ご苦労様

関西含む西日本、この大雨のため悲惨な事になってますねぇ~。
実は昨晩、京都南便のドッキングだったんですよ。

以前紹介したとは思いますが、私達路線は定期の帳尻合わせのため途中まで走り相手側と待ち合わせ後トラックを乗り換えて自店へ帰るという定期があります。
ようは鉄道でいうところの長距離列車が最後まで一人の運転手が運転するわけではなく、途中の駅で乗務員だけが代わる[運転交代]みたいなもんです。

交代場所は滋賀県の滋賀支店(旧甲西町(現湖南市))だったんですが、私は豊川市から東名、東名阪、新名神と乗り継ぎ土山ICで降り滋賀支店へ向います。
相手側は京都南支店(長岡京市)から通常なら名神に乗り栗東で降り滋賀支店へ。

距離の関係で相手側は滋賀支店まで約1時間ほど、それに対し私は2時間半ほど掛かるため、当然相手側が私の到着を待つというのが通常です。

ところが今回、御存知の通り関西一円がまともに通行出来る状態ではありませんでした。

相手側と連絡を取りどうやってクルマの入れ替え(運転交代)を行うか話し合いました。

1、今日の出発をあきらめ明日へ順延
2、互いにドッキングをあきらめ共に最終店まで走り出先休みにする
3、どれだけ遅くなっても途中ドッキングを強行する

結論は3でした。

なぜか?っというと、翌日にも私には土曜日定期が入っており、1&2のパターンでは私が帰らない以上定期に穴を空けるか休務に当たる乗務員を無理やり引っ張り出さなければならなくなるからです。

今日は休み!っと分かっている人を当日に「出勤して走って!」っと頼むのはメッチャイヤです。
誰だってそうですよね、休みなのに突然「今日突然人が足りなくなったから今から出てきて」と言われるのは絶対イヤでしょう?、もちろん私でも、しかたなく出るにしてもひともんちゃくほざきますよ。

それが分かっているから昨日のドッキングはなんとしてもその日の内に終わらせたい。

相手方に


「とりあえずこっちは出るよ、だからそっちも出て、その代わりどれだけ遅くなっても待っているから」


相手側頑張りました、京都からまともに出られない状態の中、一度大阪方面へ出て松原市へ向いそこから西名阪に乗り名阪国道へ、その後三重県亀山市から東名阪経由で新名神へ入り土山ICで降り、出発地点とは逆向きになる国道1号線を使い滋賀支店へ。
通常なら上にも書いた通り1時間程度でこれる道のりを京都からいったん大阪府へ、そこから奈良県、三重県と渡り滋賀県まで3時間半のものすごい大回り!。
それでも来てくれたことに感謝し、相手方に、

「とにかく途中データの整理(運行状況の整理)だけやって!、荷降ろしは私がやるし、こっち(私が乗ってきた車両)はすでにすべて終わらせてあるからデータ整理が終わり次第休んでから自店へ戻って!」

ほ~んと、ご苦労様です。

相手方は土日休みですから無理せず土曜日にドッキングでも良かったんですが、それでは私の方が困るため無理して出てくれました。
自店へ帰って、はいいんですが、帰りは大津支店(草津市)、京都支店(京都南区(河原町十条近く))、そして最後は自店の京都南支店まで走るんですかぁ~、当然国道1号線主体となるからまともに帰れるわけがナイ!。

来る時もものすごい遠回りして来たのに、ドッキング後、帰りも渋滞の渦に巻き込まれなければならない相手の乗務員は大変!。


ちなみに私は?っというと、滋賀支店までなら往復ぜんぜん平和(普通に走れる)。
ただただ滋賀支店で相手が来るまでの間、コーヒー片手にエアコンの効いた休憩室で2時間ほどここの夜勤相手にバカ話をしていただけ、夜勤も大阪方面からの到着が通行止めの影響で入って来ないからヒマなわけです。

それにしても、

相手の方はどれだけ頑張って来たことやら、そして私から引き継いだ車両でまた渋滞の渦をかいくぐり何時に終わったことやら。
こればっかりはお互い様。
何時ぞやはこちらが雪の影響で相手を3時間以上待たせたのに相手いわく、

「ご苦労さん、来れただけ立派!」

な~んて言われましたからねぇ~。
だから今回も相手が、

「そうとう待たせたね」

だったんですが、

「大丈夫、この程度の待ち時間で来てくれたのはさすがにプロ、上手く逃げたね!」

ですよ。


相手があってのドッキング、やはりお互い仲良くやりたいからこそお互いを気遣い、それが言葉に出て来るあたりがベテラン同士?(相手方も私がよく知った同年代の同僚)。

アクシデントがあった時ほど周りがどう反応するかで環境が良くも悪くもなります。
この辺はお互いベテランですからお互いに気を使った言葉の掛け合いになりまが、これがウチの若い連中に行かせたなら、

「オッサン遅せ~わ、何時間待たせんじゃ~#」

くらいに平気でもの言う輩もいますからねぇ~。


今日は不慮の事態だったんですが、お互い理解し合える同僚で良かったです。
ついでに、
時間つぶしにいろいろな話も聞けて面白かったので2時間も待った気がしなかったのは、ただただ私が仕事に専念していないからかな?、ハハハ(^^ゞ。



久々の関東便

ちょっと代役で関東便を担当しました、ほ~んと久々にスカイツリー見て来ましたけど相変わらずデカいですよねぇ~。
天気がイマイチだったせいで、スカイツリーの先っぽが雲の中という途方もない高さ!。

もちろん現在の私は関西便メインですので、あの高さ300mもある[あべのハルカス]のそばも通るんですが、周りのビルも高いため、そんなに高いかぁ~?、なんですよ。

でも、スカイツリーの高さは、周りに高い建物がないというのを差し引いても尋常じゃない高さを感じます。


まぁ~そんなことはどうでもいいんですが、ウチの店の場合、定期が違うと乗る車両も変ってくるんですよ。
ようは、便ごとに使う車両が決まっていますので、当然応援で出る私もそのグループの車両を拝借するわけです。

拝借した車両は9年落ちとなる古い物だったんですがもちろん現役バリバリです。

まず出勤して借りた車両への燃料補給から始まるわけなんですが、そこで燃料を入れた時の距離を書き込まなければなりません。

securedownload[1]

おぉ、まだ8万5千kmしか走ってないんですかぁ~、ほとんど新車状態じゃん!。


9年落ちの車両がそんなわけないです。
なんとオドメーターが一回りしてしまっての8万5千kmなんですよ。


はい、一回りって何kmでしょう?。



正解は100万km!


したがってこのクルマ、現在の走行距離は108万5千kmちょっと!
たった9年?でいったい地球を何周したことやら・・・。


そういえば私達乗務員の月報(個々の記録)に、その月の総走行距離が記載されていたっけ。
最近は近い定期が多いせいで私の場合、現在は月に7.000kmくらい。
以前は東北やら北関東を走っていた頃には多い時に月12.000kmくらい走っていましたよ。
これ、1個人としての走行距離ですからね。
ついでに、月にですよ月に、年間じゃなんですよ。

人間(乗務員)は労働基準法の関係上定期的に休みますけど、それには関係ないクルマは年中フル稼働で動きますので、関東便で使われるクルマでは9年で100万km超なんて珍しくないんですよね。
ちなみに潰しの利かない(定期以外で使えない)トレーラーなんざ、廃車になるまで200万km超も珍しくないんだそうですよ。

200万kmって、その距離を何年かけて走るの?。

おおよそ新車から10年前後だそうです。


こう考えると一般の人がいくらドライブ好きでも、プロが仕事で走る距離には遠く及ばないというのがよくわかるでしょう?。
したがって私の場合、一番距離を走っていた頃は自家用車の距離(プライベートで走る距離)を足せば年間15万kmも走っていた、っという時期もありましたよ。
これだけ走っていて運転がヘタ#!とかありえないでしょう。

ちなみに現在、私が預かっている車両は4年経ちましたが未だ35万kmほど。
乗用車に至ってはもうすぐ2回目の車検(満5年)なんですが、すでに走行距離は10万kmを突破!。

どんだけぇ~~~!!!

ですよね(意味は好きに取って下さい)。
でもあと1年、これに近い距離をもうちょっと走らなければなりません。


とにかく、


事故無きよう、怪我無きよう、そして周りに迷惑を掛けないよう精一杯頑張ります!

ダイヤグラム化

最近、仕事の終わる時間がものすごく早くなりまして、その分自分の自由な時間をしっかり取れるようになりました。
たぶん私がこの会社に入って30年近くなりますけど、これほど早く仕事が終わり、そして次の仕事までの間、自分でこんなに自由な時間をつくれるようになったことはなかったです。
おかげで好きなアニメばっか観てるけど・・・。

もちろん早く仕事が終わったからといって給料に影響を出しません。
なにせ私達路線乗務員は半歩合給ですので、時間に関係なく仕事を全うした段階で私達の給料は確定するわけですから。


ダイヤグラム化


ダイヤグラムってわかります?。
そうです、電車の時間運行やら仕事時間の正確さやら、しっかりした時間管理の基、無駄な動きを省きながら正確な動きをもってして効率良く仕事を成し得るシステムのことをダイヤグラムと言います。

大手の運送会社、特に不特定多数を顧客に持つ運送会社にとって、荷物を出す方と受け取る方は意外に正確に受けつけ&届けられているんですが、実はその中身(輸送中)というのはそうとう苦労しているんですよ。

簡単に言いますと、人に例えるならある旅に出るとします。
出発は自分の家(例えば愛知県の豊川市)、最終目的地は日本の最北端宗谷岬。
期限は3日、予算は2500円。

あなたならどう行きます?。
それ以前に2500円で愛知県から北海道の最北端まで行けます?。
何使ってもいいですよ、自転車でもバイクでも、はたまたクルマでも船でも。
当然飛行機でもOKですが、その段階で2500円は無理でしょう。

だったらヒッチハイクでお金を使わないように移動する?
じゃ~期限の3日で到着出来ます?。

これ荷物だから2500円で可能なだけで、人&手荷物(それ相応の重量)なら無理?。

じゃ~1個の荷物が100kgとしましょう、たぶん同じ輸送方法で掛かる料金はおよそ10000円くらい。
普通の人が手荷物だけで旅行をしようと思ったら、自分の体重と荷物を合わせてもこんなもんでしょう。

もう1回聞きます。

じゃ~10000円あれば愛知県から宗谷岬まで3日あれば到着出来ます?。
中には出来る人もいるかもしれませんが、その行程は並々ならぬ知識と労力、そして時として運も必要だと思います。
だいたい、青森と函館の間は陸続きではありませんからどうやっても船代は必要。

これを苦もなく可能にしているのが大手運送会社です(人は運ばないけどね!)。
でもその中身というのは悲惨なもので、働く人間には時間はあってないようなもん。
逆に荷物には限られた時間があるため、その中で働く人間は自分の時間すら忘れて何を差し置いても期限に合わせる。

これが実態です。


我社もこれを解消しようと今年4月からダイヤグラム化に取り組みました。
ようは、正規の時間内で働き、今までと同じ物量を扱いながら利益を残そうというわけです。
本当ならもっと昔からやるべき問題だったんですが、運送会社に関らずすべての商売人にとって、

[お客様は神様です!]

なんですよ。

ダイヤグラム化というのは、これを一部お客様にも負担して頂こうという発想。

一部ってナニ?

人員確保のための運賃の値上げ?

まぁ~それもありますが、それ以上に出荷時間の制限とか荷物の形状査定とかですかね。
ようは少しでも時間に余裕が持てるよう、1時間でも2時間でも前倒しして出荷してほしいとお願いするわけですよ。
それでいて運賃値上げの交渉をするわけですから出荷主にとってはたまりません。
でも、

今の社会情勢の中、運送会社だけが時間を無視して働かせるわけにはいかず、もちろんそれは自分の会社にも当てはまる部分が多かったため、じゃ~一緒に頑張りましょう!っと協賛してくれたお客様が多かったことはちょっと驚きでしたけどね。

以前は目先の利益追求のため、なんでもいいから金になるなら何でも集めて来い!でしたよ。
しかも遅くなろうがお客様がそれなりの運賃を支払ってくれるなら何時になっても集荷に行け!っとまで。


運賃、


実は国である程度の基準をつくっています。
例えば2017年度運賃基準として250km圏内であれば1個10kg以内なら1000円とか(あくまで例です)。
ようは、働く人の最低賃金みたいなもんで、これ以下の運賃で荷物を運ぶことは望ましくない#!っというもの。
ただし、人の賃金と違って法的拘束力はなく、あくまで国の推奨。

したがって民間企業はライバル(同業他社)の動きを見てから考えるわけですよ。
ちなみに国が推奨する運賃を律儀に守っているのは〇通と〇〇パック(旧 郵便局)だけかな?。
まぁ~この2社、株式のかなりの部分を国に握られている半官半民の会社ですから、国の言う事を聞かないわけには行かない・・・。
が、その代わりある意味国が守っている?。


さて前置きが長くなりましたが、ウチの会社、やっと重い腰を上げまして本気でダイヤグラム化に取り組み出しました。

とにかく早く仕事を終わらそう、短い時間で効率の良い仕事にしよう。
それに必要な物はたくさん取り入れよう(25mフルトレーラーもその一環)。

おかげで私達路線の出発時間が驚くほど早くなり運行自体に余裕が出来るようになりました。

以前は、距離的にもうちょっとだからとか、時間的に苦しいからとか、到着でメッチャ待たされるから、などなど運行中も余裕がなかったんですよ。
それが今では以前より1時間から1時間半以上前倒しされた出発時間は運行に余裕が出来ているせいか、ここでちょっと休憩とか、無理して走らなくても十分に間に合うので疲れたら一時車内で仮眠を取るとか。
早く出たからといって最終到着時間(遅くてもこの時間まで)っというのは以前と変りませんので、したがって問題のない時間に到着でき、そして早く終わったならゆっくり休憩(もしくは休息)してくださいということ。

出先での休息時間でも、また復路の定期が終わり家へ帰って来てからでも、就寝に入るまでの自由な時間がほ~んと増えました。
おかげでもうすぐ定年を迎える私のような年寄り連中にはありがたいことなんですよ、なにせ疲労を回復させる時間が長くなったわけですから、それだけ次の仕事を万全な体調で迎えられます。


さてそんな年寄り、しかも今やなんの権限もなく自分の仕事を全うすることが今では精一杯なんですがぁ~・・・

路線配車
「中森さん、今週金曜日柏へ行ってくれん、復路(土曜日)は船橋からだけど」
「ついでで悪いんだけど、再来週の土曜日も人がいないんで甲府でお願い出来ます?」

えぇ~~~!!!

ですよね。

今や関西サラリーマン定期を担い1年以上経とうというのに土曜日に2回も仕事?しかも千葉県は柏と山梨県の甲府?


オイオイオイ#!、

私がすでに降りたといえ、それでもまだ6人もの役職がいるのになんでこんな棺おけに片足突っ込んだ年寄り使うよ#!、しかも1年ぶりとか2年ぶりみたいな定期で。

もう道忘れたわ#!

っといいたいところなんですがぁ~・・・

元大親分(部署のトップ)というつまらない肩書きのために断れなかった情けない私。


ダイヤグラム化の次は、こういう部分にも手を入れましょう。
過去の人間を使うのではなく、立場に見合った仕事しろよ#!っと今の上司に私は言いたいし、そういうことが自然に出来る若い連中を育てるのも役職の務め。

形ばかりのピラミッドではなく、下から上へ、そして上から下への風通しの良い組織作りをしてほしいもので、その中に人の心を察してやれる部署にしてもらいたいです。

あと1年、やれることはやります、できるだけ断りません。
でも、こんな仕事が未だ私に回って来るということは、


若い連中、こんな年寄りに仕事で負けるなよ!。

25m フルトレーラー

ついにテスト運行が始まった25mフルトレーラー。

フルトレーラーってナニ???


通常、駆動車(トラクター)だけがあり(ようは運転席)、その後ろに荷物を積むトレーラーを引っ張っているのがセミトレーラーと言います。
それに対し、普通の大型車の後ろにもう一個短い貨物用トレーラーを引っ張っているのがフルトレーラー。
ようは、トラック単独でも荷物は積めるし、それにもう1台付け足して走っているのがフルトレーラーなわけです。

過去法律によって一般公道を走れるトラック(トレーラー含む)の最大の長さは(特別な許可のいらないもの)18mだったんですよ。
これをもう少し伸ばして、一人の運転手だけで大型トラック2台分をいっぺんに運ぼうとなったのが25mフルトレーラー。

とりあえずは国から許可を得てテスト運行が始まったのですが、これは数少ない名の通った運送会社にだけ許可され、今後深刻になるだろう運転手不足解消になるかどうかのテストなんです。

25m

簡単に言いますけど、私たちトラックドライバーからみて、

これで本当に交差点を曲がれるの???

っと思います。


通常単車と言われる10t積のトラックの荷台の長さは9.6m。
これにキャビンと言われる運転席が足されて全長12mなんですよ。
25mフルトレーラーというのは、キャビン部分と連結装置の距離を外しても、前のトラックも後ろのトレーラー部分も9.6mあり、まさにトラック2台分の長さなんです。


さて、まず最初に始めたのが福山通運。
写真で分かっちゃうからそのまま運送会社名を出します。
だいたいニュースにもなっているから問題ないですよね。

20171016fukutsu4_convert_20180329035555.jpg

さっすがに長いすよね!
ちなみに小回りが利くよう、トレーラー部分の後軸(最後尾のタイヤ)は自動で操舵するそうで、運転席で右にハンドルを切ると最後尾のタイヤは逆の左へ切れるそうで、これを利用してウルトラ長い内輪差を少しでも小さくする工夫がなされています。

さて我が社もテスト運行が始まりました。
なんとヘッドはモデルチェンジしたばかりの最新鋭機を使います。

AS20180328003622_comm_convert_20180329035626.jpg

我が社・・・

っと書いちゃったけど、もうバレバレだからいいよね!。

写真を比べて見ると分かるんですが、先頭車両の軸輪数は同じなものの、トレーラー部分は福山さんが2軸に対し、我が社のは3軸。
これ積載量の関係だと思います。
タイヤ数が少ない福山バージョンは、明らかに長さは同じなものの積載出来る重量が少ないと思われます。

これに対し我が社のは、後軸の操舵が出来ない代わりにトレーラーの前軸が先頭車両に合わせて動きます。
当然トレーラー側の後軸が2軸でしかも前にもタイヤがあり合計3軸。
したがって重量にも十分耐えられる設計のため、たぶん福山さんよりは積載可能重量が多いはず。

ちなみに我が社のフルトレーラー、当分の間、毎週木曜日(夜中)に小牧~藤枝(静岡県)を運行させるそうなので、気になる人はこの時間帯東名高速を走れば出会えますよ(新東名ではないと思われ・・・)。


それにしても、私が知っている所属乗務員が乗るのでしょうから、個人的には誰が運転するのかな?っというのは興味があります。

でもただ一言、

ウルトラ大変だろうなぁ~。

ちなみに私の店にも打診はあったものの、私は怖いから乗りたくない!



この記事を書く前、すでにニュースでもやっていました。
まぁ~このニュース、スポンサーは我が社だからこそなんだろうけどね。
でも最初にあるあのCM映像(我が社)、そろそろ変えてくれん?。

なんで・・・って?。



最初は半年間だけ!って言ってたのに、もうすでに3年くらいTVで流してない?(中部地区限定らしいけど)。


さて、なんででしょう。
それは・・・


あのCMに私が出ているから。



あぁ~恥ずかしい!、そろそろヤメてぇ~~~~!!!。



今月やること

今月は年に2回ある健康診断がある月、しかも夏とは違い簡易検査ではなくバリウム有りの詳しく調べる検査。
23日にあるんですが、まずは前もって準備があります。
ほとんどが書類上の物ですが、ただ一つ事前にウン〇を取っておかなければなりません。
しかも2日空けて2回分。

今日1回目やりました。

ウチの女房いわく、

「家の中に置くな#!、外に置け外に、見えないところへ#!!!」


そんなこと言ったってねぇ~・・・



もう一つ大事なことがあり、ついさっき(午前2時頃)、3時間くらい掛かって一部終わりました。
大事なことって何か?っというと、仕事で使うトラックの三ヶ月点検の前準備。
とにかくまずは洗車しないと。

今日って愛知県でもメッチャ寒いんですよ。

寒いのになんで夜中に洗車???

しょうがないんです、私路線の人間だから。


昼間ってSD(セールスドライバー)が洗車場を占領していますし、土曜日といっても営業日、したがって忙しいわけです。
しかし路線の人間はこのブログを読まれている方ならわかる通り、普段の生活自体が昼夜反対です。

昼間寝て夜働く仕事。

したがって昼間って気合入らなくてダメなんですよぉ~。


しっかし寒かったわぁ~。

水掛けただけですぐ凍り出すし、トラックの下に潜りこんで手洗いするんですが、手が寒さで言うことを利かない・・・。
それでも昔からのやり方で、

凍る前に拭く

普通の人から見たらバカですよねぇ~。
でも本当に水を掛けた矢先からスポンジですぐこすらないと、汚れを流し落とす前に水分が凍っちゃうんですよ(汚れが残る)。

手洗いはおおよそ2時間くらい、その後、粗落としで洗車機を掛けて終わりますけど、これは最初に洗車機でも良いんですが、今日のようあまりに寒いと洗車機を掛けた後が凍ってしまいその後の手洗いが困難になってしまいます。
そのため今日は手洗いを先にやりました。

家へ帰ってくると、着ている服が凍っていてパリパリです、服をほろったら細かい氷がキラキラと舞い上がります。
それでも、とりあえず一部終了。

で、今日午後からワックス掛け&グリスアップをやる予定なんですが、あまりに寒いとワックスが上手く伸びずムラになりやすいんですよねぇ~、しかも拭き取りに一段と手間がかかるし・・・。
たまに女房に手伝ってもらおうかな?。

って、絶対イヤッ#!って言われそうだよね。

さて本日、もうひと頑張りしますか。

大変だ

現在ニュースでもやっている北陸の大雪、今や生活レベルにさへ影響を出しているようで大変な状況のようです。
私が勤める会社でも発送や到着もままならない状況でして、当然生活物資等もまともに届かないでしょう。

実は3日前に豊川に到着し、本来ならその夜に積んで帰る北陸関係の便が2本あり、最終着店が福井と金沢になる便(ようはそこが彼らの所属店)です。
もちろんその夜から北陸は大雪になってしまい、それにともない道路状況が芳しくないため、乗務員の安全確保のため豊川からの出発を見合わせました。

実はこの二人、今日で出先の豊川にて3日目(3泊目)を迎えます。
そうです、もうすでに家を出て4日帰っていない(本来なら翌日帰る)。

高速道路は一部通行止め区間が短くはなったものの、北陸道全線で通行出来るわけではない。
御存知の方はわかると思うんですけど、敦賀から福井にかけては海岸沿いが断崖絶壁で、そこを抜ける道路は事実上国道8号線しかありません。
この唯一の国道が未だ動かないんだそうです。

この二人の乗務員、自分の家がどうなっているのか、またまともに買い物も出来ない状態で自分の家族はどう暮らしているのか気になるようです。

まぁ~当たり前ですよね。

ただ今回、二人の乗務員は豊川支店で留め置いたため、食事や寝る場所、そして風呂等生活には困りません。
唯一困るのはお金かな?。
二人中の一人は今日食事するお金が無くなり、ウチの店に借用書を書いて1万円を借りたそうです。

私も以前は常に1泊2日の仕事でしたけど、お金はだいたい1運行あたり(1泊2日の定期)で5千円くらいしか持って行きません。
もちろん1泊2日で5千円まるまる使うわけではありませんが、さすがにいくらケチなウチの女房といへど、なにかあった時に私がまったくお金を持っていないというのはさすがにマズイということで、ちょっとだけ?多めに持たせるんですよ。
ただ、普通に帰って来ているのにすべて使っちゃったりすると女房にもの凄く怒られます、ハイ!。

まぁ~さすがに持たされたお金を全部使うことはないですけどね、ハハハ(^^ゞ。

それでも今回のよう1泊2日の定期が、予期せぬアクシデントのため3泊4日(今晩出られれば)になったなら、とてもとても出先で5千円程度しか持っていなければ食事代だけでも足りません。



もう20年近く前になりますか、滋賀県下で大雪が降り3日路上で足止めされたことがあります。
この時はすでに自店(豊川)を出発しており、長浜付近で動けなくなってそのまま3日が過ぎた、という私の苦い経験です。

買い物にも行けない、ひたすらトラックの運転席で前が動くのをじっと待つだけ。
それが3日続くんですよ。
しかもあの時お金は2千円だかしか持っていなかったんです。

どうせ食事は出先の社員食堂で食べるし、あの頃はお酒もほとんど飲めませんでしたから出先の宿泊で飲むということはなく、別に2千円程度でも苦はなかったんですよ。
ところが、この悲惨な渋滞というか足止めでコンビニまで歩いて買い物に行ったものの(前が動こうと関係ナシに一時トラックから離れた)、まともにお金を持っていなかったせいでパンを3つ買い(コンビニの棚にはそれしかなかった)、それで3日しのぎましたよ。

まぁ~あの頃はまだまだ給料は安かったし、それ以上に子どもにお金が掛かる時期でしたので、私の仕事で家のお金が掛かるようにはしないよう自分なりに努めていたんですよ。

あの時以降かな、最低でも5~6千円は持っていないと自分の生活が成り立たなくなる場合があると認識したのは。


さてあの二人、今晩は帰れるんだろうか?。
家族も寂しい思いで待っているでしょうねぇ~。
出先で4泊目がないよう、早く北陸方面の道路が動くよう祈っています。


あぁ~そうだ、今晩私、久々の甲府便なんですよ。
インフルエンザが私の店でも蔓延しているせいか次々乗務員が休みやがって、結果定年間際の私にまでいらぬおはちが回ってきての甲府便・・・。


甲信越地方、今日明日だけは雪降るんじゃねぇ~ぞ#!。

こんなはずでは・・・

行って来ました尼崎ホリデー(出先休み)。

23日朝、終わったのが早朝6時くらいだったんですよ(通常なら4時には終わる)、それでも無事終われたのはヨカッタヨカッタ・・・(何が???)。
もちろんその日はお休みですので持って行ったPCでビール飲みながらアニメ鑑賞していました。
ところが途中から画像が止ること止ること。

なんと、テザリングのギガ数が規定総量に達しいきなり低速モードになりやがんの。
こんなこと初めて。

私の携帯のパケット総量は月額5GB。
今までこれを越えたことがないんですよ。

なんで今回に限り???

調べまくりました。


どうも先月入れたアプリがサイトを閉じても起動し続け、これがパケットを喰う原因とわかり即座に消去。

今さら遅いわ#!


結局アニメ鑑賞もままならず朝7時には就寝。
まぁ~やることもあったし(ワックス掛け&グリスアップ)早々に寝て午後から晴れるからゆっくりやろうと思っていました。


目覚ましを掛けずに寝たせいか起きたのは午後の6時・・・
真っ暗じゃん・・・ワックス掛けとかグリスアップやれる状況じゃないじゃん!


この日仮眠室に私以外だれもいなかったせいかゆっくり寝られたんですよ。
まぁ~それはある意味平和で良かったんですがぁ~・・・
まさかそんな時間まで寝るとは思わず、起きたとたんに、

あぁ~今日1日無駄に過ごしたぁ~~~~!

っと思っちゃいましたね。


しょうがないから夕方娯楽室に入ると尼崎所属の路線と八王子所属の路線、そしてなぜか尼崎所属のSD(若い衆)がいまして和気藹々と飲んでいるではないですか。

で、尼崎所属の人が、

「な~に中森さん、今日はホリデー(出先休み)で来ていたの?だったら一緒に飲みに行こうよ」

顔を合わせたとたんそれかい#!



結局タクシー呼んで飲みに行ったんですが、私尼崎所属の若い衆に、

「あんまりお金持って来ていないから高いとこダメね!」

っと釘を刺しておくと、

若い衆いわく、

「中森さんより安月給の俺らがそんなとこ行けるわけないでしょう!」

っというわけで、彼らが紹介した居酒屋へ直行!



久しぶりに楽しめました。


最年長である私ですしましてや元豊川の大親分、若い衆に割り勘でいくら出せば良いですかね?な~んて聞かれても、他店の人間を誘ってくれて、しかも私を知ってしる若い衆に金出せとは言えず、

「任せろ、ここ安いんだろう?お前らの飲み代くらい俺が持つわ」

な~んて太っ腹なとこ見せちゃって(その前にすでに酔っているから)。


ほ~んと楽しかったですよ。


掛かった費用?

若い衆がここ安いです、と言うとおり、5人でも万になりませんでした。



昨日通常の業務になり夕方出勤した私に飲みに行った若い衆がちゃんと挨拶に来ましたよ。

「昨日はありがとうございました」

ってね!



そういうのって大事というか仕事上でも次から融通が利くようになるというか、そこは他所属でも先輩と後輩。
礼儀さえわきまえていれば他所属であろうと子会社であろうと関係ない話ですよ。
今の若い衆ってそういうの足りませんからねぇ~。

って、そういうこと言うから年寄りは煙たがれるのかもしれません。


ひっさびさにわけわからなくなるくらい飲んだ・・・。
おかげでワックス掛けもグリスアップも出来なかった。
今日明日休みだから頑張って自分のトラック磨くから勘弁してね!


とにかく面白い出先休みでした。


せっかくカメラ持って行っても意味なかった、でももう二度とないだろう他所属の人と和気藹々で飲めたのは良かったと思います。
なんたって定年まであと1年半、たぶんここ尼崎の出先休みはもう無いでしょう。

ある意味予定とはかけ離れた休みにはなったものの、出先のしかもあまり顔を見ないSDに誘われるとは思わなかった。
そのSDに聞いたんですよ。

「なんで私を知っている?」

SDいわく

「だって豊川の大親分でしょ?広報でも見たことありますしウチの先輩方から聞いていますよ」

元ね!だけど。


でも予定外とはいえ、実に楽しかったです、ハイ!。



どうしようかなぁ~・・・

昨日、京都からの帰りだったんですがどこの店も右往左往、突然物量が増えて到着にもろに影響を出していまして大変でした。
たぶん今晩も悲惨な状態になるのは必至で、明日尼崎で何時に終われることやら・・・。

原因はわかっているんですよ。
大手Y社やS社が人員不足のため運賃の値上げやら物量調整に入っているみたいなんです。
それをウチがそのまま引き受けるなんざお笑い種でそれこそ、

「他社から離れてウチ(我社)に出すならこれだけの運賃(高い)下さい!」

くらいに言い放てばいいのに。

私から言わせれば、

それを黙って引き受けてくるんじゃない#!。



っ~わけで、まるで年末繁忙期並みの忙しさ。
まぁ~いいや、明日は尼崎でお休みとなるので何時になってもその日はお休み!。


さ~て尼崎で何しましょう。
とりあえずトラックの三ヶ月点検がありますからグリスアップ&ワックス掛けはやりたいんですよ。

でもなぁ~・・・

23日の大阪近辺、天気悪いらしいんだよね。
カメラ持って出かけるにしても傘いるじゃん!。
それ以前に雨の中出かけたくないし・・・。

久々の出先休みなんだけど、ただ飲んで寝るだけのような気がする。

まぁ~疲れているんだし、それもいいか。



で、日曜日(19日)はどうだった?

それは続きで。

*****

続きを読む

あいかわらずの・・・

一昨日、久々に千葉県は柏市まで走りました、途中大森&京浜(どちらも東京都大田区)によってからですけどね。
あいかわらず、誰か休むと私にお鉢が回って来るのはいつものこと。

久々に東京の夜を見て来ましたけど、あいかわらず変化の早い街ですよねぇ~。
ビルの上に掲げられた看板はコロコロ変り以前とは違う看板が多数。

そういえばスカイツリーの電飾はそのままでしたけど、その近くにあるウンコビルは改装なのか修理なのか金のウンコは工事用のフェンスに囲われ見えませんでした。

ウンコビルって知っています?こんなビルです。
ウンコビル=(chakuwikiより)

そいいえばchakuwikiに書かれていた通りあの巨大なオブジェを掃除する人たちはロッククライマーなんだそうですけど、昔一度だけその様子を見たことがありまして、本当にウンコに群がるコバエのようでしたよ。


さて今日明日はお休みなんですが、昨日帰って来たのが早朝7時過ぎとヘロヘロ状態でして先ほど起きたばかり(10時間爆睡)。
物量が多いところに関西より遠い千葉県帰りではヘロヘロでした。
本当は帰ってから自分のトラックのグリスアップやワックス掛けをやりたかったんですがぁ~・・・

疲れてぜんぜん無理でした。


明日日曜日は女房が、

「8月の北海道旅行以来ユッキーの顔を見ていないから行くよ!」
とのことですがぁ~、当然私が運転手ですよねぇ~。

まぁ~私もユッキーの顔は見たいけど、なにも突然明日でなくても・・・
特に私の場合、23日は尼崎で出先休みになるので、そこでユッキーに合いに行ってもいいんですけどね。

でも女房、勝手に息子と話し決めて和歌山あたりで紅葉狩りするんだと。


しょうがない、行くかぁ~。


仕事もそうだけど、こういうのも相変わらずだよなぁ~我家は。

まとまって・・・

今週は1年に何度もないことがまとまって来てしまいました。

まずは昨日(土曜日)、年に2回あるうちの2回目の健康診断の日(近くの総合病院にて)。
なにせ土曜日のせいで午前中の受診しか対応してもらえませんので、朝帰って来てから2時間ほど寝ただけでの受診となりました。

相変わらず血圧の高さがネックとなり、このままだと治療が必要とのこと。
毎度毎度血圧ではよく引っかかるんですが、さすがに何年も同じ値で続いていると、さすがに医者も、ちょっと考えましょう、とのこと。
上が140くらい、下は100くらいありまして、ここ3年ほど(年2回)この数字が変っていないのがやはりまずいらしい・・・。

あと問題になるのが聴力。

これは年齢的なものもあるせいか、高い音が聞き取り難い状態だそうです。
ただ生活上では問題ないレベル。

上の2つ以外はまったく問題なく、仕事に支障が出る状態ではありません。
ちなみに視力、両目とも1.5(メガネ使用)だそう。
ところがこの視力検査、しょせん一般人用の検査ですので、これで良かったからといって喜んではいられません。

なぜ?

後でわかります。


身長&体重ともいつも通りで170㎝の59kg。
体重が少し減ったのは、あきらかに夏バテの影響でしょうねぇ~、普段は62~63kgくらいですから。


この日午後から女房の買い物に付き合わなければならなかったため、そのまま寝ずにアチコチ引っ張られました。
まぁ~いつものことだけどねぇ~。



日曜日、この日は午後からプロとしての運転適正検査が待っています。
これは50代以上の人(プロのドライバー)が任意?で受ける、運転に対する適正検査なんですよ。
当然プロとしての適正検査ですので、自動車学校等で受ける運転適正検査とは格段にレベルが違います。
どこでやるか?っというと、愛知県はみよし市にある中部トラック総合研修センター(ちょっと遠い)。

これがけっこう大変で、終わるまで3時間も掛かりましたよ。
特に性格テストやら危険感受性テストなど結構心構え?に関したテストが多かったです。

ちなみに私の総合評価は5段階中の5(一番良い)でして、とりあえず問題ない?っと思ったら、結構ギリギリの部分があったんですよ。
この評価は適齢評価(てきれいひょうか)と言いまして、ようは年代別(50代後半)としては良い、っということでして、当然若い人達に敵わない部分はたくさんあります。

そのギリギリだった部分というのが視力機能テスト。
ちなみに評価は5段階中の3。

静止視力(両眼)0.9

これは普通の視力検査みたいなもんなんですがぁ~・・・
実はこれ、見える範囲がメッチャ狭く、まるで5円玉の穴から覗いた状態で視力検査をやっているみたいな測定方法なんですよ。

前日の健康診断で使ったメガネと同じ物を使ったのになんでこんなに悪い???

あの病院で1.5と評価された視力検査結果はなんだったんですかねぇ~・・・

ちなみにプロとしてはギリギリだそう。



動態視力(反応状態ではない)、平均0.5

5回やってその平均が0.5、ちなみにミスなし、視標速度は30km/h
ようは時速30kmで動いているものをどれだけ正確に見えているか?っということで、そのときの平均視力が0.5ということ。

やはり動くものを見るのでは静止状態より視力は落ちてしまいます。
ちなみにミスというのは、ようは見間違いが一度も無かったということで、これがあると評価はかなり下がります。
ちなみに5回中視力0.4というのを私は2回出していまして、これがかなり問題なわけです。

視力が0.4しかない人がまともに運転出来ます?

ようは一時的であっても、実は瞬間的にそこまで視力が落ちる時があるということで、運転には十分気をつけた方が良いということですねぇ~。


ちなみに視力関係すべてが悪かったわけではなく、私の場合夜間視力測定では5判定(最高)でした。
これは夜専門に走る私ですから、これが悪いと仕事にはなりませんしねぇ~。


これはどうやって計るか?っというと、

まず検査機器を覗き込み、そうすると超~明るい光が30秒間灯ります、これを目を瞑らず耐えるわけでして、その30秒後いきなり真っ暗になります。
実はこの真っ暗になった段階からある文字が表示されているんですが、これが見えるまで何秒掛かるか?という測定。

文字の大きさは通常視力測定の0.2程度でして(もちろん私じゃメガネが必要)、ようは明るいところから暗いところに入って正確に状況を判断出きるようになるまでどのくらい掛かるか?っという測定。

私の場合、2回やって平均14秒で視力が回復している(見えるようになる)らしい。

これって良いの???

担当者いわく

「年齢から考えるとかなり優秀」

だそうです。

ちなみに見間違い(ミス)はナシで(これもあると大減点)、完全に見えるまで60秒以上掛かるようだと、プロどころか運転不適合だそう(そういう人は運転しちゃダメね!)。

私の場合、ダテに夜専門のプロドライバーではなかった、っということですかねぇ~。

まぁ~これがメッチャ良かったがために視力総合評価が3で済んでいるんですが、これが年齢相応(3~4程度)だったら間違いなく総合評価は2(プロとしてはマズイ?)か、もしくは1(プロ失格)だったりして、ハハハ(^^ゞ。

それ以外でも状況判断能力やら反応速度、動きの正確性、衝動抑止性、回帰性、情緒安定性など多岐に亘って検査が行われました。
結果、診断判定は5だったんですがぁ~視力関係だけが3だなんて・・・
これ以外の評価がすべて5をもらえたから検査総合でギリギリの5(限りなく4に近い?)だったのかな?。
まぁ~2や3でなくて良かったけど。

今回視力に関しては、それだけ歳取ったんだよなぁ~、っと改めて実感。

逆に、前日健康診断で計った病院での視力検査というのは、あくまで運転どうのこうのではなく、自分も被写体も動かない状態(見えるベストの状態?)ならここまで見える、っというだけのことで、それは生活をして行く上で使う視力の一部を計っただけのことなんですよ(しかも、かなりあまい測定?)。




さて、もう一つ年に1回やらなければならないのが、私が会社から預かっている商売道具(トラック)の車検。

以前にも書きましたが我社の車検というのは検査だけでして、その検査を受けられる状態(車検前整備)にするのは乗務員の仕事なんですよ。
こ~れが大変!

今週土曜日の早朝には検査に出さなければならないため整備点検をする時間は今日しかない!。
今は平日休みというのが定期の関係から無くなった私ですから当然土日以外は仕事でムリ!。

みよし市での適性検査があんなに時間が掛かるとは思わず帰って来たのは午後の5時!。
ちなみに家を出たのは午前11時頃・・・。

ここから洗車も含めてグリス落しやら灯火装置の点検等(レンズのヒビ割れ等は交換)、普通はほぼ1日掛かりでやるんですよ。
もう今日しかやる機会はないので帰って来てから休むことなく頑張りました。


終わったのが午後の9時過ぎ(おおよそ4時間休みなく)・・・
後半陽が沈み、暗くて綺麗になったんだかなんだかぜんぜんわからん!。

自分に

「きっと綺麗になっているはず!」

っと言い聞かせ家に帰ることに(今晩改めて見るのが怖い・・・)。



今日はものすごく疲れました。
昨日もそうですが、普段なら寝ている時間に右往左往やっているもんだからいつも以上に疲れが出ます。

そりゃそうだよなぁ~・・・

普通の人に当てはめれば夜中の1時頃から健康診断とか、前日2時間ほど寝ただけで翌日まで用事を足す、みたいなもんで絶対身体に良いわけがナイ!。
まぁ~元を正せば、自分がこんな仕事を選んだからに他ならないんですけどね。

こんな生活、前の会社からも含めると30年以上続いている・・・。

そう考えると私の身体ってよっぽど頑丈???


定年まであと1年半、

なんとか身体、もちそうですね。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ