急きょの休み

前回の投稿 【東三河地区吹奏楽コンクール!】にコメントが来ていましたねぇ~、意外に私のブログを見つける人もいるんですね、本当にコメントありがとうございました。

なんとか返信も書き終わり、今日はどうしましょうか?。

今日はイレギュラーな休みになってしまいました。
実は病欠で休んでいた乗務員から
『今日から出る!』
っと言われ、私が乗務する定期が無くなり急きょの休みとなってしまったわけです。

最近、暑くてバテ気味なのでちょうどいいかな?っと思い休むことにはしたのですが・・・
・・・することがありません。

たまには夜のドライブでも行こう!っと思い走りだしましたが、路面がところどころ濡れているために思い切った走りが出来ません。
なんたって、タイヤの性能が低いため雨では排水性の悪さから突如としてグリップを失うため、結構怖いのですよ。
ましてやミッドシップレイアウトのボディーはグリップを失うとすかさずスピンモードに入ってしまうため、ねじ伏せるのに一苦労ですからねぇ~。

D-1なんかで自在にドリフトをこなす人には脱帽です。

相変わらずRX-8には手こずります。

インプやレガシィでは結構なアベレージで走りながらも自在に振り回していたのですが、久々のFRは体が反応せず、常に後手後手の操作になってしまうんですが、・・・年のせいですかねぇ~。

そう言いながら1年半も付き合ってきた愛車RX-8には私のドライビングは好かれていないみたいです。
インプの時やレガシィの時のようにクルマの声が聴こえないんですよね。

最近はこの車が楽しくなくなってきてしまっているんですけど、どうしましょうねぇ~。
もうちょっと気長に付き合いますか、私に振り向いてくれるまで。

さて、明日(すでに今日)は甲府便の乗務です。
たぶん暑いんでしょうねぇ~、甲府も。

来月の配車をもらいましたが、前半戦はフリーとなっているため予定が立ちません。
どうせ配車がないなら、4日、5日と休んで吹奏楽コンクールの県大会でも聞きに行くかな?
確か9日は休みなので選考会を聞きに行く予定です。

昨年の選考会はものすごい人で、後半入場制限のためか当日券の販売をやめてしまいましたよね。
私も当日券組でしたが、午前中に入館したので大丈夫でしたが、後半席を立つと座れない状態でしたね。

あそこの会場(豊田市民文化会館)の大ホールは音が反響しないせいか演奏の粗が良く聴こえてしまって上手な学校と下手な学校の差がもろにわかりやすいホールなんですよ。
あげくに会場が大きいせいで多少の爆音でも大丈夫!演奏が正確ならば。
音量の小さい学校はちょっと辛いかな?

この間のコンクールでも成章、桜丘あたりはその辺を意識してか、あえて爆音状態だったのかもしれませんね。

とりあえず取りとめもない話ですいません。


今日は寝ます。


・・・ZZzz!

東三河地区吹奏楽コンクール!

野球の甲子園へ出るより難しい、2009年度全国吹奏楽コンクールの予選が始まりました。

今回も聞きに行きましたが、生徒たちは皆さん頑張っていましたねぇ~。
私が聞きに行ったのは東三河地区大会【高校の部】です。

結果は出演順で下記の通り。

豊橋商業    金
小坂井高校  銅
蒲郡東高校  金 代表
時習館高校  銀
蒲郡高校    銅
豊橋東高校  銅
桜丘高校    金 代表
豊丘高校    銀
豊川高校    金 代表
豊橋西高校  銅
新城東高校  銀
国府高校    金 代表
新城高校    銀
豊橋中央高校 銀
豊橋南高校  銀
成章高校    シード代表

です。
すべて一般編成(50人以内の課題曲を含むA編成)での結果です。

私が聞く限り、今大会のピカ一演奏は蒲郡東高校の

R,W,スミス作
【アフリカの儀式と歌、宗教的典礼】

でした。

課題曲の4番(マーチ『青空と太陽』)は出演順の早さからかちょっと硬かったんですけど、自由曲は良く歌えていましたねぇ~。
声によるハーモニーやスキャットも素晴らしかったです。
ここの先生は声楽の指導もしているのかな?。
30人少々の少ないメンバーで会場を沸かせてくれました。
代表おめでとうございます、県大会も期待できそうだね。

もうひとつ、少人数で挑んだ豊川高校!。
ここも30人くらいかな?、唯一の課題曲5を選択。
課題曲&自由曲ともに素晴らしいハーモニーでした。
毎年金管の力量不足が気になっていたのですが、今回は優秀でした。
ただ、弱演の部分は綺麗なのですが、強演になるとちょっと力不足でおしい!。
でも非常に良かったですよ。

注目の選考会を狙う桜丘高校はいただけませんでしたねぇ~。
会場が小さいせいもあり爆音状態でちょっと耳が痛かった。
また、音色がイマイチで聞きにくい演奏でしたね。
ただし、そこは強豪校うまくまとめてきています、イマイチだったわりには1抜けかな?。
県大会でも頑張ってください。

最後はシードの成章高校!。

ど~したんですか?

荒かったですねぇ~。

自由曲の『ローマの祭り』はチルチェンセスの冒頭、トランペットが舞台袖でのファンファーレがありましたが、コンクリート製の壁に阻まれ(ちょうど凹みの中に入ってしまっていた)、へんに反響して聞きにくかったです、まるでやまびこ状態(もしかして狙った?)、舞台がちょっと小さすぎましたね。

後半の『主顕祭』はトランペットのソロミス(一発目は成功)からボロボロでした、ちょっと可哀想でしたね、それを全体が引きずってしまったかな?。
全国大会を狙う強豪校にしてはいただけませんでしたねぇ~。
せめてファーストトランペットだけでもC管を使えばちょっとは楽になると思うのですが、B♭管ではちょっと高音はつらいよねぇ~。
私もトランペット出身なので痛いほどわかります。
一発目のビブラートがかかったソロは優秀だったのに残念!。
たぶん、終わった後に泣いちゃったかな?、県大会では起死回生の一発になるよう頑張ってください。
・・・って、野球じゃないって。

全体に前半登場の学校が良く頑張っていました。

さて、代表5校中何校選考会(県大会決勝みたいなもの)に残れるかな?

皆さんお疲れさまでした。
良い演奏をありがとうございます。




ごめん、国府高校も代表なんだよね、
良かったよ・・・ってなんだかなぁ~。
ところで国府の代表って何年ぶり?。
頑張ってね。

最後の代表は豊橋商業だと私は思っていたんですけど、あれはちょっとやりすぎ?。
ユニークな発想で私は好きだったんですけど。


代表の皆さん、県大会では是非頑張ってください。

いそがしそうな今週!

今週はいそがしい一週間になりそうです。

もちろん、世間一般も私もです。

18,19,20日と連休中休み無く運行をしましたが、ものすごいクルマの数でそこらじゅう渋滞です。
一昨日は千葉県佐倉市を出発し東京立ち寄りで帰ってきましたが、久々に日中東京都内を走りました。
相変わらずの大都会は壮大ですね。

東関東自動車道、佐倉ICから乗り、首都高速へ入り新木場ICで降りたのですが、私の立ち寄る東京支店は京葉線【潮見駅】の目の前にあるため、夕方5時頃は人の波でなかなか曲がれません。

出来た頃は東京都江東区の埋め立て地で何もないところへ私の会社の東京支店が出来たのですが、このころはまさに都会の砂漠状態で本当に何もなかったんですよ。

この都会砂漠にホーム長180m×60mもある大型ホームで、大型路線車が120本も全国へ向け発送する超大型店を作ったわけですが、その後目の前(門の前)に潮見駅が出来たとたん、高層マンション(30階建てくらい)は出来るわスーパーは出来るわ、コンビニ、ファーストフード店等々、完全に都会の居住区となってしまいました。

今では街の雰囲気にそぐわない運送会社の大きなホームとなり、人の波をよけながらトラックが何百台も出入りするので、住民からは嫌がられていますねぇ~。

私の会社の方が先に出来ているのですが、住民パワーは強く、移転も視野に検討された事があったのですが、な~んせ東京都内(23区内)に現在と同じ敷地(およそ15000坪はあると思う)を確保することは難しく、今のところ皆さんに迷惑をかけないように運行している次第です。

その後、積み込みが終わり首都高木場ICから乗り都心環状線を経由して東名高速に乗りましたが、渋滞、渋滞で参りました。

1000円高速のおかげでクルマが多く、しかも一度降りると再度1000円となるせいか皆さん辛抱強く渋滞にはまっているんですよ。
この制度も良し悪しですね。

さて、今週は世間もいそがしそうです。

今日はついにと言うか、やけくそでというか、麻生総理が解散宣言する日です。
約、4年ぶりの総選挙で各党とも政権交代をかけて大忙しでしょう。
街頭演説や広報車もうるさく走り回るのでしょうねぇ~。
昼間寝ている私たちにとってはいい迷惑で安眠妨害です。
まぁ~、しょうがないかな?、政権が変わるかどうかの瀬戸際で私たちにも大きな影響があるのですから。

そしてもう一つ、
【皆既日食】
です。

46年ぶり?。

私46年前見ました。
北海道に住んでいた頃、子ども心に空が暗くなりこの世の終わりか?っとばかりに家の中に逃げ込んだのを覚えています。
ただ、皆既日食といっても部分日食だったのだと思うのですが、なんせ当時4歳ではわかりませんよね。
確か、十勝地方が完全に隠れたと思うのですが、その近くの北見地方では部分日食で終わったのでしょう。
ただ、9割くらいの欠け方なのかな?
私の記憶ですからあてにはなりませんけど、間違っていたらゴメンナサイ。

でも日本中で7~8割くらい太陽が欠けるんでしょう?でも私は寝ているな、仕事だから。

私的には今週日曜日まで走り詰めで休みがありません。
首が痛い中耐えながら走っていますけど、なんとかお盆まで持たせてその後、カラー(コルセット)を巻き療養したいと思うのですが、はたして体が持つことやら。

週末26日には吹奏楽コンクールの東三河地区予選(高校の部)がありまして、会場もすぐ近くの新城市民文化会館と行きやすく、聞きに行く予定です。
すでにプログラムが出ていますが期待はシード校の成章高校。
今回はレスピーギ作

【ローマの祭り】より
チルチェンセス&主顕祭

だそうですが、はたしてどんなふうに仕上げてくることやら。

ここの先生は昔、別な学校(幸田高校)でこの曲を披露し、全国大会金賞を取ったことのある自慢の曲ですからちょっと期待しています、成章高校ではどういうふうにするのかな?。

もう一つの期待は豊川高校かな?
相変わらずの少人数で挑むのか注目です。

あとは昨年久々の代表漏れをした豊橋商業。
レハール作曲(鈴木英史編曲)の

【喜歌劇「メリーウィドウ」セレクション】

だそうですが、無難にきましたねぇ~。
昨年、【シバの女王】で無理(カットが不自然)をして玉砕していますので今年は気合が違うでしょう。
ただし、演奏順1番はちょっと不利?。
26日が楽しみです。


あぁ~、もうひとつ桜ね。
チェザリーニの【アルプスの詩】だそうです、ちょっと不安。

わかる人だけわかれば良し!。

とにかく今週一週間頑張りますか。


そろそろ寝ます。

痛いです・ハイ!

ここんところ、肩は痛いわ、腕は痛いわ、相変わらずOPLL(後縦靭帯骨化症)が影響してか毎日か辛く苦しい日々が続いています。
寝がえりを打つたび激痛が走り、なかなか寝付けない毎日が続いているんですよ。

ところが、会社では辛い表情を見せるわけにはいかず何事も無かったように振舞うのですが、そろそろ限界かな?。

こんな中でも18,19,20日と世間一般では連休中にもかかわらず走らなければならないわけで、どうやってこの痛みを誤魔化すか悩んでいるところなんですよ。
仕事があるだけ良しとしなければ!。

どこの会社でもそうだと思うのですが、体が辛い状態で業務に就かせるわけがなく、この場合休ませるのが本当です。
私の会社でもたぶん私が申し出れば休みとなるでしょう。

ところがこの場合、会社としてはどのような判断をするか?・・・っと言うと。

『あいつは体調管理もまともに出来ない以上、ちょっと使えないな!』

っとなるわけですよ。

したがって、見えないところで痛みに耐えながら唸っているわけです。

背中に背負っているものが大きければ大きいほど耐え抜くわけなんですが、なかなか生きて行くことも大変なんですねぇ~。

こればっかりはある程度、年をとって責任ある立場にならないとわからないよね。
もしくは親の責任をたくさん背負っている人とか(子供が五人も六人もいる等)。

私の会社の先輩で今年定年を迎える人がいるのですが、子供が四人いて、その内三人が未だ大学生なんだそうです。
末っ子も来年大学受験で受かれば四人そろって大学生!。

一番上は二浪して大学に行き現在大学院生(大学院1年目)。
二番目も二浪して大学三年生。
三番目は現役合格で大学三年生。
(笑えることに二つ違いの同級生)
四番目が来年四月には大学生だそうです。(受かれば)

しかも全員私立大学!。

とりあえず定年延長をするそうですけど、どうするんでしょうねぇ~。
別に資産家でもなければ宝くじに当たったわけでもなく、私と同じようにごくごく普通のサラリーマンです。
タバコも吸わなければ酒も飲まず、出先での宿泊でも自炊して出来るだけお金をかけないようにしていますけど、たぶん大変なんでしょうねぇ~。

その点、私の家では息子一人ですのでなんとでもなるでしょう。

しっかし、この人も痛いとか辛いな~んて言ってられないわな。

まぁ~、この人から見ればまだ私の方が精神的にも肉体的にもちょっとは余裕あるかな?。

だけどちょっと痛いなぁ~、肩が。

今日も仕事なので痛み止め(医者からもらっている)を飲んで、もちっと頑張ろう!。

そのうち治るでしょう。




そんなんで治れば医者はいらないか?。

【秒速5センチメートル】

3回目かな?このアニメを見たのは。




【新海 誠】監督の作品で

【雲の向こう、約束の場所】

後の作品です。
相変わらずの素晴らしい背景はアニメ作品としては驚きに値します。

実はこの【秒速5センチメートル】は2回ほど以前に見たのですが、気持ちに余裕がなかったせいか、何が言いたいのかわからないまま見過ごしてきました。

今回は時間をかけて1話から3話まで1話ごと日にちをあけてゆっくりと見ましたがなんだか自分の過去を思い出しました。

小学校時代からつき合ってきた主人公【水橋研二】はヒロイン【篠原明里】と結ばれることは無く、高校時代、そして社会人になってからの人間関係をさらりと流しながら物語は終わります。
一言で言ってしまえば
『実につまらない物語』
なんですよ。

ヒロイン【篠原明里】は別な人(たぶん)と結ばれ、以後幸せな生活をおくることででしょう。

主人公は・・・っと言うと、
まだまだ社会の波にもまれながら自分の行先を見つけられずに物語は終わってしまうのですが、なんだか過去の記憶が忘れられないまま?ひとりきりの人生をおくっているようです。


私もこんな時代(光景)がありましたね。


『お前は本当に好きだった人と結婚したのか?』

っと聞かれると

この映画を見た後だと、今思えば

『ウゥ~ン???!』

なんですよね。

たぶん女房に同じ質問をしたなら(たぶん私には出来ない)同じ回答がかえってくんでるでしょうねぇ~(本当の事は言わないかもしれないけど)。

学生時代(小学時代から大学生まで)の恋愛と、生活がかかる社会人の恋愛はかなり違うもので、簡単に『好き』だけでは生きて行けないのですよ。
学生時代は
『どうやって二人で生きていこうか?』
な~んて考えなかったですからね。

とにかく
『お互いに好きならそれで良し!』
で、先のことなんか考えても見ませんでした。

そんな時代が私にもありましたねぇ~。

ただ、ただ、苦しく辛い生活で【好き!】だけではどうにもならない時代がありました。
お互いに耐えられなく、最後は顔を合わせるたびに口喧嘩のオンパレードで
『彼女の為ならなんでも出来る』
っと思っていた私はどこへやら・・・ですよ。
まぁ~お互い若いので妥協が出来ず、こんなもんでしょう。

女房とは5才(ほとんど6才に近い)も違い、私の方がもちろん年上で社会人になり7年目のことで、しかも一人暮らしで6年以上も経っていましたから生活の難しさは重々承知の上で結婚しましたので、ある意味、好き嫌いはともかくお互いに利用できるところは利用し、なほかつ自分に有利な生活を望みながらも実はその一方で妥協の雨嵐みたいな気がします。

まぁ~、この年になると女房の手腕は絶大で、今さら見はなされても私は生きては行けないでしょうね。
たぶん、女房も同じかな?(自分だけそう思っている?)

本当に好きな人(当時)と、生活をともに出来る人(現在)は意外に違い、結婚とは難しいものです。
どちらも満足出来る人がいれば言う事はないのですが、なかなかこんな人はいませんよ。

最終的には自分の子孫(子供)にどれくらい同じ方向(夫婦で)で理解してやれるかが問われるわけで、その点では我が家はとりあえず合格点かな?


でもこの映画を何度も見ていると以前にも書きましたが、
【今の生活を無視できるなら】
もう一度、先が見えなくてもあの時愛した人と会ってみたいですね。




女房には絶対言えないな!。

タハハハハァ~~~!。

夏のボーナス

公務員はもう出たんですねぇ~、私の会社は今月10日です。
ただし、前年比-6万円(平均)っとちょっと辛いのですけどね。

まぁ~出ないよりは良いのですけどね。
なんだか毎年下がっていて近年業績が悪く、冬のボーナスなんかどうなることやら。

私の家庭ではこれといって行先(ボーナスの)は決まってはいないのですが、今後の事を考えてか女房はあまり使いたくないみたいです。

私もこれといってほしい物は無いのでそのまま貯金ですかね。

来年は愛車RX-8の車検(4月)が来るのですが、女房は使い勝手の悪さと燃費の悪さから買い替えたいみたいなんですけど、私としては乗っていて楽しければOKなんです。

前にも書いた通り1度は乗ってみたいクルマがあるんですが女房は納得しないでしょうねぇ~。

乗りたいクルマというのはもちろん

『スーパー7!』

なんですよ、ニア(レプリカ)でも良いんですけどね。
かえってニアの方が信頼性もあって日常に使うには良かったりして。

スーパー7・・・ってどんなクルマ?っと言うとこんなクルマです。

スーパー7
*Wikipediaから参照*

これはロータスヴァージョンですね。

ときどきこの話を会社ですると

『ルパン三世が乗っているオープンカーか?』

っと言われますけど、あれはモーガンの4×4ですよねぇ~。
今では買えませんよ。

スーパー7は意外にたくさんの国でライセンス生産をされていてレプリカはたくさんあり、日本でも新車で買えるんですよ。

スーパー7を詳しく知りたい方は下記URLからどうぞ。
ちなみに上記写真同様Wikipediaでの説明ですけど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3

ちなみに国産で現在も作られているのは名古屋の鈴商と言うガレージで

『スパッセ』

鈴商URL(親切なことに動画付き)
http://www.suzusho.com/supasse/index.htm

くらいなもんかな?

昔、【オロチ】で有名になった光岡モータースでも作っていましたね。
軽量(800kgくらい)コンパクトで意外に速く、コリン・チャップマン(ロータスF-1時代の総責任者)の傑作と言われたクルマです。

RX-8を買う時に実は中古で100万円ちょっとと言う玉を見つけてあったのですが、女房いわく

『ドアも無く屋根も無いクルマなんか雨降ったらどうするの#!』
『こんなんで買い物なんか恥ずかしくて行けるか、バ~カ!』

っと言われたクルマです。

ちょっと寂しかったですねぇ~、せっかく見つけてあったのに。
一応、幌はあるから雨はしのげれるんですけど・・・無理な話だわなぁ~。

もうすぐ定年になる会社の先輩が今月のボーナス+退職金の一部を使って

『GT-R 買おうと思っているんだけど、お前あのクルマどう思う?』

な~んて聞かれたのですけど、

『お好きにどうぞ!』

っとしか言いようがありません。
私も乗ってみたい気はしますけど、買ってまで乗りたいとは思いません。

どうせ私の腕ではあの怪物君を乗りこなせるとは思いませんしね。

私は自分の腕でクルマの持てる性能を充分に発揮させながらコントロール出来るクルマが乗りたいわけで、50歳にもなるいいオッサンが400馬力以上のクルマを自在に操れるとは思わず、まかり間違ってGT-Rなんか買った日にはクルマに

『今日もよろしくお願いします』

っと見栄で乗せてもらうだけの情けない状態になることはミエミエですから、今さら背伸びをする気はありません。

だってRX-8でも手こずっていますから。

その点、インプは自在に振り回していたのにね。

まぁ~どうでもいいです、今回のボーナスは。
もうちょっと夢も希望もあるボーナスになるよう会社も頑張ってもらいたいですね。


もちろん、我々もですけど。

FC2トラックバックテーマ  第767回「会えるなら会ってみたい人」


FC2トラックバックテーマ  第767回「会えるなら会ってみたい人」



ですかぁ~。

人生50年も生きているとそれなりの出会いはあるものなんですが、30代以降は仕事関係にしか新しい出会いはありませんねぇ~。

なんでもOKなら小学校時代に好きだった女の子かな?
私が通った小学校は小さな小さな町の全校生徒合わせて100人もいない本当に小さな学校でした。

私の学年でも20人くらいしかいなかったと思います。
もちろん、すべての学年は1学年1クラスしかなく、学校全体の児童が友達みたいなもんですね。

ただ歴史は古く、すでに120年くらい経っているはずで今でもこの小学校はあります。
校舎は建て直され昔の面影はありませんが、私の親父もお爺さんもこの学校の卒業生です。

当時、同じ学年で一番頭の良かった女の子がいて、ちょっとふっくらした子なんですが口数が少なく、あなりしゃべらない子だったんですよね。
内気な子だったんでしょう。

いつだったか夏の暑い日(たぶん日曜日)に川へ泳ぎに行った時、この彼女も親と一緒に来ていて泳いでいました。
小学校4年生くらいの頃でしたか?。

当時の小学校にはプールなんか無かったですし、海からも遠い北海道の内陸部に住んでいましたから泳ぎと言ったら川だったんですよ。

私はどちらかと言えば目立つ存在で学校でも良くも悪くも大騒ぎしている方でしたね。
彼女はそれをだまって見いているというか、おとなしくして私なんか相手にしないような子で一緒に遊んだことがなかったんですねぇ~。
私も別に気にしたことも無かったんですけどね。

初めて学校以外で顔を合わし一緒に遊んだんですが、いつもとは違い意外なほど私と二人ではしゃぎまわり、このときの彼女はまぶしかったですよ。
本当に以外で私から見ると普段のおとなしい彼女から想像がつかないほどビックリでしたね。

私は一人で泳ぎに行っていましたし、他に子供達もいませんでしたからおさえていたものが爆発したのかな?。

しっかし、小学4年生が一人で川へ泳ぎに行くのも今考えれば怖い話ですよね。
当時の私は怖いもの知らずで一人でどこへでも冒険しに自転車で何十キロも、時には帰れないくらい遠くまで走り回っていました。

このときは普段友達と泳いでいる場所とは違い、もうちょっと面白い場所はないかな~・・・なんて探しているときの出来事でしたので、
『こんなところでも泳げるんだ』
っと、彼女の秘密の遊び場を見つけてしまったような気がしました。

その後、彼女の親に送ってもらい帰りましたが、翌日学校で会っても普段通りの状態で

『きのうはなんだったんだ?』

みたいな調子でしたね。

ただ、この後何回か彼女の家へ遊びに行きましたが、どちらかと言うと勉強を教えてもらいに行ったみたいなもので小学校時代は終わりました。

中学生になってからは町の大きな学校へ行くことになりクラスは分かれ、しかも1年の途中で転校していってしまいましたからその後どうしたかはわかりません。

中学は小学校時代とは違い大きな学校だったためと、クラブ活動(吹奏楽部)の朝練が早い時間から始まるために私は朝早くから家を出るため、通学でも顔を合わすことはなく気がつかないうちに彼女はいなくなってしまいました。

あの彼女、どんな人生をおくっているのでしょうねぇ~。

FC2トラックバックのテーマに合わせるなら

『当時のままの姿で彼女ともう一度会ってみたい!』
ですね。
好きだったわりにあまり思い出はないのですが、あの一瞬だけが目に焼き付いています。

それにしてもあの時の彼女は輝いていたなぁ~。


だれかタイムマシーンを作ってくれないかな?。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ