今月やること

今月は年に2回ある健康診断がある月、しかも夏とは違い簡易検査ではなくバリウム有りの詳しく調べる検査。
23日にあるんですが、まずは前もって準備があります。
ほとんどが書類上の物ですが、ただ一つ事前にウン〇を取っておかなければなりません。
しかも2日空けて2回分。

今日1回目やりました。

ウチの女房いわく、

「家の中に置くな#!、外に置け外に、見えないところへ#!!!」


そんなこと言ったってねぇ~・・・



もう一つ大事なことがあり、ついさっき(午前2時頃)、3時間くらい掛かって一部終わりました。
大事なことって何か?っというと、仕事で使うトラックの三ヶ月点検の前準備。
とにかくまずは洗車しないと。

今日って愛知県でもメッチャ寒いんですよ。

寒いのになんで夜中に洗車???

しょうがないんです、私路線の人間だから。


昼間ってSD(セールスドライバー)が洗車場を占領していますし、土曜日といっても営業日、したがって忙しいわけです。
しかし路線の人間はこのブログを読まれている方ならわかる通り、普段の生活自体が昼夜反対です。

昼間寝て夜働く仕事。

したがって昼間って気合入らなくてダメなんですよぉ~。


しっかし寒かったわぁ~。

水掛けただけですぐ凍り出すし、トラックの下に潜りこんで手洗いするんですが、手が寒さで言うことを利かない・・・。
それでも昔からのやり方で、

凍る前に拭く

普通の人から見たらバカですよねぇ~。
でも本当に水を掛けた矢先からスポンジですぐこすらないと、汚れを流し落とす前に水分が凍っちゃうんですよ(汚れが残る)。

手洗いはおおよそ2時間くらい、その後、粗落としで洗車機を掛けて終わりますけど、これは最初に洗車機でも良いんですが、今日のようあまりに寒いと洗車機を掛けた後が凍ってしまいその後の手洗いが困難になってしまいます。
そのため今日は手洗いを先にやりました。

家へ帰ってくると、着ている服が凍っていてパリパリです、服をほろったら細かい氷がキラキラと舞い上がります。
それでも、とりあえず一部終了。

で、今日午後からワックス掛け&グリスアップをやる予定なんですが、あまりに寒いとワックスが上手く伸びずムラになりやすいんですよねぇ~、しかも拭き取りに一段と手間がかかるし・・・。
たまに女房に手伝ってもらおうかな?。

って、絶対イヤッ#!って言われそうだよね。

さて本日、もうひと頑張りしますか。

またも無謀なドライブ

世間では3連休最後の一日。

じゃ~私は?

昼夜反対の生活は一緒なものの、最近はサラリーマンと同じよう暦通りのお休み、したがって私も3連休でした。

女房に、

「休みだし、どっか行かん?」

女房

「なんか美味しい物買えるとこなら」



「ハイ、ハイ・・・」


本当は美しい夜景でも撮りに行こうと思っていたんですよ。

日本三大夜景といえば、函館(函館山)、神戸(六甲山)、長崎(稲佐山)ですよねぇ~。

このうち函館と神戸は過去に観ていますので、今回は長崎まで走ろうかと思っていたんですよ。
でも、天気予報を見ると3連休2日目&3日目、九州北部は雪予報・・・

こりゃ~行きはなんとかなっても、帰りはまともに帰ってこれそうにないような気がする・・・
今日、道路状況を見ると、やはり天気予報は当たっていて四国九州の高速道路が雪でほとんど通行止め。

行かんでよかったわぁ~・・・。。。


で、女房は

「たまに遠出なら新潟の[ふるさと村]行きたい]



「あぁ~あそこのバザー館、海産物は安くて美味いよなぁ~、でも俺はTVで見た[なんちゃってラーメン]買いに行きたい」

女房

「なにそれ?、どこにあるの・・」



「本庄児玉にある洋菓子店」

女房

「・・・」


ちなにみ女房、本庄児玉がどこにあるかわかってない!
本庄市は埼玉県なんですが、ほとんど群馬県境でして新潟からでも高速ならそんなに遠くない。

女房

「まぁ~行けるんならいいけど」



っというわけで土曜日昼前には出発。


長野市付近まで行くと上信越自動車道は対面通行となってしまうのと、さすがに3連休スキー客で高速が混み出す。

しゃ~ねぇ~・・・飯山で降りて国道117号行くか。

新潟方面へ走っていた時、上信越道や北陸道が通行止めになるとよく迂回に使った道路でして、ようは私得意の山逃げルートなんですよ。

長野県境(新潟県手前)まで来た時、

「あぁ~そうだ、以前この道通った時新潟地震だかで、一時ボコボコになった栄村はどう復旧したんだろう」

あの時は仕事ではなく乗用車で通りましたが、崩れまくった家々の奥にあった小さな駅は健在でして、見た目とはうらはらに数少ない交通網の一つ鉄道は大丈夫そうだし道路もまともに使えるから復旧は早いかな?っと思った小さな村です(ニュースにもなったけどね)。

あれ以来(十数年ぶり?)、あの小さな駅はどうなっているんだろうと思い、なんか気になってちょっと寄ってみました。
この村、豪雪地帯の山奥ですし今は雪が凄いんですが道路は大丈夫!

20180211 005

なにこれ・・・ハデッ!

改札口は普通
20180211 027

でもホームに出ると、
20180211 023

やっぱ凄いわ、よけた雪がホームより高い!。

とりあえずあの不思議な電飾?以外は普段通りで良かったですけど、国道からじゃ見えない位置にある駅で、あの飾りは誰が観に来るんでしょうねぇ~。
私のよう、たまに通るんだから駅でも観に行ってこようかな?くらいな人はそうそういないと思うんですけど・・・。



さて、新潟の道の駅(ふるさと村)には夜10時過ぎには着いたんですが、とうぜんこの時間やってません。

ウチの女房いわく

「朝まで寝るわ」

我家恒例の車中泊にメッチャ慣れてる女房は、トイレで顔を洗って寝る準備。

でも夜行性人間の私、携帯で夜の景色が綺麗な場所を調べていると・・・



「お前、後ろで寝てりゃいいから、ちょっとココ夜中でも綺麗そうだから行って来ていい?」

女房

「好きに走れば、私は寝る!」


さて、ちょっと頑張ります。
でも、上のココをクリックした人なら、

えぇ~~~!!!、ちょっとじゃねぇ~だろ

でしょうねぇ~。


夜中2時、到着しましたぁ~・・・
けど、あまりに遅すぎ街灯も消えていてぜんぜん綺麗じゃねぇ~・・・

でも一応来たんだし写真は撮っとこ。

20180211 031

本当はココをクリックしたような湯煙漂う冬ならではの綺麗な場所なんですがぁ~、午前2時ではこんな状況です。

はぁ~・・・結構苦労してここまで来たんだけどなぁ~・・・。

場所は・・・

上のココをリックして確認して下さい、本文に書こうという気になれない心境なので。

新潟まで戻る途中、女房が「トイレに行きたいからどこか寄って」というので、雪山に埋もれている道の駅を見つけちょっと休憩。

女房周りを見たとたん、

「ここどこよ#!」



「まぁ~まぁ~・・・」

ハハハ(^^ゞ。


さて、ココは忘れて新潟県まで戻って来て買い物。
戻って来たのは買い物にはちょうどよい朝の9時半。

女房、さっそく魚やらタラコやらいろいろ買っていましたよ。
まぁ~買い物の写真はどうでもいいなか?。

その後は私が行きたい本庄児玉の洋菓子店へ向います。


甘党ではあるんですが、別に洋菓子(特にケーキ)が大好きというわけではなく、たまたま前回甲府へ走った際、夕飯をTVを見ながら取っていたら、ユニークなお菓子店の番組がやっていました。
それを観て、

おぉ~・・リアルだなぁ~

だったんですよ。

まぁ~甲府からなら2時間くらいで行ける場所なんで、地元の放送局が撮影に行ったんでしょうねぇ~。
ちなみにこの放送局というのは、某国営放送の地方放送局?。

某・・・でなくてもNHKで問題ないような気もしますが、一応・・・

って、書いちゃったら意味ないじゃん!。



新潟から高速でおおよそ2時間半、無事到着。

さてお目当てのなんちゃってシリーズ、女房に呆れられながらも買っちゃいました。


お題[ラーメンセット、ビール付き]

20180211 047
豚丼とラーメン、それにビールですよぉ~~~!

ちなみにお題、私が勝手に考えたものですから、ラーメンセットビール付きでね!っと頼んでも出て来ません。

でもリアルでしょう?。


さてビール!こうなっています。

20180211 057
ちなみに入れ物は本物です(ミニチュア版ですが)。

飲む、のではなく食べるんです。
2018021102 002

下はこの店自作のゼリーなんですよ。

ちなみに豚丼もラーメンも洋菓子、もっとハッキリわかりやすく言えばケーキなんですよ。

味は意外にも甘さひかえめで大人の味?っというか、そこら辺で売っているケーキとは一味違ってオリジナルらしいこの店独特の味なんでしょう、でも予想を覆す美味しさでしたよ(見た目からは予想出来ない?)

ちなみに女房、

「ケーキ買うんならまともなの買おうよ#!」

とのことで、1本900円のロールケーキ買っていました。

これも帰ってから食べたんですが、今まで食べたことがないくらいメッチャ美味い!



「ロールケーキって、こんなに美味いか?」

女房

「これはさすがだね!」

いつも[自分で作った方が美味い!]っと豪語する女房ですら満足する美味さ。

甘党なら、もしチャンスがあれば一度寄ってみる価値のあるお店ですよ。




さて帰りは東京周りで女房に東京の夜景でも観せようと思っていたんですがぁ~・・・


御存知の方はよくわかっていますよね、関越道の行楽帰りラッシュ!。

東名行楽帰りの神奈川県渋滞と並んで、休みの日の夕方の関越道は超~醜い渋滞のオンパレード!。
昨日なんざ私が通過したあと、新潟県から埼玉県まで並んでいまして、どこから湧いてくるよ#!っというくらい何十キロにも伸びる自然渋滞。


で、私は?っというと、


当然東京の夜景なんざ目もくれず、本庄児玉ICから逆に向いて新潟方面へ。
そこから藤岡ジャンクションから上信越道を使い長野道経由で中央道へ。
最後は中央道中津川ICを降り、一般道を直線的に南下し豊川まで帰って来ました。

ちなみに本庄児玉からではこのルートを使っても、東名回り(関越道鶴ヶ島から圏央道、そして海老名ジャンクションから東名へ入る)とそれほど距離は大きく伸びるわけではなく、時間的には30分くらい遅い程度(乗用車の場合)。
だから、ヘタに渋滞にはまるくらいならこちらに回った方が早く帰ってこれます。
ちなみに本庄児玉ICで高速に乗ったのは午後4時頃だったんですが、家には夜9時頃帰って来ました。

地図で見ると、

[えぇ~~~???、一度日本海の方が近い長野市(正確には千曲市)まで上ってから太平洋まで下ってくるの?それ何時間掛かるよ!]

ですよね。


昔書きました、道路地図は同じ縮尺で書かれているわけではない!=縮尺の違い=っというのを。
常に仕事で長い距離を走っている私だからこそ?かもしれないですけどね。
ただ、女房に東京の綺麗な夜景を観せられなかったのは残念だったかな。

いつもながらの無謀なドライブ、美味しい物がたくさん買えた女房は御満悦でしたよ。
それにしても、まだこんな無謀なドライブを二人で楽しめるんだから、私も女房も、



まだ若い?。

大変だ

現在ニュースでもやっている北陸の大雪、今や生活レベルにさへ影響を出しているようで大変な状況のようです。
私が勤める会社でも発送や到着もままならない状況でして、当然生活物資等もまともに届かないでしょう。

実は3日前に豊川に到着し、本来ならその夜に積んで帰る北陸関係の便が2本あり、最終着店が福井と金沢になる便(ようはそこが彼らの所属店)です。
もちろんその夜から北陸は大雪になってしまい、それにともない道路状況が芳しくないため、乗務員の安全確保のため豊川からの出発を見合わせました。

実はこの二人、今日で出先の豊川にて3日目(3泊目)を迎えます。
そうです、もうすでに家を出て4日帰っていない(本来なら翌日帰る)。

高速道路は一部通行止め区間が短くはなったものの、北陸道全線で通行出来るわけではない。
御存知の方はわかると思うんですけど、敦賀から福井にかけては海岸沿いが断崖絶壁で、そこを抜ける道路は事実上国道8号線しかありません。
この唯一の国道が未だ動かないんだそうです。

この二人の乗務員、自分の家がどうなっているのか、またまともに買い物も出来ない状態で自分の家族はどう暮らしているのか気になるようです。

まぁ~当たり前ですよね。

ただ今回、二人の乗務員は豊川支店で留め置いたため、食事や寝る場所、そして風呂等生活には困りません。
唯一困るのはお金かな?。
二人中の一人は今日食事するお金が無くなり、ウチの店に借用書を書いて1万円を借りたそうです。

私も以前は常に1泊2日の仕事でしたけど、お金はだいたい1運行あたり(1泊2日の定期)で5千円くらいしか持って行きません。
もちろん1泊2日で5千円まるまる使うわけではありませんが、さすがにいくらケチなウチの女房といへど、なにかあった時に私がまったくお金を持っていないというのはさすがにマズイということで、ちょっとだけ?多めに持たせるんですよ。
ただ、普通に帰って来ているのにすべて使っちゃったりすると女房にもの凄く怒られます、ハイ!。

まぁ~さすがに持たされたお金を全部使うことはないですけどね、ハハハ(^^ゞ。

それでも今回のよう1泊2日の定期が、予期せぬアクシデントのため3泊4日(今晩出られれば)になったなら、とてもとても出先で5千円程度しか持っていなければ食事代だけでも足りません。



もう20年近く前になりますか、滋賀県下で大雪が降り3日路上で足止めされたことがあります。
この時はすでに自店(豊川)を出発しており、長浜付近で動けなくなってそのまま3日が過ぎた、という私の苦い経験です。

買い物にも行けない、ひたすらトラックの運転席で前が動くのをじっと待つだけ。
それが3日続くんですよ。
しかもあの時お金は2千円だかしか持っていなかったんです。

どうせ食事は出先の社員食堂で食べるし、あの頃はお酒もほとんど飲めませんでしたから出先の宿泊で飲むということはなく、別に2千円程度でも苦はなかったんですよ。
ところが、この悲惨な渋滞というか足止めでコンビニまで歩いて買い物に行ったものの(前が動こうと関係ナシに一時トラックから離れた)、まともにお金を持っていなかったせいでパンを3つ買い(コンビニの棚にはそれしかなかった)、それで3日しのぎましたよ。

まぁ~あの頃はまだまだ給料は安かったし、それ以上に子どもにお金が掛かる時期でしたので、私の仕事で家のお金が掛かるようにはしないよう自分なりに努めていたんですよ。

あの時以降かな、最低でも5~6千円は持っていないと自分の生活が成り立たなくなる場合があると認識したのは。


さてあの二人、今晩は帰れるんだろうか?。
家族も寂しい思いで待っているでしょうねぇ~。
出先で4泊目がないよう、早く北陸方面の道路が動くよう祈っています。


あぁ~そうだ、今晩私、久々の甲府便なんですよ。
インフルエンザが私の店でも蔓延しているせいか次々乗務員が休みやがって、結果定年間際の私にまでいらぬおはちが回ってきての甲府便・・・。


甲信越地方、今日明日だけは雪降るんじゃねぇ~ぞ#!。

ダメでした・・・(凹む)

前々回の記事で書いた接写チューブ・・・

ダメでしたわぁ~~~・・・


使ってみてわかったこと。

基本、最短焦点距離が50㎝以上あるレンズでなければ対応出来ない。
とうぜん私が持つシグマの標準ズームは簡易マクロにも対応しているため最短焦点距離が30㎝と短い。
このせいなのかチューブをかませるとどこにもピントが合わない。
純正(canon)の50㎜単焦点(F1.8)ならピントを合わせられますが、思ったほど大きくはならないし、なによりあの綺麗な写真が撮れるシンデレラレンズが、ピントは合うもののここまで周りを潰すか(ボケが汚い)、っとショック。

キットレンズのような標準的なレンズには上手く撮影出来るのかもしれませんが、私のよう何かに特化したレンズしか持たない人にはちょっと使えません。
しかも電気接点の状態が悪く、接続状態によってはカメラの方がフリーズしてしまう始末。
こりゃ~カメラが壊れる前にやめた方がよさそう。


あぁ~~~・・・無駄な買い物してしまった。
最初から女房に頭下げてマクロレンズ買ってもらえば良かった。

今さら言えないよなぁ~・・・。。。


マクロレンズ、
狙っているのは以前にも書きましたが、タムロンの60㎜マクロ(F2)なんですよ。
お値段、net価格でおよそ3万円。

タムロンのマクロっといったら、通称タムキューで有名な90㎜マクロが有名なんですが、あれはフルサイズカメラで使ってこそですよね。
APS-C機だとどうしても画角が大き過ぎて普段使いにはちょっと困ります。
ましてはcanonのAPS-Cサイズって、他社のフルサイズ換算1.5倍より大きい1.6倍にもなってしまいますから余計に使いずらいですよ。

それとタムキューより60㎜マクロが気になっているのはレンズの明るさ。
90㎜マクロ=F2.8
60㎜マクロ=F2

今持つズーム全域F2.8のレンズを使っていますが、やはり特定な条件下では純正の50㎜F1.8ほ方が綺麗に撮れます。
この純正という部分が相当影響しているのはわかっていますよ、でも純正レンズで明るいものは超~高い!。

そこまでこだわるほどの腕前か?

っと聞かれると、

携帯写真よりはマシかな?

くらいなもんですよ。

でも、

実際印刷してみるとレンズの差は誰の目にもはっきり善し悪しがわかります。
PC画面ではわからない精度の高さを実感します。


やっぱマクロほしいなぁ~・・・


どうやったら女房を説得出来るか、誰か教えてぇ~~!!!



ほんとうにあるの?

ここしばらくアニメ関連の記事を書いていませんのでちょっとご紹介。
アニメ関連どころかブログそのものがメッチャ空いちゃってますけどね、ハハハ(^^ゞ。

鬼灯の冷徹

ほおずき
*借り物写真です*

2~3年前に1期目がスタートし、昨年秋に続編として2期目がスタート。
どちらも1クールですので2期も昨年12月で終わっています、ただ人気なのか今年4月からの春アニメで3期目がスタートする予定。

どんな話か?っというと、人は死んだら天国か地獄に行く!っとよくいわれますが、その死後どうなるのか?っというのをアニメにしたものです。
ちなみにタイトルの鬼灯というのは鬼人で、あの閻魔大王に仕える第一補佐官で鬼人のトップ。

人の死後、地獄を管轄する部署で働く人々(鬼人が多数)の奮闘記みたいなもんで、これが1話12~13分程度(1回の放送で2話)のショートアニメです、したがって最初からでなくても大丈夫!(話の構成がサザエさん風?で1話完結)

人が死んだらあの世で裁判に掛けられるのを知っています?。
なんと10回もの裁判を経て最終的に天国へ行くか生涯地獄に落とされるかが決まるそうです。
この裁判官というのが10人いまして、それぞれ裁きを下しその様子を見て次の裁判長がまた判断する・・・
だそうです。

その10人の裁判官というのが下記の通り、

1、秦広王(しんこうおう)
初七日に裁く裁判官、三途の川の手前で罪に対する嘘の有無を審議をしている。

まずはどんな罪を犯しているか、それに対しての弁明が正当かどうかを審議?。

2、初江王(しょこうおう)
二七日に裁く裁判官。秦広王の裁きを受けた亡者が、その裁きに応じた努力で三途の川を渡ったかを審議することに加え、生前に関わり合いのあった動物(ペット)が呼ばれ、その亡者について証言をする。

ようは生前、動物に対しての所業を判断されるわけですね。

3、宋帝王(そうたいおう)
三七日に裁く裁判官、邪淫罪の疑いを審議する。

こちらは生前の性癖(特に性的犯罪)の内容を審議するみたいです。

4、五官王(ごかんおう)
四七日に裁く裁判官、亡者の罪の重さを量る。

ようは罪に対して地獄まで落とす必要があるかどうかの判断、でも4番目の裁判なのに五官王ですかぁ~・・・

5、閻魔王(通称 エンマ大王)
伍七日に裁く裁判官

裁判官でもあり地獄の総責任者でもある、また全10人の裁判官(王)のトップでもあるが、なぜに5番目???。
ちなみにエンマ大王、このアニメで知ったんですが、神様でもあるんだそうですね。

6、変成王(へんじょうおう)
六七日に裁く裁判官。

事実上、ここで八大地獄行きか八寒地獄行きを決めるわけで(この二つの地獄の中にも細かい部署(地獄)がある)、ようは5番目の閻魔王の段階で天国行きとならなければ地獄行きがほぼ確定?。

7、泰山王(たいざんおう)
七七日(四十九日)に裁く裁判官。通常はここで結審する。

ようは前の裁判で決まった地獄行きをどの部署のどの地獄へ送るか細かく決め結審される。
ただ亡者の努力や反省も吟味し、また供養してくれた人々の供物等(もちろん心も)の多さなどで償いは終わったとして天国行きとなる場合もあるそうだから、亡者はここまでの間の努力を怠ってはいけない?。

ちなみに四十九日(しじゅうくにち)とは、亡くなってから49日目ではなく、仏教では7日を一回りとするため、7×7=49との計算から77日目が四十九日となるそうです。
したがって罪が大きい死者はこの四十九日の法要というのはものすごく大事で、供物による考慮(ようは身内の嘆願)も大きく左右されるんだそうで、犯罪人=地獄とはならない場合があるそう。

私が死んだら女房に、

「四十九日だけはいっぱい供物並べてしっかり供養してね!」

っと、頼んでおこう。


ここからは再審となる。

8、平等王(びょうどうおう)
百か日に裁く裁判官。

もう一度最初に戻って今までの判決が正しいのか、また亡者(死者)の弁明を聞いて再考するらしい。

9、都市王(としおう)
一周忌に裁く裁判官
同じく、細かい罪を再度審議。

10、五道転輪王(ごどうてんりんおう)
三回忌に裁く裁判官。
再審後、再度判決の出る場所で、ここで地獄行きが確定すると生涯地獄で罪の償いをするので戻っては来れない。

最終判決・・・


どうですぅ~?怖いでしょう。
死んでから2年間は天国行きにならない限り生前の反省と審議が続くんですよ。


あぁ~そうそう、このアニメで知ったのですが、死後2年を三回忌、でも1年は一周忌と呼ぶのはナゼでしょう?。
正式には死んだ直後を一回忌というそうで、じゃ~1年後はなぜ一周忌?(本来ならば二回忌)。
これは死後喪に服すことであって、それが一回りして開けるのが翌年(喪中ハガキが良い例)、つまり喪に服して一周回ったという意味で使われるそう。

これ意外にも生涯いろいろ勉強(人としての道徳?)になることがたくさん出て来ますよ。

また、一度死んだら地獄や天国ではもう二度と死なないので時代背景がメチャメチャ過ぎて面白い。
桃太郎とかも出てくるんですけど、あの人室町時代の人だったんですねぇ~。
ちなみに部下のシロ(犬、猿、雉の犬)が桃太郎の武勇伝の裏話をしてしまった。

*鬼退治の日、相手の鬼は宴会でベロベロに酔っていて、あれならだれでも勝てる、ようはビギナーズラック?その後鬼退治に成功した桃太郎は呑んで騒いで羽目を外しすぎて部下(犬猿雉)に減滅される*


黄泉のみこと(月夜見尊)のことも書かれていて、アニメ中、「ざっくりわかるイザナキとイザナミ」というのがありまして、現世に登場した始めての日本人とか。
ちなみにエンマ大王、日本人として最初に死んだ人なんだそうです。

正直コントアニメなんですが結構笑えますよ、そのわり勉強にもなる。

気が向く人は観て下さい、たぶんレンタルDVDもあるだろうし、yahooサイトのGYAO!でも観れます(一部有料)。

次回の3期目、楽しみだなぁ~。

無駄な買い物?

いゃ~~~・・・御無沙汰です。

前回更新したのって去年12月の18日だったんですねぇ~、一ヶ月以上空いちゃったわけです。

別に病気していたとか書けなくなる状態だったとかではないんですよ。
ただただ気分が乗らない?、もしくはなにをやってもすべてが手に付かない・・・かな?。


ほ~んと、なんかぜんぜん手に付かなくて何をやっても途中であきらめてしまうというか、ついつい、もういいや!になっちゃっていたんですよ。

一応、正月は息子のところへ行ってユッキーの顔も見て来たし、仕事もほぼほぼ上手くこなして来てはいたんですがぁ~・・・。
な~んかただただ時間を流しているだけで、家へ帰って来ても飲んで寝るだけ。

この毎日でした。


さて、なんでいきなり更新しようっと思ったか?っというと、ちょっとカメラ関係で悩んだ末につまらない物を買っちゃったから。
9000Dに換えてから思うような写真が撮れず、最近はカメラを構える日がほ~んと少なくなりました。

ところが、以前このブログでもお付き合いさせてもらっていた方が他サイトでブログを綴っていまして、それが最近カメラにはまり出したんですよ。

私もたま~にですが覗きながらコメントを打ったことがある方なんですが、この人カメラを買っただけではなく、メーカーのカメラ教室にも通いながら勉強をしていまして上達がものすごく早いんですよ。
私もちょっと偉そうなコメント?を書いた手前、つい最近始めたばかりの人に追いつかれるのはさすがにバツが悪いですので頑張ろうと思ったわけです。

でその方、最初はキットレンズで始まりました。
まぁ~これが普通ですよね。
ところが、私と同じようにボケに興味を抱き出しまして新しいレンズを購入したんですよ。


明るい単焦点?

違います。

まぁ~単焦点という部分は合っているんですが、たぶんカメラ教室で教わったのか、マクロレンズを購入したんですよ。
この方、花を撮るのも好きな方なんで、その辺も考慮しての判断なんでしょう。
マクロレンズって明るい物も多く、当然ボケにも適したレンズです。


一眼レフカメラ(ミラーレスでも)の最大の弱点というのが接写です。
携帯カメラやコンデジのよう、被写体にくっ付くほど近ずいて撮ることが出来ません。
だいたい携帯カメラはQRコード等を読み取るためそうとう近づいてシャッターを切れますからねぇ~。

これを一眼レフでも可能にしているのがマクロレンズです。

もちろん私も過去に購入しようと思ったことはありますよ。
でもけっこういい値段するんですよ。

基本単焦点ですから画角の制約があり、特に90mmクラスになるとAPS-Cサイズカメラではほぼほぼ望遠レンズになってしまい使い勝手が悪いです。
じゃ~使い勝手を考えて50mm以下のマクロとなると、これが思ったほど大きく撮ることが出来ずつまらない・・・。

でもやはりマクロレンズは1本欲しいよなぁ~・・・。


正直、私の小遣いではちょっと買えそうにもないんですよ。
なにせ1日1000円(仕事日のみ)ですから、いくら切り詰めても狙っているタムロンの60mmF2マクロ(3万円くらい)は買えません。
ちなみに休みの日に小遣いというのはありませんので、実質18~20日程度の業務ですので3万円貯めるのに何ヶ月掛かることやら・・・。

普段使いにも重宝するなら女房に頭下げてでも買ってもらうんですがぁ~・・・
マクロではそれだけで写真を撮って歩けるほど重宝するレンズではないですからねぇ~。

実は昔、このブログの最初の頃、X-5を持ち出したばかりに接写をやろうと安いクローズアップレンズなる物を買ったことがあります。
当時はキットレンズしか持っていませんので、このレンズに合うようサイズを指定して買いました。

クローズアップレンズというのは平たく言うと、普通のレンズの前に虫眼鏡みたいなレンズを追加するんですよ。
そうすると被写体を大きく撮れるというものなんですが、所詮虫眼鏡ですからピントの合う位置がかなり狭く、しかも超微妙・・・。
それに暗いキットレンズにさらにレンズを被せるため写真はメッチャ暗くなり辞典等で見る昆虫のアップ写真には遠く及ばない。
ちなみにクローズアップレンズ、倍率にもよりますが1個3000円くらい。

実は今回、これを思い出したんですよ。

今持つ標準レンズはズーム全域でF2.8と明るいしクローズアップレンズをかましてもそんなに暗くならずに済むのでは?。
でも、所詮虫眼鏡だしベースのレンズが明るくてもクローズアップレンズの透明度がどのくらいあるかによるよなぁ~。
そうなると安い物を買ったらクローズアップレンズの透明度が低く、せっかくの明るいズームレンズの意味がなくなる。

うぅ~ん・・・


いろいろ調べたんですよ。
そりゃ~文句なく明るいマクロレンズを買うのが一番ですよ。
でも、それには女房の許しを得る必要がある(絶対ムリ!)。

「あれだけ高いカメラに買い換えたくせにぜんぜん写真撮らなくなって、それでいて今さら新しいレンズが欲しい?アホか#!」

っと言われること必至!。


ごもっとも・・・


そこで考えたんですよ。
今までと同じ写真を撮ろうとするから上手く行かない、だからちょっと変った写真に挑戦しようと。
そのためには今使っているレンズではムリ!。

だれかさんがマクロレンズで撮る写真、いいなぁ~・・・っと眺めているうち、

そういえば接写リングなるものがあったはず、っと閃いてしまった。

探しましたよnetで。


接写リングとは、カメラ本体とレンズの間に噛ませるチューブです。
ようはイメージセンサーとレンズとの距離を離してレンズだけ被写体に近づけるというもの。
しかもチューブは中空なので(レンズは入ってない)レンズの明るさに影響しない。

これなら行けるか?

買っちゃいましたよnetで。
お値段、私の小遣いをちょっと節約して買える5000円くらい。

024.jpg
これは3段分まとめてありますが、ばらすとこのようになります。
023.jpg
アイコスの掃除キット(白いヤツ)が写っているのは、中が中空とわかるように。

とりあえずデジタルですから電気端子があるものを選びました(AF(オートフォーカス)が利くよう)。
ちなみに電気端子の無い物なら1000円以下で買えます、ただしその場合、AFや絞りの変更が出来ませんので自分が動いてピントを合わせる必要がある)。

ウチのババ(女房)いわく、

「またくだらないもの買って!、自分の小遣いで買うんだからいいけど、いつぞやのレンズ(クローズアップレンズ)みたく1回使って終わらさないようにね#!」

ハハハ・・・・(^^ゞ



今度の土日が休みなので試してみます、ハイ!

やりがい君

最近野菜類があまりに高いので女房が野菜特売所でやる朝市に行きたいと言い出しました。
そこで面白い物を発見!
ちなみにここ、以前ドラゴンフルーツだか見つけた場所。

20171217 071

これ野菜だそうで[ロマネスコ]と言うんだそうですが、私が買った場所では[やりがい君]という名で売られていました。
この名前に魅かれてついつい衝動買い!
女房いわく、

「また変な物買って、これどうやって食べるんじゃぁ~#!」

っと怒っていましたけど、どうらやブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせみたいらしいです。
どうやら観賞用野菜と書かれていましたが、ちゃんと食べれるとのことでついつい買ってしまいました。

20171217 078

色は違いますが、まるでサザエの集りみたいな形が凄いよなぁ~。
ゴジラの背中、とも言われるんだそうですけど。

20171217 079

最後は塩でサッと茹でて食べましたが、意外にアクはなく美味かったですよ。
結構大きくて底が12~13㎝、高さが同じく12~13㎝くらいの三角すいで1個250円でした。

女房いわく

「250円も出すなら同じサイズのブロッコリーが2個買えるわ#!」


夢がないなぁ~・・・

そう思ったなら・・・

自家用車で旅行・・・

ウチの会社、結構そういう人多いんですよ、まぁ~職業柄運転なれしてますしねぇ~。
しかも基本車中泊という人が多く、時間を気にしないで済む長距離はいくら走っても疲れない?っという人が多いです(乗せられる家族はそう思ってない?)。

これは仕事の反動なのか、普段は時間に追われながら長距離を走るのが仕事ですからねぇ~。
ちなみに仕事での長距離は、出来るだけ疲れを軽減させながらも神経は運転に集中、これが終わったとたん疲れがどっと押し寄せてくる。
プライベートの長距離旅行はこれがない!。


ちなみに私もそういう感じかな?。


あるサイトを覗いているとどこへ行ったとか、はたまたどこが楽しかったではなく、どれだけ走ったか?みたいな話がありました。
ようは景色を楽しみながらどれだけの距離を走ったか?みたいな記事です。

私も正直観光地めぐりなんざど~でもいいんです、ただただ何気ないながらも普段見たことのない景色を見たいだけ(カメラ小僧にはよくありがち?)。

ちなみに距離と時間だけをいえば私も結構無茶しています。

そうとう昔ですけど、愛知県からクルマで北海道まで走り、時間が無かったせいで実家にさえ立ち寄ることなく2泊3日で帰ったことがあります、もちろん道中車中泊で。
確かこの時走った距離が3日で4500kmくらいじゃなかったかな?。
しかも女房どころかまだ幼かった息子まで連れて・・・。

本州~北海道間は往復青函フェリー。
行きは日本海周りで帰りは太平洋周り。

時間ねぇ~#!っていうのに息子は宗谷岬行きたいとか、女房はついでだから襟裳岬も見たいとか・・・
ついでの距離じゃねぇ~っての#!。
途中、風呂に入りたくて健康ランドみたいなところに立ち寄り風呂には入ったけど寝るのは車中泊。

今思えば、ようそんな無茶やってたよなぁ~。


私はこんなことを何度もやって来たんですが、よくサイトに書かれる長距離旅行に向くクルマとか装備とかありますよね。
ありきたりにワンボックスカーとかワゴン車とか寝れるので便利とか書かれています。

でも、

私の経験上、どんな車種でも問題ないと思います。
ようは気分の問題で、自分が愛用するマイカーであれば何でもいいんですよ。
車中泊にしても食事にしても工夫すればなんとかなるもんで、大事なのはいかに楽しく、そしてなにより気楽にドライブするかです。
これがレンタカーになると、気楽に、っという部分が自分のクルマじゃない分気分も半減。
その代わり、今まで運転経験をしたことのないクルマに乗れる、というのはメリットですけどね。


過去数十回実家の北海道へクルマで走りましたが、私が乗って来たクルマの中では意外に楽だったとか、結構辛かったとかありますよ。
なにせ実家まででも往復3600kmもある道のりですから使うクルマによって影響が大きいです。

一番辛かったのはインプレッサのワゴンだったなぁ~。
ワゴン車なのになぜ???

私が乗っていたのはWRXというスポーツに特化したワゴンだったため、足が硬く乗り心地が悪いところに姿勢を変えられないバケットシートのためダルな姿勢での運転が出来ないから。
ちなみにあのクルマ、女房も息子も2時間も走ったらすぐ横や後ろで酔てましたねぇ~。

逆に、車中泊を含む長距離に向かなさそうなクルマがマツダのRX-8。
御存知の方もいると思いますけど、簡易的な4ドア(なんと観音開き)ながら完全なピュアスポーツカー。

ところがこのクルマ、優しくもしっかり身体を支えてくれるシートやエンジン音の静かさ、そしてミッドシップらしく足の硬さを意識させない人を包み込むような乗りごこちの良さ。
このクルマを乗っていた当時はすでに息子は社会人、したがってドライブはこの頃から再び(結婚当初以来?)二人だけのドライブ。

あのクルマ、スポーツ走行させても凄いんですが、意外や長距離を走らせても楽なクルマだったんですよ。
なにせウチの女房を横に乗せても私が選んだクルマの中では唯一女房が長距離でも乗り心地に文句言わなかったクルマです。
それだけ優秀なクルマだったとはいえるんですが、いざ女房が運転するとなると

「過去一番乗りにくいクルマ」

っと女房にはメッチャ嫌われたクルマだったんですけどね、ハハハ(^^ゞ。


なせこんな記事を書こうと思ったか?っというと、同僚にこんなこと言ってみました。

「近い将来(定年後?)女房と二人、クルマで日本一周したい、そのためにくつろげる空間があるハイエースなんかいいなぁ~っと思うんだけど・・・」

っと相談してみました。
ちなみに同僚の愛車はセミルーフのハイエース(ワイドロングの2、7Lガソリン車)

同僚いわく、

「俺があのクルマを買ったのは車中泊をしながら旅をしたいのもあったんだけど、何より家族が多いから(子ども4人の6人家族)が最大の理由」
「長距離に向くクルマ?、広さは文句ないけどさほど乗り心地は良くないし、なんたって車体が重いから燃費が悪い!、家族で長距離やってもそれほど楽なクルマじゃないよ、ただただクルマを停めて家族みんなで寝るには便利というだけ」

だそうです。


うぅ~~~ん考えちゃうなぁ~、なにせ私と同じプロの長距離ドライバーの意見だし。


そういえば愛車のCX-5、まだ車中泊するような長距離を走ったことないなぁ~。
もちろんこのクルマで北海道まで行ってはいるんですがぁ~・・・

往復新潟~小樽間のフェリーを使った関係で車中泊はナシ!。


今年の正月、車中泊込みで九州にでも行ってこようかな。

きっと女房、

「そんなことするくらいなら息子の家で2~3日ユッキーを遊びたい」

って言われること必至・・・


でもたまには以前のよう、ただただあてもないドライブをするというのもいいと思うんだけどなぁ~。
私もそんなことが簡単に出来なくなる年齢に近づいているんだから、たまにはこんな旅行もどうでしょう?。


女房が「イヤ#!」っと言ったら、女房だけ息子の家に置いて来て、私だけ一人あてもなくカメラ片手に2~3日不毛なドライブにでも出かけようかな。
でも、個人的には愛車のCX-5、二人なら車中泊にも十分対応出来ると思うんですけど。


タイトル通り、そう思ったなら・・・


やれるうちにやっておけ!


ですかね。

豊橋駅 イルミネーション

もう12月ですかぁ~・・・早いなぁ~。

先月後半(特に出先休み以降)、突如忙しくなって疲れているんですよ。
これは歳のせいもあるんでしょうが、なにせ得意の睡眠?が上手く取れません。
最近、中途半端に起きちゃうなぁ~。


先週日曜日は午前中に目が覚め、当然女房も休みなので買い物兼ドライブ。
まぁ~気晴らしです。

女房いわく

「豊橋駅が今年もイルミネーションで飾っているらしいよ」

とのこと。

じゃ~行ってみるか。


2017120302 004
駅のコンコースなんですが、結構綺麗に飾っていましたよ。

2017120302 010


2017120302 017
そういえばクリスマスもあるねぇ~。
女房がユッキーに、なにあげよう!な~んて言ってたなぁ~。
でも誕生日が27日だからクリスマスのすぐ後に今度は誕生日プレゼント?女房も忙しいよなぁ~。



こういう場所に来ちゃうとついついカメラで遊んじゃいます。

2017120302 041
わざとピントを少し外して煌びやかに見せようと思ったんだけど、やはりどっか1箇所ピントが合ってないと締らないねぇ~。


この日スーパームーンだったらしいんですよ、そこでイルミネーションの隙間から月を狙ってみました。
2017120302 023
な~んとなく面白いような・・・

最後は得意のボケボケかな?。
yokao.jpg

ハイ、やりすぎましたぁ~。
こんな写真撮るなら、以前やったネコボケとかハートボケにすれば良かったかも。


さぁ~今週最後のお仕事へ行きますかぁ~。
今日も上手く寝れずに早く起きすぎちゃったんで、たまには昼間にブログ更新です。

ちょっとだけ

実は出先休みの際、ちょっとだけ尼崎の運河付近を散歩しました、おおよそ30分くらいだったんですけど。
でも歩くというのは、普段気にせず通過する景色が別な方向で気が付くもんですよね。

運河にあった水門
20171124 010

遊歩道
20171124 043

ふれあい橋の中心
20171124 069
なんかの要塞みたいですけど、実は四方から伸びる運河の真ん中に橋があり、もちろん橋も四方から中心で合流。
これが橋?、なんのために中心がこんなん???
ちなみに真っ暗だったためISO感度が自動でMAX(25600)となり写真が荒れてます。
三脚持って行かなかったからなぁ~・・・
それでもこんな状況下(橋のオブジェ?に街灯はない)にもかかわらず、手持ちでブレることなく撮れるところがこのカメラ(9000D)のスゴイとこ。
最新のカメラってすごいねぇ~。

工場
20171124 018
工場フェチの気持ちがちょっとわかる。

最後に街灯を上手くボケをかまして撮れないか?っとチャレンジしましたがぁ~・・・
20171124 003

canon18~135mmの暗いズームレンズではちょっと無理があるなぁ~。
なにせ持ち物減らしのためレンズ1本にしたかったので、そこは万能な高倍率ズーム?1本で対応しようと。
したがって愛用のシグマF2.8ズームは家でお留守番。

もうちょっとちゃんと準備しながら、それこそ休みなんだから早起き?してじっくり時間を取りながら散策したかったですねぇ~。、ハイ!
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ