実は日曜日(28日)に桜を見に行ってきました。
浜名湖付近はまだ五分咲きでいまいちでしたが、以外に三ケ日の山の中は満開でしたねぇ~。

桜01

結構単体で咲く桜も綺麗でしたよ。
山桜ですからたぶんソメイヨシノとは違う品種なんでしょう。

桜02

沼のほとりに咲いていた桜はちょっと悲しいような綺麗なようなひっそりと咲いていましたねぇ~。
この沼に関しての看板があり、巨人の足跡なんだそうです。

桜03

伝説だそうですが、よは巨人が歩いた跡に雨水が溜まり沼になったんでしょう、いったいどんな巨人だんたんでしょうねぇ~。

この近くに綺麗なすいせんも咲いていましたよ。

すいせん
可憐ですね、以外に私はこう言うのがすきなんですよ。
その他にも花が満開でちょっとした骨休みになりました。

花01
花02

浜名湖SAでの桜はこんな感じでした。

浜名湖

別に高速を乗らなくても一般駐車場がPA外にあり結構楽しめますよ。
ちなみに地図にするとこんな感じかな?

地図
Yahoo地図から利用させてもらいました。

この辺を走る事があったら立ち寄って見て下さい。
たぶん満開は4月1日ころかな~?。

この時期高速からではPAに入るには本線上から渋滞中!、一般道(姫街道)から一般駐車場に止め徒歩で入るのがベストかと。

浜名湖や舘山寺の景観と相まって綺麗ですよ!。

トラックバックテーマ 第930回「こんなメガネが好き!」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「こんなメガネが好き!」です。メガネを自分でかけている人もそうじゃない人も。こんなメガネが好きだ、というのはありますか?ほうじょうは時と場合によってメガネをかけたり外したりなのですが安くて可愛いメガネがいろんな所で売ってるので、...
トラックバックテーマ 第930回「こんなメガネが好き!」




今回はメガネですかぁ~。

私もメガネをかけている一人なんですけど、視力は0,06くらい+老眼(遠視)+乱視!。
よって日常生活の中でメガネは必需品(しかも仕事によってかけかえている)です。

トラックバックテーマの中で言うと、ようはフレームの形ですよね。

昔、スティ-ブン・スピルバーグ(あの有名な映画監督)がかけていたメガネが気に入り購入したことがあります。
たまたまこの人がビッグコミック(マンガ雑誌)の表紙を飾った際、かけていたメガネが良かったもので同じものを購入した事がありました。

たぶんメーカーは【ALL’s】だったような?・・・ちがう?。

この人(スピルバーグ)、比較的丸いメガネが多い中、珍しく四角い枠付きのメガネでビッグコミックの表紙(イラスト)を飾っていたのですよ。

弦(つる)の部分がちょっと太く特徴のあるメガネだったんですねぇ~。

このメガネ購入後、私は2年くらい使いました。
非常に使いやすく、特にバランスが良かったフレームですね。

まぁ~、レンズの重さにもよりますが、弦の太さ(重さ)とレンズの重さがマッチしていて、さほど軽くないメガネがかけていてもあまり違和感が無く疲れないメガネで、今までかけてきたメガネの中ではすごく良く出来たメガネでした。

残念ながらメガネと言うのは、私にとってほとんど(仕事柄)消耗品になってしまうため、この辺(使用年数)が限界ですね。

最近は、
『どうせ仕事で壊してしまうから』
っと言うことで赤札堂(愛知を中心に展開しているメガネ屋)で3,980円(もちろんレンズ込み)の安物に終始している始末です。

ただ、形にはこだわり?があり、ほぼ同じデザインのメガネフレームにしています。

以外にデザインが変わると人相も変わって見えて不思議なものですからねぇ~。
そういうわけでたくさんの人と出会う仕事の私は出来るだけイメージ(良いか悪いかわからないけど)を変えないように同じようなデザインのメガネフレームを選んでいます。

たまには思いっきりイメージをメガネで変えてみたいとは思いますけど、年のせいか今の仕事をやめない限り踏ん切りは付きませんねぇ~(ちょっと恥ずかしい)。

定年して年金生活に入ったら、憧れの丸メガネでもかけてみようかな。

女房に笑われたりして・・・!。

ドラクエⅥ 終わっちゃいました。

DS版ドラクエⅥなんですが、以外にはやく終わっちゃいました、実質1週間かな?。

やっぱ一度やったゲームはダメですねぇ~。

物語と進行パターンがわかっていますので、あきらかに事前対策を施しながらのゲーム進行となってしまい最後のエンディングではいまいち盛り上がれませんでした。

以前このゲームで、ものすごく手こずった思い出があるせいか以外に内容は覚えていましたねぇ~。

町の名前が変わっていたり、アイテムの入手方法がちょっと変わっていたり、エンディング後の世界が選択制になっていたりと多少変わってはいましたが、内容はほぼ一緒でした。

まぁ~当たり前ですか復刻版ですから。

でも最後のエンディングテーマソング(歌は無い)【時の子守唄】は相変わらず良い曲ですよねぇ~。
すぎやま先生の傑作だと私は思うのですけど。

確かⅢ・ⅣあたりはNHK交響楽団が演奏していましたけど、このⅥはロンドンフィル交響楽団でしたよね。
6分少々の音楽なんですが良い曲ですよ、私は好きですねぇ~。

この曲の前、バーバラが最後に消えていくシーンは相変わらず泣けました。

さ~て時間つぶしのゲームも終わってしまったことだし、ちょっと仕事で頑張ってみます。
とりあえず今年の春闘も私たちの会社はほぼ妥結を見ましたが、いまいち喜べない内容で苦しい中何とか組合は頑張ったかな?と言う内容です。
まぁ~私から見れば可もなく不可もなくの内容で昨年とあまり変わりませんね。

もうちょっと景気が回復し給料が上がる環境になってほしいものです。

給料が上がらなくても出て行く物(お金)は増えて行く一方で苦しい家計を女房に支えてもらわなければならない私ですけどね。

時間つぶしにこんなことやっている場合じゃないか。

トラックバックテーマ 第926回「一日が48時間になったら何に使う?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「一日が48時間になったら何に使う?」です。一日の時間は大体24時間。それが倍になったら…使える時間が増えますが、今より一日あたりに使える時間が増えたら、あなたは一体何をしますか?ほうじょうだったら、読みたい本がたくさんあ�...
トラックバックテーマ 第926回「一日が48時間になったら何に使う?」












ねる。

チュー太郎その3!

慣らし運転も終わり、雨もやみ、まともに走れる環境になったチュー太郎(デミオ)のレポートです。

ODOはすでに1,200kmを超えました。
チュー太郎07
ちょっとわかりにくい写真で申し訳ありません。

ここまで走るとこのクルマの良いとこ悪いとこがしっかりわかってきました。

走りに関してはやはり若干の柔らかさっと言うか初期のロールが気になります。
結構シャープに曲がってはくれるのですが、どうにもタイヤの性能にかかっているようで足はスポーツ走行にはちょっと耐え切れませんね、この辺はスポルト(スポーツ)の名前が泣いてしまいます。

シフトは以外に入りやすく使いやすいのですが、どうにも場所が遠くて気になります。
チュー太郎02

ペダルのレイアウトもRX-8同様、ちょっと右寄りですね。
ただ、8で慣れましたので不便は無く、しかもペダルすべてが軽くて使いやすいです。

以外に驚いたのはステレオ!
チュー太郎01

元はオーディオレスのためちょっと寂しいのでディ-ラーで安い物をチョイスし、ほとんタダ同然(値引きの内)で付けてもらったのですが、これが以外に優れ物で音の信号はツゥイーター(フロントAピラー脇)、ミッドレンジ(フロントドア横)、ウーファー(リヤドア横)と分かれていて意外なほど良いサウンドです。
完全にサブウーファーが必要ない状態で驚きました(ステレオに詳しい弟も驚いていた)。

ヘッドユニットはしょぼいディスプレイなんですが、内容(音)は結構すごいです。
正月に頑張って作ったプレオのステレオより格段に上で、なんのために頑張ったんだかわからなくなるくらい良い音で、私自身この音を聞いて正直へこみました(私の作るステレオはヘタ?)。
最近のメーカー純正(オプション)のステレオというのは凄いんですね。

チュー太郎
エンジンはカバーがかかっており見えませんが、DOHC16バルブの1,5Lです。
結構軽快に回りますよ。
ただ、上の方(6,000回転以上)はさすがに力不足(トルクが出ない)でちょっと使えませんね。
明らかに実用範囲での性能重視で、この辺もスポーツエンジンとは言いがたくちょっと残念。
なんたって格下のデミオ15Cと同じエンジンですからしょうがないですか。

エンジンルームで気になっているのがこれ!
チュー太郎06
手前に見えているパイプはたぶんエアコンのパイプだと思うのですが・・・純正でこんな付け方あり?。
まるで後付けエアコンみたいでかっこよくないですね。
まぁ~ボンネットを開けないとわからないのでどうでも良いのですかねぇ~。
トヨタや私が乗ってきたスバルならこんな配管はしないでしょう。

スポルトだけの変更点がこれ!
チュー太郎03
キセノン対応のヘッドライトです。
さすがに明るいのですが・・・ハイビームは暗い・・・おまけにフォグランプも暗い・・・。
しかも光度調整すら出来ない。
普通、キセノンには光度調整機能(手動)はあって当然ですよね、どうやら自動で出来るのだそうですが手動が無ければ無いも一緒!。

そして燃費が売りのチュー太郎君、燃費計すら付いていません・・・。
いまどきどんなクルマでも付いているぞ!。

一番上の写真を見てもわかるとおり水温計すら付いていません・・・。
どこがスポーツ???・・・。

シートは体を支えてくれません・・・。
だれた体制でも運転が可能だからまぁ~良しとしましょう。
ただ、頑張って峠を走るとひざで体を支えるためひざの横がすりむけた!・・・イ・タ・イ!。

なんかちょっとだまされた(スポーツ系だよ!の売り)ような気がしてきました。
気分はスポーツですか~?。

チュー太郎05
おまけにこのアンテナいまどきちょっとかっこ悪いでしょう。
走るとビロビロと揺れています。
ダサいぞチュー太郎!


っというわけで軽快に走るチュー太郎をどこまで自分好みのクルマに出来るか?が今後の課題です。

やっぱ足からですよねぇ~。
本当にモンローと共同開発のショック?、完全にタイヤに負けているぞ!、しかも上りでフロントタイヤは空転するし(これはデフの問題?)。

それよりタイヤが大きすぎ?(195-45-16)
16インチはこのクルマにちょっとデカ過ぎでは?。

これから長らく乗るわけですから大事に、そして自分なりに考えて行きたいと思います。
いろんな人の意見(ブログ等)を参考にしてみます。

そのうち遠出をしてみて燃費やらの感想も書きたいと思います。
現在は慣らし終了段階でL/14kmくらいかな?、今後はもうちょっと伸びるでしょう。

女房いわく

『8より使いやすく燃費も良くてまぁまぁかな?』

だそうです。

『あたりまえじゃ~!』

速さにこだわらない女房らしい意見でした。

私としてはちょっと淋しい・・・。



てこずるドラクエ!

ドラクエ6 01
ここのところゲームなんかぜんぜんやっていなかったんですが、最近業務上でも待ち時間が多くなってきてしまったもので、時間つぶしに携帯ゲームをやっていたんですよ。

オッサンの携帯ゲームと言えば麻雀です。

ところが携帯ゲームは意外に電池を食うんですよね。

まぁ~、麻雀ゲームはエンドレスですからいつまでも遊べるのですが、さすがに飽きてしまいました。

そこで息子のDS(ニンテンドーDS)を借りてロールプレーイングゲーム(物語形式のゲーム)でもやろうと思い、最近出た復刻版ドラゴンクエスト?を始めました。


10年以上前のゲームですよね。

昔、もの凄く手こずったゲームです。
当時はまだ私はPCが使えずもちろんインターネットなどで攻略サイトなど見つけられず、基本的に公式攻略本しか使いようがなかった頃のゲームです。

公式・・・ったってほとんど物語の説明だけで攻略方法なんか載っていませんでしたけどね。

始めて1週間・・・

以外に覚えているもので結構進んでいます。

ドラクエ6 02

とりあえずムドー(第1の難関ボス)は倒したし、最後のカギも入手したし、現在は【ジャンポルテの館】で「かっこよさコンテスト」に出場中です。

あれってアイテムの組み合わせ次第で高得点が出せるんですよね?・・・って確か。

いきなり第1ラウンドから失敗!。

最低でも第3ラウンドまで進んで【きれいな絨毯】をもらわないとゲームが進まないような気がしましたが・・・。

ちょっとネットで調べてみよう、反則だけど。

それにしてもDSに搭載されている電池(内蔵電池)は意外に持ちますねぇ~。
息子によると、
『7時間くらいは大丈夫!』
なんだそうです。

本当に進化しましたねぇ~。

昔はこのゲーム、カセットでしてちょっとの衝撃ですぐにデータが飛んでしまい泣きましたよ。
おまけに保存はわけのわからない呪文(パスワード)でこれがメチャメチャ長く、よくティッシュの表面に殴り書きしていましたねぇ~、何たってメモリー機能がありませんでしたから。

これを空になっても後生大事に持っていたのですが、女房がわけもわからず
『なんだろう?これ』
と思いながらも空なので捨てられてしまい大ゲンカになったこともありました。

今思えばアホな話です。

とりあえず当分時間つぶしはこれで楽しめそうです。
本当はスムーズに仕事が進めばこんなアイテムも必要ないんですけどね。

さてこのゲームいつまでもつでしょう。
元ゲームオタクの本領発揮しちゃうかな?。

チュー太郎その2!

せっかくの新車を写真に収めようと思うのですが・・・雨がやみません。

そういうわけで雨の中頑張ってみました。

これが我が家の新しい家族チュー太郎君です。
チュー太郎08


ちなみに目と耳とヒゲは勝手に書いていますよ、けっしてこういう形ではありません。
でも完璧にネズミですね。
なかなかユニークな顔立ちでしょう。

内装もそこそこかな?、ただ最近、デジタル表記主体のコンパクトカーから見るとちょっとアナクロです。
チュー太郎02
夜はこんな感じ!(手ぶれゴメンm(__)m・・・)
チュー太郎03

なかなかスポーティーな内装です(見た目はね!)

注目の手を伸ばさなければとどかないシフトレバー。
チュー太郎04
もちろん自在に操作出来るよう5速MT仕様です。

このタイプのAT(オートマ車)はほとんどCVT(無段変速機)が使われているみたいなんですが、デミオの設定にも7速CVTがあります。

試乗ではこのタイプを乗ったのですが、エンジン音とスピードがリンクせず私は嫌いですね。
しかもパドルシフトの7速もほとんど子供のオモチャみたいで、自分で操作してる感覚が無くぜんぜん楽しくありません。

そういうわけで女房にはこの部分(ミッション)だけは引いてもらいました(女房はCVTが良かった)。

やっぱり走り屋はかき回し(ミッション車)じゃないとね。

気になるブレーキなんですが・・・良く利くんですがドラムブレーキじゃ見た目がちょっとねぇ~。
チュー太郎05
このホイールアーチのデカさも気に入らないんですけど。
はやい内にせめて2~3cmくらい下げたいところです。

最後はキュートなお尻から1発!
チュー太郎07
編集に失敗、尻尾は御愛嬌!
この写真だけちょっと映りがへん・・・ナンバー消すのに横着したものですからカンベンしてください。

後姿もなかなか良いんですが、ちっこいチンチンみたいなマフラーがなさけない・・・。

失礼しました。


さてこのチュー太郎、目標はジムカーナ仕様ですね(別にレースに出るわけではありません)。
軽さを武器に動きにこだわってみたいと思います。

でもお金無いし女房に怒られそうだし、当分このままかな?。

せめて足(スプリング&アブソーバー)とLSD(リミテッド・スリップ・デフ)はほしいよなぁ~FFだし。

バイト頑張ろう・・・!
ちょっと無理か。

快速・チュー太郎!

ついに昨日新車が納車されました、我が家の新しい家族です。

クルマはマツダ製、黒のデミオ1.5スポルト(5速MT)!
今どきこういうクルマをミッションで買う人はそういないね、私くらいなもんでしょうか。

残念ながら帰ってきたのが遅く写真に収めるにはちょっと暗くなりすぎて上手く撮れませんでしたので次回ということで御勘弁下さい、しかも雨が降っていたし。

そういうわけで今日はお休みだったので夜な夜なちょっと慣らし運転をかねて一人でドライブに行ってきました。

まずは第1印象!
車体が黒ということもあり、前から見るとネズミみたいですね、これでルーフに耳でも付ければミッキーマウスみたいですよ。
そういうわけでこのクルマに勝手に愛称を付けました。

チュー太郎君です。

昔、息子が小さい頃飼っていたハムスターみたいでなかなかひょうきんな顔立ちです。
今後、カテゴリとして【チュー太郎】を加えさせてもらいました。
これは新しい愛車【デミオ】のことです。

乗ってみるととにかく軽快!、非力なエンジンは実用範囲に力を集中しているせいか以外に使いやすい。
過去、私が乗るクルマ(近年)は200馬力超のクルマばかりでしたので113馬力のチュー太郎では超非力です。
ですが軽い車体のせいであまり非力さは感じませんね。

まだ、慣らし段階ですのでエンジンを回せませんがフットワークの良さと車体の軽さは実感出来ます。
以前初代デミオを乗った時、
『小回りの利く街乗りにはうってつけのクルマだなぁ~』
っと思ったのですが、デミオ3代目となるチュー太郎も今までと変わりはなく、スーパーの駐車場でもバックは楽です。

ただ、ちょっと不満なのがインパネから生えているシフトは私の体に合わないせいかちょっと遠いですね。
腕をいっぱいに伸ばさないとシフト出来ません。
シートを前にずらすとこんどはペダル類が近すぎ踏みにくいしハンドルも近すぎて回しにくいです。

ハンドルはチルト(上下)はあってもテレスコ(前後)がありませんので自分の体に合わせにくいです。
基本的にマツダ車にはテレスコはないのか。

ハンドリングは試乗(スポルトの試乗車)したときにはやや硬くシャキッとしていたのですが、試乗と違ってスピードを上げると意外にロールを出して(利用して)曲がります。
このへんは弟が乗っていたアクセラスポーツの動きに似ています。

正直この動き方が私は嫌いなんですよね。

以前これと似たような動きをするスバルのフォレスター(ロールを利用して曲がっていた)に乗っていたことがあり、どうしても気に入らなくて足回りをそっくり入れ替えた思い出があります。

基本的にロールは少ない方が好きでインプレッサやレガシィのようにロールをほとんど出さずオン・ザ・レールのようなコーナーリングが好きなんですよ。
RX-8はチュー太郎とレガシィの中間くらいな動きかな?、だいたいミッドシップだから基本的に動きが違うか。

ただ、チュー太郎はロールを出すのがハンドルを切った初期の段階だけですので足をちょっと落せば直るかな?、なんたって以外に腰高ですから(見栄えも良くないし)。

あとは落ち着きがない走りをしますねぇ~、まさにコマネズミのよう。
そのわり以外に速い!。
さほど踏み込んではいないし、慣らし段階ですので回転を抑えて走っているのですが、あっという間に100km/h超。

上りではエンジンの非力さが出てしまいますが、下りでは軽快に走ります。
ブレーキも良いですね。
後がドラムブレーキというのがちょっといただけませんが、あまり意識することなく正確にそして確実に利きます。

大昔、86(AE86)レビンを乗っていたころ以来ですよドラムブレーキは。

イニDで使われている藤原拓海のトレノ(86トレノ)はアペックスですので総輪ディスクですが、当時(30年くらい前)峠で遊ぶには86のGT(トレノでもレビンでも)が主体だったんですよ、しかもアペックスやGTVより安かったし。
そのかわり装備は何もなくハンドルやシート&内装はカローラバンと同じでエアコンも非装備、まるで2ドアの商用車状態。

アペックスとGTVは総輪ディスクですが、GTだけリヤがドラムだったんです(エンジンはみな同じ4AG)。

なんで峠ではGTか?というと。

ドリフトの際、たいがいクラッチを蹴ってアクションをつける人が大多数なんですが、ドラムブレーキだったGTはドラムブレーキ特有のペーパーロック現象を利用してアクションをつけられたからです。

フルブレーキからハンドルを切りブレーキをはなしてもリヤだけが一瞬ペーパーロックを起こし遅れて離れるんですねぇ~。
これが自然とドリフトのきっかけになっていたのですよ。

そのせいでクラッチを蹴るより楽で速かったわけです、私もGTでしたのでこの技はよく使っていました。
ただ大昔の話で今のクルマとはスピードレンジが違いますから、こんな話をしても笑われてしまいますね。

ちょっと話がそれちゃいました。

というわけで次回はチュー太郎君の写真を載せたいと思います。

ただ、今週の土日は仕事なんだよなぁ~。
本当はチュー太郎を連れて名古屋のチューニングカーショ-を見に行きたかったんだけど。


残念。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ