気がつけば200回目の投稿?

気が付けばすでに200回目の投稿になりました。

最近、吹奏楽関連の訪問者が増えましたねぇ~。
別に足跡が付くようには設定していないのですが、管理者ページに訪問者リストなる物があります。
意外に気が付かないところで読まれているみたいですね。

ときどき訪問者のブログを拝見させてもらいますが、かなり専門的な記事が多いですよ。
それから比べれば私なんか素人の戯言ですね。

それでも一度は訪問してくれたことには感謝いたします。

同じく、ランキングもわかるんですね。
ちょっとのぞいてみると私のブログが意外に上位に位置しているのにはビックリしました。
これといってなんのランキングにも参加しているわけではないのですが、FC2のほうで勝手にランキング付けしているみたいです。

ちなみに上位といっても120万人中(この数字も凄い数)5万番台ですから何もしていないわりにはナカナカでしょう。
いつだか1万9千番台ということもありましたねぇ~。

結構皆さんカウンターを付けている人が多いですよね、どうやって設定するんでしょう?。
私ではちょっとわかりません。
だいたい足跡の設定もわかりませんので私ではどうしようもありません、たまに訪問者リストのブログをのぞくのが関の山です。

飽きっぽい性格の私にしてみれば結構続いていますよねぇ~、もしかして文庫本1冊くらい書きましたか?。
単純に200ページですからね、しかも相変わらずの長い文章で。

実はあと2ページよけいに書いているんですよ。

1回はFC2の方で一方的に削除されました。
Google Earth(グーグルアース)の事で記事を書きましたが、どうも私の書き方(写真?)に無理があったようで削除依頼があったのでしょう、削除されてしまいました。

もう1回は自分でどうにも納得いかない記事を書いてしまい、後で修正しようと思ったのですがあまりの記事の長さに調整が取れず自ら削除しました。
この記事はクルマに関しての記事だったんですが写真入りで400字詰め原稿用紙にして5ページくらい書いたものです。

記事があまりに長く、最初の部分を修正すると後の方も修正しなければならず結局削除してしまいました。
別にウソはないのですが、書き始めの頃なので話をうまくまとめられなかったんですねぇ~。

『いったい何台乗り換えた?Paet○!』

の頃だったんです、なつかしいですね今読み返してみると。
ちなみにブログを始めた当時で何を書こうか毎日考えていた頃です。
この記事は下記を参照してください、私にとって古くなかなか話をまとめられなかった頃の記事です。

いったい何台乗り換えた?Paet1
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-24.html
いったい何台乗り換えた?Paet2
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-33.html
いったい何台乗り換えた?Paet3
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-34.html
いったい何台乗り換えた?Paet4
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-35.html
っというわけで、実は途中写真の乗せ方に悪戦苦闘した結果、どうにも上手くいかずパスしまったわけですよ。
本来はPaet5が最終話だったはずなんですが、Paet4で終わってしまいました。

これでも充分長い話ではあるんですけどね。

さて、200回記念(実は202回)の書き込みのわりには中身がともないませんが、もう少し続けたいと思いますのでヒマは人はお付き合いください。

なんとか26日中に投稿出来そうです。


*追伸*

吹奏楽コンクール全国大会の職場・一般の部のチケットが取れました、今から楽しみです。
そのころにはまたもや結果と勝手な感想を書かせてもらいますのでお楽しみに。

ってあまり気にしている人はいないか?。

なが~いLANケーブル

ちょっと前、家へ帰ってきた息子のためにミニ引っ越しをやりました。

以前にも書きましたが息子は自分が求める専攻と違がってきたために北海道の大学を辞めました。
本人曰く、再度自分の進路をやり直したいそうで、来年、某大学(愛知県内)へ再挑戦するそうです。

親にしてみれば1年以上無駄な投資をしてきたわけですが・・・しょうがないですね。
まぁ~、まだ若いんだから回り道も良い人生経験でしょう。

ところで、私は借家住まいでして、当然部屋数が少なく2世帯分の荷物は置けません。
しかも息子は自分の空間がほしいそうで、どこか別の部屋を探さなければならず会社に相談してみました。

借家というのは社宅のことで40世帯ほど入れる鉄筋コンクリート5階建の建物です。
実は結構空いているんですよね。

会社曰く

『家賃を払ってくれればいくらでも借します』

っと言うことで、一軒分借りました。
もちろん社宅なので家賃は破格の値段です(ウルトラ安い)。

昨日、ほぼ荷物も入れ終わり息子にとっては十二分に広い間取りです。
間取りは2DK(キッチンだけでも4畳半はある)トイレ風呂付き、しかもエアコン完備です。

家賃はちょっと言えませんが、同サイズでこの辺の相場(豊川市内)から考えると1/10くらいの金額です(さすが社宅)、自分のバイト代で家賃&光熱費くらいは払えるでしょう。
請求は私に来るので息子からもらわないとね。

とりあえず来年3月いっぱいまで借ります。

さて、この後が問題です。

どうしてもPC(インターネット)が必要な息子にとって、どう繋ぐかが問題。

出来るだけ安く上げるためADSLなども検討しましたがあまり安くは上がりません。
光では半年ほどの契約が出来ず、やめるときに違約金が発生します、しかもこの違約金が高い!。

私の家から息子の部屋まで50mくらい離れているため無線LANではちょっと無理で、中継を使えばいけるでしょうが室外となるためセキュリティーからも問題は多くちょっと怖くて出来ません。

そこでしかたなく、なが~いLANケーブルを引くことにしました。

私の家は2階、息子の部屋は2棟離れた3階とケーブルを引くにはちょっと辛い状況です。

それでも近隣の人たちに了解を得てベランダ沿いにケーブルを引きました。
落ちたら怪我ではすまない場所を通し泥棒状態で冷や汗をかきながら引きましたが大変でした。

息子の部屋でPCに繋ぎ基本設定をしてテストしました。

無事インターネットは繋がり機能しています。

しっかし、ルーターから50mもLANケーブルを引く人は私くらいなものでしょうね。

スピード的にはどうか?っというと・・・やはりちょっと墜ちます。
しかし、元が光(ファイバーケーブル)100メガなので速度が墜ちると言ってもブロードバンドには充分対応出来ますので墜ち方は問題の範囲ではありません。

ただ、息子のPCが一世代前の物でCPU交換&メモリ増設をおこなっていますが、マザー(マザーボード)が基本的に古く、やはり私のPCと比べるとちょっと遅いですね。
なんたってメモリスロットがDDR1対応ですから。
今どきDDR1は見かけませんね。(現在はDDR2が基本で最新はDDR3)

しっかし疲れました、あとは家賃や光熱費&自分のクルマの維持費に進学が決まるまで息子はバイト三昧になることでしょう、そうでないと私も困るんですけどね。

しかし1本物の50mもあるLANケーブルなんかあるんですねぇ~。
20mや25mくらいまではよく見ますが、長いケーブルが無ければ延長ソケットを買って25mを2本繋ごうと思っていたのですが50mなんてLANケーブルがあるとは思いませんでした。

ちなみにこの50mLANケーブルの値段は?というと、
意外に安い3980円でした。
しかもカードを使い5%OFFでしたので37??円くらいです。

安かったかも知れませんが手間はかかりました。


手間暇を惜しんでは良い仕事は出来ませんよね、値段の問題ではありません。

さ~てLANケーブルはどこまで長く伸ばせるのでしょうか?もちろんネット可能な状態でですよ。
50mはぜんぜん大丈夫ということが今回わかりました。


遠くの部屋にネットを繋ぎたい人には参考になったでしょう。

ちなみに無線LANでも離れると接続は難しくなるよ。
また壁の材質にもよるしね。
意外にくせ者が壁の間に入っている断熱材で、表面のアルミなどに反射され20mでも繋がらないそうです。
また、横には飛ぶものの縦には弱く、3階建ての家ではちょっと難しいかな?。

そういう時こそケーブルは無敵です、混信もウィルスの心配もないのでお勧めです。

ただし、手間はかるよ!。

シルバーウィーク始まる

始まりましたねぇ~9月の連休!、通称シルバーウィーク。
もしかしてお盆の休みより長いんではないかと思うほど長いですよね。
今日19日(土)から23日(水)まで5連休の人も多いんではないかと思います。

昨晩は仕事で甲府からの帰りなんですが、清水ICから東名高速を利用しましたが、予想通りのものすごい車の量です。

『もしかしてお盆休みより多い?』

っと思うほど東名高速の流れは悪かったですねぇ~。

おまけに連休前の駆け込み需要で発送は遅く荷物も多く、そして渋滞と闘いながらの帰店となり疲れ果てました。

みなさんヒマなんですねぇ~。

こんなこと言ったら怒られますか。

ただ、家族のためにも無理な走行はやめましょうね。
自分だけならまだしも、家族も巻き込む悲惨な事故だけは絶対避けましょう、少しでも疲れたらSAかPAで休みましょうね。

昔、私の会社の創業者がこういう事を言っていました。

『運転中、眠くなったら警察署の前であってもクルマを止めて寝ろ!』
『怒られたら私が代りに謝りに行くから気にするな!』

っと言うほど太っ腹で我々運転手を大事にしてくれる社長だったそうです。

これはちょっとオーバーかも知れませんが、このくらいの気持ちが無ければ大事な家族を乗せて長距離ドライブは出来ませんよ、ましてや高速道路をたまにしか利用しない人ではなほの事です。


私たちプロのドライバーでも一般道と高速道路では運転方法が違います。

速度に適した運転技術が必要で目の動きや操作など大きく変わってきます。

ところが一般の人は信号の無いちょっとスピードの出せる2車線だと思い、ついつい一般道の延長線のごとく自分本位の運転になってしまうんですよね。

しかし、高速道路では

『ちょっと路肩に止めよう』

な~んてわけには行かず、結局無理(精神的に)をして走るわけです。
しかも高速道路におけるマナーも技術も(自分ではそう思っていない)ままならない中、大事な家族を乗せていることも忘れ走るものですから、事故を起こしてしまってから

『なんでこんなことに』

っと思っても後の祭りなんですよ。

今日もこんなドライバーをたくさん見ました。
私はこんなドライバーのそばには近づきません、巻き添えを食らいたくないですから。

こういう部分だけは

『私だけは***』

で良いと思いますよ。


1年に3回ほど長い休みがありますが今年は1回多く、これが今回のシルバーウィークです。

私たちの苦労も1回多いわけで、それだけ注意が必要ですね。

『プロドライバーは素人の見本』

これが私たちの仕事であり誇りでもあります。
はたして私の運転はそのように見えているかはわかりませんが、トラックの運転に関しては未だかつて会社から注意を受けた事はありません。


そのくせ自家用車ではかなり無理をしていますけどねぇ~、過去記事を読めばわかるか。

いいんです、公私混同がなければ。

トラックの運転(仕事)では正真正銘のプロで、好きなクルマ(趣味)では走り好きなタダのオッサンでいいんですよ、ただしそういう時は人を絶対に乗せませんけどね。


せっかくの長い休みです、みなさん良い休日になるよう安全運転(休憩も多めに)で楽しい家族旅行になるようロングドライブを楽しんで下さい。


そういう私は20日(日)21日(月)と悲しいかな仕事が待っています。

さて、どうやって渋滞を克服するか今から考えています。
これもプロの腕の見せ所なんですよ。

今日は疲れたのでしっかり休ませてもらいます。


おやすみなさ~い!




考えればこのフレーズ多いね!。

それだけ寝る前に更新しているってことか?。

東海大会、大学・職場・一般の部

行ってきました土岐まで。

予想通り駐車場は満杯で近くの小学校のグラウンドが臨時駐車場になっていました。

まずは結果

大学の部

常葉学園大学
(静岡)
 銅

愛知教育大学
(愛知)
 銀

岐阜聖徳学園大学
(岐阜)
 銀

信州大学
(長野)
 金

三重大学
(三重)
 銀

名古屋商科大学
(愛知)
 銀

静岡大学
(静岡)
 金 代表&朝日新聞社賞

というわけでほぼ順当でしょう。
静大は3出明け代表おめでとうございます、圧倒的でした。

ちょっと疑問は三重大も良かったと思うのですが銀ですかぁ~残念。



注目の一般(職場はいない)は個人的に波乱!

岐阜ブラスオルケスター
(岐阜)
 銀

ルロウブラスオルケスター
(愛知)
 銀

創価中部サウンド吹奏楽団
(愛知)
 金

アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽団
(長野)
 金 代表

東海市吹奏楽団
(愛知)
 金 代表&朝日新聞社賞

清水ウィンドオーケストラ
(静岡)
 銀

春日井ウィンドオーケストラ
(愛知)
 銀

西尾市民吹奏楽団
(愛知)
 銀

上田市民吹奏楽団
(長野)
 銅

白子ウィンドシンフォニカ
(三重)
 金

浜松交響吹奏楽団
(静岡)
 金

以上です、感想は続きでどうぞ。


***



続きを読む

忘却録音・・・ってナニ?

アニメ映画 『空の境界』より

第六章【忘却録音】


ちょっとしたきっかけでこの劇場版が見つかり、空の境界としては久しぶりに見ました。
以前、第五章まではもちろんPCで見たんですが、いいオッサンでは理解が出来ず、

『なんだかなぁ~』

な~んて思っていたのですが、第六章がPCサイトで手に入り見ることにしました。

ところが、WindowsのメデァプレーヤーでもNeroのメデァプレーヤーでも再生は出来ず困り果てていたときに、息子が入れた特殊なプログラムを利用してなんとか観賞させてもらいました。

WindowsもNeroもたいがいの拡張子には対応出来るはずなんですが、なぜか出来ませんでしたねぇ~。
仕方なく○○(ナイショ!)のプログラムを使い、やっとのことで再生させることが出来なんとか見たわけなんですがちょっと手こずりました、いったいどんな拡張子?もしくは別なところに問題があるのな?。

『正しい方法(法的にも正規な方法)で入手していればそんなことはない!』

っと言われそうですけど、その辺は御勘弁を。
趣味の範囲を逸脱しない限り、問題はないでしょう・・・っと勝手な判断!。



で、内容は?・・・っというと。

オープニングから明るいキャラ!アレ?。
ちょっと作風が違うのでは?っと思っちゃいました。

黒桐 幹也(こくとう・みきや)の妹、黒桐 鮮花(こくとう・あざか)が今回の主人公と言って良いでしょう。
今まで見た五章すべてで妹なんかぜんぜん話にも出てこないのに突然ですね、さすがアニメです。

原作【奈須きのこ】作の小説もそうなっているんでしょうか?、原作を読んでいない私ではわかりませんけど、ストーリーがちょっと唐突な気がするんですが・・・。

最後にヒロイン(黒桐 鮮花)が言った言葉に

『空っぽの孤独』

っというのがあり、最終話に期待を感じます。

内容を詳しく書くと(書けない)せっかく読んでいる人(もしくは見ている人)に悪いのでじっくり自分で堪能して下さい。
私では説明が難しく頭の中が整理出来ませんので。


すでに劇場上映が始まっている最終話

第七章『殺人思考』後編

ちょっと見てみたい気がしますが、どこの映画館でやっているんでしょうねぇ~、新聞の映画案内には載っていないんですけど。
いいオッサンがひとりで少女漫画?のアニメ版を見に行くにはかなり勇気がいりますし、私ではとても出来ません。

そのうち、またもや反則技を駆使してPCのモニターで見させてもらいます。
こういう時にこそPC操作の腕が問われますよねぇ~・・・?。



って著作権法違反だっちゅーの#!。


最終章ではやっとこの【空の境界】というタイトルの意味がわかるのでしょうか?、その前に私でも理解出来るかが問題なような気がします。

同氏作の【月姫】はわかりやすかったんですけど、これはかなりえげつない(失礼)部分もあり、理解に苦しむアニメ映画なんですが、やっと少しだけわかったような気がします、・・・が、最終章を見ないことにはこの作品を理解出来ないでしょうねぇ~、難しいアニメです。
相変わらず作者が最終的に何を言いたいのか、もしくは何を表現したいのかぜんぜんわかりません。
ただし、なんとなく方向はわかります。


以前にも書いた通り、作家【奈須きのこ】は男性なんだそうですが、この人の思考回路は少女もしくは女性なんでしょうね。

ふだん、どんな生活をおくっていることやら?ちょっと興味がありますね。



意外に私と同じ普通のオッサンだったりして?、そうだったとしたら奈須きのこファンはちょっとショック?。

そういう私もいい年こいたオッサンなのに普通じゃない?。




女房・子供一人を養うサラリーマン!
ぜんぜん普通です、ハイ!。
D&%$#”Y*;・・・!


意味不明!。

北見の吹奏楽?

吹奏楽コンクール支部大会の結果を見ていたんですけど、北海道の一般では北見吹奏楽団が代表に選ばれていました。
もうひとつは上磯吹奏楽団です、ともに久しぶりですねぇ~。

私の故郷では北見交響吹奏楽団と北見吹奏楽団の一騎打ちが毎年繰り返されているみたいなのですが、古いのは北見交響吹奏楽団のほう、私が中学時代からあったので40年近いのかな。
正確にはわかりませんが相当古くから頑張って活動をしているバンドです。

もちろん、どちらも全国大会まで進んだ経験があります。
北見吹奏楽団は今回で3回目ということで北見交響吹奏楽団(過去3回)に並びました。
しかし、過去どちらも全国大会ではすべて銅賞とちょっと残念な結果が続いています。

同地区で全国へ行ける力がありながら地区予選で対峙し、代表は1団体とちょっと辛いのです。
したがって、どちらもときどき全国へ行くか、もしくは地区予選で負けるかのどちらかで、負けだ方は1度きりの演奏となります、したがって双方そろって支部大会(北海道大会)へは行けないのですよ。
どちらも上手いだけに負けた方はちょっとかわいそう。

息子の話では今年(09年)の地区予選では北見吹奏楽団が圧倒していたそうで、今までの接近した代表争いではなかったようです。

大昔、もう一方の北見交響吹奏楽団に誘われたことがありまてね、その楽団に私の先輩がいたのですが、私はこの頃、ロックバンドにめざめ田舎の倉庫を借りてシャカリキにドラムやキーボードを叩いていたころなので、丁寧に?断りました。

でもコンクールはよく聴きに行っていまたよ。

今年こそはせめて北見初一般全国【銀】以上を狙いたいとこですね。


高校では遠軽が3出以降、2年連続ダメ金ですかぁ~、ちょっと残念。
ちなみに息子の友達(吹奏楽部)の母校、札幌白石も残念ながらもうちょっとだったそうです。
昔は無敵だったのにねぇ~。
ちなみに遠軽は昨年から指導者が変わったみたいですね。

今年の北海道代表は東海第四と旭川商業と、どちらも北海道では吹奏楽では有名校で今年も期待しています。



さ~て13日は土岐市で大学・一般の東海大会があります。

個人的に期待の東海市吹奏楽団と創価中部なんですが、どちらかは全国に行ってほしいですねぇ~。
もちろん春日井WOも期待しています。

難敵はやはり浜松交響吹奏楽団かな?、ヤマハはいない(3出休)のでここだけでしょう。
しかも代表2つなんだから1つは絡んでね。

な~んて勝手に書いたらその他のバンドに怒られるか。


しっかり聴きに行きます、愛知県勢頑張ってください。


ちなみに一般全国(名古屋国際会議場センチュリーホール)も頑張ってチケットを取り、絶対聴きに行く予定なので北見吹奏楽団も頑張ってね、人数制限が変わりハンデはないでしょうから。


ちょっと故郷の吹奏楽関連記事を見つけたものですから書いちゃいました。





では・・・飲んで寝ます、ハイ!。

気持ち spec,up!

息子が私のPCにプログラムを多少追加したのにともない、私のPCをちょっとスペックアップさせました。

メモリの増設です。

処分品のせいか1G×2枚で2980円だったので買ってきました。
メーカーはUMAX製なんですが、純正品でなくてもたいがいOKなので取りつけてみました。

PC内部
PC内部です。

配線の下に見える縦のカードがメモリで、スロットは4つです。

ノーマルは1G(1024)×2 + 512×2で約3Gなんですけど、今回はこの512を2枚ともはずし1G2枚と入れ替えました。
若干光っているのが取り変えたメモリです。

約3G(3072)から約4G(4096)へ多少大きくしました。

取り変えたノーマル512メモリカードがこれです。(御苦労さまでした)
バルクメモリ

手っ取り早くスペックアップするなら自分でも簡単に出来ますよ。

ちなみに搭載されているCPUはインテル製Q9450(Quad)なので私にしてみれば必要にして充分(すぎ?)です。
最近ではこれをしのぐ i7なるCPUも出ています。

人に言わせれば

『そんなハイスペックPCでなにするの?』

っとよく聞かれますが、ハハハァ・・・です。

でも結構ファンは汚れていますねぇ~、先月だか掃除したばっかりなんですけど。
まぁ~たいした汚れではないのでそのままふたを閉めてしまいました。
後は初期不良がなければOKなんですが、電源を入れ立ち上がりを待ちます。

しっかり読み取ったようでバッチリでした。

全体に動きは速くなり当分これで大丈夫です。
ただ、3Gから4Gなので劇的に・・・っとは行きませんが、以前よりは快適に使えそうです。

このPCではメモリの増設はこの辺が限界で、これ以上増設してもPCが読み取りません。

どうしてもこれ以上のスペックが必要ならばマザー(マザーボード)ごと変えなければならず、ちょっと大仕事になりそうなのでやめておきます。

まぁ~素人オッサンにはこのスペックで充分でしょう、3年は使えるな!。
モニターやグラフィックボードも優秀で画像も綺麗だし文句はありません。


さて、この私にとって超ハイスペックPCで何をしましょうねぇ~。


豚に真珠といわないでね!。

久々の再会!

ちょっとクルマ関係の記事が御無沙汰でしたのでちょこっとだけ書きましょう。

久々の再会とは息子の愛機レガシィのことです。

いろいろな事情もあり大学を辞めて息子が帰って来ました、レガシィとともに。
まぁ~親としてはちょっと心配ではあるのですが、自分が目指す方向はしっかりしているので大丈夫でしょう。

この年(息子の年齢)の1年や2年はすぐ取り返せますからねぇ~、多少回り道になっても目標がある限り問題は無いでしょう、あまり心配はしていないのですが・・・。

ただ、一言いわせてもらえば、こういう時こそ周りのことも考えて少しでも世話になった人くらいには辛くても自ら説明する責任はあるでしょう、すでに大人なんだから。
これが出来るようになった時に初めて大人の世界に足を踏み入れるわけなんですよ、学生であっても浪人中であっても。

これは別に二十歳になってからでは無く、社会人としての基本中の基本です。
したがって十六歳(中学卒業)からでも可能な事で、大学生になっても社会人になっても相変わらず子どものままな人も多いですよね。

こういう状態を引きずると何年経っても大人になれず、社会に出ても必ず行き詰まり仕事さえ投げ出してしまう人間になってしまうんですよ、私の会社にもこういう人がたまに入って来ますが長続きはしません、先生役の私も大変です。
時として辛抱も大事なんですよ、けっして辛抱は無駄な事ではありません。

結局、ニートと言われる人はこの辺がクリア出来ないんでしょうね、もちろんすべてのニートを指すわけではありませんけど。



苦言はこの辺にしてレガシィ君です。

洗車したついでにちょっと乗ってみました。

リコールの関係で乗せ換えられたエンジンは非情にジェントルマンです。
別な意味で言わせれば牙を抜かれた虎のよう。
トルクの立ち上がり方が違い、ものすごくスムーズ!。
スピードののり方も素晴らしく、まるで新幹線の加速のよう。


でも、感激は伝わってこない。


ただ、久々の元主人のドライブのせいか言葉がわかります、エンジンの声が聞こえます。
もっとはっきり言えばクルマの泣き声が聞こえます。

まるで年を取り走り回ることの出来なくなった愛犬が主人のために力いっぱい背伸びをしているようで、痛みをこらえ、言うことの利かない足を引きずりながらそれでも全力で走ります。

私は力ずくで足を動かします。

わずか10分です。

クルマは走り足りません、クルマの不満が聞こえます。
でもこのクルマの限界はすでに超えています。


ちょっと泣けました。
私もクルマも思い通りに動けません。



オド(距離計)は10万km超なのに足は底の破れたスニーカーですから無理もありません。
体には辛い傷跡があり、靴はボロボロで、耳がイビツに傷ついていて苦労の跡がうかがえます。

どれだけ必死に新しい主人を支えていたことやら。

クルマは痛みましたが、こうやってドライバーの腕は磨かれて行くのですよ。
ただ、ちょっとクルマが主人の腕より出来すぎましたねぇ~。

さすがにスバルの屋台骨を支える渾身の傑作【BP5】です。
乗り手を選ばず多岐にわたり足となり、時にはスポーツカーにも負けない運動能力は流石です。
しかしクルマも年を取ります。


この後、息子はこのクルマをどうするのかわかりませんけど、今の状態では普通に走るのが精いっぱいでしょう。

自動車関連の勉強に励むなら、もっとたくさんのクルマに乗り、どんな状態が世間の評価を受けるのか勉強してほしいです、このクルマを見捨てても。

こだわりは大事ですけど、これしか知らないのは

『井の中の蛙、大海を知らず』

で、進歩はありません。


私から言わせれば、このクルマは私と息子のドライブには充分全うし、クルマとしての責任を果たしています。

今後このクルマを乗り続けるなら、年老いた老犬のごとく気使いが必要です、このレガシィはあまり無理が利きません。




しかし、久々ですねぇ~、こいつと話し合えたのは。



私の現在の愛車?エイト君(RX-8)は私が嫌いみたいで、相変わらずぶっきらぼうです。
私の言う事を聞かない悪ガキです。



息子とクルマを取り変えようかな?。
お互い年を取り無理も利かない年齢なのでレガシィ君とは話が合いそうだし。



しっかし、主人の趣味のせいか車内はきらびやかだねぇ~レガシィ君。

ぜんぜん似合わないよ、BP5ジェントルマン!。

M&A 実質始動!

*M&A*
【Mergers and Acquisitions】
*合併と買収*

私どもの会社は今年3月中堅(やや大手)運送会社の買収を発表しました。
テレビ・新聞紙上にも報道されましたが、一部(陸上)業務統合は9月(今月)からスタートしました。

買収した運送会社の親会社は日本でも屈指の大手企業なんですが、不景気のあおりを受けて子会社の整理となったわけですよ。

そこで航空部門に強いこの会社を私どもの会社が買い取ったわけですが、業務の統合はなかなか進まずやっとのことで始動しました(とりあえず陸上部門)。

私の勤める会社名を出すと私が誰だかがわかってしまうので某大手(輸送量日本一にもかかわらずコラムニストからは中堅と思われている)運送会社と言うことで御勘弁下さい。
別に偉くはないですよ私は、ただ、過去記事からどこの誰だかわかっちゃうんで悪しからず。
私の本名がわかっても知っている人(社内だけ)は少ないんですけどね。
でも・・・ちょっと恥ずかしい・・・アレ?。
まぁ~会社名くらいは調べればすぐにわかりますけどねぇ~。
(ほとんどバレバレ?)


今日、新会社(買収した会社)の浜松西支店に行ってきました。
自分たちの店なのに従業員はちょっと暗いですねぇ~。

他店(本隊)の私が行くと素早く台車を用意し、準備をします。
ちょっとあたふたした感はありますが、一生懸命でしたねぇ~。

一生懸命っと言うより、あきらかに私たちに気を使っていますよ、もはや自分たちの店ではないと言うくらい見ていてちょっと辛いです。
自分たちが主役だった店は私たちの会社に買い取られ子会社としてスタートを切ったわけですから致し方ありません。

さて、何年たったら横のつながりが出来、私たちと対等に話が出来るようになることやら。

ちなみに十数年前にもこういう事がありました。

このときは中国地方(山陽方面)だったためにあまり影響はありませんでしたが、真近にこういうシーンに出くわすとちょっと困っちゃいますね。
お互いに形だけのあいさつと業務連絡だけで意思の疎通なんかぜんぜんありゃしません。
ちょっと息苦しいです。

早く私たちの業務に慣れ、お互いに切磋琢磨して良い会社になるよう頑張りましょう。

新会社の皆さん、これからちょくちょく顔を出しますのでよろしくお願いします。





・・・って、相変わらずどこの会社だか読んでいる人はわからないって!。




ちょこっと続き




***

続きを読む

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ