クルマの癖

最近、ネタがないですねぇ~。

そういえばディーラーから
『来月7日くらいには新車が納車出来そうです』
と連絡がありました。
楽しみなような寂しいような・・・。

RX-8とももうすぐお別れとなるのですが、私としては堪能出来ないまま手放すことになります。
もうちょっと楽しみたかったなぁ~。

クルマって乗る人の癖が(クルマに)結構出ますよね。
過去、乗ってきたクルマはすべて私の癖をクルマが取りこみ自在に動くようになっているように思います。
じゃぁ、RX-8は私の癖を受けつけたか?・・・っと言うと

受けつけてはくれませんでした。

中古と言うことを差し引いても私より息子の癖を取りこんでしまったみたいで、なかなか私にとって使いやすいクルマとはなりませんでした。

癖は良い物も悪い物もあります。

悪い物とはガタと言ってもよいですね。

『ガタが来ている』

よく言う言葉ですが、クルマで言うガタってどんなもん?。

金属やゴム、その他可動する部分が長年の使い方でへんな削れ方をしてしまい、本来正確に動かなければならない部分が削れた部品のせいで正確に作動しなくなる状態です。

特にステアリングまわりに影響が出やすく、わだちにハンドルを取られやすいクルマになってしまいます。
こういうのって使い方ひとつ(もちろんメンテナンスも含む)で大きく左右されていくものなんですよね。

息子のプレオは昨年中古(平成14年車)で買ったのですが、これが意外に素直なクルマで変な癖も無く(中古なので癖は無くは無いのだが)使いやすいクルマなんですよ。
以前の持ち主が上手に使っていたのでしょう、っと言うか私と同じようなドライビングだったのかもしれません、だから癖が私にとって使いやすいクルマなのでしょう。


癖はヘタならヘタなりの癖が出ます、上手い人が乗ると上手い人なりの癖がクルマには出てきます。
したがってヘタな人と上手い人が1台のクルマを共有するのは難しいのですよ。

そういう点では女房は上手くクルマを使っていますよね。
私がしばらく乗らず女房まかせで、たまに

『半月ぶりに乗るか』

な~んて動かしてみてもなんの問題もありません、違和感がぜんぜん無いんですよね。

ところが息子がしばらく使った後に私が乗ると違和感ありありでクルマの動きが変わってしまっています。
あきらかにドライビングが違うんでしょうねぇ~。

女房は何十年も使いにくい(女房にとって)クルマを私が選ぶものですから大変だったでしょう。
ただ、難しいクルマでも使い方は上手くなっていきます。

別に買い物の足にしかクルマを使わない女房ですが、クルマの特性(動き)を理解しながら使っているのでしょうね。
たぶん息子よりはクルマごとに使い方をよく理解していると思いますよ、この辺はやはりキャリアの差?。
  
RX-8は私以上に息子が使っていますので、どうしても私のドライビングに合わないクルマになってしまうのでしょうねぇ~。
逆に言えば息子にとって使いやすいクルマ・・・っと言うことです。

クルマで言うガタと癖はほとんど同意語と言って良いと思います。

ただ、そのガタが自分のため(運転に)につけられたものならそれは癖なんですね。
ところが自分に合わない癖はガタになるんですよ。

さて新車納車後、最初が肝心!ここで付けられた癖は部品を換えない限り一生直らない。

なんとしても私のクルマにします。
息子には悪いのですがRX-8(事実上息子のクルマ)の二の舞にはしたくありませんので。

ちなみにトラックでもそうですよ。
人のクルマは乗りにくいです。


それにしても何も出来ないまま(思い通りのドライブ)RX-8を手放すのはちょっともったいなかった。


クヤシィ~・・・!。


困ったオーディオ

今年の正月からヒマを見つけながら手を加えているプレオのオーディオ!。

なんと言っても古いパーツばかりを使って出来るだけ安く上げるために手こずっているのですが、これが古すぎてパーツ自体が機能せず困り果てています。

プレオステレオ2

すでに10年以上たったヘッドユニット(デッキ)は長年の振動に耐えきれすデッキ内部の基盤からハンダが剥がれかけ接触不良のオンパレードなんです。
特にピン端子取りつけ部分の裏がダメで、以前は2対ある内の1対が使えませんでした。
息子に

『リヤのスピーカーが鳴ったり鳴らなかったりするぞ、しかも段差を乗り越えると【ギャッ】っと言う音とともに音が飛んじゃう』

完全に接触不良です。
とうとうピン端子が2対とも接触不良で使えなくなってしまいました。

なにゆえこのデッキにこだわるか?っと言うと
CDオートチェンジャー(別体)が使えてMDLP(圧縮MD)が再生可能、もちろん外部もOK(i pod等)、当たり前ですがオートチェンジャー以外に単独でCDも再生可能、しかも息子好みのモニターが超派手!、私としては派手すぎてウザいモニターなんですけど。
はやい話が古い物でも新しい物でも接続が可能なデッキなんです。

さてこのデッキ、こうなったらしょうがないデッキから出ているスピーカー用ラインケーブルを使うしかありません。
もちろん、アンプはそのまま利用しますので出力はカットして信号だけをアンプに送らなければなりませんので、そこでまたもやある物(持っているパーツ)を利用し、ラインケーブルからピン端子への変換アダプターを使うことにしました。

プレオステレオ1

これまたもの凄く古いアダプターで裏の専用カプラー(ハーネス)すら見つからずしかたなく1本1本のケーブルを手で繋ぎました。
別に今でもこのアダプター(最新型)は売っているのですが、2chで5千円くらい、4chで8千円くらいしますので息子の小遣いではちょっと負担が大きいかな?。

これは昔のアダプターで一応4ch(ケンウッド製)です。
この内の2chだけ使っています。

なぜ2chか?っと言うと後(カーゴルーム)で2chを分割するクロスオーバーネットワークを使っているからです。

プレオステレオ4

これで(黒いボックス)2chを4chに割っているわけですよ。
せっかくアダプターが4ch対応なのですからそのまま4本ラインを後まで引けばクロスオーバーネットワークで分割する必要はないのですが、それでは調整が出きないのと、もう1本ラインを引くのがめんどくさいためちょっと【なんで???】と言う配線になっています。

車体の前から後までラインを引くのは簡単ですが、見栄えからラインを車内の裏に隠すのが面倒なんですよ。
なんたって内張りや床を剥がしラインを隠すわけですから相当面倒!(1本はすでに以前埋めてある)。
またむき出しや脇を走らせると走行中ラインが動き接触不良やショートの原因になってクルマ自体が壊れる可能性がありますしね。

プレオステレオ3

ちょっと光って見えませんが、透明のアクリル板を利用し手作りでアンプが外から見えるように仮装しています。
もうすぐいなくなる私の愛車RX-8がリヤウィンドゥごしに見えていますね。

仮装表面のシールの粘着が弱く浮きかけているのがちょっとみっともないんですけど御愛嬌で。
なんせ百均で買ったシールですから。

とにかくお金を掛けないようにしながら息子は爆音で聴きたいらしく私は一苦労です。

結局息子が出したお金はスピーカー代(2対4本)の一万五千円くらいかな?
あとは私や弟の持っているパーツを利用しサブウーファー2本を含む総出力600w以上をスピーカー大小4対8本を使っています。

いくら古いと言ってもパーツ代と手間賃(息子のスピーカー代を除く)で数万円はもらえますよねぇ~普通なら。

正直、安請け合いしなきゃ良かったと私は思いつつも、一度手をつけるとどうしても自分なりの形にしたいわけです、完全でなくても。

あとは音質の問題ですから息子の好みに合わせるためちょっと調整が必要です。

これで1カ月以上もかかった半自作カーオーディオは完成です。
まぁ~好きなだけ爆音で聴いてください。
あまりの音量でプレオのような軽では止まっていてもクルマが揺れています。

ただしちょっと息子に注意!。

『爆音で長く聴いていると難聴になっちゃうよ!』
『ついでに軽のバッテリーでは主電源としてはちょっと辛いかな?、夜中にエンジンが掛からなくても迎えには行かないぜ!』

好きな音楽を爆音で楽しんで下さい。


しっかし疲れた・・・仕事以上に。
それにしても息子もたまには手伝え!。

新ダイヤスタート!

気になっていた新ダイヤが15日(月)からスタートしました。
意外に混乱は無いみたいですねぇ~、一応テストダイヤ(首都圏~京阪神圏)の混乱ぶりが生かされているのか無事通常通り帰ってきました。

ちなみに今日、私は大阪(茨木市)帰りなんですがしっかりこの一部(新ダイヤ)を担っています。
とりあえず多少の不手際(馴れないせい)があったもののホッと一安心でした。

先週から準備もありまして心の中では

『どうなる、どうする?』

っと不安でしたが、運送会社にとっては1年で1番物量の少ない月(2月)から始まったのが良かったのかもしれませんね。

この後、山陽方面&東北方面で相次いで同じ方法を使うダイヤが組まれることになるのですが、上手く行ってくれることを願います。
ついでに私の給料も上がるように!

ってちょっと無理か。

まぁ~、今日やってみて思ったことは

『意外に稼げそう』

なんですけど、1ヶ月やってみて給料をもらってみないとわかりませんねぇ~。

私たち路線の乗務員(夜間長距離便)は歩合の比率が高いので結構給料に影響が出るんですよ。
物量もそうですけど走る距離にも影響があって、長ければ長いほど給料も高くなるわけです。

ちなみにどのくらい走るか?

っと言うと、1ヶ月に7,000Km~8,000Kmくらいは走ります。

数年前(若い頃)は東北まで走っていましたので月間1万Kmなんていうのもありましたねぇ~。
もうすでに地球を何周したことやら(距離だけなら)。

話がそれましたが私にとって今日1発目の新定期だったんですが安心しました。
同僚(部下)のタイムスケジュールとその誤差を帰ってから調べましたが許容範囲で治まっていますので馴れてしまえば問題ないでしょう。

良かった、よかった。

さて、今日は甲府便、安心して寝れそうです。

おやすみなさ~い!。

新しいメガネ

今日、久しぶりにメガネを新調しました。

前回の出先休みの時にメガネを壊してしまったんですよ。
もちろん予備メガネは持ち歩いているので問題なく帰ってこれたのですが、やはり1つしかメガネがないのは常に1泊2日の仕事柄ちょっと不安です。

そこでもう1本新調したわけです。

メガネ

上が新調した物、下が事務用のメガネです。

なぜ2つ?

私、近眼の老眼なんですよ、なんせ50歳ですから。

上のメガネが視力で1,2くらい出せます。
下は0,2くらいかな?度を下げているメガネなんですねぇ~。

普通、0,2くらいまで下がらないと自覚症状が出無いもんなんですよね。
このくらいまでなら意外に生活上困らないからです、免許の書き変えや健康診断での視力検査などで初めて自分は目が悪いんだと気がつくみたいです。

ちなみに私の視力は裸眼でだいたい0,06くらいなんですね、これにちょっと乱視が入っています。
目の検査で使われる視力表の一番上が0,1ですから、それすら見えないわけです。

ところが40代半ばくらいから遠視(老眼)も入りだしこれが大変!。

【近眼は老眼にならない】

なんて言われますが、あれウソです、しっかり老眼が年とともに入ります。

どう大変か?と言うと
まず裸眼で確実に見える距離が狭くなります。

私の場合、裸眼で焦点を合わせられるのが目から60cmくらいまでなんですよ。
それ以上の距離ではだんだんぼやけてきます。

ところが遠視(老眼)も入りだしこのせいで目から40cmくらいまではぼけてしまいます。

はやい話が自分の目ではっきり見えるのが目から40cm以上60cmまでのたった20cmしかないんですよね。

これを遠くへ焦点を合わせるか、近くへ合わせるかなわけでメガネが2つ必要になっちゃうんですよね。

通常、運転中は遠い方に焦点を合わせたメガネを使います。
このため1mくらいの範囲がぼやけてみえません。
夜専門の運転手のためスイッチ類は目で探すことは出来ませんし、メーター類の針もちょっとぼけます。

ところが事務仕事になると1m以内が見えないと仕事になりませんのでメガネを変えます。
0,2くらい出せば室内では問題ないですし、20cmくらい離れれば見えますのでPC打ち込みでも大丈夫!。

結構めんどくさい生活を余儀なくされているわけですよ。

『遠近両用があるじゃないか!』

と言われますが、普通の人ならちょっと慣れれば大丈夫でしょう。
ところがプロのドライバーでは無理なんですよ。

目の動きが一般のドライバーの5倍以上動かすためと、12mもあるトラックを1cm単位で動かすにはどうしてもメガネの端を使わなければならないため、顔の動きで物を見る遠近両用(焦点がメガネの真ん中にある)では反応が遅れるし、顔の動きが大きくなり過ぎて操作がしにくいわけです。
あげくに遠近両用ではメガネの内側に段差があり(外からはわからない)一部見えない部分があるわけです。
これが操作に影響を出すため使えないわけなんですねぇ~。

したがってメガネ全面(レンズ部分)のすべてを使うためどうしてもかけ替えなければならないんです。

目が悪いって不便ですよね。

でも、私はプロの運転手を続けていける大きな理由は視力より動体視力や視野、反応速度などがあまり落ちていないからでしょう。
たまに会社で目の検査(視力意外にも)をしますが年とともにすべての項目は落ちて行くのですが、一般のドライバーよりは優れているせいで大丈夫みたいです。

ちなみに仕事用なので赤札堂(愛知を中心に展開するメガネ屋)で3500円!
もちろんレンズも入れてですよ。

仕事はこれで充分です、何かのきっかけですぐ壊れてしまいますから。

プライベート用では高価な物も使いますけどね。
やはり高い物はフィット感が違いますし疲れません。

でも壊れれば一緒!。

昔は
『あのスピルバーグが掛けているメガネにしよう!』
とか
『たまにはまんまるのメガネもいいな』
なんて形にこだわっていましたが、仕事で何本も壊すとどうでもよくなっちゃいますね。

ただ、気にしているのはメガネで結構イメージが変わりますので、最近はほとんど似たような形の物を選ぶようにしています。

3500円のメガネ、いつまでもつことやら。

女房は一安心

出先での休み中、雑誌(カー雑誌)を読みながら考えてはいたのですが、とうとうあきらめました。

ナニを?

っと言うとこれです。

RX-8

自慢の愛車RX-8です。

これは自分のPCや携帯の待ち受け画面用に撮った写真なんですが、もちろん自分のクルマです。
なかなかのアングルでしょう。
2mほどの大型トラック用脚立を使い上から撮影したのですよ。
RX-8特有の観音開きを強調してみた写真です。

実はこのクルマ、ちょっとした理由でこのブログを始めたころに中古で買ったクルマです。
本来は新車で買いたかったのですが、当時はいろいろ事情がありまして・・・。

今年4月には車検が来ます、その関係もあってちょっとマツダのディーラーへ顔を出しました。
本当は女房の意見からほとんど買い替えるつもりで行ったんですけどね。

ただ、最近出たクルマの話を聞いてくるつもりと、RX-8の車検準備(私はもうちょっと乗りたかった)のため説明を聞くつもりだったんですよ。
RX-8は今回の車検で結構換えなければならない部分が多いので、どのくらい掛かるか見積もってもらうつもりでした。

ただ、女房はこのクルマに不満タラタラで買い変えたかったみたいです。
女房と共有のクルマですからある程度は妥協しなければなりません。

女房にとっての不満はなんといってもランニングコストです。

買い物だけのチョイ乗りしかしない女房では燃費がL/5kmくらいしか出せません。
また、オイル交換のスパンが超短い!(5,000㎞以内)。
プラグの交換も私の家では年1回以上必要!。
あげくにミッションオイルやデフオイルの交換もたまに(半年に1回くらい)必要。
とにかく維持費が掛かります。

一番困るのはロータリー特有の【かぶり】です。

何回経験したことやら。

駐車場から洗車場まで移動しエンジンを止めるとすぐかぶっちゃいます。
この【かぶり】と言うのはエンジンが冷えた状態で始動すると燃料が濃い状態でエンジンに送り込まれるため若干アイドリングが高くなります。
もちろん、水温計が動くくらいにエンジンが温まれば通常のアイドリング回転数に落ち着きますが、この落ち着く前にエンジンを止めてしまうと濃い燃料がプラグにかぶり(点火プラグが燃料で湿気る)かからなくなるんですよ。
こうなると一苦労。

他のクルマとバッテリーどうしを繋ぎ、クランキングを入れながらひたすらセルを回し湿気をエンジンの勢いで飛ばすわけです。
とても自分のクルマのバッテリーだけではエンジンがかかるまで電源が持ちません。

最悪の場合はプラグを外し電極を清掃(乾燥)するのですが、4本あるプラグのうち2本はエンジン下部にあるためクルマを持ちあげなければならず、専用ジャッキが必要です。
ごねると実に厄介なエンジンなんですよ、女房では手も足も出ません。

後は買い物で駐車場の端っこに止めないとドアが開けられないとか(観音ドアの後ろを開けるためには前ドアを全開にしなければならない)、
トランクがあるけど普通の買い物かご(イオン等のマイかご)が入らないとか(斜めなら入るが中身が出てしまう)、
車から出るときに低すぎて出にくく、しかもドアを途中で止められないため、開けたドアが戻ってきて降りるのに手こずる女房は、よくドアと車体の間に身体が挟まっていましたよ(助けてぇ~~~)。

しまいに怒れて

『バカグルマ#!』

っとタイヤを蹴飛ばしていましたね。

なんせうちの女房、このクルマが嫌いみたいです。


今回は女房が

『息子の進学に金が掛かるんだから安いクルマで燃費の良いヤツね#!』

っと言われています、そのくせ

軽はイヤ!

遅いクルマはイヤ!

狭いクルマはイヤ!

中古は絶対イヤ!

困ったもんです。

どう考えても高くなると思うんですけどね。


と言うわけで数十年ぶりにコンパクトカーを買っちゃいました。
コンパクトカーと言えども動きにこだわり、装備にこだわり、燃費にこだわり、ついでに値引きに思いっきりこだわり(ここは女房が頑張った)、どちらかと言うと女房ごのみのクルマになっちゃいました。

私としては新車でなくてもスポーツ系なら良かったんですが、『中古は絶対イヤ!』のひと言で却下されてしまいました・・・シュン・・・。

まだクルマは来ませんので今のところナイショにしておきます。

試乗をしたかぎり、マツダ特有の猫足か?っと思いきや結構カッチリした動きでインプレッサやレガシィに似ていてなんだかちょっとドイツ系の動きですね。
ただ、力はありません。
必要にして充分(高速でも)と言う感じで常用域でフルに力を出し切れるクルマのようです。
意外にステアリングも軽く(レガシィ並みに軽い)、車体が1tと非情に軽いせいか思った以上に軽快!、足もしっかりしていてモンロー製ショックが標準のようですし。

クルマに詳しい人ならこのコメントでなんだかわかっちゃったかな?。

納車されたら綺麗なうちに写真を取ってブログに載せます。
それまでちょっと ヒ・ミ・ツ・!。

ちなみに息子はこのRX-8を気にいっているのですが、学生の身分では維持が出来ずちょっとしょうがないかな?、売り払うくらいなら自分が乗りたいと思っているはず。

私は2年間乗って来ましたが、正直に言うと馬が合いませんでした。
なんせ数十年4駆乗りでしたから最後までこのクルマをフルに使えませんでしたね。
クルマとしては本当にスポーツカーで良いクルマなんですよ。

以前も書きましたが、まさに疲れを知らない子供のよう。
脇目もふらず一心不乱に前を向いて走り出せば笑っちゃうほど一緒に遊べるクルマです。

ただ、ひとたびごねると手がつけられません。
あれもやりこれもやりとクルマのご機嫌をうかがいながら、今日はどうしてほしいのかわからなくなるくらい手を焼かされます。
まぁ~この辺も好きだからこそ許せるのですけどね。

以前乗ったクルマを例えるならレガシィ(GT)は力のある忠犬(絶対に主人の言うことが第一)、インプレッサ(WRX)は狂犬(たまに手に負えなくなる)、RX-8は自分勝手な猫というかガキ(子供)ですね。

こんどのクルマは第一印象でネズミみたいなクルマです。
どこまで主人の言うことを聞いて聞いてくれることやら。

ネズミだけに突然いなくなっちゃったりして!。

それはカンベンして。


さて、ちょっとヒマだしガキ(RX-8)と戯れてきますか、もうちょっとの付き合いだし。

フゥ~・・・。

出先(出張先)でお休み

明日は祝日、でも今晩は出発なんですよ。
行先は毎度毎度の甲府便、よって明日は甲府でお休みです。

予定?

なんにもありません、ひたすら飲んで寝る!。

わけにもいかないんですねぇ~こ・れ・が・!

実は今月の車両点検を受けていないため、ちょっと出先で頑張ろうかな?っと思っています。
しっかり洗車道具を持って行かなければならないわけです。

大型トラックを手洗いするのですが、結構大変なんですよ。
なんたってあの大きさですから大型の脚立を使い頭(キャビン)から尻尾(箱後部)まで洗うわけです。

洗う洗剤はいつものママレモン!、1本まるっきり使います。
どうやって洗うか?っというと乗用車の洗車とかわらず、スポンジに洗剤を染み込ませ手で洗うんですよ。

私の会社では下回り(シャシーやプロペラシャフト&デフまで手洗いします)まで手を入れないと文句が出るんですよねぇ~、結構辛いよ。
中には洗車がイヤで辞めて行く人もいますからね。

運送会社は看板を背負って走っているわけですから、そのまま動く広告塔なわけで、汚いまま走っていると、
『な~んだあの会社は、洗車も出来ない運送会社は信用出来ないな。』
っと取られかねないわけで、汚れた車両は会社が嫌がります。

タクシーでもそうでしょ。
いつもピカピカ、雨や雪が降った後なのになぜかピカピカ。
汚れたらすかさず洗うんですよ。

タクシー乗り場で汚いタクシーに当たったら、あなたならどうします?。
私ならパスですね、中も汚そうに思えて。

これと一緒です。


さて、話がそれましたが、洗車の後はワックスがけ!
通常オートバックス等に売られているワックスと同じサイズの物が1本(1缶?)まるまる無くなります。
なんたって全長12m、巾2.5m、高さ3.8mの巨体ですから。
塗るのも大変ですけど拭き取るのはもっと大変。

ちなみにワックスは会社支給品です。

しかも会社のマークが入った専用品(非売品)!

友人に見せるとたいがい驚かれます。

『自分の会社でワックスまで作ってんの?』

違います、メーカー(ソフト99)に依頼し、特別に作ってもらってるのです。
中には『それ売ってくれ!』な~んて輩もいますよ。

ちなみに会社専用品(非売品)として面白いところで、会社のマークが入ったトイレットペーパーもあります、うちの会社ってつまらない物でも意外にこだわるみたいで、入社した時には驚きましたね。

『別にウンコ拭くのに専用品なんかいらんじゃん!』

っと私は思いましたけど。
汚い話でスイマセン・・・。


話は元にもどって、後は通常の始業点検並みにチェックを入れるだけです。
グリスアップから空気圧の点検、バッテリー液の点検、ファンベルトの歪み等々・・・多岐にわたる。

ただ、今回はオイル交換の時期で、オイルエレメントごと変えなければなりません。
なんたってエンジンがデカイからオイルの量も半端ではなく、28Lも必要。
これを1・5mくらいの高さにあるエンジンのオイル注ぎ口から入れるわけですが(もちろん先にオイルを抜いておく)18L缶1本でもクソ重い・・・!。

これを1本半くらい必要なわけですから大変です。
もちろん自分一人でやるんですよ。
エレメントの交換なんかエンジンの真下に付いているせいで、車体下にもぐりこみオイルで真黒になりながら格闘しています。

まぁ~休みでなかったらそんなことはやってられませんよね。

家で休みの場合は女房に
『買い物行くんだから起きてよ#!』
っとたたき起こされ、なんだかんだと用事を頼まれ休んだ気がしません。

そういう点では出先の休みはマイペースで動けますので良いんですけどね。
おまけに特別手当(現金支給)も出ますのでメシ代&飲み代?くらいは楽勝です。

そういうわけで、1年に数回しか無いお休みに出かけてきます。

ちょっと前、予想外の出先休み(大阪の茨木市)へ行ったばかりですが、あの時は予定外の定期だったので困りましたが、今回はわかっている休みなので準備万端で出発します。

ここんとこ写真の掲載も少ないのでカメラでも持って行こう。
ただ、車両点検でそんな時間があるかな?。

行ってきま~す。

プリンターの不調

ここのところの寒さのせいかプリンターが絶不調!

エプソンの【PMA 840】と言う複合機なんですが、これってずいぶん出ましたよねぇ~。
意外に特売の目玉になっていた商品です。

すでに買って2年近くになるかな?。
今でも新品がたまに店頭に並んでいますよね。

何が不調か?・・・っと言うと

赤が出ないんですよ、が・・・。

DVDのレーベルを印刷しているとき、出来上がりを確認してみると、

『アレ?文字に付けた赤色の影が出ていない、なんでぇ~?』

そこで普通紙に文字を打ち、赤色へ変換後打ち出して見ると・・・
色合いがまだらです、まともに赤が出ません。

他の色は問題なく出るんですけどね。
もちろん、インクカートリッジのインクがなくなっているわけではありませんよ。

そう言えば最近プリンターを使っていなかったような。
おまけにメンテナンスもやっていなかったような。

マズイ・・・!


そこでまずはノズルチェック!

色がかすんでいます。

そしてクリーニング!

ガァー・・・うるさい!

再度ノズルチェック・・・ダメです。


これを数回(5~6回)繰り返しましたが・・・ダメです。

仕方なくエプソンのサポートセンターへメールを打ち、帰ってきた答えが私がやった方法(ノズルチェック&クリーニングの繰り返し)です。

『すでにやったて~の#!、私が出したメールに書いてあっただろうが#!』

あとはプリンターの設置状態が傾いていませんか?

『傾いてねぇ~よ』

エプソン純正インクカートリッジを使っていますか?

『他のヤツ(カートリッジ)は合わね~だろう!』

規定以上の用紙(A4以上)を使っていませんか?

『どうやってそんなデカイ紙を入れるんだよ#!』
『アホかこいつは####!』


と言うわけで、保証書を見ると、な~んと買った家電ショップ【エイデン】で有料の5年保障を掛けているではあ~りませんか。
ぜんぜん忘れていました。

すぐさまエイデンへ連絡すると、
『持ってきて下さい』
とのこと。

赤で打ちだした用紙を持ち込み詳しく説明すると、

『たぶん、ノズル交換が必要ですね、お預かりします』

『サポートセンターからのメール通り一通りやったんですが・・・』

『あ~あれね、無駄です・・・無駄と言うよりそんなんで直るくらいなら中森さんがメールを打つ前のチェック中に直っていますよ、たぶん。』

結局、費用は掛かりませんが2週間ほど預けることになってしまいました。

こういう時こそプリンターが必要なんですけどね、と言うか必要だから気がついた?。
まだ、打ちださなければならない物が多数あるのに・・・。

さすがに2週間も待てないですから、息子のプリンターをちょっと拝借して打ちだします。
息子のプリンターも同機種同タイプなので新たにドライバのインストールなし(PCに入っているドライバ)で使えるでしょう。

プリンターも意外に壊れますよねぇ~。

過去、3年以上使ったプリンターは無かったな。
あまりにも進化がはやく高機能になって行くもんですから、どうしても既存のプリンターでは不満になってきてしまうんですよね。

ただ、最近は進化も頭打ち(やりつくした)の感があり、最近のプリンターを見てもさほど目新しい機能はありませんね。

現在使っているエプソン製PMA840は私にしてみれば必要にして充分です。

それにしてもたまには使わないとプリンターも腐っちゃうな。
もうちょっと活用します。







【Avatar】

ちょっとカテゴリーとは違うかもしれませんが、この映画はほとんどCGなんでかまわないでしょう。

【Avatar】

アバターです。

すごい映画ですねぇ~。

物語の内容もすごいですけど、映像がもの凄いです。
私は残念ながら3Dで見ることは出来ませんでしたが(なんで?・・・って聞かないでね)、予想以上でしたね。
まさに読んで字のごとく(英語なのにこの表現はおかしい?)Avatar(アバター)とは自分の分身のことです。

まぁ~インターネットをやっている人なら説明はいらないよね、私も中森ユウジと言う(名前だけの)自分の分身を使い、このブログをやっているわけですから。
でもプログのプロフィールに使われるAuthorは作家とかだよね、私、作家ではないんですけど?。

でも、この主人公の気持ちはわかるなぁ~。

あんまり説明するとこれから見ようと思っている人に悪いんだけど、意外に良い映画でしたので続きで書いてみます。
詳しく知りたくない人は(これから見ようと思っている人)続きを開けないように。

ぜんぜん違う話だけど、背景はRPGのファイナルファンタジー10を思い出しちゃいました。
あの映像も当時(ゲームオタク時代)は感動してしまったけどね。

ゲームといったら、ドラクエの6が復刻されたんですねぇ~。

私、1から7までやりましたよ(8以降方向が変わってしまったのでやっていない)。

過去、すごく良かったのは個人的に4&5かな?
一番手こずったのはもちろん6でした。
あれ、ムチャクチャ難しくてもの凄く悩んだなぁ~。

物語としても複雑でなかなか理解しにくい部分があり、完全に大人向けの内容でしたね。
裏ダンジョンなんかいくつあったことやら。

ただ、映像とキャラの作りは完全に子供向けで、ちょっとギャップが大きかったのを覚えています。

『こんな難しくて子供(小学校高学年でも)の知識で本当にクリア出来るのだろうか?』

っと当時は思ったものです。

また、この対極にあるファイナルファンタジーシリーズもずいぶんやりましたねぇ~。

結局、エニックス(ドラクエ)とスクエア(ファイナルファンタジー)が合併し、一つの会社になりお互いの良い所を持ちよりながら作品はどちらも続くのですが、正直両極端の作品(製作部門)が一緒になると中間的なものになってしまい、合併後初の作品『ドラクエ7』には正直がっかりでした(物語も映像も中途半端)。
ファイルファンタジー11なんかゲーム機だけでは出来なくなってしまうし。



ちょっと前置きが長くなってしまったので、続きは読みたい人だけどうぞ。


***




続きを読む

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ