3連休だったんですがぁ~・・・

最近、ほ~んと写真撮らなくなったよなぁ~・・・、

ついに飽きた?

そういうわけではないんですが、その(カメラを構える)余裕がないのが今の現状。


最近やたらと疲れるわ、息切れするわ、で得意の睡眠?がいまいちスッキリ寝れていない。
まぁ~理由はいろいろありますが、来月早々になればはっきりするでしょう。

ここまではただの独り言・・・。


で、天気はあまり良くないのに桜を撮ろうと近所まで。

20170320 027

20170320 039

20170320 051

ついでに

20170320 013

なにせ晴れているものの空は黄砂の影響でこんなん!。
20170319 020
夕暮れ時期の太陽なんですが霞んでます。
でも、こんな太陽も悪くはないですけどね。

20170319 006
これは夕暮れの菜の花。
菜の花より、花の隙間から見える太陽もいいかな?っと思って・・・。

一応ちゃんと撮った菜の花(夕方)
20170319 013
やっぱ菜の花は明るいうちに撮れよ#!、ですよね。



最後に、タイトル通り土日月の3連休だったんですが、実はな~んもしていません。
ただただ疲れを回復させようと寝るか起きて趣味のアニメを観るかでしてほとんど出かけていません。
せっかく休みなんだから・・・っと思い花の写真を撮りに行きましたが、やはり気分が乗らないとダメですねぇ~。

もう少し気分が落ち着いてからカメラ構えよう。

今後のために?

過去の写真を使って多重合成+HDR合成で工夫してみる。



まるで画のように不自然だねぇ~・・・。

何時だか書いた[撮ったあとのレタッチは邪道?]の記事、プロはそう判断しないらしく、レタッチは作品の総仕上げと言う。
どう自然に仕上げるか?は、これも腕の一つなんでしょうねぇ~。
私の場合、絵心無いからなぁ~・・・。

やっぱレタッチもセンスがものを言うんですよねぇ~。

そういう点では私、こういうセンスはぜんぜん無いからなぁ~・・・。

季節の花

ちょっと近所をウロウロ。

菜の花
20170219 113

早咲きの桜
20170219 025

最後はちょっとひねって白梅
20170219.jpg

最近カメラ構えてなかったからなぁ~・・・。

浜名湖の朝

写真だけは、何年経っても上手くならないねぇ~。

20170211 005

20170211 008

朝日のイメージが薄い・・・

レタッチ(補正)

yahoo知恵袋で気になったもの。

もちろん写真のことなんですが、私が一番気にしていた質問がありました。
そうです、撮影後の補正ってどうなんでしょう?っということ。
邪道とか言う人もいますし、カメラの目と人の目では捉え方が違うから補正は当然、とか・・・。

*下記Q&Aは誤字脱字があったため(私が修正)原文のままではありません*
question
レタッチは邪道?

カメラ好きの仲間と雑談をしていて、撮影後のレタッチは邪道?
という話になりました。僕的にはデジイチとて万能ではないし、
各メーカによって(機種によっても)独特のクセがあるように思います。

撮影後の色の調整、輝度、明度の調整はある程度は
むしろするべきだと思いますが、皆さんはどう思うのでしょうか?
もちろん、程度はあるしレタッチが極力要らない撮影が望ましいのでしょうけど。



best answer
あくまでこの質問に対し質問者が選んだベスト?な答えで、すべての人が納得するものではない


発想というか思考の順番が逆です。

作りたいものがある。というところからたどっていくと、自明なんですが。

「完成品」

↑仕上げ作業を行う。

「撮影データ」

↑撮影

「被写体」

↑準備

「構想」


欲しいものがえられるかどうか。
ただそれだけですよ。


考えねばならないのは、欲しいと思う「完成品」を仕上げるのに必要な「撮影データ」は、どんなものであるか。突き詰めて考えているかどうか。そして、それを忠実に実行できたかどうかだと思います。

具体的に。
発表する「完成品」が、写真プリントだったとします。

どんなプリンターを使って、どの紙に印刷するのか。
どのようなソフトを使って印刷するか。

その紙とプリンタとソフトの要求する、印刷データは、どんなものが最適なのか。

その印刷データを得るには、どんな編集をするのか。
どれだけデータがあれば足りるのか。

では、そのデータはどうやって撮影すれば得られるのか。


ここで、一意にカメラの機材選択と、その露出が決まってしまうわけです。


カメラでできる最高の仕事をした「写真データ」を、レタッチソフトで仕上げて積み増しをすることに、ためらいや否定がある理由は、何があるというのでしょうか。


積み増しと、補正や修正を混同するから、レタッチのイメージが悪いのだと思います。失敗をごまかすものと、作品を作ることは分けて考えて欲しいです。



*****


うぅ~~~ん・・・・


ようは私の場合、失敗をどう補正(この場合のレタッチ)するのか、あるいはイメージ通りにならなかった写真をどうイメージ通りに補正するのかなわけで、私のよう失敗を補正するのがレタッチではない!っということ?。

じゃ~上手く撮れた写真を完成品にするには印刷部分だけのことだけを考えれば良いわけだから、ある意味撮影後の補正(イメージと違うので補正した)は邪道ではないんでしょうか?。


確かにカメラの能力によっても違うだろうし、なによりレンズによって大きく写り方が変わります。

このレンズに関しては、私、長年メガネを掛けていますのでよくわかるんですよ。

度を変えないで新しいメガネを作ったらどう見えます?。

メッチャ鮮明で[こんなに綺麗に見えるか]ですよね。
でも度数も変わってなければレンズの角度を変えたわけでもない。
じゃ~なんで今まで掛けていたメガネより綺麗に見える?

長らくメガネを掛けていると、知らずしらずにメガネ(レンズ)は汚れ、目に見えないキズも出来、これが本来見えているはずのものを遮っている。
ところが新しいメガネは汚れも傷も無く視界を遮るものがないため普段より綺麗に見える。

これ、カメラ(交換レンズ)でいうところの、明るいレンズと暗いレンズの違いと同じで、明るいレンズというのは新品のメガネみたいなもん(暗いレンズに傷や汚れがあるわけではないけど透明度が違う)。

ある意味、これを新品メガネで見た状態に補正しようというわけでしょ?(それがすべてではないが)。
結局補正あるなしに関らず、撮影時(シャッターを切った瞬間)が一番大事ということではないんでしょうか?。

故意的に創るんならどんな補正でもアリだと思いますけど、息子に言われた「綺麗過ぎて不自然」というのをどうクリアするんでしょうか?。


ようは、レタッチと補正(修正)は違うと言いたいんでしょうね。


私も会社でよく写真を頼まれプリントアウトするんですが、常にモニターで見た通りのプリント(写真)にはなりませんよ。
だから同じ写真を何枚か印刷し(印刷設定を替えて)、モニターで見た写真ではなく、プリントアウトした時の写真が一番綺麗に見える設定に変えます。
これ、意外に難しいんですよ。

じゃ~プリントするのを前提に、どんな撮影方法がベストだと思います?。

初心者(私も含めて)なら一眼レフであってもフルオート撮影!
キャノンならシーンインテリジェントオート!

撮った後、本当にこれでいいの???っと思うんですよ。
もちろんカメラのモニターで画像も確認しているんですけど、なんだかなぁ~・・・なんです。
家に帰ってPCに取り込み確認しても、

やっぱイマイチだよなぁ~・・・

なんですけど、実際印刷してみると、


おぉ~~・・・(よは思ったより綺麗)。

です。


じゃ~自分で設定した写真は?

PCモニターで見るとオートより格段に綺麗で鮮明、でも印刷してみると・・・


く・暗い・・・・しかも写真が重い・・・
鮮明なんだけど写真が暗いし重いし、飾るにはちょっとぉ~・・・


なんです。


つい最近、安全祈願をするためのカメラマンを頼まれ、最後に全員の集合写真を撮り、その後1年間社内に飾られる写真になるんですよ。

気使いますよぉ~、1発撮りだし失敗は許されないし、しかも大きな写真になるため画質にもこだわらなきゃならないし。


で、どう撮ったか?っというと、


実は1発で4パターン(×3で計12枚)をセットし(最近の一眼レフなら可能)撮影しました。
シャッターは3回切られたんですが(1回あたり4パターン)、連写(秒速4枚(×4)くらいの速さで自動撮影)ですので誰も気が付きません(ほぼ一瞬の速さ)。
でも結局印刷してみるとフルオートが一番良かったりして。
でも、PCモニターで見る限り、私の設定の方が良いと思うんですがね。

情けなぁ~~~い

私の腕ってこんなもんかとあらためて実感する・・・。

プロならそんなことなく、事前に印刷時の状態を把握しているんでしょうが私ではムリ(印刷経験が足りない)。


実はモニターで見るのと写真にする(プリントする)では、大きく違うんですよ。


プロって写真(プリント)にしてなんぼでしょう?。

それに対し、私はモニターで観るかブログに貼るかでして、デジタル画像のままと写真(プリント)ではかなり違うことはわかっているものの、それを無視してブログ用とかモニターでの見た目重視で写真を撮っています。


アマチュアの方って(あくまで写真が趣味という人)、すべての写真をプリントするんですかねぇ~?。
すべてとは言わないものの、せめて気にいった物はA4サイズくらいの写真にするとか・・・。

過去私もそうしていたんですよ。
女房がせっかくいい写真が撮れたなら見せろ!っと言われよくプリントしました。
そのために高いプリンターまで購入(今は安物を使っているけど)。
しかも女房、その写真をわざわざ額まで買って飾っていましたよ。
*プリンターの能力次第で写真の出来がぜんぜん違う*

でも大抵の人は、自分の子どもの写真はプリントするものの、私のよう自己満足のための写真ではデジタルデータのまま(プリントせずデータ保存)、っという人が多いのでは?。



これじゃ上手くならんよなぁ~・・・。



下記のanswer、
[上手くなりたいならモニターで見るではなく、プリントして一度ちゃんとした写真にしてみろ#!]
っということなんでしょうねぇ~。

たまにはちゃんとプリントし、それを飾ってしげしげ見ながら、

よぉ~し!

な~んて吼えてみたいですね。

富士山撮りに行ったはずが・・・

この船、知っています?。

20170104 051

ず~っと前から気になっていたんですよ。
確か、当時はなんの船なのかわからず写真だけこのブログにupしたこともあります。


静岡県清水区興津埠頭に時々停泊する、縦にだけ異常に高い船。
1年に2~3回ほどここの港(興津港)に来るんですが、何を運ぶ船なんだろう?っと思っていました。


昨日夜中、ちょっとヒマだったんで調べたんですよ。
ただし、画像だけで船を調べるのはなかなか難しくて、結果興津港を調べ、そのたくさんある画像の中から同じ船を見つけて、その記事からやっとわかりました、ハハハ(^^ゞ。
どうやったらもっと簡単に見つけられるんだろう?。

で、

地球深部探査船 ちきゅう号!(名前がスゴイ!)
Chikyu_2.jpg
*この写真はwikから拝借*


私の場合、仕事柄夜しか走らないので、国道1号線興津付近の高架を走っていると、まるで光の要塞の如くそびえ立っているんですよ。
もちろん最初の写真は私が撮ったものです。

高さが水面から120m(船底から130m)もあるもんだから(船としては世界一の高さ)、日本の橋のすべてがくぐれず、興津港のよう、海から港までまったく障害物がない港でないと入港出来ないんだそうです。

じゃ~なにする船?

詳しくは下記で(wik説明)
↓↓↓
[地球深部探査船 ちきゅう号]

すっごいことやってんだねぇ~。

それにしても私が撮った写真、まるで海の上を動く工場夜景みたいですよね。
かなり遠くからでも見えまして、一見の価値はありますよ。

この後、何処へ行くかはわかりませんが、今(2017.1月4日現在)は興津港に停泊しています。
おおよそなんですが、いつも一度停泊すると一ヶ月はくらい停まっていますよ。



なんでこんな写真撮りに行ったか?っというと、

女房が、

「この間(奥浜名湖展望台)見た富士山、ぜんぜん小さくてよく見えなかったから、もうちょっと近くまで行けない?」

っというわけで高速も空いていることだし、朝霧高原やその近くの精進湖まで行っちゃいました、ハハハ(^^ゞ。
そこで本来の目的だった富士山。


精進湖付近より
20170104 018

本栖湖を周り込んでの富士山
20170104 039

300mm(フルサイズ換算480mm)で頂上付近
20170104 041

おっ、山頂左の角の突起は富士山測候所

上の写真をトリミングして拡大
20170104 048

写真をクリックして大きな写真で見ても、なんとなくそう?(これが富士山測候所?)・・・
くらいなもんで、300mmのトリミングじゃこの辺が限界ですかね。

山登りは嫌いなので、登ってまで見に行こうとは思いませんが、もうちょっと近くで撮るか、2000mm望遠とか欲しいところですね。
例えばシグマのAPO50-500mm、これに2倍テレコンをかませば1000mm、フルサイズ換算(×1.6)で

1600mm!

しかもワイド端が50mmだから普通の撮影にも使えるし(ある意味、超高倍率ズーム)。
中古で6万ちょっとで出ているんだけどなぁ~・・・

買ったら絶対女房に怒られそう。


あぁ~・・・富士山撮りに行った帰りとはいえ、あんなもん見ちゃったら夜の船や工場夜景もいいなぁ~・・・っと思っちゃいました。


今日5日、私にとって正月休み最終日。
でも、昨日から昼夜逆生活の調整に入っていまして、今日はこのまま就寝予定。
年取ると身体がなかなか仕事モードに戻らないので、今じゃ2日ほど前から調整に入ります。


っというわけで本日心身調整休み。
今日はみなさんのブログへ顔を出してから(今年他の人のブログに顔を出してない)仕事のための時間調整して寝ますか。

おやすみなさぁ~い zzz…(-ω-)。。ooO

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
年末年始にかけ、呑むか寝るかしかしていない中森ユウジです、本年もよろしくお願いいたします。

ちゅ~わけで、本年1発目のブログ更新。

31日の記事に書いた通り、午前11時頃息子の家へ向って走り出しました。
睡眠時間は4時間ほど・・・。

着いて間もなくユッキーの顔を見ましたが、相変わらずビックリしてガン泣き!

オイ・オイ・オイ#、この間合ったばかりじゃん

そんなにじいちゃんの顔怖いかなぁ~・・・
ただ、前回ほど長いガン泣きではなく、すぐさまおさまりホッと一安心。


まずは正月用の買出しにみんなで出かけ、夜にはお酒を酌み交わしながらワイワイガヤガヤ。

しか~し!

あまりの疲れで(睡眠時間が足りない)私は午後11時頃、年越しを待たずしてグロッキー!。



さて1月1日、大阪地方晴れ!

まずはユッキー達と朝ご飯を食べ、後はどうしようか・・・ですかねぇ~。
今回初めてユッキーにお年玉上げました(金額はナイショ!)、本人なんだかわけわんないみたいですけど。

なに撮ってんの?みたいな顔。
20170101 007

さっき食べたご飯で顔の周りがカペカペじゃん!
20170101 033

カペカペ撮るな#!、ですかね。
20170101 038

やっぱユッキー可愛いわ(ジジバカ)。



することがないんでちょっとみんなでドライブ。
行ったのはトラックではちょっと走れない生駒山スカイライン。
あそこの通行料、メッチャ高いですねぇ~。

残念ながら天気は良かったものの街並みに靄が掛かり、とても綺麗とは言い難い状況。

途中の[鐘のなる展望台]だかに停まって写真を撮ってみました。

20170101 078
いやぁ~~~、あの先って支えないの?

20170101 084
こうやって撮ると、まるで天に向って登って行くみたいですねぇ~。

20170101 081
これ、みんなで先端に止ったら、バキッ、っと折れそうなんですけど・・・。

その先端からの街並み
20170101 090
これ、夜観たかったわ。

これといって何処行くわけではなく、後はおしゃべりしながら帰って来ました。
観光地とか神社はメッチャ混んでいるしねぇ~。



実は1日の夜、翌日は息子夫婦も用事があったんですが、私達もちょっとした用事があり1泊だけで帰ってくることに。
もうちょっとユッキーと遊んでいたかったなぁ~・・・。


昨日(2日)、用事が済んで暇潰しのドライブ。
なにせ私が住むこの近辺、豊川稲荷のすぐそばですから大きな通りへ出ると大混雑。
それを避けるように浜名湖へ。

奥浜名湖展望台(ほとんど愛知県との県境)。
天気が良くて微かですが富士山見えましたよ。
2017010202 001

その後浜名湖天竜鉄道の小さな駅で一休み。
2017010202 139

ここは駅前にカモメが群がるので有名な場所で、今日も豪快に飛んでいました。
その辺をちょっと写真に。
まぁ~以前にも同じ場所で写真を撮りupした時とほとんど同じですけど。

2017010202 078

2017010202 074

ちょっと失礼!
2017010202 110

今日もいい天気だ!
2017010202 013

電車来たから危ないよ!
2017010202 149



ウチの女房、頑張ってiPhoneカメラで撮っていましたよ。
なんたって昨年替えたばかりですし、私や息子のお下がりではなく、一応新品ですしね。
2017010202 134

でも無理だろう、飛んでいるカモメを撮るのは。

だいたい私のカメラでさえなかなか捉えるのが難しいのに、携帯カメラじゃシャッター速度もクソもなく、動画でなきゃ速い動きには対応出来ないでしょう?。

それでも女房が捉えた写真(iPhoneカメラで撮影)。
2017010203 013

マジかぁ~・・・
最近の携帯カメラってスゴイなぁ~。


それにしても、やはり動きのあるものを捉えるには、このカメラじゃ(kiss X-5)ちょっと辛いなぁ~。
明るいレンズのおかげでss1/2000でもぜんぜん暗くはならないんですがAFが追いつけない・・・。
なんたって9点フォーカスでしかも遅いときた日にゃ、一瞬をぜんぜん捉えられない。
しょうがないから置きピン&カモメが来そうになった瞬間に連写。

こういう時こそカメラの性能が物を言うわけで、私が持つ一眼レフ、さすが古くて低性能?な初心者用モデル・・・

っと改めて思いましたよ。

そういいながらもやっぱ愛着があるし、なにより、このカメラの性能を十分に引き出せる腕が私にあるわけじゃないですしね。


最近、撮影後の補正というのをやらなくなったんですよ、どうしても必要な時のみのトリミングだけ。
まずは撮って出しでどこまで自然で綺麗に撮れるか・・・
やっぱこれが一番大事だと思いましてね(今さら・・・)。

息子に言われた一言(見た目以上に綺麗過ぎて不自然)がちょっと心にグサッ!ときまして。


さて今年1年、また仕事にも趣味にも頑張ろうと思います、なにせ孫の成長を撮って行きたいですしね。
ただ、どこまで撮っていられるかは不明(本人が嫌がるようになったらやめる)。

また今年も[オッサンの独り言]、よろしくお願いいたします。

またまた行っちゃいました

実は、27日甲府から帰って来てからの折返し便となり、そこで1泊しまたもや甲府からの復路は28日帰りとなる予定でした。
ところが、

山梨県、みなさん早々と仕事納めの準備のせいか甲府支店より、

「思ったより物量の確保が出来そうにないからアンタいらない!」

っと言われちゃいました、ハハハ(^^ゞ。

ちなみにウチの店、甲府に2本も入れているんですよ。
でも27日復路は1台でも十分と言われ、しょうがないから私がトンボ便(泊まらず帰る)で対応し甲府の要請に沿うよう調整。
そのせいで私は28、29日とお休みになりました(30日仕事だけど)。

そこで25日の出先休みの際行って来た西島イルミネーションで撮った写真を自分の部屋にあるPCで整理していたんですよ。

前回の記事は、出先(甲府)で持って行ったノートPCでupしたんですが、写真編集用ソフトもなければ記事を上げるので精一杯くらいの能力しかない根性ナシPCですので、帰って来てから編集し直そうと思っていました。

根性ナシPCというのは、出先でnet回線(携帯回線)を利用する際サクサク閲覧出来るようPCを軽くしておく必要があるため、出先で必要のないプログラムをあえて入れてないだけで、それほで低性能なPCではない

そんなことをやっていると私の部屋を掃除しにきた女房が横目でモニターを覗きながら、

「独りで観に行って#、私も観てみたいわ(プンプン#!)」

っと怒っていました。


しょうがないですよねぇ~、ある意味仕事上でのことなんだから。


で、勤め先が28日から正月休みに入った女房はヒマなんでしょうねぇ~、孫のためのお年玉袋とか買いに行ったり、家の中をアチコチ掃除したりと忙しそう。
女房に、

「忙しいねぇ~」

っと冗談まじりで言ったら、

女房
「あとすることがないんだわ、そんなことしてるヒマがあるんなら自分の部屋くらい自分で大掃除しろ#!」

っと、余計に怒らせてしまった。


そこで、

私が住む愛知県の豊川市から山梨県身延町西島までなら高速を使って約3時間。

「晩飯食ったら行ってみるか?」

っというわけで、午後5時過ぎに出発!。

ヒマな夫婦だぁ~!。



なんでもう一度行く気になったか?っというと、

実はあの時、あまりの寒さと観光客の多さ(日曜日)で、意外に思った通りの写真が撮れなかったんですよ。
しかも担いで行く以上、必要最小限の荷物で出かけたため、人混みの多さも相まってただただ撮っただけ。
本当は昨年のよう、カメラであれこれ工夫して遊んでみたかったんですよ。

今年はそれが出来なかった。


そういうわけで、今度は女房を連れて行って来ました。


写真は続きでどうぞ。
ただし、つまらない写真ばかりですけど。

*****

続きを読む

ウルトラ寒かった

前回の記事通り、本日甲府にてお休み(出先休み)です。
さて、私はこの年末出先休みをどう過ごしたか?ですが、

前回の記事にコメント頂いた冴さんの言われた通り、西島のイルミネーションを観に行ってしまいました、ハハハ(^^ゞ。
だって起きた時(午後2時頃)は暖かかったんですよ、しかもカメラ持って来ていたし・・・。

今回は前年の教訓を活かし?、出来るだけ荷物にならないよう、そして両手が空くようカメラ&三脚を担げるようにリュックにしました。




本当は三脚さえなければもっと楽なんですが、夜の撮影となるとどうしても三脚は必要不可欠。
そこで小さなリュックにカメラをレンズ付けたままタオルで巻き付け、同時に三脚も入れ担いで行くことに。
当然、レンズは1本のみ(シグマ製18~50、F2.8)
おかげで昨年よりぜんぜん楽だった。

まずは甲府支店から20分掛けて歩いて国母駅まで。
行きの時間は調べていますので、それに沿って午後3時半頃出発(帰りは不明)。

securedownload[4]

相変わらず無人の小さな駅だ。

目的地近辺の甲斐岩間駅まで電車に乗って行きました。
ここからは30分ほど歩き。

IMG_0203.jpg

日が暮れたとたん、寒いわ暗いわ・・・。

天気予報ってやっぱ当たりますねぇ~。
けっこう厚着していったんですが、鼻水は出るわ震えは止まらないわ・・・。

それでも撮って来ましたよ、普通の家がイルミネーションで飾られる美しい景色を。

この先は写真でどうぞ(ヘタだけど)。

IMG_0247.jpg

IMG_0230.jpg

どうにもこのキツネが気になって・・・。
IMG_0229.jpg

サンタさんいっぱいいましけど、このサンタさんは風邪を引いたかな?。
IMG_0259.jpg

広角を持っていませんので近い写真ばかりですけど(たくさんの観光客を入れないため)。
IMG_0265.jpg

IMG_0262.jpg

IMG_0254.jpg

IMG_0252.jpg

IMG_0258.jpg

IMG_0241.jpg

IMG_0261.jpg

これ普通の家の玄関でっせ!
IMG_0239.jpg

寒いわりにはずいぶん観光客がいましたよ。



あまりの寒さのため1時間ほどで切り上げ、午後6時半頃には駅もどって来たんですよ。

「さ~て帰りの電車は何時かな?」

っと時刻表を覗くと、


次の電車は午後8時7分!


マジかぁ~~~!!!今まだ午後の6時半だぞぉ~~!!!


腹へったし寒いし、近くで食事でも出来る場所を探したんですがぁ~・・・
1軒もナシ!さすが田舎!。

結局1時間半、暖房もない無人駅で震えながら電車を待つことに。

一応バス停とかも調べたんですよ。
そうしたら身延町コミュニティーバスしかなく、1日に2本だけ。
あげくに日曜祝日は運行ナシ!

バカ野郎!

おかげでブルブル震えながら携帯ゲームで時間を潰していましたよ。
そう考えると昨年順調に帰れたのはラッキーだったんですね。


帰ってからは甲府温泉(会社の風呂)のお湯を全開にし、やっと温まってからビールをプシュー!。


今日は死んだ・・・。

帰りのことなんかぜんぜん考えてなかった。


さ~て、あとは見落としたアニメでも見ながら寝よう。


しっかし寒かったぁ~。


わかっていたけど、やっぱりバカな私でした。

最近カメラを構えない理由

世間ではクリスマス3連休の真っ只中、でも私は昨晩も今日もお仕事。
今日は甲府便でして年末臨時便体勢の中出発となり、明日は甲府で出先休みとなります。
仕事の方、結構忙しいんですよ。

さて、明日の出先休みをどう使うかなんですが、

候補1
昨年も観に行った、身延町西島のイルミネーションを観に行く(カメラ持参)。

候補2
年末格納準備のため、預かっているトラックの洗車&ワックス掛けに奔走。

候補3
完璧に疲れているのでひたすら寝て時々起きて呑む。

候補4
今まで行ったことのない山梨県下の観光地を観に行く。



たぶん、2と4は無いなぁ~。


2が無いのは、25日の天気が予報では悪そうだから(雨かどういかはわからないがかなり寒い予報)。
4が無いは、甲府市内からでは私が行ったことのない観光地があまりに遠いところばかりだから。
したがって、候補は1か3!。


候補1の場合、

最近カメラ構えてないしなぁ~・・・。
でも予報では甲府近辺、雨は降らないもののかなり気温が下がるらしいし、あまり寒いのはなぁ~・・・。

候補3の場合、

風呂入って呑んでひたすら爆睡!
一番簡単なんですが、ただただ時間が長過ぎるため呑み代の方が高くつきそう。


うぅ~~~~ん・・・・。


カメラに関してなんですが、

前回の記事のコメント返信にも書きましたが、撮ろうと思ったら天気が悪かろうが雨が降ろうが、それを知られないように綺麗に撮ることは出来るんですよ。
それってある意味、多少腕が上がったということ?。

でも、

あの天気の悪い状態で、しかも途中から雨が降り出した中で撮った鞍馬山の写真。
息子いわく

「不自然!」

「あんな天気であの紅葉、しかも古びてあちこちに粗が見える建物がまるで時代を遡った建設当時のような写真は変」

っと言われてしまった。

*つい最近の記事より*
鞍馬山
あの記事では借り物写真のケーブルカー以外はトリミングはあっても撮影後の補正ナシ。

自分で見ても、確かに・・・、

です。

空の色が悪いので、空を出来るだけ入れないとか工夫はしたんですよ。
当然、雨がパラパラ降り出したので特に9枚目(木造ホテル?の外見)なんざ、あえてシャッター速度を遅くし雨の雰囲気を出さないよう自分なりに工夫しました。
それを横で見ていた息子が撮影後のプレビューを見たとたん、

「この状態(雨が降る天気)で、こんな風に見えないじゃん!」

ですよ。

当然です、これは私のイメージを写真にしたものだから。



自分の目で見た通りの写真が撮りたい、というのが私が写真を始めたきっかけ。
それを可能にしてくれるだろうと思い、高いお金を払ってまで私にとって必要性が薄いはずだった一眼レフを買ったはず。

それが構図しかり、カメラの設定しかり、独学ながら勉強をして自分が思う写真を目指していたはずなのに、結果は見た目通りではなくイメージ通り?。

現実とイメージの違い、

これは言い換えれば現実と半仮想世界?。


プロのカメラマンの方々は、これをどうやって理解し、もしくは妥協しているんでしょうねぇ~。

カレンダーとか写真展等に出て来るプロのカメラマンが撮った写真は素晴らしいですよ、どうやってこの風景をどのタイミングと構図で撮ったらこうなる?くらいに。
でも、本当にこう見えたの?っと聞きたくなる写真もたくさんあります(特に色彩)。

一回書いたなぁ~。

記録に残る写真と芸術的な写真。

前者はまんま画質云々よりその一瞬が命、それに対し綺麗な風景やポートレート(もしくは人物)をどれだけ自分のイメージ通りに撮影出来るかが後者。
この後者は、時にイメージ通りの写真にするため被写体以外の周りを変えてまで(あるいは誤魔化す?)撮影する。

これってある意味絵じゃないんでしょうか。

私の写真って、自分が見た通りの写真ではなく、だんだん絵になってしまっているような・・・。



なんで息子の撮ったつまらない写真の中に、時にハッとさせられるものがある?。

センスの違い?、

っと言ってしまえば簡単なんでしょうが、私にはそんな写真がまだ1枚も撮れていない・・・。
しかも最初目指した方向からだんだん離れていったような・・・。


写真って、奥が深いですねぇ~。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ