露出アンダー

たまには露出アンダーメインで撮ってみようとおもいました。

露出アンダーといっても、平均値(0)に対して通常は1/3ずつ下るわけで、-1とは3段階も下げたことになり、かなり写りが変ってしましますし当然写真は暗くなります。

暗い写真?

でも、時には合うんですよ。


露出補正-1、ついでにスポット測光&WBは蛍光灯。
20170422 009
この枝垂桜、花のピンク色だけは残したかったのでちょっと工夫。
IMG_1170.jpg
WBの微調整を、あえてピンク系へ大きく振ってみました。
とりあえずWBが蛍光灯色(青系)でも、ピンク色だけはなんとか残せたかな?。

太陽が沈むちょっと前(露出補正-1)。
20170422 053


こちらは上と同じ枝垂桜なんですが、露出補正は-3
20170422 023
やり過ぎ?
でもこれはこれで・・・。


最後は2枚目の夕陽が意外によかったので、もう半年以上変えていないPC用待ち受け画面のために撮ってみました。
私の場合アイコンは左縦並びですので右側が寂しくなりがち、そこで右側だけ影絵の如く木を入れてみる。
20170422 059

で、実際に設定すると、
2017042102 004


まぁ~まぁ~かな。
これでまた半年は貼り続けるんだろうなぁ~。

カメラを持って近くをブラブラ

御衣黄(ぎょいこう)桜、通称緑色の桜
20170416 009

桜にメジロ
20170416 048

ここからはキリッ!っとした写真はありません、なんたってそういう写真は苦手なので・・・。
したがってボケを上手く使いながらの写真ですが、たまには全景をキリっと撮って見たいですねぇ~。


木漏れ日
20170416 142

咲き終わり
20170416 078

水辺
20170416 194

草むらから
20170416 071

見つけたぁ~!
20170416 065

夕暮れ前
20170416 216

写り込み
20170416 109

力強く
20170416 211


相変わらず古い初心者用一眼レフ(kissX-5)と安いレンズを使って工夫しながら撮っていますが、


まぁ~、まぁ~かな?。

天気が悪いなら・・・

せっかくの桜シーズンなのにちっとも天気が良くならない・・・。
前回も桜の写真をupしましたけど、やっぱ青い空を入れないと冴えませんねぇ~。

そこで、じゃ~空の状態があまり関係ない夜に桜を撮ろうと頑張ってみました。



その前に・・・

一面のタンポポ
20170410 019

昨年も見つけた白いタンポポ
20170410 031

去年と同じ場所(道端)で群生していまして、どうやら同じ場所で毎年咲くみたいですね。
20170410 034


さて夜桜

20170410 085

この2枚の写真は露光中にわざとピントをずらして遊んでみた。
20170410 094

20170410 092


よく行く蒲郡のとよおか湖公園にて、
20170410 132

20170410 125

20170410 134

最後は豊川市役所横の桜のトンネル
20170410 149

露店も出ており賑やかです
20170410 151

そこで同じ場所でシャッター速度を大幅に遅らせ人の姿を消すことに
20170410 152

こちらも同じく、まずは普通の撮り方
20170410 155

で、人だけ消してみる
20170410 156


これはどちらの写真も人のいない瞬間を狙ったのではなく、たくさんいる人たちをシャッターの速誤差を利用して消してみた写真で、本当は何人もの人がカメラの前を通りすぎたんですよ。
でも、やはり風まで消すことは出来ず、人を消した1枚目は桜がちょっと揺らいでますねぇ~。

ちなみに合成写真でもなければ、撮った後に写真を加工したわけでもなく、わかりやすく言えば、本来1分かかっていた動画?を1/100秒くらいに縮めただけで、ある意味、動かない物だけの時間を止めた?。

私って、こういう技術はメチャ真剣に取り組みなんとか出来るようにしようと、寝る間も惜しんで勉強するんですよ。

でも・・・

「それが何になるの???」

っと女房にあっさり言われ、ちょっと凹んだ私でした。


桜とタンポポ

久しぶりに女房とゆっくり桜を観て来ました、場所は蒲郡近辺。

20170409 018

20170409 072

20170409 025

20170409 233

20170409 230

桜の茎?が落ちる瞬間(まぐれ)
20170409 247

タンポポ
20170409 073

20170409 166

飛んで行く瞬間を撮るのはムズカシ~~~ィ!(ピントが合ってない)
20170409 149 - コピー

20170409 218

天気がイマイチだったんですが、有意義な日曜日でした。



3連休だったんですがぁ~・・・

最近、ほ~んと写真撮らなくなったよなぁ~・・・、

ついに飽きた?

そういうわけではないんですが、その(カメラを構える)余裕がないのが今の現状。


最近やたらと疲れるわ、息切れするわ、で得意の睡眠?がいまいちスッキリ寝れていない。
まぁ~理由はいろいろありますが、来月早々になればはっきりするでしょう。

ここまではただの独り言・・・。


で、天気はあまり良くないのに桜を撮ろうと近所まで。

20170320 027

20170320 039

20170320 051

ついでに

20170320 013

なにせ晴れているものの空は黄砂の影響でこんなん!。
20170319 020
夕暮れ時期の太陽なんですが霞んでます。
でも、こんな太陽も悪くはないですけどね。

20170319 006
これは夕暮れの菜の花。
菜の花より、花の隙間から見える太陽もいいかな?っと思って・・・。

一応ちゃんと撮った菜の花(夕方)
20170319 013
やっぱ菜の花は明るいうちに撮れよ#!、ですよね。



最後に、タイトル通り土日月の3連休だったんですが、実はな~んもしていません。
ただただ疲れを回復させようと寝るか起きて趣味のアニメを観るかでしてほとんど出かけていません。
せっかく休みなんだから・・・っと思い花の写真を撮りに行きましたが、やはり気分が乗らないとダメですねぇ~。

もう少し気分が落ち着いてからカメラ構えよう。

今後のために?

過去の写真を使って多重合成+HDR合成で工夫してみる。



まるで画のように不自然だねぇ~・・・。

何時だか書いた[撮ったあとのレタッチは邪道?]の記事、プロはそう判断しないらしく、レタッチは作品の総仕上げと言う。
どう自然に仕上げるか?は、これも腕の一つなんでしょうねぇ~。
私の場合、絵心無いからなぁ~・・・。

やっぱレタッチもセンスがものを言うんですよねぇ~。

そういう点では私、こういうセンスはぜんぜん無いからなぁ~・・・。

季節の花

ちょっと近所をウロウロ。

菜の花
20170219 113

早咲きの桜
20170219 025

最後はちょっとひねって白梅
20170219.jpg

最近カメラ構えてなかったからなぁ~・・・。

浜名湖の朝

写真だけは、何年経っても上手くならないねぇ~。

20170211 005

20170211 008

朝日のイメージが薄い・・・

レタッチ(補正)

yahoo知恵袋で気になったもの。

もちろん写真のことなんですが、私が一番気にしていた質問がありました。
そうです、撮影後の補正ってどうなんでしょう?っということ。
邪道とか言う人もいますし、カメラの目と人の目では捉え方が違うから補正は当然、とか・・・。

*下記Q&Aは誤字脱字があったため(私が修正)原文のままではありません*
question
レタッチは邪道?

カメラ好きの仲間と雑談をしていて、撮影後のレタッチは邪道?
という話になりました。僕的にはデジイチとて万能ではないし、
各メーカによって(機種によっても)独特のクセがあるように思います。

撮影後の色の調整、輝度、明度の調整はある程度は
むしろするべきだと思いますが、皆さんはどう思うのでしょうか?
もちろん、程度はあるしレタッチが極力要らない撮影が望ましいのでしょうけど。



best answer
あくまでこの質問に対し質問者が選んだベスト?な答えで、すべての人が納得するものではない


発想というか思考の順番が逆です。

作りたいものがある。というところからたどっていくと、自明なんですが。

「完成品」

↑仕上げ作業を行う。

「撮影データ」

↑撮影

「被写体」

↑準備

「構想」


欲しいものがえられるかどうか。
ただそれだけですよ。


考えねばならないのは、欲しいと思う「完成品」を仕上げるのに必要な「撮影データ」は、どんなものであるか。突き詰めて考えているかどうか。そして、それを忠実に実行できたかどうかだと思います。

具体的に。
発表する「完成品」が、写真プリントだったとします。

どんなプリンターを使って、どの紙に印刷するのか。
どのようなソフトを使って印刷するか。

その紙とプリンタとソフトの要求する、印刷データは、どんなものが最適なのか。

その印刷データを得るには、どんな編集をするのか。
どれだけデータがあれば足りるのか。

では、そのデータはどうやって撮影すれば得られるのか。


ここで、一意にカメラの機材選択と、その露出が決まってしまうわけです。


カメラでできる最高の仕事をした「写真データ」を、レタッチソフトで仕上げて積み増しをすることに、ためらいや否定がある理由は、何があるというのでしょうか。


積み増しと、補正や修正を混同するから、レタッチのイメージが悪いのだと思います。失敗をごまかすものと、作品を作ることは分けて考えて欲しいです。



*****


うぅ~~~ん・・・・


ようは私の場合、失敗をどう補正(この場合のレタッチ)するのか、あるいはイメージ通りにならなかった写真をどうイメージ通りに補正するのかなわけで、私のよう失敗を補正するのがレタッチではない!っということ?。

じゃ~上手く撮れた写真を完成品にするには印刷部分だけのことだけを考えれば良いわけだから、ある意味撮影後の補正(イメージと違うので補正した)は邪道ではないんでしょうか?。


確かにカメラの能力によっても違うだろうし、なによりレンズによって大きく写り方が変わります。

このレンズに関しては、私、長年メガネを掛けていますのでよくわかるんですよ。

度を変えないで新しいメガネを作ったらどう見えます?。

メッチャ鮮明で[こんなに綺麗に見えるか]ですよね。
でも度数も変わってなければレンズの角度を変えたわけでもない。
じゃ~なんで今まで掛けていたメガネより綺麗に見える?

長らくメガネを掛けていると、知らずしらずにメガネ(レンズ)は汚れ、目に見えないキズも出来、これが本来見えているはずのものを遮っている。
ところが新しいメガネは汚れも傷も無く視界を遮るものがないため普段より綺麗に見える。

これ、カメラ(交換レンズ)でいうところの、明るいレンズと暗いレンズの違いと同じで、明るいレンズというのは新品のメガネみたいなもん(暗いレンズに傷や汚れがあるわけではないけど透明度が違う)。

ある意味、これを新品メガネで見た状態に補正しようというわけでしょ?(それがすべてではないが)。
結局補正あるなしに関らず、撮影時(シャッターを切った瞬間)が一番大事ということではないんでしょうか?。

故意的に創るんならどんな補正でもアリだと思いますけど、息子に言われた「綺麗過ぎて不自然」というのをどうクリアするんでしょうか?。


ようは、レタッチと補正(修正)は違うと言いたいんでしょうね。


私も会社でよく写真を頼まれプリントアウトするんですが、常にモニターで見た通りのプリント(写真)にはなりませんよ。
だから同じ写真を何枚か印刷し(印刷設定を替えて)、モニターで見た写真ではなく、プリントアウトした時の写真が一番綺麗に見える設定に変えます。
これ、意外に難しいんですよ。

じゃ~プリントするのを前提に、どんな撮影方法がベストだと思います?。

初心者(私も含めて)なら一眼レフであってもフルオート撮影!
キャノンならシーンインテリジェントオート!

撮った後、本当にこれでいいの???っと思うんですよ。
もちろんカメラのモニターで画像も確認しているんですけど、なんだかなぁ~・・・なんです。
家に帰ってPCに取り込み確認しても、

やっぱイマイチだよなぁ~・・・

なんですけど、実際印刷してみると、


おぉ~~・・・(よは思ったより綺麗)。

です。


じゃ~自分で設定した写真は?

PCモニターで見るとオートより格段に綺麗で鮮明、でも印刷してみると・・・


く・暗い・・・・しかも写真が重い・・・
鮮明なんだけど写真が暗いし重いし、飾るにはちょっとぉ~・・・


なんです。


つい最近、安全祈願をするためのカメラマンを頼まれ、最後に全員の集合写真を撮り、その後1年間社内に飾られる写真になるんですよ。

気使いますよぉ~、1発撮りだし失敗は許されないし、しかも大きな写真になるため画質にもこだわらなきゃならないし。


で、どう撮ったか?っというと、


実は1発で4パターン(×3で計12枚)をセットし(最近の一眼レフなら可能)撮影しました。
シャッターは3回切られたんですが(1回あたり4パターン)、連写(秒速4枚(×4)くらいの速さで自動撮影)ですので誰も気が付きません(ほぼ一瞬の速さ)。
でも結局印刷してみるとフルオートが一番良かったりして。
でも、PCモニターで見る限り、私の設定の方が良いと思うんですがね。

情けなぁ~~~い

私の腕ってこんなもんかとあらためて実感する・・・。

プロならそんなことなく、事前に印刷時の状態を把握しているんでしょうが私ではムリ(印刷経験が足りない)。


実はモニターで見るのと写真にする(プリントする)では、大きく違うんですよ。


プロって写真(プリント)にしてなんぼでしょう?。

それに対し、私はモニターで観るかブログに貼るかでして、デジタル画像のままと写真(プリント)ではかなり違うことはわかっているものの、それを無視してブログ用とかモニターでの見た目重視で写真を撮っています。


アマチュアの方って(あくまで写真が趣味という人)、すべての写真をプリントするんですかねぇ~?。
すべてとは言わないものの、せめて気にいった物はA4サイズくらいの写真にするとか・・・。

過去私もそうしていたんですよ。
女房がせっかくいい写真が撮れたなら見せろ!っと言われよくプリントしました。
そのために高いプリンターまで購入(今は安物を使っているけど)。
しかも女房、その写真をわざわざ額まで買って飾っていましたよ。
*プリンターの能力次第で写真の出来がぜんぜん違う*

でも大抵の人は、自分の子どもの写真はプリントするものの、私のよう自己満足のための写真ではデジタルデータのまま(プリントせずデータ保存)、っという人が多いのでは?。



これじゃ上手くならんよなぁ~・・・。



下記のanswer、
[上手くなりたいならモニターで見るではなく、プリントして一度ちゃんとした写真にしてみろ#!]
っということなんでしょうねぇ~。

たまにはちゃんとプリントし、それを飾ってしげしげ見ながら、

よぉ~し!

な~んて吼えてみたいですね。

富士山撮りに行ったはずが・・・

この船、知っています?。

20170104 051

ず~っと前から気になっていたんですよ。
確か、当時はなんの船なのかわからず写真だけこのブログにupしたこともあります。


静岡県清水区興津埠頭に時々停泊する、縦にだけ異常に高い船。
1年に2~3回ほどここの港(興津港)に来るんですが、何を運ぶ船なんだろう?っと思っていました。


昨日夜中、ちょっとヒマだったんで調べたんですよ。
ただし、画像だけで船を調べるのはなかなか難しくて、結果興津港を調べ、そのたくさんある画像の中から同じ船を見つけて、その記事からやっとわかりました、ハハハ(^^ゞ。
どうやったらもっと簡単に見つけられるんだろう?。

で、

地球深部探査船 ちきゅう号!(名前がスゴイ!)
Chikyu_2.jpg
*この写真はwikから拝借*


私の場合、仕事柄夜しか走らないので、国道1号線興津付近の高架を走っていると、まるで光の要塞の如くそびえ立っているんですよ。
もちろん最初の写真は私が撮ったものです。

高さが水面から120m(船底から130m)もあるもんだから(船としては世界一の高さ)、日本の橋のすべてがくぐれず、興津港のよう、海から港までまったく障害物がない港でないと入港出来ないんだそうです。

じゃ~なにする船?

詳しくは下記で(wik説明)
↓↓↓
[地球深部探査船 ちきゅう号]

すっごいことやってんだねぇ~。

それにしても私が撮った写真、まるで海の上を動く工場夜景みたいですよね。
かなり遠くからでも見えまして、一見の価値はありますよ。

この後、何処へ行くかはわかりませんが、今(2017.1月4日現在)は興津港に停泊しています。
おおよそなんですが、いつも一度停泊すると一ヶ月はくらい停まっていますよ。



なんでこんな写真撮りに行ったか?っというと、

女房が、

「この間(奥浜名湖展望台)見た富士山、ぜんぜん小さくてよく見えなかったから、もうちょっと近くまで行けない?」

っというわけで高速も空いていることだし、朝霧高原やその近くの精進湖まで行っちゃいました、ハハハ(^^ゞ。
そこで本来の目的だった富士山。


精進湖付近より
20170104 018

本栖湖を周り込んでの富士山
20170104 039

300mm(フルサイズ換算480mm)で頂上付近
20170104 041

おっ、山頂左の角の突起は富士山測候所

上の写真をトリミングして拡大
20170104 048

写真をクリックして大きな写真で見ても、なんとなくそう?(これが富士山測候所?)・・・
くらいなもんで、300mmのトリミングじゃこの辺が限界ですかね。

山登りは嫌いなので、登ってまで見に行こうとは思いませんが、もうちょっと近くで撮るか、2000mm望遠とか欲しいところですね。
例えばシグマのAPO50-500mm、これに2倍テレコンをかませば1000mm、フルサイズ換算(×1.6)で

1600mm!

しかもワイド端が50mmだから普通の撮影にも使えるし(ある意味、超高倍率ズーム)。
中古で6万ちょっとで出ているんだけどなぁ~・・・

買ったら絶対女房に怒られそう。


あぁ~・・・富士山撮りに行った帰りとはいえ、あんなもん見ちゃったら夜の船や工場夜景もいいなぁ~・・・っと思っちゃいました。


今日5日、私にとって正月休み最終日。
でも、昨日から昼夜逆生活の調整に入っていまして、今日はこのまま就寝予定。
年取ると身体がなかなか仕事モードに戻らないので、今じゃ2日ほど前から調整に入ります。


っというわけで本日心身調整休み。
今日はみなさんのブログへ顔を出してから(今年他の人のブログに顔を出してない)仕事のための時間調整して寝ますか。

おやすみなさぁ~い zzz…(-ω-)。。ooO
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ