韓国産ビール&好みのつまみ?

携帯写真 009
これなんですけどね。

このあいだ、ジャスコで見かけた安いビール?です。

一本あたり、86~87円くらいかな?普通に350ml缶ですよ。
一箱1980円で売っていましたので、さっそく買って飲んでみることにしました。

『うまい・・・!』

っとはちょっと言い切れず、なんだか業務用アルコールでも足してあるのかな?
と思うほどキレが良すぎてちょっと飲みにくいです。

ビールと言われればビールかもしれませんが、やはりリキュール類の発泡酒だけあって若干違和感がありますね。

ただ、酔ってしまうと気にせず飲めます。(ナンジャ、そりゃ)

せっかく一箱も買ったのでしっかり飲み干します。

味はスーパードライ(アサヒ)のキレをもっと強くした感じで苦味もかなりキツイです。
私の場合、一気に飲み干すと爽快感というより頭がズキンズキンしました。
ちょっとアブナイ爽快感ですねぇ~。
それでもここのところは、このビールもどきで我慢しています。(もったいないので)

次回は無難に[麒麟の淡麗]にしておこう。
ってこれもビールじゃく、発泡酒だって。(貧乏だから本物のビールが買えない?)
いいのよ、ビールもどきでもうまければ。


ビールのつまみと言えばこれ!
ぽんたら


『ぽん鱈』

っというタラの干物ですね。
通常、真鱈(マダラ)の小さい物を[ぽん鱈]と網走の漁師さんたちは呼んでいるのですが、実際に商品にされているのは助惣鱈(スケソウダラ)だそうです。(漢字あってる?)

これが北海道北見地方にしか売っていなくて、なかなか手に入りません。
けっこう癖になる味で、食べるのには多少めんどくさい作業が必要なのですが、これがうまいんですよ。

先月、息子が帰省した際に買ってきてくれたのを、もったいないのでちょこっとずつかじっています。
今度息子に送ってもらおうかな?
クルマにも金がかかって大変だし、このくらいならバイト代で買えるでしょう。
送る時は私の会社を利用してね、社員名を入れれば格安で送ってくれるはずです。
運賃が高かったら私にTEL入れれば北見営業所へ抗議してやる。
ここは本隊の威厳は通さないとね!(知らない人はわけがわからんって!)

似たような物はこの辺にでもあるのですが味が違い、ちょっと好きにはなれません。
詳しくはこちらへ

マルゲン『ぽん鱈』
URL http://www.marugen.ne.jp/

ちょっと高いけどうまいですよ、一度ご賞味下さい。
北見地方ではスーパーなどでたまに特売で2,200円くらいで出ている時もあるかな?
なかには目玉商品として1980円くらいで売っている時もありますね。
それから比べればネット販売はちょっと高いかな?。

さて、これから安全運転講習会が8時30分より始まります、ちょっと行ってきますね。

朝からビールの話もなんなんですが、これより安いビールは今のところ見当たりません。
だれか安いビール(もどきもOK)を知っていたら紹介して下さい。

さて時間だ、行ってきま~す。

クルマに愛される?

物を言わないクルマに愛される?
っと言うのもおかしな話なのですが、所詮機械の塊だからそんなわけないじゃないですか。

私は違うと思うのですよ。

前にも書いたとおり、クルマは生き物だと私は勝手に解釈しています。

機嫌が良い時もあれば悪い時もあるんですよ、機嫌が悪いと私の言う事を聞いてくれません。
そういう時はなだめすかしたり、いたわったりとなかなか大変なものです。

機嫌の良い時にはまさに人馬一体ですね。

なぜこういうことを書いたかっと言うと、息子が持って行ったレガシィー(sti仕様)のエンジンが不調でストールしてしまったそうです。

このクルマは北海道の気候に慣れなかったのか、はたまた主人(息子)が気に入らなかったのか、肝心要のエンジンが止まりレッカーでスバルのディーラーへ運ばれて行ったそうです。

たぶん、エンジンのOHをするそうで悪い部品の交換やらタービンの状態を調べるみたいですね。
*結局原因不明でエンジンは新品に載せ換え*

すでに6万kmをかるく超えているこのクルマは、コントロールがちょっと難しいくらいに良く回るエンジンで、ちょっと高回転では息切れするものの、かなり低い回転から暴力的とも言えるトルクを発揮し、ストレートでは必要にして充分のパワーを与えてくれるクルマでした。
もちろんコーナーリングはスバル特有の、ジェットコースターに乗ってるみたいな曲がり方。

過去、私が乗って来たクルマでエンジンの不調が原因で修理に出しても元にもどったためしは無く、ちょっと心配しています。
たいがい、こんな時にはクルマの方からなんらかの予兆が感じられるのですが、最近ではこんな予兆を感じる前に

『ん・・・う~ん?』

っと首をひねった段階で手を抜きます。

エンジンを壊したことは何度もありますが、これはずいぶん昔の事で、エンジン以上のパフォーマンスを求めるあまりにオーバーレブを引き起こしたり、メンテナンスの不良(知識不足による)が原因だったりミッションの選択ミスだったりと、自分に原因がありました。

唯一、不可抗力と思われるのはWRXを乗っていた当時、カブトムシの強襲をくらった事くらいかな?ハハハ・・・(^^ゞ (過去記事、『いったい何台乗りかえた?』参照)

しっかし、息子はこのクルマに嫌われているんですかねぇ~、自分で納得できないままクルマが壊れてしまいます。
悲しいかな、一度このクルマに嫌われていますから、当然なかなか馬が合うところまで進まないのでしょうねぇ~。

本当は買い換えた方が良かったと私は思うのですが、息子はこの先もこのクルマと付き合うみたいです。


あのクルマの元主人は私です、犬が突然主人が変わったからといってなつくわけがありません。
トラックでもそうで、
『人のクルマは乗りにくい』
っと言うのと同じです。(同機種、同型なのに)

他の人は、こういう人(息子)こそ、
『軽でもリッターカーでもいいから新車に乗せないとセコでは何を乗っても壊すぞ!』
っと言われます。

しかし、それではクルマの勉強にはなりません。
クルマがなぜ壊れたのか的確に知る必要があり、そこから使い方の勉強もするのです。

新車は壊れません、そんなことはメーカーが許しません。
だから最近の若い連中はメンテナンスが出来ず、まさにゲタがわりで、壊れればボロイ車とののしり捨てられる(買い換える)運命です。

私たちプロ(トラックドライバー)はけっして新人に新しいトラックを与えません、もちろん勉強のためです。
メンテナンス(知識も含む)の大事さと愛情が必要だから。
そうすればクルマの小さな悲鳴を聞く事が出来るようになります。

息子もレガシーに愛情と知識を持ってもらいたいですね、
そうでないと同じクルマにこの次(3度目)は、

クルマの方から見捨てられるぞ!

台風一過

一昨日は台風の進路に向かって、東京から帰ってきました。

愛知県はさほどではなかったようですが、御殿場付近、夜12時頃はひどかったですねぇ~。
ちょうどこの時間帯に事故があり、大井松田~裾野間が渋滞となり、私はどっぷりとはまっていました。

乗用車があの風雨の中、無謀な運転で他2台と接触し、3台の事故。
すべて乗用車で、けが人が3人とラジオでは言っていましたね。
おかげで足柄PA付近から御殿場ICの先まで4kmほど並んでました、通過に1時間くらいかかったかな?

大井松田ICの電光掲示板には2kmの表示が出ていたのですが、この間の逃げ道が国道246号線で以外に時間がかかることと、この台風の影響もあり、どこで止められるかわからなかったのでそのまま突っ込みました。

『まぁ~2km位だから20分ってところか?、しかしこんな天気にバカなヤツがいるもんだ』

な~んて思っていましたが、以外に渋滞が伸び、私が渋滞最後尾に着いた頃はすでに4km!

『しょうがない、並ぶか』

っというわけで並んだのですが、なかなか進まない。
どうも救出作業に手間取っているようで、暴風雨にさらされながらもぜんぜん動きません。

助けるレスキュー隊員も大変ですよね。

なんたって、止まっていてもトラックは風にあおられ、かなり車体がゆれています。
煙草を吸うのにちょこっとだけ窓を開けても、横殴りの雨がキャビン内に入り窓も開けられない状態でしたから、救出作業も大変だわなぁ~。

さて、事故現場を通過する際、じっくり見てきましたけど、あのぶつかり方はスピードの出しすぎで濡れた路面に足を取られ中央分離帯に激突し、反動でもどって来たところへ後続の乗用車2台が玉突き衝突したみたいですねぇ~。
多分ですが、追い越し車線の乗用車を無理に走行車線側から追い抜き、追い越し車線への戻り際にグリップを失い、そのまま中央分離帯のガードレールに激突し跳ね返ってきたんでしょうねぇ~。

『路面状況も考えず、無茶な事をするとこうなるんですよ!』

っと言うお手本みたいな事故現場でしたね。

当の本人はもちろん、痛い思いをして救急車で運ばれて行きましたが、その他にも2人も怪我をさせているわけですから、退院後はもっと大変だぞ。

誰も死ぬ事がなくて良かったけれど、一歩間違えればここで人生が終わってしまうんですよ。
結構、高価な車みたいだったけど、あれは車の衝突安全性能が高かったから救われたみたいなものかな?しかも側面へ突っ込まれているしね。

あれが軽自動車や安全基準に適合していない旧車だったらひとたまりもないかな?

バカは一度だけで懲りましょうね、せっかく車に助けられたんだから。

私も仕事柄、たくさんの事故現場を見てきましたけど、高速道路での事故はスピードレンジが通常と違うために悲惨な状態が多いですね、ここに書けないくらい悲惨な事故も見てきました。

いくら車の性能が発達しても、いくら道路が整備されても、最後はハンドルを握っているあなたが事故を防ぐのですよ。

バカな走りは人のいないところで、そして自分の力で処理が出来るようにならない限り、無謀な運転はやめましょう。

私も、プライベートでは結構無謀な走りをしていますが、たぶんその辺の線引きがうまいのでしょうね。
スキーは転ばないで上手くなる人はいません。車も同じで事故らずに(単独事故を含む)上手くなる人はいません。

ただ、車で転ぶと自分も痛いが、懐はもっと痛い。

ドライビングの腕をあげたいのなら、相当の覚悟と相当のお金が必要だよ。
私も何台スクラップにしたことやら。
そのたびに毎日食うや食わずで働いていました。

ちょっと話がずれたけど、上手いヤツは速く走っていても上手いのですが、ゆっくり走っていても上手いもんです。
下手なヤツはゆっくり走っていても下手は下手です。
自分で安全運転をしているっと思っていても、安心感が無く、事故るようなスピードではないのにどこかにぶつけます。
これが下手な証拠なんですよ。(ぶつけた事に気が付かないようでは論外)

ちょっと愚痴っぽくなったけど、車の性能に負けないようにある程度は腕も上げましょうね。
転ばない程度に。

今日の教訓!

『路面状況をしっかり把握し、安全な運転に心がけましょう!』

ちなみに私はここ15年以上、プライベートでは結構飛んで歩いているけど事故った事はないよ。
もちろん、仕事では常に安全運転!

女房に言わせれば、
『仕事とプライベートでは運転の仕方がぜんぜん違う!』
っと言われますけど、これがプロなんですよ!

わかった?最近入った新人君!(見てねぇ~って)

バイト君ガンバル!

あえて本業とは違いますので未分類としました。

今日(17日)は休務なので平日休みはバイトをしています。
以前にも書いた通り、会社公認のアルバイトなんですが一ヵ月ぶりですか。
実は今月あと2回、定期が変わらなければバイトが出来ます。

少々、小遣いも底を着き,ちょっと厳しい生活(自分だけ)が続いていますので、ちょっとは財布に自分の自由になるお金を入れて置かないとアクシデントに対応できません。

このアクシデントっと言うのが、どうしてもほしい物が突然出て来た時に対応が出来ないのですよ。
こういう時って結構あるんですねぇ~。

金額の問題では無く、時として、1,000円位の物でも買えない時があり、女房に言っても
『そんなもん、何するの#!』
っと文句を言われるのがオチなんですよ。

こういう時にバイト代が効果絶大なんですよねぇ~。

休みを返上してまでバイトをやるわけですから結構キツイのですが、後々のことを考えると月に2回位はやっておきたいですよね。

以外に不定期(だれかに何かあるとピンチヒッター!)な立場の私では計画通りにはいかず、先月なんか1回も出来ずじまいで今月の小遣いは大ピ~ンチ!

見たい本も我慢して耐え忍んでいます・・・アハハァ~!

こう書くと家の女房がうるさいように見えますが、一人暮らしをしている息子にもお金がかかるし、私の生活費も必要だし(仕事の関係上、過去記事参照)生活を守るためにはしょうがないですよね。

そういうわけで、私の小遣いは自分で稼いでいます。

普通は副業禁止の会社が多い中、会社公認でアルバイト(社内)が出来るわけですから文句は言えません。
さて、今月はあと2回出来ます。(定期、崩すなよ~!)

月開けが楽しみで、給料は18日ですがバイト代は月開け(1日~3日位)にもらえます。
私にしてみれば給料日の途中っということで、
『グッド・タイミング』
なんですよ。

RX-8のオーディオも何とかしたいですしね。(オーディオレス)

頑張るオッサン!明日も仕事じゃ~!
バイトじゃないよ、本業でね。

第565回「デジタルテレビにしましたか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは「デジタルテレビにしましたか?」です!

今日は、カラーテレビ放送記念日だそうです。
今ではテレビはカラーで見られるのが当然のようになっていますが、
初めはもちろん白黒だったわけなんですよね。

さて、そんなテレビですが、そろそろデジタルの時代になろうと
していて、もう少ししたらもう当たり前になるのかも...
第565回「デジタルテレビにしましたか?」



へぇ~、そうなんですか、知らなかった。

そういえば、わが家も8畳間には似つかわしくない32型液晶テレビがありますけど、かなり綺麗といえば綺麗ですねぇ~。

私の部屋には昔ながらのアナログテレビ(ブラウン管)を置いていますけど、視力の悪い私ではあまり変わりませんね、デジタル放送が無駄?。

不思議なのは放送がデジタルとアナログでは2秒ほどタイムラグがあるみたいで
『アレェ~?』
っと思っています。

これって私の家だけですか?時報が合わないと思うのですけど。

それにしても32inはデカイ!

女房が特売で安いから、っということで買ったのですが、確かシャープのアクオスですよ。
10万円位だったかな?期日限定で。

私にしてみれば、夜中の業務で昼は寝ている生活ですから、あまりテレビは見ないのですけど、暇なときには自分の部屋でテレビを見ていますね。

今後、このテレビも使えなくなるわけですけど、心配はしていません。

超高性能グラフィックボード搭載のPCがあるものですから、なんとかなるでしょう。
モニターも20inワイドのデジタルですし。

さすがにスピードと映像にこだわり、PCゲーム用に作られた私のパソコンでは問題ありません。
しかし、PCモニターで見るテレビは姿勢をくずして落ち着いて見ことは出来ませんけどね。

2011年ですか、もうすぐですねぇ~、でもなんとかなるでしょう私の部屋のテレビは。

それより、東京~大阪間を走る私にしてみれば、来年一部完成する第2東名の方が気になります。
昨年には新名神、亀山~草津間が開通し便利になりましたが、今月前半の学習会で講師として来てくれた元国土交通省の人が来年には御殿場~三ケ日間(どちらも静岡県、しかもこの間が長い)が一気に開通すると言っていました、楽しみです。

この調子なら全線開通も地デジ放送の完全移行とあまり変わらないか?愛知県下がちょっと手こずっているみたい。

でも、あんな山の尾根を貫く高速では電波も届かないか?。

まぁ~、私の車にもトラックにもテレビは無いので関係ないですけどね。
私が定年までには第2東名&新名神、ともに開通してもらいたいです。

とりあえず、『カラーテレビの日』おめでとうございます。
ってほとんどの人は知らないと思うけど。

しっかし、ひまだぁ~!

しょうがないから寝るか。

おやすみなさ~い・・・ZZZ

久々のお休み!

途中、休みはあったのですけど、公私に渉って以外にいそがしかったのですよ。

昨日、今日と2連休で、別にこれと言って用事もないし、ちょっと暇を持て余していますね。

昨夜遅くに始まったF-1を見ていました。
これが驚きでトロロッソのベッテルが初優勝ですよ、いゃ~雨のF-1GPはおもしろいですねぇ~。
まだ21歳ですかぁ~、アロンソの記録を破る史上最年少優勝ですからね、しかも一流とは言えないマシンで。

今後のチャンピオン候補ですかね。

さて、その後は暇すぎて息子が持ち帰ってきたRX-8で夜中のドライブに行って来ました。
あまり無理をしない程度に走ってみましたが、ちょっとガタが来るのがはやくねぇ~?
明らかに息子の乗り方に問題があるぞ!

その息子はさんざん遊んで3日前に北海道へ帰りました。
このときに、愛車レガシーを一部北海道使用に直して車検を取り、長い道のりをひたすら耐えて帰ったのですが、もうすぐ雪の季節がくる北海道では愛車レガシー君が頑張ってくれる事でしょう。

もともと寒冷地仕様のレガシーですが、さすがに北海道で使うにはちょっと工夫が必要で、スバルに無理を言ってクーラントの濃度を変える等の工夫をしてもらい、あと2年使えるようにちょっと早かったのですが車検を通し、持ち帰りました。

免許取りたての息子はいくらフェリーを使うと言えど、北海道の東のはずれの北見市から愛知県の豊川市まで一人で往復したのですから以外にたいしたものです、RX-8もレガシーもナビなんか付いていないのに。(今時ナビの無い車なんかそうないな)
往復3,600kmですよ!、日本の北の端から南の端までと同じ長さですからドライブと言うにはちょっと辛い距離ですよねぇ~、しかも一人さみしく、癒してくれる物と言えば i Pot ですかぁ。
ちょっとツライ!

帰ってからは車を維持して行くためにも、即行バイト君に早変わりして頑張っているそうです。

話は元にもどって、RX-8の汚い事!
昨日は洗車&掃除に大変でした。
買った当時よりもキズは増え、キャビンの中も汚いです。
タイヤの摩耗の仕方も不自然でホイールリムにもキズがあり、私から言わせれば

『どんな乗り方じゃい!#』

ダートを走り回っていたそうですが、車もタイヤもダートには向かないのになんと言う使い方?
北海道の舗装比率は40%位と言われ、ちょっと脇道に入るとすぐ砂利道になるんですよ。
ましてや山の中は完全ダートコース状態!。

これじゃピュアスポーツのRX-8も泣くな!

RX-8の真骨頂は舗装された峠での冴えた走りが命ですよ、比較的しなやかな足と重量バランスのとれた車体が自然なハンドリングを実現し、快適なドライブが楽しめる車なのに、ダートは勘弁して!

これからは私が面倒を見る番ですから、この難しい車を大事に乗って行こうと思います。
走りは素晴らしいのですが、以外に弱い車なのでメンテナンスが大事なのですよ。

最近は女房も少しはこの車にも慣れ、一人で買い物に使っていますけど
『バックがしにくい!ぜんぜん見えない#!』
っと文句を言いながら、それでも一応運転しています。

さて、北海道へ行ったレガシー君は息子の期待に応えて4WDをフルに活かして雪の中を滑走するのでしょうか?。

雪の中でどっぷり側溝にはまっていたりして。
JAF呼べ、JAF!

1泊2日で会議?

一応、カテゴリは仕事なんですが、やっぱり宴会がメインですかね?

私は会社での組合活動で委員をしているのですが、今回は全国区での会議で岐阜の長良川沿いのホテルに召集がかかりました。
あの近辺では有名な岐阜グランドホテルというところです、詳しくは下記URLで見て下さい。

岐阜グランドホテル
http://www.gifugrandhotel.co.jp/

会議の内容はよしとしまして、今回の宴はなんと、長良川での鵜飼を見ながら屋形舟の上で執り行われました、なんとまぁ、豪勢ですよねぇ~。
組合も金ありますよねぇ~・・・
って元をたどれば私たちのお金ですよ!組合費を集めているんだから。

今回は各支部の代表者が集まっての会議なので委員全員が来るわけではないのですが、私も代表者(本部委員)ですので呼ばれまして、会議を漠然と聞いていながら、

『はやく宴会にならないかなぁ~』

っとあくびの連発でした。

さて、宴会!・・・ハヤ!

初めて乗る屋形舟ですよ!しかも全国的に有名な長良川の鵜飼を見ながらですよ!

舟は30人乗りくらいのさほど大きな物ではないのですが、船頭さんとホテルの女中さん、そしてコンパニオンのお嬢さんが乗船し、私たち委員は一艘に17~8人くらいに別れて出航しました。

宴会は危ないので岸に一度固定し、ここで宴会ですね、もちろん乗船したままです。
料理には定評のあるホテルだけあってなかなかおいしかったですよ。

もちろん酒もすすみ、ほろ酔い気分でほんのわずか波に揺られ、大きな河の風にあたり気分は最高でしたね。

笑えたのが売店(河の上の売店?)ハハハ・・・!
わざわざ舟で河を渡り、屋形船を回って歩きます、これが意外に何でもそろっているんですよ。
船頭兼売り子さんの衣装も凝っていましたねぇ~。
コンパニオンのお姉さんたちも、ゆかたに着替えて雰囲気を盛り上げていましたけどね。

私は船上の売店でナント、打ち上げ花火を買い舟の舳先からバンバン打ち上げていました。
アホですねぇ~、年甲斐も無く。

岸にはトイレは無く、模様してきたらどうしようと思ったのですが、こんな小さな舟にもトイレは完備されていて、利用させてもらいました。
な~んと驚く事に小さなトイレは様式でウォシュレット装着の最新式ではないですか、しかも温度調整式ですよ。

わざと古い様式にしてある舟は周りの環境を考え作られているのでしょうけど、トイレは綺麗で最新設備なのは驚きました、まぁ~一安心ですけどね。
本当は入るまで
『ぼっとんトイレ?』
な~んて、外見を見ると思っていたのですけど流石です。

さて、夜も7時半になった頃、船頭さんが
『そろそろ動きますので気をつけて下さい』
との事で、ついに鵜飼が始まりました。

鵜飼2

写真、ちっちぇ~!ごめんなさいm(__)m!

初めて見る鵜飼はなかなか盛大で、一子相伝の技術を持つ鵜匠は、外の血(血縁者のみ)を入れないんだそうです。
なんか独特の雰囲気でしたねぇ~。

その後はホテルに帰り、各地区担当者どうしで場所を選択しながら二次会で馬鹿な事を言い、盛大にもりあがっていました。

翌日には早朝からの勉強会があり、昨晩の宴会が効いているために眠くてウトウトしながら参加していました。

今は会議の報告書を作成中で、何を話していたか思い出しながら悪戦苦闘しています。
しかも困った事に宴会が豪華すぎて会議の内容はうる覚え?・・・なんですよ。

まぁ~たまにはこんな会議もいいじゃないですか?
会社のみなさん、ごめんなさ~い(^^ゞ。
でも、会社を良くするためにしっかり会議はしてきましたのでちゃんと報告させてもらいます。

宴会の報告はしないけどね、ハハハ・・・。



大人としての自覚

ちょっと間があきましたかねぇ~、もちろんブログの間隔。
自分では何故かそう思っている(あまりにいろいろな事があった)。

でも、まだ5日早朝だからそうでもないか。

実は先月後半から息子が夏休みを利用し、帰って来ているんですよ。
現在は北海道の大学に通い、一人暮らしをしているのですけど、正直高校時代とどこが変わったのかわかりません。
それほど親の力を借りないと生きては行けない感じで、一人暮らしを始めて人間的に強くなった所がぜんぜん見えません。

昨日も女房と、ちょっとした事(もちろん息子の事)で言い合いになり、困ってしまいました。

私が息子と同じ年頃にはもちろん働いていましたが、そうとう親に迷惑をかけていましたけど気持は大人だったような気がします。
簡単に言うと自分の生活は自分で守らないと誰も助けてはくれないものだ。
っと言う心境でしたね。

ただ、実際は本当に困った時には親にすがる事ももちろんあり、本当に誰の助けも必要としない生活が出来るようになったのは、23~24歳くらいの頃でしょうか。

完全に自分の稼いだお金で遊びに行ったりまた、親の所へ顔を出しに行ったり、自分の生活にあまり不安を感じなくなった年ですねぇ~。

もちろん、親の所へ顔を出しに行くと言っても、別にお金をせびりに行くわけでは無いのですが、帰り際、
『何か食べて行きなさい』
っと小遣いをもらうのですが、本当は必要の無いお金で、自分で自分の食いぶちは確保出来るのですけど、あえて断りませんでした。

そう思えるようになった時が本当の意味で自立したんでしょうねぇ~。

そう思えるようになるまでは、ちょっと長かったように思えるのですけど、それだけ生活に余裕が出来たというか、本当の意味で親離れしたんでしょうね。

もちろん、その後の女房の力は絶大で、確固とした生活が成り立つようになったのは言うまでもありません。

さて、我が息子は未だ高校生から進歩していません。

進むべき道は自分で分かっているのでしょうが、生活は苦しく、いかんともしがたい状況は未だに続き、趣味と生活の分別が付けられず、どちらにも転がれず困り果てた末に親を頼るはめになっているようです。

もちろん、学生の身分ですので、親は最大限努力するのが当たり前なのですが、この学生の身分っと言うのを息子は理解していないようで、何が大事で、何が今必要なのかわかっていないようです。

『身分相応』

っと言う言葉があるのですけど、私はこの言葉が嫌いでした。
しかし、親の立場として息子にぶつけたい言葉になるとは思いませんでしたねぇ~。

では、自分の時に同じ言葉をぶつけられた時はどうしたか?っと言うと

『だったら、その身分になってやろうじゃないか!』

っとしゃかりきでしたね、もちろん見えも外聞も捨て、人から何と言われようと、その身分になってやるっと思っていました。

まぁ~、それが現在の私ですげどね。
(会社では、ちょこっと人の上)

逆な事を言えば、なれなければ身分相応の生活を強制されるわけですから、当たり前と言えば当たり前ですね。

来年には成人式を迎える息子はいつ、大人の仲間入りを出来ることやら。
見栄(時には必要)で生活出来るレベルになるには、まだまだ精進が必要だと思います。

したがって、今は見栄も外聞も捨て、今自分にとって必要な事に集中し、頑張る事だと私は思うのですが、はたしてどこまで理解出来る事やら。

私も女房も今までのように耳を貸してばかりいる事はしないでしょうね、私たち夫婦の生活もありますし。
(息子にとって、これが今現在、土台なはず)。

さてさて、どこまで大人の仲間入りを出来るようになるでしょうか。
知恵も技術も身に付けないと、外見だけの大人ではみっともないと思います。

私も先生もどきの指導を会社ではする立場ですけど、見栄えの良さは数ヶ月でメッキが剥がれます。
メッキの剥がれた新人は、独り立ち出来るまで、ものすごく時間がかかり、本当は採用したくないんですよ。
でも、先生をやる以上、どんな人でも一人前にするのが私の仕事です。

そう言ってる私の息子は未だメッキを張ったまま、なんてカッコウが付きませんね。
笑ってやってください。
それが親バカなんでしょうけどねぇ~、ハハハ・・・。

お後がよろしいようで。

ぜんぜんよろしくないっつ~の!

吹奏楽コンクール東海大会

もちろん、ここでは高校A編成の部なんですけどね。

残念ながら聴きに行けませんでした。

全国大会へ進出したのは

光ヶ丘女子高校  
2年連続        
8回目

安城学園      
2年ぶり
(休み明け)
10回目

長野高校      
2年ぶり        
3回目

だそうです。

期待の東三河代表、成章高校は銀賞止まりで残念でした。

選考会を聴きに行った時には正直、光ヶ丘は今回の演奏ではちょっと無理かなぁ~っと思っていたのですが、朝日新聞社賞を受けていたところを見ると、そうとう修正してきていたみたいですねぇ~。

安城学園は課題曲のマーチも独特で、自由曲の序曲『謝肉祭』も完成度が高く、かなり差はあったと思うのですが、この差をひっくり返すほどの演奏を見せたのでしょうね。
さすがに昨年、全国大会で金賞を取っている学校だけあり、大会ごとにレベルを上げて行くのでしょうね、本当におめでとうございます。

実は、この学校(光ヶ丘女子高)の顧問だった先生は、たった1年間でしたが、私の息子の学校の吹奏楽部を指導してくださった先生で、もちろん全国大会の経験者でなおかつ、愛知県吹奏楽連盟理事長でもあるW先生で、私も面識があり、とても息子が御世話になった方が在任した高校だったんですよねぇ。
もちろん、息子も吹奏楽部。(現在の息子は大学でも吹奏楽部)

こう書いてしまうとW先生と書いても詳しい人は誰だかわかってしまいますね、ちょっとカンベンしてね。

もちろん、現在はこの先生の指導を受けた後任の先生が指揮を振るっているのですが、一時、W先生がいなくなってからは、力がなくなったっと言われ、辛い年が4年位続きましたね。

しかし、昨年は5年ぶりに全国大会へ進み、初の金賞を受賞し、後任のH先生も肩の荷がすこしおりて、今年は思い切っていけてかな?

この学校が演奏したドアティの『ストコフスキーの鐘』はかなりむずかしく、打楽器群は大変だと思うのですが、良い曲でしたよ。

安城学園は、相変わらずの完成度の高さはさすがなのですが、いまいちインパクトが薄く、ちょっと首をひねってしまう演奏だったのですが、東海大会ではどうでしたのでしょうねぇ~、しかもサウンドは例年のオーケストラ風サウンドではなかったし。

サウンドを短い時間で変えるのはたぶん無理だと思うので、選考会とあまり変わらなかったのでしょうね。

どちらにしても、代表校は普問館(全国大会々場)でがんばって下さい。

来週は、一般&職場&大学の部の東海大会が三重県津市で行われます、残念ながらこの大会も聴きに行けません、ただ、息子と女房は聴きに行くそうで、帰ってから感想を聞かせてもらいます。

なんたって、全国でも屈指のヤマハ&浜松交響吹奏楽団が出ますしね、ちなみに昨年代表の春日井WO、それ以外にも東海吹奏楽団、創価中部吹奏楽団と愛知県勢も虎視眈々とたった1つの全国大会への切符を狙っていますしね。
なんたって高校の部よりレベルは高いし、聴きに行けないのは残念!

この日は大垣で会議が私を待っているのですよ。

くやし~!

なんでこんな日に会議?しかも一泊二日で!

つまらん会議よりも良い音楽を聴きたいぞ~!

って会社に怒られるか?
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ