【展覧会の絵】

吹奏楽コンクール全国大会もすべての団体が終了しました。
いずれ是非、生で全国大会を聴きに行きたいですねぇ~。

古城
    幻想的な古城

この中で習志野高校の
『展覧会の絵』
が意外にユニークでしたね。

ニコニコで聞かせてもらいました。

ちょっと編曲が簡略化しているようなのですが、指揮者の考えのもとでのことでしょう。
私は結構良いと思います。

コメントから東関東大会の音源みたいですけど、聴いてみたい人は下記URLで聴けます。
いつまで聴けるかな?

習志野高校 2008年コンクール自由曲
http://www.nicovideo.jp/watch/nm4720089

もちろん、課題曲&自由曲で12分と時間が決まっているわけですから、この組曲の一部を使った演奏です。
プロムナード、古城、バーバ・ヤーガ、キエフの大門
っとつないで一つの曲に仕上げていましたね、なかなか上手い編曲でした。

『これは一度全曲を聞いてみるか』

っと言うことで、何団体か聞いてみました、もちろんプロのCD音源。

本来はピアノ曲で、もちろんムソルグスキーの作曲です。
これを一度も披露出来ないまま亡くなった後、R・コルサコフが一部編曲を加えて世に出したのです。
このために作曲家が
【ムソルグスキー=R・コルサコフ】
っとなっているんですね。

なおかつ、オーケストラ版へ書き換えたのが
【ラヴェル】
だったのですよ。

クラシックにしてはかなりユニークな発想と表現で素晴らしい曲ですよ。
プロムナードなどは色々なところで(駅・学校・病院など)チャイム音源として使われていて、曲名は知らないけどこのフレーズは知っているっという人はたくさんいると思います。
オーケストラヴァージョンはほとんどラヴェル版ですね。

同じく、ニコニコで聴いた
【高橋 徹】
編曲による吹奏楽版『展覧会の絵』は楽器の使い方がユニークで面白いと思いますよ。
本人いわく
【原曲(ピアノ版)を元に編曲している』
っと言うのですが、いまいち私にしてみれば
『そ~なんですか?ピアノ版からは、かなりかけ離れているような気がするのですが?』
っと言う印象です。
素人の意見ですので気にしないでね!
40分くらいの曲です。
聴いてみたい人は下記URLでどうぞ。

『展覧会の絵』吹奏楽ヴァージョン!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4773294

ただし、ちょっとデータは重いですが、チャイムを使ったプロムナードなど、なかなかユニークな楽器の使い方をしていて面白いです。

演奏はレメンス音楽院シンフォニック・バンド 。
指揮はヤン・ヴァン=デル=ロースト です。
『だれも知らんって。』
私も知らなかった。

『ちょっと邪道!』
っと言われそうですけど
【冨田 勲】
のシンセサイザーによる
『展覧会の絵』
も良いですよ!

聴いた事は何度もあるのですが、残念ながら音源は私のもとにはありません
あしからず。

クルマが乗れない!

グループ編成もある程度形が決まり波に乗って来たのですが、以前にも書い通り土日の連休にもかかわらずあまりクルマを転がす日かなかなかありません。

RX-8も自慢の走りを私に披露出来ず、相変わらず駐車場でくすぶっている毎日ですね。

女房に言わせれば
『今年いっぱい、赤字続きなのでガソリン代が出ないよ』
っと言われているので自重しているこの頃です。

まぁ~バカ息子に金がかかり過ぎている以上、しょうがないねぇ~。

私以上にクルマに金がかかりすぎるため女房は困り果ていてます。

大学生だからすべてをまかなえ
っと言うのは酷ですけど、趣味にまで金を出すのは大変です。

女房に言わせれば

『歩いて通えるアパートに引っ越したんだからクルマなんかいらないでしょう』

っと言いますが、クルマ好きの私の息子です。
しょうがないですねぇ~。

ただし、度が過ぎれば勝手にクルマは処分させてもらいます、もちろん私の名義でレガシィを乗っているわけですから。
所有権&使用権は私にあるので一方的に売り払う事が出来ますけど、息子にとってメンツもあることだからそういう方法は取りたくはありません。

私の家計に問題が出るようになったら強硬手段に出ます。

このブログを見ているかな?私の息子は。

大学生と言えど、趣味は自分のお金でカバーして下さい。

今は卒業まで勉学に励み、自分の進む道を見つける事ですよ。
その中で余裕があれば趣味に講じても良いと思いますけど、本分を忘れた行動は認められません。
もちろん親に頼らないで生活が成り立つのであれば例外ですが。

学生(大学生)でも自分で会社を創設し独立している人がいますが、そうなれば私は一切文句は言いません。

働いても働いても生活がきつくなる昨今は女房も大変です。

さて、精一杯の愚痴をこぼしましたが、たまには女房と二人で後先を考えずにお金を使い旅行でもしたいですねぇ~。

誰に聞いても
『子供が一端の社会人になるまではこんなもんです』
っと言われます。
それが親としての義務だからなのですよ。

これを拒否した人(親)は、子供が不幸を招いたり親が不幸を招いたり、っとけっして良い結果にはならないのです。

今は我慢の時ですか、女房も家計をやりくりしている中で私も協力しなければいけませんね。

あくまで個人的な日記と言う事で書いて見ました。
人生、親は苦労が絶えないもので、私も同じくらい親を困らせていたのでしょうね。

人生49年、かなり切羽詰まっています。
私は一生懸命働くだけですが、女房の手腕に信頼をよせ、今日も一日頑張ります。

あぁ~宝くじでも当たらないかなぁ~。

買わなきゃ当たらないって!。

【ダフニスとクロエ】

最近、あまり音楽を聴くひまがなく、仕事に追われてあたふたしている毎日です。

吹奏楽コンクールの全国大会も終わりましたねぇ~。
あっ、そうだ、一般はまだか。

東海地区では中学の部で
千代崎(三重) 金
日進 (愛知) 銀
柳町 (長野) 銀

同じく高校の部では
安城学園 (愛知) 銀
光ヶ丘女子(愛知) 銀
長野(長野)     銅

っと言う結果でした。
詳しく知りたい人は下記URLで確認出来ます。

TBTさんのホームページ
http://www3.plala.or.jp/tbtknic/winds/concour/zenkoku2008/2008-r.htm

もしくはMusica Bella
http://www.musicabella.jp/concours/results/

でどうぞ。

本当に記録を残してくれている上記の方々には頭が下がります。

さて、タイトルの
【ダフニスとクロエ】
なんですが、吹奏楽では定番の曲ですね。
ほとんど第2組曲の(夜明け&全員の踊り)なんですが、最近ニコニコ動画で
【冨田 勲】
氏のダフニスを聞いたのですが、なかなか素晴らしかったです。
もちろん、第2組曲の中から
【夜明け&パントマイム&全員の踊り】
です。

シンセサイザーを駆使して素晴らしい演奏です、吹奏楽ファンなら一度は聞いてみるのもいいですよ。

確か、ホルストの交響組曲【惑星】やムソルグスキーの【展覧会の絵】など、結構クラシックを題材にCD化されていますね、もちろんオリジナル曲もたくさんあります。
この人の音楽は独特の世界観があり、神秘な音を奏でながら独自の音楽を聞かせてくれる演奏で新鮮なクラシック音楽を聞かせてくれます。
私は結構好きですねぇ~こういう音楽は。

昔、電子オルガンを習っていまして、なんとかバンドの中で使おうとしたのですが、なかなかうまくはいかず、いろいろチャレンジしていましたねぇ~。(音が単純すぎて)

昔(30年以上前)の電子オルガンではありきたりな音しか出せず、たくさんのキーボードを並べては演奏するという状況でしたね。

ひとつの音色をひとつのキーボードでしか出せず、どうしてもバンド演奏の中で多彩に音を変えようと思うと自分の目の前に5台も6台ものキーボードを並べ、弾き変えていました。
これは演奏中に音色を変えるにはスイッチを入れ替えたり、ジャンクコード(配線)を差し替えたりと、演奏の合間ではこの作業が難しかったため、始めからひとつのキーボードに音を設定し、5色の音が必要なら5台のキーボードが必要だった。
今では電子オルガンも驚くほどの多彩な音を出し、しかもメモリーカードに音の変化を読み込ませ自動的に音を変えることができるんですねぇ~、ほんとにスゴイのひと言です。

息子が小さい頃(幼稚園児)、カシオトーンだか買ってやったことがあるのですが、3日で飽きられ仕方なく自分で弾いていましたが、たかが4万円程度のキーボードでも呆れるほどの機能と音色がありおどろきましたね。

まぁ、それだけ電子系鍵盤楽器が進化したのでしょうねぇ~。

そういうわけで、冨田 勲氏の【ダフニスとクロエ】はシンセサイザーでここまで出来るか?
っというくらい素晴らしいです。
しかも録音が1979年ですか、この時代でこのサウンドを作れるこの人は天才かな?
私がバンドで上記のようにキーボードを並べてあたふたしていた時代ですよ。
今考えればありえない音の素晴らしさです。(私から見て)

興味のある人は一度聞いてみてください。

詳しくはこちらまで

http://www.bmgjapan.com/tomita/

amazonで1980円だったかな?
レンタルで借りて録音してもいいね。

日に日に寒くなってきました

最近めっきり寒くなってきましたねぇ~。

夜しか働かない私にしてみれば夜中の休憩は寒くて困ります。
エコドライブ推進の先頭に立っている立場からPA&SAでもエンジンを切り休憩を取っていますけど、10分もすると寒いいですねぇ~。

息子は北海道で、はやくもスタットレスタイヤを物色中らしく、冬対策へ真っしぐららしいです。
そろそろ雪の季節が近づき北海道では危ないらしいです。
この辺(愛知県下)ではまだまだシャカリキに仕事をするとひと汗かく状態です。
そう考えれば日本は南北に長いですよねぇ~。

私も公私にわたって色々な所へ出掛けますけど、気が付けば長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県以外、すべて行っていますね。

早い話が福岡県以南を行っていないのですよ。

そのうち日本制覇をしようと思っていたのですが、なかなかチャンスが無く、最近では都道府県別で息子に負けているような気がします。

息子は高校時代(修学旅行)に沖縄へ行っていますので私より一県多く景色を見ていますね。

それ以外は小さな頃から連れて回っていますので私と同じだけ都道府県を見て来ています。
ただ、記憶にあるかなぁ~?

旅行好きの私にしてみれば九州制覇は出来るだけ近いうちに成し遂げたいのですけどね。
沖縄は最後の試練と言う事で残しておきましょう。(飛行機で行く気は無い。)

息子にお金がかからなくなったら女房と二人で何とか日本全国見て歩きたいですね。

しかし、貧乏旅行ばかりですから今のRX-8では無理ですね。
せめて後ろで寝れるクルマでなければ。

最近、目的の無い旅行をしていないなぁ~。

用事があって5月に北海道へ行ったのですが、旅行した気分にはなれません。

私の旅行は常に新鮮で苦しい旅行でインパクトの強い物が多いのですが、最近はこういう旅行をしていません。

しっかし、苦しいっと言うのも何なんですが、行き当たりばったりの旅行ですね。
これが意外に新鮮なんですよ。

ツアーと違い、自分の都合だけで動く旅行は楽な時もあれば苦しい時もあるのですよ。
これが私にとって旅行の醍醐味ですね。

夏でも冬でもかまいません。

気分が乗ればなんでもアリです。

こういう旅行を最近していないなぁ~。

今年の冬は女房に相談してみよう。

『バカたれ#!そんな余裕があるわけないじゃん!』

っと言われるのがオチかな?

視力の限界がだんだん下がってきている私にはそんなに時間があるとは思えませんが、そのうち時間が出来れば沖縄以外(これは最後の砦)、すべてを見て回ってみたいと思います。

自分一人で出かける羽目になってもね。

クルマは動けばいいのですよ、一人なら。
だんだん年を食って来たこのごろの私の願いなのですが、果たして叶うのでしょうか。

叶わせます、絶対!。

勝手に時間を作れば良い事ですよねぇ~。
出来るかな~?、今の私に。


死神の精度

死神2

この人、誰だかわかりますか?

そう、小西真奈美さんという女優さん(歌手?)です。
元、おにゃんこクラブのメンバーだったっけ?モーニング娘だったか?
オッサンじゃわかりません、ファンのみなさんカンベンしてね。

タイトルの

『死神の精度』

というのは映画のタイトルで、この中の脇役として登場しています。
映画の中では
『藤木一恵』
という役名で、ほんの少しだけ登場しています。

主人公は【金城 武】演じる『千葉』という名前で登場する死神なのですが、脇役の方が一部といいながらインパクトはありましたね。

友人に頼まれていた映画が手に入り、せっかくなので見てみましたが、内容的には今一歩なのですが、最後に

『なるほど』

っと思わせるところは良かったですね。

しかし、構成にはちょっと無理があり首をひねってしまうところはあるのですが、なかなか面白かったです。

久しぶりに邦人映画を見ましたが、たまには良いかもしれませんね。

でも、ヒットはしないでしょう、多分。(ゴメンネ) 

最近はアニメ映画ばかり見ているものですから、たまには良いですね。

カテゴリ-も
&映画
を足してしまいました。


さて、今晩は祝日にもかかわらず関西便を走ります。
久々の京都&大阪めぐりなのですが道に迷いそうでちょっと不安。
今度はグループ編成の関係で今後は土日の休日が増えます、ゆっくり映画が見れますね。
たまにはお金を出して映画を見ても良いかな?、反則ばかりではバチが当たりそうなので。

今後は少しこのカテゴリーの話題を増やして行きたいと思います。

音楽も増えませんけど、相変らすクルマと仕事ばっかりですね、もう少し面白いネタを探してきます。

じゃ~ね~!(^_^;)



先生は疲れる

最近、新人が入社してきてます、私はこの新人にプロドライバーとしてのノウハウを教え一人前になるまで指導をしています。
これがなかなか手こずっているのですよ。

最近の若い子はよくわかりません、教えてもらう・・・っという姿勢が見えないんですねぇ~
こ・れ・が・・・。

まぁ~私はなんたってオッサンですから若い人と話が合うわけがなく、こちらが機嫌を損ねないように気を使うのですがぜんぜん無関心ですね。

開き直って
[なるようになるさ】
っと思っているのならまだ良いのですが、すぐキレて作業から運転まで荒くなるのは困り物で、横に乗っている私はたまったものではありません。

まぁ~相手にしてみれば
[うるさいオッサンだ#]
くらいなものでしょうね。

たいがい、こういう人は一人(一応一人前)になってから困り果て、やがて業務についてこれず辞めてしまうのですよ。
辛抱が足りないというか、我慢する事を教えてもらってないというか経験がないのでしょうね。

確か、高校の進路指導の先生が就職活動のために企業を回ると必ず言われる事は
[辛抱出来る人間がほしい]
と言われるそうです。
賢い人でも元気な人でも無く、辛抱出来る人だそうですよ。

実はこの辛抱は中学、高校時代に身に付けて来るものなんですよ。

どこで身に付けるか?っと言うと課外活動(クラブ部活動)で身に付けるのです。

辛い練習に耐え、自分を鍛え、自分なりの結果を出した人が身に付けているんですねぇ~。
野球でもサッカーでもあるいは放送部でも吹奏楽部でも必ず試練はあります。
3年間レギュラーになれなくても本人は精一杯頑張ったのですからしっかり辛抱を身に付けています。

ところが最近は

[帰宅部](きたくぶ)

が多いと聞きます。

この帰宅部とはクラブ活動に参加せず、学校が終わるとブラブラしてる連中ですね。
早い話が何もせず帰ってしまう人です。

私は勉強よりもこの辺が人間として大事だと思うのですけど。
ここでしっかり礼儀をわきまえる事も一緒におぼえてくるのですよ。
なんたって先輩の指導がそのまま自分にとって大切な知識になるのですから。

最近入って来る人はこの辺が足りなく私から見れば

[非常識極まりない#!]

っという感じですね。

もちろん、勉強も大切ですよ。
ただ、人間関係も少しは勉強してきて下さい。

最近はこういう人が多くて非常に疲れます。
常識は学生時代に勉強してきてね、社会人になっても小学生の道徳みたいな所から教えなければならないのは時間がかかって本業の指導に進めません。

一人で運転してる方がどれだけ気が楽なことか、普段の倍は疲れます。

しっかし、最近の学校は何を教えているんでしょうね、勉強が出来れば良いのですか?
昔の先生はゲンコツが飛んで来ましたけど、今ではこんな事をしたら問題になりますね。

ただ、宮崎県の東国丸知事が教育に関してこれに近い発言をしていましたけど、時には必要だと思いますよ。

さぁ、もう少し新人教育が続きます、私も疲れました。

はぁ~・・・#&%!!

タメ息しか出ません。

雨のRX-8

アッサ~・・・おはようございます。

8.jpg

雨が降っています。

昨晩、ちょっと時間を間違えて?夜の10時くらいに寝てしまいました。
通常は2~3時間くらいで目が覚めてその後、朝までうろうろと夜中のドライブか、もしくは酒を飲みながらの映画観賞(PC内にためてある)なんかしているのですが、何故かそのまま朝まで爆睡してしまいました。

気が付けば朝の8時です、私の起きている時間ではないのですが、今日は定期の合間で休務ですのでまぁ~いいか。
どうせ午前11時から会議もあることだし。

しっかし、休みなのに会議?っつうのもなんなんでしょうねぇ~。
後期スタート時期だから出ないわけにはいかないし、新体制の発表もあるみたいだしね。

さて、このあいだRX-8で多少、山を駆けずり回ってみました。路面は完全ウェット!
雨が降っていてあまり攻め込めなかったのですが、一ヶ月ぶりかな?そこそこに乗り回したのは。

タイヤが問題で、レガシィやエイトに金がかかりすぎてまともなタイヤが買えず、やむなく超安価なイエローハットバージョンのスポーツタイヤ(名前わすれた)を履かせたのですが、これがウルトラ硬い!
もちろん、グリップ力も低くなんせ、『しなやかさの【し】』の字も無いようなタイヤ。

これが雨の日はものすごく滑るんですよ。

トラコン(トラクションコントロール)が入っていないと右へ左へ豪快に滑っていきます。

ミッドシップの重量配分もあり、滑り出してからのコントロールは容易では無く、まだまだ私では乗れてない感じですねぇ~。

あえてトラコンを切り、滑らせながら峠を走ってみましたが、フルカウンターの雨嵐!
そう軽くないステアリングを回しながら走るのですが、もう少し軽くそしてギヤ比をクイックにしてもらいたいですね。

とにかく見た目は派手な動きになるのですがぜんぜん速くないです。

どうしようねこのタイヤ!

スタートからケツを振り回しながらのダッシュなのですが、シフトダウンのショックを利用してのドリフト態勢でも(クラッチを蹴る)流れすぎちゃってガードレールへ一直線!(アブナ~(^^ゞ!)
もう、ヒヤヒヤものですよ。
ぜんぜんグリップしてくれません。

まぁ~、雨の日はトラコンは切れませんね、このタイヤじゃ。

とうぶんこのタイヤが減るまでは履かなければならないのですが、以前WRXを乗っていた当時、金がなくてこのタイヤと似たようなオートバックスバージョンタイヤを履いたことがあったのですけど、これがぜんぜん効かないタイヤで、しかも硬くぜんぜん減らないんですよ。
ずいぶん困ったことがあったのですが、どうやら二の舞になりそうです。

性能の低さは女房でもわかるくらいですから相当ですね。

ちなみにタコリミッターの警告音がやかましい。(わかってるって#!)

でもクルマ自体はおもしろいクルマですねぇ~。
ちょっと時代遅れの感はいがめないのですが(デザイン以外)私は結構好きな動きで楽しいですよ。

速さを追求するならきっとゼロクラウンにも負けそう、もちろんレガシィには到底かないません。
ヴィッツRSより速いかな?ちょっとだけ。

ただ、この動きには代えがたい魅力はありますね。

メーカーが自慢するロータリーエンジンの回転フィールは今ではもっと良く回るレシプロエンジンがいっぱいあるので私はあまり評価はしないのですが、よく生き残ってくれましたよ。
燃費もそこそこ(我慢できる範囲)ですしね。

ただ、相変わらず買い物には不向きで女房は使うたびに不満を言ってます。

まぁ~、いいじゃないですか、あばたもえくぼと言うか気に入ったならいいんですよ。
女房は気に入らないみたいだけど、そのうち馴れるって。

ただ、もうちょっと乗れるようにしたいですね、クルマが私を主人と認めてくれるくらいには。
まだ、連れてこられた子犬のように様子見状態です、お互い不安がいっぱいなのですが過去の経験からなんとかなるでしょう。

吠えまくるようになるのはいつのことやら?

私しだいですね。

新ダイヤ・スタート

今月、10月から私の店で新しいグループ編成が組まれ(事実上、私が組んだ)、馴れ親しんだ定期を離れることになりました。

今度は遠く茨城県水戸市まで足を伸ばします。そしてサブタイトル通り関西にも走ります。
関西は京都、神戸まで走ることになりました。ただ、今月は定期の合間を埋めるために堺へも行きます。

この水戸便は私の店からは片道500km弱と走るだけでも6時間はかかります、もちろん途中での休憩も義務付けられてますので、こんどはPA&SA(高速道路のパーキングエリア)でしっかり休憩をしなければなりません。
それでも今まで通り、三日運行で走るわけですから自分の自由になる時間は短くなってしまいますねぇ~。ちとツライ!
水戸は田舎やでぇ~。(茨城県民の皆さんごめんなさい)

関西は神戸便でも3時間半くらいで到着するので休憩は取りませんが、たまにはコーヒータイムなんか取ったりしそうです。

もちろん、私以外にも定期の変更を受けた人もいますが、なんとか上手くスタートを切ってほしいものです。

しばらく東京のネオンは通過するだけになってしまいますねぇ~。

ネオンといえば神戸の夜の街は奇麗ですよ。
六甲山からの夜景が有名ですが、街の中も綺麗でビルの建ち方やデザインが良く、本当に綺麗な街です。
東京のようにビルが乱立してる雰囲気はぜんぜんないですねぇ~。

ところが、すぐ近くの大阪はメチャメチャ無理なビルの建ち方で、そのせいかゴミゴミした感じがいがめません。
ビルのド真中を阪神高速が走っていたり、まるで迷路のようなジャンクションが現れたり、初めて行った時にはけっこう迷いましたね。

一般道へ降りても、無謀に広い道路があったり、ひとたび本線をはずすと
『これって本当にトラックが行けるの?』
な~んて道路がいっぱい。
歩行者は無謀だし、昔は結構コワイ運行を強いられましたね、最近はなれましたけど。

京都は意外にすっきりしていません、ハハハ・・・アレ?。
観光地で有名な街なのですが、夜中しか走らない私から見れば景観が良い街とはいえませんねぇ~。
高さがないビルばかりの中で工場の煙突だけが異常に高く、工場がむき出しで見えるために夜は異様な雰囲気につつまれた街ですよ。

もちろん、有名な清水寺や金閣寺、銀閣寺などのお寺がたくさんあるのですが、こういう所には照明が無いせいで、ぽっかり光の無い空間がたくさんあり、夜中に走っていてもおもしろくはないですね。
逆になんとなく恐い感じすらします。

京都便では京都の街を東から西の端まで一般道を使い通過するのですが、あまり気持ちの良いものではないですね。
特に東山トンネル付近(京都市東山区の国道1号線)や滋賀県堺の逢坂峠(おおさかとうげ)付近は交通量が少ないと背中が寒くなります。

この逢坂峠は高速(名神)と新幹線、東海道本線(JR)、国道1号線が上下左右に並び、ものすごく狭い間隔で並走し、静岡県の由比海岸と並び交通の難所として有名な所です。

こうして見ると私は夜中しか通らないものですから、他の人とはちょっと見方が違うのかもしれませんね。
観光案内には無い話もたまには良いでしょう?。

さて、今晩から頑張りますか。

ちなみに今晩は最後の足立便(東京)です、しっかり夜景を目に焼きつけてきます。
今度いつこれるやら。

ただ、台風が心配、予報通り太平洋の海上に離れて行ってね。

間違っても洋上でいきなり北上しないように祈ってます。

プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ