【アッ・・・!】という間に1月終了!

今日で2009年1月も終了しちゃいますねぇ~。

な~んか早かったなぁ~今月は。

新年早々から新人研修にあけくれ、自分の仕事もままならないまま今月が終わってしまいます。
まぁ~、ほとんどの人がそろそろ研修も終了を迎える状態なので、私の仕事は見守るだけ・・・っという日々が続き、体は楽なんですが神経は使いますね。

残念な事に1名だけは技術的に無理があり

『一度、家族とよく相談しておいでよ!』

っと、事実上お引き取りをお願いしましたけど、彼にとっても私にとっても最善の選択だったとは思うのですけどね。
何かあっては人生を棒に振る事になりかねないわけですから、彼にとってもずいぶん悩んだ結果の判断だったと思います。

どんな人でもプロと言われる職業(本人が望む)になれるわけではありません。

望むだけでプロになれるくらいなら、プロ野球選手でもプロゴルファーにでもなれるわけで、そんな人が何人いるでしょうか?

やはり努力も必要ですが、センスも必要なんですよ。

大型トラックドライバー(プロ)も同じで、大型免許を持っていれば誰でもなれるわけではありません。
基本的にクルマが好きでなければほとんど無理ですね。
ましてやサンデードライバー(家族のため日曜日しかクルマをならない人)ではぜんぜん無理で、長距離ドライブもナビに頼りっきりで地図の見方もわからない人ではとてもとても・・・です。

最近ではATトランスミッションのため、Dレンジしか使わないという人ではプロのトラックドライバーにはなれません。

まぁ~彼の場合、

『とりあえず、昔大型免許を取ったので何とかなるか?』

程度の考えで、私たちの会社を選択したのでしょうが、技術の違いを【いやっ!】っというほど見せつけられ、これをわずか3か月でマスター出来るとは本人も思えず辞めて行きました。

どんな仕事でもプロになるには厳しいもので、はたして自分にとってハードルの高さをクリア出来るか考えてから仕事を選ぶべきだと思います。

別にプロドライバーのハードルが高いとは思いません。

ただ、その人にとって高いか低いかの問題で、ハードルの無いプロ生活はありえないと私は思います。
今現在、頑張って私たちの正式な仲間になるため努力とセンスを磨いている人たちがいますが、私が見る限りたぶん大丈夫でしょう。

苦節30年、会社は点々としましたが、プロドライバーとして既にこんなにも月日が経ちました。

過去、仕事で人身事故を起こしたことはありません。(接触事故はある)

充分、自慢できるかもしれませんね、なんたって普通の人から比べればたぶん、10倍以上の距離を走っているのですから。

簡単に計算しても、営業車(トラック)で年間10万km、乗用車で同じく年間2万kmは走っているので、トータル12万kmは走るわけです。
×10年でも120万kmですよ!。

はたしてプロドライバー以外にこんなに距離を重ねる人がいるでしょうか?。
普通の人から見れば10年でその人の一生分以上走っているでしょうねぇ~。

それでいて事故の確率は格段に低いのがプロとしての誇りですね。

ちょっと自慢してしまいました。

当然、もっと走る人も私の会社ではたくさんいます。
皆さんプロなんですよ、一人も素人に毛が生えたようなドライバーはいません。

さて、私の無事故記録(会社入社以来0件)はどこまで続くことやら。
もちろん目標は一生続ける(プロドライバーをやめても)事です。

交通事故は被害者も加害者も人生がおおきく狂い、どちらの家族も巻き込み本人一人の痛みでは絶対に済みません。
自分の痛みなら耐えれても自分の家族や被害者の痛みには耐えられないというより、理解できないでしょう。
理解出来るまで罪は消えないと思いますよ。

偉そうな事を書きましたが、プロのミスは重大で一般のドライバーの事故以上に責任は大きく、ぺナルティーは命がけとなります。

だって、プロは素人の見本ですから(どんな職業でも)。

そこのところをクドクド唱えながら新人教育真っ最中の私です。

生徒にしてみれば
『いやな先生だ!。』
くらいに思われているんでしょうねぇ~。

まぁ~しょうがないです、事故をしないに越した事はないのですから。

あすから2月ですか、年度末まで精一杯頑張ります。

ただ、業績がなぁ~!。

トヨタショックは愛知県ではあまりにも大きすぎる。

ストレス解消はドライブが一番!

結構、仕事でストレスがたまるのですが、皆さんはどうしているのでしょうねぇ~。
私は何と言ってもドライブが一番だと思っています。(私だけ?)

ほとんど目的も無く、自由気ままに走るのがすきですねぇ~。
ただ、一人で走るのは夜中にブッ飛んで歩くときだけで、普段は女房を連れてあてもなくブラブラしながら適当にいろんな場所へ行ってしまいます。

そんな中でもお気に入りは四国なんですよ。

過去、今年の正月に行った徳島を含め4回も行っています。

別にこれと言って素晴らしい景色を見に行くわけではないし、温泉に浸かりに行くわけでもないのですが、のどかな風景が意外に自分の生まれ故郷の北海道に似ているからなのかもしれません。

大きな街を離れると山や川、そして畑や田んぼばかりで、コンビニなんかぜんぜん見当たりません。
なんとなくスローペースで好きなんですよ。

豊川と言っても結構時間は速く動いているようで、毎日があわただしく帰っては寝る、そして時間になれば仕事が始まる。
この繰り返しで、あっという間に時間が過ぎて行く。

最近は体調の悪さと悩みの多さで余計に速く感じます。
この中で、私は何が出来ているのかもわからず、ひたすらストレスがたまり困り果てた中で気晴らしのドライブとなるのですよ。

じつは、意外な発見があったりしてね!

前回、一色(愛知県幡豆郡一色町)へ岩のりを買いに出かけたところ、意外な物を発見!。

息子が好きな岩のり(この辺にしか売っていない物)を荷物を送るついでに入れてやろうと思い出かけたのですが、途中でナナナァ~と

【トヨタ2000GTのオープンカー】

を見てしまいました、しかも色違いで3台も!

私はアゼン!

『たしか2000GTのオープンは映画【007は二度死ぬ!】で使われ、この映画のためにトヨタがだった1台しか作らなかったオリジナルのはずなのに!』

思わず口にしてしまいました。

すぐさまUターンして近くで見てみると、

『あれ?ちょっと小さくないか?』
(オープンではないが実物は何度か見ている)
トヨタ2000GT
これはオープンではないが実物のトヨタ2000GT
一昨年に名古屋モーターショーで私が取った一枚。

そう、レプリカなんですねぇ~。

ベースはなんとマツダの初代ロードスターなんですよ。

フロント回りやリア回りに仮装を施し、サイドのバッテリーケースも作り込まれ、あげくに内装も木目調のプラ版かな?で仕上げ、おみごとな出来栄え。

ドア回りやフロントガラスの傾斜から
『ちょっと違うか?』
っという程度なのですが、良くで出来ていました。
残念なのはやはり、チリの部分は不完全なのはしょうがないですね。
しかし、クルマ好きの私が一瞬とは言え、見間違うくらいですからお見事と言うしかございません。

カメラを持って行っていなかったので写真に収める事が出来なかったのですが、25日(日)の日に再度カメラを片手に出向き、何としても写真に収めようと思い意気込んで行ったのですが、な~んと

『休業日!』

ガックリです。

次回は絶対、写真に収めこのブログに紹介してみようと思います。
(勝手に乗せたら怒られるかな?)

インターネットでいろいろ調べてみましたが、見つかりません。


気晴らしのドライブはこんな事もたまにはあるんですよ、だからおもしろい。
いやな事もわすれ、一時ではあるのですが自分の時間を有効に使った気がします。

これが遠い所ならなおの事、見たことのない風景や情緒が味わえ、帰って来てから

『もう少し頑張ってみるか』

っとなるわけですよ。

この、あてもないドライブに付き合わされる女房も別に文句は言わず、自分もリフレッシュしているのでしょうねぇ~。(年に何回もないけど)


さて、グチを別な方向でストレス解消に変えていますが(このブログがそう)、今はつらい時期なんですよ、書いてもしょうがないからね。

所詮、タイトル通り

【オッサンの独り言】

ですから、カンベンしてください。

また、新しい発見(私にとって)があったら書きます。


しっかし、あの【トヨタ2000GTオープン】もどきは見せてあげたかったなぁ~。

そんなに遠くではないので、もう一度チャレンジしてみます。



うまくいくかな?お楽しみに!。




またもカブリ?

しっかし、困ったもんです。

またもRX-8のプラグかぶりでエンジンがかからず一苦労でした。

一週間前、駐車場を移動した時にわずか20mくらいしか動かずエンジンを止めたため、その後の始動のさい、かぶったみたいです。

先週は駐車位置が邪魔なため移動したのですが、暖気(運転)もせず、すぐに移動(20mほど)しエンジンを切ったのがいけなかったみたいです。

当日は寒くて始動時の燃調は濃く、暖気運転(燃調が安定した状態)もせずエンジンを止めてしまいました。
仕事の途中ということもあり、いそがしさにかまかけて横着な操作してしまったのがいけなかったのでしょうね。

その後、一週間ほどクルマを動かすことはなく、今日、買い物に行こうと思ったらセルは回るのですがエンジンはかかりません。
もちろん、寒さもありクランキング始動をおこなったのですが失敗に終わり、思いっきりかぶってしまいました。
もしかして前回の停止ですでにかぶっていたかな?。

ディーラーの人が来てくれ、なんとか始動に成功し、エンジンは息を吹き返しましたが、相変わらず困ったクルマです。

かぶりを防ぐため昨年11月にプラグの交換と改良版強化セル(セルモーター)に交換したばかりなんですが、使い方一つでこんな工夫も台無しですね。
ちょっと反省!。

過去、結構スポーツエンジンを搭載したクルマを乗ってきましたが、ここまでデリケートなエンジンは経験した事が無かったですね。

基本的にスポーツエンジンはメンテナンスが大事で、一般のドライバーが使うにはちょっと知識が無いとなかなか本領発揮が出来ないものなのですが、ロータリーエンジンはさらに一歩上の知識と技量が必要なエンジンですね。

ただ、このデリケートなエンジンは本領発揮するとレシプロエンジンとは違い、モーターのごとく天井知らずで軽快にかつシャープに回りドライバーを魅了させてくれます。

もちろん、前回乗っていたスバル製EJ20ターボエンジンには力も回転上昇速度もかないませんが、むらが無く自然にトップエンドまで気持ちよく吹け上がる回転フィールは独特のものがありますねぇ~。
結構気に入っています。
また、FR(フロントエンジン)ながらミッドシップ(前後の重量バランスが均等)エンジンのため、自然で独特な旋回性能も魅力の一つです。(そんなに速くはないのですが)
まさに自分(ドライバー)を中心にクルマが方向を変えるさまは感激ものです。

しかし、ロータリー初心者は勉強をすることがいっぱいあり、頭痛の種ですね。

ちなみに私の弟もRX-8(弟は6速AT、私は5速MT)に乗っていますけど、エンジンがかからなかった事は今までには無いということでした。(すでに新車から3年以上が経っているのですが)

私のクルマは中古ながら、弟より1年古い平成16年車です。
さほど大差は無いと思うのですが。

平成16年と17年ではMC(マイナーチェンジ)の前と後ですね、ちょっと影響はあるかな?。

女房は困りまくっています。
これで(RX-8)買物の足にしているものですから、それでなくても使いずらいところにシビアなエンジンですから

『もう2度とこんなクルマは絶対認めない#!』
『借金が終われば(来年早々)絶対買い換える、まだインプレッサの方が良かった。』

っとカンカンです。

女房は私と一緒(すでに25年以上)になってから常に難しいクルマと付き合ってきたわけですから、別にヘタなわけではありません。
以前にも書いたとおり、女房が一番気に入っていたクルマはスバルの
『フォレスター』
で、見切りが良く、力強く、でも過敏では無く大きさもそこそこにスーパーの狭い駐車場でも困ることはないくらいハンドルも良く切れ、納得のクルマでしたが、私のドライビングに合わず、あきらめたクルマです。
(過去記事(いったい何台乗り換えた?)参照)

さてさて、この困ったチャン(RX-8)をまだまだ1年以上は乗らないと買い替えは困難ですので、もう少し上手に使えるよう勉強します。

ここまででも勉強とずいぶんお金はかかっているんですけどねぇ~。

ムズカシイ~(^^ゞ!。

連日の新人研修!

はっきり言って疲れてます。

最近は何人もの新人が入り、てんやわんやの研修日が続いています。
昨日も一ヶ月近く研修をした新人君を見ましたが進歩の跡があまり見られずどうしたものか迷っています。

大型トラックを運転することは意外に難しいことで、日頃の経験と勘が物をいいます。

当たり前のことなんですけど、車は大きくなっても道路は広くなりません。

なかなか車の大きさを把握できず、右左折もままなりません。
坂道発進なんか冷汗もので、何度エンストを繰り返したことやら。

『本当に大型免許に受かったの?』

と聞きたいほど困ってしまいます。

確かに構造は乗用車と少し違い、サイドブレーキはエアタイプでオンかオフしかなく中間というのがありません。
このため、クラッチの操作に神経を使うのですが、最近ではクラッチの付いた車に乗る人はほとんどいないせいか、なかなか上達しないんですよ。

ただ、私の仕事は運転免許証を取らす先生ではなく、免許を持った人をプロとして通用するように育てるのが仕事なんですが、今のところはまるで自動車学校の先生みたいなことをやっていますね。

いったい、いつになったら一人前に出来るのか不安になってしまいます。

しかし期限はあるためあんまり悠長にはやってられないのですよ。

さて、今晩も別な新人を乗せるのですがどうなることやら。

毎日助手席で冷や汗をかきながらの業務のため、必要以上に疲れます。
お願いだから助手席にもブレーキを付けてもらうよう会社と交渉してみるかな?私の乗る車だけね!

はぁ~、自分で運転してる方がどれだけ楽なことやら。



P,S
コメントの中にぽん鱈の宣伝?がありましたね、以外にいろんなところで売っているんですね。
ただ、ちょっと値段(送料がちょっと?)が高いと思うんですけど、ハハハ・・・。
なんせ、全国展開をしている運送会社なのですいません。

機会があったら利用させてもらいます。
コメントありがとうございました。

【RX-8】のオーディオは i Pot ?

観音8
ほとんどほったらかしのRX-8ですが、やはり音楽がないとさみしいですね。

そこで、息子からもらった i Pot を使う事にしました。

ipot.jpgipot2.jpg

な~んと初期型のiPotですよ!。

ときどき動かなくなるのですが、リセットの繰り返しで復帰させています。
あんまり良い事ではないのですが、そうしなければなかなか復帰してくれないため頑張って使っています。

どうもバッテリーの持ちが短いようで、四六時中充電が必要なんですよ。

クルマに乗せておくと自然放電でバッテリーはスッカラカンになり、家庭用電源に差し込み多少時間をおいてからリセットをかけています。
なぜか、カーバッテリーからの充電ではリセットがきかず立ち上がらない。

一度、どうしても動かなくなり、ショップに持ち込むと

『初期型ですか~、めずらし~!』

っと驚かれます。

分厚いわりにはハード30ギガバイトと少なく、とても現在のiPotには対抗出来ませんが、音質は結構良いですね。

i-Tunesのプログラムが優秀なのもあるんでしょうけど、国産のミュージッツクプレイヤ-ではとてもここまで音質は良くならないですよ。

実はsharp製のデジタルオーディオプレイヤーを持っていたのですが、音が悪く特に搭載されているFMトランスミッターはぜんぜん使えません。

一応、音は鳴りますが悪すぎて聴いてられません。
シャープ
こんなのね!

これに対し、iPotのFMトランスミッター(別売り)は優秀でなかなかの物です。

このiPotは息子が高校進学のお祝いにオジサンに買ってもらったものなんですが、かれこれ5年くらいになりますか?。
当時、5万円前後したそうで、ミュージックプレイヤーとしては破格の値段(高い!)ですよね。

今でも現役で使えますけど、音質もおちる事なく音楽ファイルだけなら30ギガでも充分過ぎるぐらいです。

私のコレクション(音楽ファイル)からiPotへデータを移しかえましたが、何千曲と入っているため時間がかかり大変でした。

その後、iPotの操作方法がいまいちわからず、苦労しましたが今はなんとかなっています。

とりあえず、これでロングツーリングも快適に走れそうですね。
もう1台のミュージックプレイヤーはボイスレコーダーがわりで使っています。

金欠病が蔓延している中(私の家だけ)とうぶんこれで我慢しましょう。

ちょっとジャンルの【音楽】とはちがったかな?

デトロイトモーターショー

ついに新型プリウスが発表されましたね。
性能は良くなったみたいですが、スタイルは現行型のマイナーチェンジみたいであまり新鮮味はないですね。
それでもちょっとシャープになったかな?
ただ、あのヘッドライトのデザインは日産のZで使われているせいか、二番煎じみたいでイマイチです。

詳しくはこちらまで
デトロイトモーターショー
URL
http://car.jp.msn.com/motorshow/2009_detroit/default.htm

私が気になったのがランボルギーニが出展した
【ミウラ・コンセプト】
ですね。
下記でどうぞ
ミウラ・コンセプト
URL
http://www.carview.co.jp/dms/2006/take_car/lamborghini_miura/default.asp

往年のスタイルをそのままに、現代の技術を駆使して製作されたのでしょうねぇ~。
ちょっとヘッドライトの形状が【イオタ】っぽいですけどぜんぜんOKです。

歴代ランボの中では一番好きなスタイルだったし、一度本物を見てみたいですね。

昨年でしたか、ロータス・ヨーロッパの復刻版が出ましたが名古屋モーターショーで見てきましたけど、昔のゴーカートのようなイメージはぜんぜんなく、エキシージの延長線上でしかないスタイルにはがっかりでした。

しかし、今回の【ミウラ】は興味シンシンです。

だれか、日本に輸入してくれないかな?
もしくは国内のモーターショーで発表してくれないかなぁ~。

日本でもこんな自動車不況の時代だからこそ、遊び心満載でどこかのメーカーが完全(スタイルだけでも)復刻版を作ってくれないかなぁ~。

Zのコマーシャルに出ていたS20Zの復刻版で新型をぶち抜いたらおもしろそうなのに。

オモシロいところでは、トヨタスポーツ800あたりをダイハツに作らせ、スタイルだけは当時のままで中身は現代の軽自動車の性能でもオモシロいと思うんだけど。
150万円以下なら買っちゃいます。

まぁ~ありえんか。

今年は不況を吹っ飛ばすオモシロいクルマが出てくることを期待しています。

【ミウラ】は是非市販してね!

絶対買えないけど。

でも、見てみたい。

アレ~?2006年デトロイトモーターショー?
ちがうじゃん!古いサイトから見つけてしまったんですね。
でもいいか、こんなクルマが出てくれれば。
でも出ないんでしょうねぇ~、未だに。
なんたって今は2009年なんだから。



あぁ~?・ごめん、上記URLでは新型プリウスが見れないね。

では、こちらで
新型プリウス
正真正銘2009年版より!
URL
http://toyota.vo.llnwd.net/e1/toyota/prius/


あしからず!。

体調がもどらない

先週から体の調子が悪いと思っていたのですが、思いっきり風邪をひいてしまいました。

業務の中ではもちろん相手店での宿泊があるわけで、これが問題なんですよ。
仮眠室と呼ばれる宿泊施設があり、風呂に入って食事を済ませ就寝となるのですが、仮眠室はしっかり暖房が利いており温かいのですが、なんたってエアコン暖房のため、思いっきり乾燥しているんですよ。

大きな部屋で7~8人くらい寝るために勝手にエアコンを切るわけにはいかず、濡れタオルを枕もとの上にかけたり、ペットボトルのお茶を持ち込んだりと防衛策は取っているのですが、今回はだめでしたねぇ~。

仮眠室というのは、わかりやすくいうと寝台列車のように2段で各ベッドがカーテンで仕切られ、一部屋に8~12人ほど寝られます。

最近ではカプセルタイプの店もあり、ほとんどカプセルホテルと一緒ですね。
私はこのカプセルタイプはどうも苦手で、まるで大きな棺桶状態で窓も無く、出入口は足元のみで火事になったら逃げられるのだろうか?と不安になってしまいます。
かなり違和感はありますねぇ~。

中はアラーム付きデジタル時計や空調のスイッチなど、個々のカプセルごとに調整が利き、便利なのですが、他店の一般的な仮眠室のように横にカーテンがあり、いざという時にザーと開け起きれるわけではないので、どうにもこうにもしっくりきません。
閉所恐怖症の人には絶対無理だね。

土日と休務のため、土曜日は薬を飲んでしっかり寝ました。

多少良くなり、日曜日にトイレの水漏れがあるので直してほしいと女房にいわれ、まぁ~なんとかなるかと病み上がりの体で直すことにしたんですが、これが大仕事になってしまいました。

水洗トイレのパッキンがダメなんだろうと思いきや、タンクから配管に至るまでゆがみがあり上手くパッキンがあいません。

多分、何年か前に震度5強という地震があり、この時に多少ゆがんだのでしょうねぇ~。

結局ほとんどのパーツを変えなければならずホームセンターを行ったり来たりと大変です。
瀬戸物のタンクにもひびが見つかり、水浸しになりながらタンクを設置し、配管の長さを調整しながら新しいパッキンを入れなんとか組み上げました。
このパッキンがなかなか無いんですよ。
ホームセンターでも50mm径の大きなゴムパッキンなんか使われる事は少なく在庫で持っている店は無く、3軒くらい歩いてやっと実物に近い物を見つけ代用しました。

見つけられない物はゴムシールを使い自作してパッキンを作り、なんとかパーツをそろえたんですが問題はタンク(陶器製の貯水槽)

結局、近くの使われていない家から頂戴し加工を施し設置しました。
こんなもん売っていません。

一日がかりで完成させ、無事トイレは使えるようになったのですが、おかげで再び風邪が悪化し、夜には薬を飲んで寝るはめになってしまいました。

こんなことなら最初っから水道屋さんに頼めば良かったのに、
女房いわく
『お金の無い時期にいくらかかるかわからないし』
っということで、私は水道屋さんの代りですか?

まぁ~確かにあそこまで直すと結構な金額を取られそうですよね。

とりあえず、2000円くらいで直したのですが、それ以上に重労働で風邪も悪化しとんだ一日になってしまいました。

今日、これから業務に就くのですが、神戸まで持ちそうには無く、途中で休憩を取りながら走って行きます。
祝日便なので時間に余裕があるのが幸いで事故だけは無いようにしなければ。

体は大切にしましょうね、無理は禁物で普段の体調管理も仕事の内ですから。

今日走るのは気が重い。

東京もついに雪ですか

東京も初雪が降ったそうです、そろそろ関東へ雪雲がかかり始めたみたいですね。

関東、関西と走り続けている私ですが、冬のシーズンは12月後半から関西方面(特に滋賀県下)から雪が降り、徐々に関東へ移っていくんですよねぇ~。

どちらにも走らなければならない私としては、辛いシーズンなんですよ。

もちろん、冬タイヤなんか履いていません。

では、どうするか?っというと、
チェーンを巻くんですよ。

北海道出身の私から見れば、たわいも無い事なんですが、結構めんどくさいのですよ。

大型トラックのチェーンは1本50kgくらいあるため、結構重労働なんです。

最近の新型車両には軽量チェーンが装備されてきましたが、私の乗るトラックには相変わらずクソ重いくさり型のチェーンです。

トラックを動かす事無くチェーンを巻く事は出来ますが、この場合時間との勝負なんですねぇ~。
時間をかけていると手がかじかみ、なかなかフックうをかけることが出来ず、しまいには体も冷え休憩しながらの作業になってしまうため、一気にチェーンを巻いてしまうのです。

しかし、近年は地球温暖化の影響か、こんな事をしなくてはならないのは1年に1度くらいしかなくなりましたね。
仲間の中には
『雪が解けるまで待つ!』
なーんて人もいるくらいですよ。

北海道で運転手をやっている頃は、四六時中チェーンがけをやっていましたねぇ~。
もちろん、スノータイヤを履いていたのですが、スパイクタイヤの禁止以降、どうしても氷には対応出来ず、チェーンを巻かなければ止まる事が出来ませんでした。

スパイクタイヤの性能にスタッドレスタイヤが追いついたとは思いませんが、最近のスタッドレスタイヤの性能はずいぶん良くなってきていますよね。
ただ、アンチスキッドブレーキ(ABS)の性能が上がった事も相まって止めやすくはなったんですが、やはり金属チェーンで氷にくい込みしっかり減速する性能には到底及びません。

ところで、気温が下がれば下がるほどクルマは止まりやすくなる事を知っていました?。

滑る原因は水分なんですよ。

気温が-0°~-5°くらいではタイヤで踏みつけた状態で水分が溶け出し、タイヤと路面の間に水の幕を張り滑ってしまうのですねぇ~。
どこかのコマーシャルでもやっていました。

ところが、私の出身地、北海道北見市あたりは、-30℃くらいまで下がるため、タイヤで雪を踏んでも解ける事が無いため、以外に滑らないのですよ。
息子によると、最近ではそこまで気温は下がらないそうです。
これも地球温暖化のせいかな?

ここまで気温が下がると雪も凍り、小学校時代は雪の上を歩いて通っていましたねぇ~、もちろん降った雪の上ですよ、田んぼなんかななめに横断して歩いていましたね。
それくらい人の重さに耐え、雪は凍ってしまうのですよ。

どこかの冒険家が北極をソリで横断しようとしたところ、
『まるで、砂の上でソリを引っ張っているようだった。』
っといっていましたが、まさにその通りなんです。

スキーも以外にスピードが乗りません。

昔、北大雪スキー場(北海道、白滝村)という所によく滑りに行きましたが、北海道でも有数の寒い土地にあるため、リフト4基を乗つぎ、頂上まで行くと気温が-40°くらいまで下がっているため、傾斜角43°もあるのに意外と平然と滑っていましたねぇ~。(それだけスキーが滑らない)

傾斜角43°というのは、この辺(愛知県近辺)のスキー場ではまず見当たらず、ほとんど直角に見えるほど傾斜はきついですよ。
よほどの上級者でなければちょっと滑るには無理がありますね。

こちらの気温(-0°前後)では同じ傾斜角でも、スピードが乗り過ぎ、私でも滑るのはたぶん無理でしょう。

ちなみに、北海道の子供たちは小学校時代から冬の体育授業と言えばスキー&スケートですから上手くて当たり前です。
滑れない子供はいません。

なんの話をしていたんだっけ?

そう、辛いシーズンの幕開けでしたね。

そろそろ、チェーンの確認でもしておこうかな?、滑ってからでは遅いので。

東京近辺では5cmの積雪でもパニックになってしまいますけど、北海道なんか半年近く雪の中ですよ。
笑われちゃいますね。

私も今年1年、事故の無いよう頑張って走り続けます。

さて、今回の連休は体の調子をもどさなければ。

飲み方も控えめに少し休ましてもらいます。
おやすみなさ~い。

体がきつい!

年明け、5日から業務がスタートしたのですが、あい変わらず物量は増えませんねぇ~。

例年では年明けの一週間くらいは忙しいのですが、今年は年末同様、年が明けても皆さんの懐ぐあいは厳しいようで、発注がスタートする5日以降も意外に物量は増えません。

これは今年の春闘も大変だぁ~。

ただ、幸いな事に組合関係の仕事はとりあえず解任されたので新任君(私の後任)には是非頑張ってもらいたいものです。

今回は、正月休みをのんべんだらりと過ごしたせいか、体のキレがいまいちもどりません。
あげくに昼夜まともに生活をしていたため、夜型人間にもどすにはちょっと時間がかかりそうです。

業務がスタートして三日、毎日がメチャクチャ辛いです。

10日、11日と休み(休務)となっているため、この間で何としても生活時間を変えていつもの時間帯ににもどさねば。

年をとると一度狂った生活時間を元へもどすには大変なんですよ。

若いころは一日でもどせたものの、今では三日も四日もかかるようになってしまいました。
それだけ体がついていかない年になってしまったんでしょうねぇ~いやはや、オッサンどころか年寄りの仲間入りですか?。
なんせ、フクロウのような生活(仕事)をしているものですから、困りものです。

人間、日が明けてから動きだし、日が暮れるとゆっくり体を休め、そして寝るのが普通です。
これが、人間本来の過ごし方だと思うのですけど、いかんせん、選んだ仕事が年中夜中に走り回る仕事を選んだ以上、仕方ないですね。

いつになったら普通の生活が出来るようになることやら。

たぶん、定年まで無理かな?

とにかく、早いうちに体を元にもどさないと毎日が辛すぎて大変です。

今日は早いとこ寝て体を少しでも休めないとね。

早く寝て早く起き過ぎては意味がないですけど。

今日は9時間しっかり寝ます。
おやすみなさ~い。

浜松市楽器博物館

楽器博物館
行ってきましたよ、浜松市楽器博物館!(久しぶり)

相変わらず、変わった楽器が展示されていましたね。
そこで、個人的に変わった楽器&気に入った楽器を紹介します。

館内入場のさい、写真撮影はOK!ということで、たくさん撮った中から一部です。

トロンボーン
金管楽器出身(トランペット担当)の私としては気になった楽器、トロンボーンのピストンタイプ。

これ、私の中学時代に学校にありました。一応、管もスライドするんですよ!
もちろん、運指(指使い)はトランペットと同じです。
バストロ(バストロンボーン)もロータリーではなく、ひもにリングを掛け、引っ張ると動くピストンでした。
って、昔の人(しかも吹奏楽関係者)しか知らないわな。

もう一丁、変わったトロンボーン!
トロンボーン2
これもトロンボーンなんだそうです。
ピストンの数よりベルの数が多いのですが、どういう構造?
だいたい、トロンボーンに見えないね。

これはもちろん、ホルン&トランペットの原型ですね。
ホルン

ちなみに、私の中学時代には変わった楽器が多く、ホルンの代用でメロフォンを使っていましたね。
多分、フレンチホルンは値段が高いためでしょうね。
3年の時には、シングル2本とセミダブル2本になり、メロフォンは1年生の練習用へ格下げとなりました。
最近は見たことないけどまだあるのかな?小学校とか。

ちなみに、ペット軍団はトランペットが5本、コルネットが3本、と充実している中、私だけが個人楽器でしたね(中学生のくせに)。
確か、フリューゲルホルンも1本ありました。

あとは続きでどうぞ!


続きを読む

ヒマなんだか忙しいのか?

正月そうそう、あちこち出歩きましたが今一歩これと言って面白い事はありませんねぇ~。

ただ、昨日はいろいろ変わったクルマに遭遇しました。

エキシージ
E8.jpg


これってロータスのエキシージですよね。
となりが私のRX-8なんですけど、かなり小さなクルマですよねぇ~。

ちなみにすぐ横に黄色いエランかな?もありました。
たぶん、オーナーズクラブの人たちなのかな?、
得らん

奥浜名湖で見かけました!
ちなみにポルシェのかなり古いボクスターも見かけたのですが、写真に収めることは出来ませんでした。

シルビア改

これ、なんていうクルマでしたっけ?
確か、光岡モータースがS13シルビアを改造して作ったクルマですよね。

観光地のお土産物店の角に飾ってありましたが、昔、実際に走っているのを見たことがありましたが、とてもシルビアがベースとは思えないくらいデカいクルマですよ。
こういうクルマは青空の下、浜名湖の海岸線を上品に走ってもらいたいですねぇ~。
ちょっと展示場所がいまいち?です。(動かないのかな?)

スカイライン

これも浜名湖付近で見かけたケンメリのGT-R&フェアレディー240Zですね。
本物なんでしょう、たぶん。

特にZのほうはGノーズが装着されていました。
っと言う事は240ZGですか。(ナンバーも3ナンバーだったし)

写真がややゆがんでいるのは、車内からリヤガラス越しのためです。

あとは浜名湖近辺を探索しましたが、しょっちゅう来る場所なので新鮮味はないですね。
ただ、お客さんが来ていたため、地元の人しか見ることが出来ない景色を見せに歩き回ったわけですけどね。

浜名湖
まぁ~、こんな場所です。
ちなみに舘山寺の山の上からのワンカット!(脇はパルパル)

今日は息子の意見で浜松の楽器博物館へ行く予定ですが、写真を撮れるのかな?
撮れたら載せてみます。

一度、行った事があるのですが、変わった楽器がたくさんあり、音楽関係に興味のある人は面白いかもしれませんねぇ~、特に吹奏楽関係者は。(管楽器が多数)

さあ、明日は仕事だぁ~!

正月休み最後の1日を有意義に過ごしたいですね。

長いような短いような、そして忙しいようなヒマなような正月休みになりそうです。

ではまた、今晩。(書ければ)



プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ