きさで、私にはちょうど良いですねぇ~。
ただ、親指ローラーでカーソルを動かすにはちょっと慣れが必要です。

正式名称は[光学式トラックボールマウス]

メーカーは不明?どこにも書いてない、しかも取説すら付いてない。
型番からネットで調べても、帰ってくる答えはノーブランド。

*調べたい人は型番GM-OPTB0(ゼロ)1(イチ)Bでどうぞ*

だけど面白いし、そこそこ安いから許してあげましょう。

お値段、[2480え~ん]でした。

トラックバックテーマ 第999回「好きな電車・鉄道は何ですか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「好きな電車・鉄道は何ですか?」です。水谷の好きな電車は【サンダーバード】という大阪と福井を運行している電車です。地元のローカル線の電車のデザインなども実は、こっそり好きだったりします。もうすぐ夏休みなのでゆっくりと電車での旅もいいですよね。今...
トラックバックテーマ 第999回「好きな電車・鉄道は何ですか?」



そうですねぇ~、やはりブルートレインを含む夜行列車かな?

私の学生時代(30年以上前)遠くへ行く時は、たいがい夜行列車を利用していました。
北海道生まれの北海道育ちですから、もちろん北海道を走る列車がメインです。

急行[大雪]や同じく急行[石北]なんかありましたねぇ~。
もう数十年前になくなった急行列車なんですけどね(のちに現在の特急[オホーツク]となる)

急行[大雪]だけは濃いブルーの車体で今でもよく憶えていますよ。
すべて寝台列車なわけではないんですよ、網走~札幌間を走る一部が寝台列車となっていて、他は普通の座席です。

確か昼間を走る急行[石北]は普通にベージュに赤いラインの入った車体だったんですが、夜10時頃網走を出発するこの急行[大雪]だけはブルーの車体でしたねぇ~、先頭を引く車両は私が中学生の頃まではD51(蒸気機関車のデゴイチ)だったんですよ、別に昭和初期(戦前)の話じゃないですよ、私いくらオッサンと言えどそこまでは年を取っていませんので。
高校時代ではさすがにディーゼル機関車へ替わりましたけど、北海道は蒸気機関車が最後まで残った地でしたから。

その後、東京方面へ出かける時も寝台列車をよく利用しました。

青函連絡船に乗り青森駅まで行きます。

ここから寝台特急[はくつる]や[ゆうずる]なんかに乗りましたねぇ~。
東北本線経由や常磐線経由と、便により途中から分かれていたのですが、東北本線経由では宇都宮以南(このへんから夜が明ける)、街の景色がだんだん都会になって行き[もうすぐ上野だなぁ~]と実感出来たのですが、常磐線経由では利根川(埼玉県と茨城県堺)を渡ると突然都会となり[もう上野かよ]と終点のちょっと前まで田畑が広がる景色でしたねぇ~。

今じゃ東北新幹線が出来たため、どちらの列車もありません。

寝台はたいがい安いB寝台(3段式)を利用していまして、切符が一番上の寝台に当たると寝返りもままならないほど窮屈、一番下と2段目は窓があり外を見ることが出来ますが、一番上は屋根の傾斜が余計に空間を狭くし、そして窓がありません、本当に寝るしかなかったですねぇ~。

な~んでこんなに寝台列車を利用したか?・・・・
っと言うと、飛行機が嫌いだったからです、そして寝て行けるのが好きだったからです。

最近の寝台列車は豪華ですよねぇ~、同じ距離を新幹線より、そして飛行機よりも高い運賃で、長~い時間を掛けて走る贅沢な電車になっちゃいました。

ちょっと前[2年前の記事]の続きで少し触れたんですが、息子が中学生時代、愛知県の豊川から北海道の北見まで電車を乗り継ぎ一人で行ったことがあります。

もちろんお婆ちゃんの所へ遊びに行くのが目的ですが、もっと大きな目的がありました。
当時、なかなかチケットが取れなかった寝台特急[北斗星]に乗ることです(もちろん個室)。

息子なりにネットで状況を調べ、買える確率を探しました。

①出来るだけ大きな駅(力のある駅)で買う。
②この電車(北斗星)のチケットがあまり売れていない駅。
③先行発売の初日営業開始時間前にあまり人が並ばない駅。

結局、この条件に当てはまる駅を考えたのですが、近い所で狙ったのが豊橋駅です。

息子の狙いはさすがでした。
ビンゴ~
一発で仕留め、得意げに帰って来ました。

ただ、やはり中学生!上野~札幌間の乗車券と北斗星の寝台券しかありません、どこか抜けています。

『お前、豊川から東京まではどうするのよ?、ついでに札幌から北見は?』

『あぁ~・・・考えてなかった』

です・・・ハハハァ~困ったヤツ!。

その後、近くの豊川駅へ行き北斗星の前後を繋げるため、みどりの窓口へ私も一緒について行きました。
豊川駅の駅長さんいわく
『よく取れたねぇ~』
ですよ。
まぁ~無事、前後を買いましたけどね。

豊川~豊橋(普通列車)、豊橋~東京(新幹線)、東京~上野(山手線)、上野~札幌は当然、この旅の大きな目的の一つ北斗星、そして札幌~北見(特急オホーツク)と乗り継ぎ、無事息子はお婆ちゃんの家まで辿り着きました。

このときの記念に買ったキーホルダーがこれ!
北斗星01
ちなみに裏
北斗星02
これは北斗星の車内販売でしか変えないレアなキーホルダー、早い話が乗った人だけ買える物なんだそうです。
デザインは2種類あって、本州側を走っている時と北海道側で走っている時では少し違うんだそうです。
ちなみにこれは本州側走行中に購入。

すでにあれから6年も経ちます、かなりヨレて来ましたが、なかなか丈夫で息子は今でも愛用しています。

私も1度は乗ってみたいなぁ~。
どうせなら女房と二人、大阪から札幌まで[トワイライト・エクスプレス]なんか。

しっかし、最近の寝台列車はお金と時間が無ければ乗れない電車になってしまいましたねぇ~。
昔はお金と時間が無いから夜中に安く、そしてゆっくり寝て行けると言うのが魅力的な寝台列車だったのに。

時代は私を置いて行っちゃいましたねぇ~。

仕方ないか。

なんの船?

最近、カメラをよく持ち歩くようになりました、あのしょうがなく買ったデジカメです。

なんと言っても小さく、そして優秀なカメラですので持ち歩くには便利なんですよ。
ほ~んと最近のデジカメは小さいですよねぇ~、だってタバコ1箱より小さいんですよ。
厚さなんか15mm、まさに携帯℡なみに薄いです。

昨年、いつも気になっていた船がありました。
今年に入って間もなく姿を見なくなった船なんですが、[たぶん遠い所へ行ったんだろうなぁ~]なんて漠然と思っていたんですよ。

場所は静岡県清水港。
漁船じゃありませんよ。

ところが最近、この船帰って来ているじゃあ~りませんか。

定期の関係で甲府便を担当するときに、東名高速清水ICで降り国道1号線を数km走ってから国道52号線をひたすら北上します。
このわずかしか走らない国道1号線沿いに清水港があります。

昨夜、甲府を出て国1(国道1号線の略でこくいち)に突き当たり清水港近くの高架の上で一旦停止。
本来は非常用非難地帯なんですが、ここは一発、この気になっていた船の写真に挑戦しようと思いました、しかも難しい夜の写真。

なんたって仕事柄、夜しか走りませんので昼間の状態で停泊しているこの船を見たことはないのですよ。

船

この右側の船です、別にヨットではないのですよ。
船の大きさから似合わないほど高いマスト?が気になってしょうがなかったんです。

手前の船でもそこそこの大きさがあるのに、この船の高さはゆうに30mくらいあるんですよ。
でも船そのものはそんなに大きくないし、もしかして作業用クレーン?とも思ったんですが・・・
そうでもないみたいです。

すぐ横にコンテナヤードがあり、岸壁には巨大なクレーンが据え付けられています。

コンテナヤード

ちょっとわかりにくいけど、実はこのクレーンよりもマストの方が高い。

いったい何を運ぶ船なのか、また何故こんな高さのマストが必要なのかわからない船ですねぇ~。
ちなみにこれ以上近づけませんでした。
理由は港湾関係者以外は立ち入り禁止になっているためです。

まぁ~私のようシャッターを押すだけしか出来ない人でも、結構上手く写るもんですねぇ~。
腕は二の次で、やはりカメラが凄い?

今度は夜景でも挑戦してみよう。


しっかし、あの高いマスト?は何のため?。

2年前の記事

2年前の記事
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-15.html


****

続きを読む

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ