あいかわらずの・・・

一昨日、久々に千葉県は柏市まで走りました、途中大森&京浜(どちらも東京都大田区)によってからですけどね。
あいかわらず、誰か休むと私にお鉢が回って来るのはいつものこと。

久々に東京の夜を見て来ましたけど、あいかわらず変化の早い街ですよねぇ~。
ビルの上に掲げられた看板はコロコロ変り以前とは違う看板が多数。

そういえばスカイツリーの電飾はそのままでしたけど、その近くにあるウンコビルは改装なのか修理なのか金のウンコは工事用のフェンスに囲われ見えませんでした。

ウンコビルって知っています?こんなビルです。
ウンコビル=(chakuwikiより)

そいいえばchakuwikiに書かれていた通りあの巨大なオブジェを掃除する人たちはロッククライマーなんだそうですけど、昔一度だけその様子を見たことがありまして、本当にウンコに群がるコバエのようでしたよ。


さて今日明日はお休みなんですが、昨日帰って来たのが早朝7時過ぎとヘロヘロ状態でして先ほど起きたばかり(10時間爆睡)。
物量が多いところに関西より遠い千葉県帰りではヘロヘロでした。
本当は帰ってから自分のトラックのグリスアップやワックス掛けをやりたかったんですがぁ~・・・

疲れてぜんぜん無理でした。


明日日曜日は女房が、

「8月の北海道旅行以来ユッキーの顔を見ていないから行くよ!」
とのことですがぁ~、当然私が運転手ですよねぇ~。

まぁ~私もユッキーの顔は見たいけど、なにも突然明日でなくても・・・
特に私の場合、23日は尼崎で出先休みになるので、そこでユッキーに合いに行ってもいいんですけどね。

でも女房、勝手に息子と話し決めて和歌山あたりで紅葉狩りするんだと。


しょうがない、行くかぁ~。


仕事もそうだけど、こういうのも相変わらずだよなぁ~我家は。

今年はイマイチ?

紅葉シーズンなんですが、このあたりは今一歩ですねぇ~。
もみじは真っ赤に染まる前に枯れ出してるし、銀杏もなんだか黄色くならない・・・。
それでもちょっと遊びに。

サクラに紅葉
20171112 077

松ぼっくり
20171112 072

水辺に反射
20171112 014

もみじ
20171112 053

運転席に乗ってみたい
20171111 005



この先はお遊び

ざわっ・・・
20171110 003

地球は青かった
20171103 020

くだらねぇ~~~!



*****

続きを読む

どっか行きてぇ~!

誰かの記事を読んでいて、

「私もどっか行きた~~~い!」

っと思っちゃいました。


な~んか最近、あまり出歩かなくなっちゃったからなぁ~・・・。


そういえば[無駄に書いてみる?]のその2はどうなった???

まぁ~どうでもよくなった、っというのが本音かな。





以前は無駄に走り回っていたなぁ~。
1泊2日(車中泊)の東北旅行だったり、もっと昔は2泊3日(しかもクルマ移動)で実家の北見市まで行ったり・・・。
そういえば1泊2日(これもクルマ)で九州まで行ったこともあったっけ。

こういうのをやらなくなった。
歳なんですかねぇ~。

仕事なら何百キロでも走れるんですよ、でもプライベートとなると・・・。


最近女房も歳を取ったせいか、せいぜい孫がいる大阪まで行こうというのが限界らしく、昔のよう、

「3連休なんだからどっか行かないの?」

っという会話がなくなっちゃいましたねぇ~。


私の休み=買い物の付き合い。


こればっかですよ最近は。


趣味のクルマ(走ること)に興味が薄れてしまったのもあるし、自分の思い通りの写真を撮れなくなったのもあるし、仕事で先々のこと(全体のこと)を考える必要もなくなったせいか、イマイチ気合が入らないまま流されている。


な~んかやらないとね!。



そういえば、相変わらず誰がどのように探すのか昔の記事に拍手を贈ってくれる方々がたくさんいます(何年前の記事じゃ~!)。
そんなにトラックに興味を持つ人がたくさんいるとは思えないんですが、それでもこの記事にはときどき拍手が打たれます。
それだけnet上ではわからない、実際に使っているプロならではの解釈?を求めて読まれるんでしょうねぇ~。


そういえば試験的に新東名高速で110km運転が始まりましたねぇ~。
さっそく記事を書いた方がいらっしゃいまして、まるで産業道路を縦横無尽に走るトラックは悪い?みたいな記事です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00010004-autoconen-bus_all

この方、クルマのプロ(ただし乗用車)のコラム二ストなんですが、この言分は私としてはちょっとぉ~~~・・・
なんです。


あなた方が使う物資は誰が運んでいるの?、あなた方が食べる物は誰が運んでいるの?、高速を走る乗用車は皆法定速度なんですか?、乗用車で高速を走る人は誰のために役立っているんですか?本当に危険な運転をする人はいないんですか?、じゃ~なんであんなニュース(高速道路上に無理に止め死亡事故)が頻繁にあるんですか?・・・等々。
日本の経済事情を考えない一方的な記事ですよね。

もちろん仕事でもプライベートでも私はこんなことはやりませんが、私としてはどちらも楽しく走りたいですよ。

これはさて置き、


最近はほぼ毎週連休(土日)なんですから、たまにはカメラ抱えて遠くへ行きたいですよ。


あぁ~・・・人のブログを読むたび、



どっか遠くへ行きてぇ~~~~!

っと、ついつい思ってしまう最近の私でした。


また来た!

毎年恒例で、ウチの実家と女房の実家に柿やらなんやらといろいろ送ります。
これは常にこの辺の名物等をお中元やらお歳暮代わりに旬の時期を迎えると買って送るわけです。
まぁ~これは、「今年も行けないからまたこっちの名物でも送るね!」みたいなもんかな?。
これはもう何十年続いていることやら・・・。

去年も今年もウチの実家へは帰っているし、もちろん同郷の女房の実家へも行くわけですから、そんな[今年も行けなくてゴメンなさい名物]を送る必要はないんですがぁ~・・・

ついつい毎年のことなんで。


もちろんこれには毎回お返しが来るんですよ。


ウチの実家と違い、女房の実家は畑を持っています。
別に農家というわけではないんですが、自分の家で食べる物はたいがいの物は作っているんですよね。
で、秋になると自分の畑で収穫した野菜やらなんやらいっぱい送ってきます。
で、その中に必ず混じっているのがコレ!

securedownload[1]

そう、私の大好物のぽん鱈!(女房の親は知っている)。

もう笑っちゃいますよ。
たくさんの野菜の中にこのぽん鱈が埋まっていまして、明らかに、

なんでたくさんの野菜の中にぽん鱈???

です。



ウチの女房はあまり好きではないんですが、それは女房の親も知っているはず。
当然これは私に向けてのお礼なんでしょうねぇ~。

ちなみに息子も大好物なんですが、そちらにはちゃんと別に送っているのでしょう。
なんたってウチの家系では唯一の孫だし、女房の実家から見てもたくさんいる孫の中の一人なんですが、今年ただ一人、自分が生きているうちに初曾孫を連れて来た大事な外孫ですから。

そう考えると私も息子も女房の家系とはかけ離れているんですが(息子は血がつながっている?)、毎回毎回気にしてくれているんでしょうねぇ~。

過去記事を読んだ方はわかると思うんですが、女房の親とは一時犬猿の仲で殴りあったこともある私です。
でも、亡くなった長男のおかげで今の私達家族があります。


毎年毎年ぽん鱈見るたび、女房の親は私に気を使ってくれているんだろうなぁ~、っと思いますよ。
なんたって今年、曾孫を連れて遊びに行った時、女房のお母さんが、

「末っ子(ウチの女房)が一番最初に曾孫を連れて来るとは思わなかった」

っとメッチャ喜んでいましたからねぇ~。


さ~て私にとって酒の肴に抜群のぽん鱈、女房の親の気持ちも含めてじっくり味わいますよ、ハイ!。

書けない原因?

ほ~んと最近更新が続かん・・・


原因?


仕事自体は順調なんですがぁ~、以前と違い責任が薄くなった分、なぜか毎日が単調な仕事になってしまったような。
しかも、土日連休のサラリーマン生活になってからは、出先でどうの・・・っというのがなくなり、とにかく相手店では仕事以外ゆっくり身体を休めるために寝るだけ。
ようは刺激がなくなった?。


趣味の写真に関しては、買い換えたカメラが出来すぎて(性能が良すぎて)私の出る幕はシャッターボタンを押すだけになった。
以前は撮る前あんなに苦労して設定を決めていたし、また、撮った後も、「やっぱこうだったよなぁ~」とか「あぁ~だよなぁ~」とか反省と次回の対策に頭をひねる毎日。
これが出来なくなった。

じゃ~今のカメラで撮った写真は自分で満足行くものか?っと聞かれるなら「違います!」っとはっきり言える。
でもそれはどうして良いやらぜんぜんわからん・・・。

これ今のクルマと一緒で、昔は機械と腕の睨めっこ、ここがこうだからこういう動きになるとか、燃調がこうだから上手く力を出せないとか。
これが最近はブラックボックス(ようは車載コンピュータ)に制御されているため、クルマの動きに関係ない配線を一ついじっただけでもクルマは動かなくなる。
なんで?なにがダメ???っというか、すべてをコンピュータに統合制御されているため機械的な原因がわからないんですよ。
コンピュータは機械保護のため、一つダメだとすべてを止めるから。

今のカメラ、これと同じです。

なんでこんなに色が薄い?でもなんでこんなに輪郭がシャープに出る?
色合いの変化も微妙で手動で露出を変えてもあまり変らないのにAEロックをかけると必要以上に変ってしまう・・・。
曖昧・・・っというのが出来ない。
そのため最近はあまりカメラを構えない。
でも、なんとかしたいけどね。



好きなアニメ

最近観飽きた・・・
あまりにも同じようなシチュエーション、そして同じような絵(女の子の顔がほとんど同じ等)、これに飽きた・・・。
ただ最近面白いと思うのは[鬼灯の冷徹]かな?。
これ前作も観ていたんですがほぼ1話完結物でどこから観ても楽しめる地獄のギャグアニメ?。
この2期がスタートしたんですがぁ~・・・
今のところ期待したほどではないのがちょっと。


あと書かない原因ってなにあるよ・・・。



以前より連休は増えたのに出かける頻度が少なくなったことかな。
とにかくどこかへ出かけたいと思わなくなった。
休みでも家にこもって寝ているか飲んでいるかになってきてしまった。
ようは毎日がつまらない生活になったんでしょうねぇ~。

仕事以外でな~んかやらんといかんなぁ~・・・。



あぁ~そうそう、最近変ったところといえばアイコスが壊れちゃったこと。
そう、あの加熱式タバコのアイコスですよ。
今年7月後半に息子から譲ってもらったアイコスなんですが、実はあれから普通のタバコを吸っていませんでした。
なんたってニコチンありのタバコもどき?ですから吸った感覚は大ありで、これでもいいや!っとなり3ヵ月。

つい先日、これを落とした上に足で踏んで粉々・・・

ありゃ~~~!!!


しょうがないから普通のタバコを買いました。
一口吸ったとたん、トイレで吐きました・・・。

マジかぁ~・・・
タバコ吸えんくなった・・・

その後、口の中にヤニが広がる感覚があり自分の吐く息が臭い!
何を食べてもなぜかマズイ!

でもどうしても手持ち無沙汰になるため、ついついタバコに手を出し一服したのち嫌なヤニ感覚が口の中いっぱいに広がる。

う~ゎダメだぁ~!

まるで初めてタバコを吸った感覚でしたよ。
以前はニコチン&タールの強烈なピースを25年間、日に2箱くらい吸っていたヘビースモーカーがこのざま・・・。

入院等、1ヶ月程度の禁煙はしたことありますが、今回のよう3ヵ月以上にも亘って普通のタバコを吸わなかった経験はなかったんですが、こんなに長く吸わないとタバコ吸えなくなっちゃうんですねぇ~。


アイコスってニコチンはありますけど身体に悪いヤニは出ません、だから人の迷惑になる副流煙もない。
しかも火を使わないから危なくない。
でも、愛煙家でも納得出来る吸い応え!。


女房に泣きついて新しいアイコス買ってもらいました。
まぁ~女房にしても横で普通のタバコを吸われるよりマシだし、なによりヤニが身体に入らないから健康的にもそう悪くない。
もちろんヤニ特有の色も付きませんので部屋が汚れないし灰も出ない。
結果、事実上3ヵ月以上禁煙していたみたいなもんで、最近なんでか体調が良かったんですよ。


それにしても高かった、10980円也!


女房いわく

「普通のタバコが吸えなくなったんならそのままヤメロ#!」



ごもっとも。。。



唯一最近変った出来事でした。

機械頼り?

ニュースでさんざんやっている東京(武蔵野市)での歩行者跳ね飛ばし事故。

これ、どうなんでしょう・・・。


80代の運転者がアクセルとブレーキを踏み間違った・・・とのことなんですがぁ~、
それはそれであると私は思います。
なにせ咄嗟のことで自分の判断と身体の動きが年齢のせいで一致しなかった、っというのはわかりますよ。
でも私が納得出来ないのは、あれだけ最新のクルマを使っていたのに、なぜセーフティーガードが機能しなかったかです。


あのクルマ(事故を起こしたクルマ)を私が見るかぎり、あくまで事故後の画像だけ見ての勝手な判断ですが、誤発進抑制装置とか障害物感知レーダーサポートシステム等の機能を持ったクルマだと思うんですよ。
これが今回まったく機能していなかった?。

なんのための機能???、そのため買うときにどれほど高い代償を払っているんですか?。

これがニュースにぜんぜん出てこない。
まるで間違った人が全面的に悪いだけのニュースで、それを回避する機能が役に立っていないことにTVニュースはぜんぜん触れていない。


以前、私が書いた記事の中に自動ブレーキは所詮お飾りで、本当の衝突実験(時速40km/h以上)では役に立たないというのを書いた事があります。
でも今回の事故、駐車場から出てわずかな距離、しかも一度バスに衝突してからですからそう速度は出ていないはず。
にも関らず、本来クルマに搭載されていた危険回避機能は働かず何人もの人を跳ね飛ばした。
これ(この機能を搭載していたこと)をなぜニュースでは大きく報じない?。


メーカーの威信を掛けて抑制したんでしょうねぇ~。



なんでこんなことが私にはわかる?っといわれますと、

実は我社でも事故ではないんですが人の命が関った事件がありました。


企業(特に全国区で名の知れた企業)にとってイメージというのは大変大事なもので、一度失った信頼を回復させるのは並大抵ではありません。
しかもそれに掛かる費用(信頼回復)は莫大で、利益のほとんどが飛んでしまうどころか従業員の給料にまで影響を出します。
そのためこのような事件があるとどんな手を使ってでも報道されないよう社内の一部の人間が暗躍します。
それすら不可能になってくると、現在の神〇製鋼や日〇自動車のような将来に亘って悲惨な結果になることは必然。

だ・か・ら・・・

事前に手を打つ。


このメーカー(事故を起こした車両のメーカー)が手を打ったかどうかはわかりませんよ、でもあれだけ宣伝していた機能を搭載してしていたクルマがあんな事故を起こしてしまったわけですから、あの機能は本当に役に立つの?っと疑ってしまっても当然だと思います。


機械はまだまだ人間の判断を越えていません、時として人以上に役に立つことがあるのを私は認めますが、それが人のすべてをカバー出来るわけではなく、機械が判定できる範囲内だけでの作動でして人の判断のすべてを網羅出来ているわけではない!。
しかも悪いことに人から見て誤作動(人の意思と違う作動)という問題もあり、そのせいでメーカーはドライバーを無視した機械重視の設定は出来ない。


まだまだクルマの自動運転なんざ先の先ですよ。


まずは今回の事故、人もメーカーも、なぜこんな事故になったか検証しなおしなさい#!。

秋桜

久々にカメラ構えたので、

ボケすぎ?
20171007 014

接写
20171009 012

多重合成
名称未設定

空へ向って
20171009 016

あえて露出オーバー
20171009 010

夕暮れ
20171007 010


な~んかなぁ~、良いんだか悪いんだか・・・

呆れる・・・

前回の記事の続きを書こうと思っていたんですけど、ちょっと一休みして選挙のお話。


民進党、バカ過ぎだよなぁ~・・・
大きな看板外し、あげくに吸収みたいな形の合流が、本当に民進党支持者が納得出来る?。
もっとわからんのが当選出来そうな党へ、自分の理念もクソもなくすぐなびくヤツ!

自民党にしても問題山積なのに、この際問題ある人とかを含めて一度シャッフルすればそれでヨシ?。


無駄な選挙だ、投票に行く気なくなるわ・・・

無駄に書いてみる? その1

10月・・・秋らしくなって来ましたねぇ~。

先月の更新、たった2回かぁ~、過去最低だな。



前回の記事にも書いた通り、これといって自分に重大な問題があったわけではないんですよ。
多少重大な部分?もあるようなないような・・・。



気晴らしに、今日はカテゴリのすべてを何か考えながら書いてみたいと思います。


えぇ~っと、まずは仕事かな?。


正直、順調です。
今までより家にいる日が多くなったせいか、
「アンタの食事の準備をする日が増えた#!」
っと女房は文句を言っていたわりに、配車表とにらめっこしてしっかり休みの日は私を巻き込んだ予定を立てているのが女房らしい。

得意のチラシ広げて、この日はコレ、あの日はコレ、っとしっかりチェックし、そのたび私は叩き起こされ買い物に付き合う始末。
まぁ~これはこれで、今や二人しかいないながらも我家の家計を切り盛りしてくれている女房に付き合わないわけには行かない。

一昨年までは私がほとんどの配車を決めていましたので、実は女房は配車表が配られる前から私の休みを知っていたんですよ。
それが今ではなんの権限もなくなった私は、後輩(今の上司)に配車表を渡されるまでどうなるのかがわからない。
当然女房も私が家に配車表を持ち帰るまでわからないわけです。

一応パターンというのがありますから、だいたいの予想は付くんですけどね。

それでも女房は、

「アンタなんかヘタに知識あるもんだから、それを逆手に?今じゃいい様に使われているんだから、どこでどう変更になるんだかわからんわ#!」

まぁ~確かにそれは言えるかな?。

なにせ元は路線のトップだったんだし、自分の部署の定期くらいはすべて知っていて当たり前。
それが役を降りたとたん、
「人のことは知りませ~~~ん」
とは言えないでしょう。
だって私が十数年、常にこの部署のトップとして皆を振り回して来たんだから。

まぁ~そのせいもあって私の身体が動く限り、役を降りたからといってわがままを言う気はなく、私で使えるなら、
「命じられたことはなんでもやってやる!」
っと、いうつもりで今は仕事に励んでします。

でも最近は年寄り扱いのせいかほとんど途中で定期を変えられるというのはありませんし、私の上司(以前の部下)は、
「以前はたくさん助けてもらったんだし、今は無理にならないような定期を組まさせてもらうから休める時は休んで」
っと気を使ってもらっています。

ちなみに半歩合給の職場なので私がトップ当時は、若い連中には美味しいところを分け与え常に貧乏クジを引かなければならなかった私、当然ベースとなる給料は安いものの、辛うじて役職手当でカバーしていたせいで他の人と同等の支給額をもらっていました。
これを知っていた今の私の上司(後輩)は、

「最後くらい(定年まで)、今までの損(立場上給料的に損をしていた部分)は取り返せなくても、今後は少しでも楽して儲けましょう」

っと、今の仕事を与えてもらっています。

事実、役職手当がなくなったにもかかわらず、以前より7万も8万も給料は上がったし、しかも自分の自由になる時間が相当増えた(終わる時間が早くなった)。
あげくにサラリーマン生活となり、常に土日連休で女房とも孫とも付き合いやすくなった。

メッチャ気を使ってもらっています。
そういうわけで仕事は実に順調です。
ただ身体の方がイマイチなんですよ。

歳のせいもありますけど、足は上がらないわ腕は上手く動かせないわでた~いへん!
とにかく右半身が上手く働かないため仕事に支障が出ちゃう。
まぁ~これは以前書いた持病との付き合いですから、当然歳を取るとちょっとづつ影響が出て来ます。

以前はちょっとイタイ!とか、動きが悪いと違和感があるとか、ちゃんとした感覚があったんですよ。
ところが最近、この感覚がないまま身体の動きが狂っちゃう。
歳だなぁ~・・・

でも、なんとかあと1年半、無事に勤め上げたいと思っています。



でぇ~次はクルマかぁ~。

ほ~んと最近、クルマの記事書いてないですよねぇ~、それだけ興味が薄れた?。
まぁ~それもありますが、最近のクルマは出来すぎていて、新しいクルマは乗らせてもらっても楽しいとは思わないんですよ。
アバタもエクボ?
私の場合、こ~んなクルマが好きですからねぇ~。
多少使い難い部分があっても、それをものともしない魅力あるクルマ。
そんなクルマが今はありません。

もちろん金額や用途にこだわらなければ面白そうなクルマはありますよ、でも、通常の使い方にも耐えうる構造でハチャけたクルマって無いですよねぇ~。

今ちょっと興味あるのはスズキのスイスポ(スイフトスポーツ)かな?
1tを切る軽量で1.4Lターボエンジン、ハイオク仕様ながらも燃費は〇走りは◎。
今や二人しかいないし、女房が一人で買い物の足にするにはちょうど良いサイズ。

なんたってCX-5、幅がありすぎて(ミラーのはみ出しを入れると2.2mくらい)女房はスーパーの駐車場でメッチャ手こずるもんだからすごく嫌がる。

それとディーゼルエンジン。

普通に使う分には文句ないです、ほ~んと良く出来ている。
しかも長距離となれば水を得た魚の如く、強大なトルクと4WD性能を活かしてどこへでも行ける。
しかもあのデカさのわりに燃費も良く、使う燃料は軽油なので距離が伸びるほど経済的?。

でもねぇ~・・・

女房いわく、

「もうディーゼルはいいや・・・」

ですわ。

きっと女房にとって、これはディーゼルでなくてもハイブリッドエンジンでも同じだと思います。
ようは、自分の思った通りの反応と違う!
ですよ。

結構ウチの女房、クルマに対して知識もないわり超~わがままで・・・。

1.とにかく安く買えるヤツ
2.だけとチャチなクルマはイヤ
3.絶対AT、でもCVTはイヤ
4.燃費いいヤツ
5.ビュ~ンと行くヤツ
6.スルっと曲がるヤツ
7.長距離で後ろで寝れるヤツ
8.乗り心地のいいヤツ
9.バックしやすいヤツ
10.絶対壊れないヤツ

そんなクルマねぇ~わ

ちなみに現在乗っているCX-5、結構いい線行っていると思うんだけどねぇ~。
だいたい今のクルマ、女房の持病(左足がやや不自由)に対応させるため私がメッチャ妥協して買ったクルマなのに・・・。


そうそうクルマといえば時々書いていたF-1のお話。

とうとうホンダはマクラーレンから見捨てられることになりましたねぇ~。

エンジンがクソだから・・・

もうホンダにとっては屈辱だと思うんですがぁ~、事実だからしょうがない!。
しかも来年はレッドブルのセカンドチーム、トロロッソとのコンビを押し付けられたみたいなもん。
それほどの屈辱を味わってもF-1に残りたい?BAR時代よりもみっともなく宗一郎さんが泣くぞ。
負けず嫌いのホンダはいいけど、すでに負け過ぎでしょう。
年間ウン百億円もF-1に使うなら、もっと別な方法で世界一を狙ったら?。



さ~て次は写真?

カメラ換えてから絶不調の私です。
独学ながら、苦労して苦労して何年も掛かってちょっとだけ自分らしい写真が撮れるようになったのに、これがカメラを換えたとたん白紙になった。
今までの経験や苦労はなんだったんだろう・・・っというくらい今のカメラに笑われている。

それほど高性能なんですよ、今のカメラ。
ここまで出来るか・・・っというほど凄く、これを自由に扱えない自分が情けない。
クルマに例えるなら、コンマ何秒を削るためアレコレ工夫しながら持てる自分の知識と技術を埋め込んだ自分の安い愛車。
これが突然ポルシェやフェラーリに乗り換えたみたいなもんで、どこをどうすれば良いのかぜんぜんわからない。
でもただ走らせただけでもドライバーの技量に関係なくバカっ速!。

みたいなもんです。

だから今のカメラ、シャッター押すだけです(モニターをさわるだけでもOK)。
もっと言えば、ファインダーなんか関係なく、モニターを見て強調したい部分をさわればそれでヨシ!。
どんなに設定を変えてもフルオート撮影に敵わないし、タッチパネルを指先でさわるだけでボケまで作りやがる。
オイオイ、レンズの明るさはどうなっているんだ???

あぁ~・・・(溜息)

初めて一眼レフを持った頃に逆戻り・・・
腕に見合わないカメラ買っちゃったなぁ~。

このカメラで撮った写真、鮮明で綺麗ですよぉ~・・・
まるで人の撮った写真を、

おぉ~~~綺麗だなぁ~・・・

っと眺めているくらいに。


ようは、自分で苦労して撮った感覚がないんですよ。

これ、上にも書いたクルマと一緒ですよね。
あまりに出来すぎてしまったがために楽しくナイ!。

選ぶカメラ間違ったかなぁ~・・・。


そういうわけで、今は写真になかなか気合を入れられない状態です。
せっかくの趣味なんだし、これはこの先何十年でも続けられる趣味なのでなんとかしなければ。

こだわり過ぎなんですかねぇ~。


さ~て次は音楽かぁ~・・・もっと書いてないなぁ~。


続きは次回ということで。
なにせタイトル通り今回は、その1、ですから。


しかしこの記事、何日掛かったんだろう・・・
最初の部分なんざ9月後半に書いたもんだから書き直しちゃった。

今月はもうちょっと更新しよう、せっかく読んでくださる人もいるんだし。
今回はそのための、その1、かな?

今はダメ?

いゃ〜、空いたなぁ〜・・・
前回書いた記事が9月1日だから空いた期間は20日間、過去こんなに空けたことなかったような。

別に何かあったわけじゃないし、書くのをやめようと思ったわけでもないです。
ただただ平穏な毎日?が過ぎただけで、これといって書こうと思った出来事がなかっただけなんですよ。

平穏な日々ってこんな状態なんですかねぇ~。


実は途中二度ほど書いてはみたものの文章がまとまらず、読み返すたびに、

あぁ〜タメだ

部分的にはこれでいいかな?とは思うものの、全体としてはチグハグで何を知ってもらいたいのかわからない状態。

ある意味、な〜んか昔本気で音楽をやっていた頃の心境になっちゃったなぁ〜。


どこに山(頂点)を持ってくるのか、そこまでの厳しい道のりを山を潰すことなくどう表すのか、自分の強い意思を山以外にどこに込めるのか、山を越えた後どう納得行くよう収束させるのか、最後に、全体として私が考えたイメージ通りにちゃんと人に伝わるのか・・・。



なぜにこんなことを考え出したか?っというと、ある人が(まったく他人)、

「ウチの子楽譜通り上手に弾けたのに、失敗した子より結果が下なんて・・・」

っと、私の横でつぶやいたんですよ。


実はこの演奏、どちらも私は聴いていました。


楽譜通りに弾けた子。
技術は上手です、でも抑揚が少なくこじんまりと綺麗にまとめ過ぎで、あきらかに減点は最小限で、という演奏。
そのせいで、この子がどう表現したかったのかがぜんぜん見えてこない。

失敗した子。
演奏中何度もミスはあるものの、それを物ともせず豪快に自分のイメージを音に乗せている。
私から言わせれば、

オシィ〜!

残念なのは、もうちょっと時間を掛けて技術的に完成していれば文句なかったのに、ところどころ致命的なミスがあり、結果これがこの曲を一歩間違えれば台無しにしそうな演奏。

だったんですよ。

正直、どっちもどっち。


最初の子。
あなたはなんのために(誰のために?)この曲を演奏しているの?
本当に演奏していて楽しいの???

後の子。
それだけ自分の強い思いがあるなら、なんで発表会まで十分な練習をしなかったの?
そんな形で演奏していて悔しくないの???

私から言わせれば、どちらもダメです。
ただ、この先の進歩が早いのは後者でしょう、それが結果だったのでは?。

これって物書きにも言えることですよね。


私の大好きなアニメ、画よりどうこの物語を進めて行くのかに私は興味深々。
予想もしない展開に進んだ場合、これをどう収拾し前半の物語とつなぎ合わせながらも終盤に持ち込むのかが興味あります。
音楽で言う、山(頂点)をどこにもってくるのかで、前半のイメージし難い演奏が予想もしない場所で頂点を向かえ、その後の終焉へ向けての表現が変ってくるからこそ前半が活きる?みたいなもんかな?。
結果、この人(指揮者)らしい演奏になるわけで、アニメの原作も小説も同じようなもん。

私のよう小説より短い文章ながらも、他人に言わせれば、

長い・・・

っと言われるブロガーは、それを物ともしない(他人が最後まで読んでくれる?)抑揚を付けて書く必要があるわけで、読んでいる途中で、

あぁ~もういいや!

っと、別なサイトに切り替えられるようでは書いている意味がない?っと、突如思ったわけです。



私はプロの物書き(小説家やらコラムニスト)ではありません。
でも、長年ブログ等で自分の意思を書かれている方々(プロアマ問わず)というのは、独自の感性のもと常に新鮮でなければ誰も読みません。
それが過去記事と合致していても、今ならこう書く、っというのを読んでいて感じます。


一つの同じ音楽を聴いて、そしてそれに結果重視で言葉を発した御両親。
その御両親に声を掛けることなく、私が思っていたことを声に出すことなく心でつぶやいてしまったこと・・・。

これって私のブログ(演奏の前者)と一緒ですかね。


それを考えると、小説家ってやっぱ凄いんですよね。
見知らぬ誰かが読んでも、心打たれる文字を並べることが出来る特別な人間。
最後まで読まないと自分が納得出来る場面で切り替えられない文章。


こんなことを考え出しちゃうと書いても書いても納得が行かない記事になってしまう私。
結果、10年近く過去にない20日間ものブログ更新ナシ!。

たかが個人のブログ、考え過ぎ?
個人のブログにそこまでこだわる必要はない?


さて、どうしたらいいでしょう。

来年にはこのブログも丸10年となります。
そろそろ考える時期ですかねぇ~。

っというより、

こんな配信を定期的に続けるには、私は歳を取りすぎた?。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ