FC2ブログ

ところで?

ちょっとお出かけ、常春の国[渥美半島]。

たまにはカメラを持ってドライブがてら出かけました、ただ、あちこち通行規制があり右往左往。
なんの通行規制か?っというと、

渥美半島=田原市

そうです、あの豚コレラの影響で立ち入り禁止となる道路がありました。
道の駅等、あちこち入口には消石灰?が撒かれていてタイヤが真っ白。
全頭処分なんてちょっと可愛そうですよね。

さて目的は菜の花だったんですがぁ~・・・
ちょっと遅すぎて伸びきっていました。

201902172 012

201902172 019

今一歩ですね。

ついでに梅も咲いていましたので。

1.jpg

これはちょっと遊んでます、ピントの合っている写真と、わざとピントをずらしてボケさせた写真を1枚に。
まぁ~ポヤンとしていいかな?。

エンジン載せ換え後の愛車CX-5君。
02.jpg
水を得た魚のごとく軽快に走ってくれます。

それにしても、エンジン載せ換えたばかりのこのクルマ、早々に半年点検の案内が来ましたけど、

なにするの???。

復活

昨日3日の午後、やっと愛車CX-5が帰って来ました、もちろん予定通り新品のエンジンを載せて。

約1ヶ月ほど預かった代車のデミオ(1.3L)には随分お世話になり、最近のコンパクトカーでもこれだけ安全機能が充実しているんだ、と感心しながら使わせてもらいました。

廉価版なんでライトもHIDではなく昔ながらのハロゲンなんですが、それでもオートライト(オンオフだけでなく、光感知センサーを使って自動でハイ&ローまで切り替え)、側車検知機能(ミラーで見えない真横の車を検知しドライバーに知らせる)、車線逸脱警報、ふらつき警報、ナビ連動で渋滞情報はもとより工事情報とか落下物注意情報など、今後の移動時間情報などを含めて最善のルートを音声で知らせるシステムなど至れり尽くせり(ちょっとうるさいけど)。
これ、デミオで一番安いヤツ(140万円程度?)で、ナビ以外は標準装備なんですよ。
ほ~んと最近のクルマってスゴイですよねぇ~。


で、やっと帰って来てくれたCX-5君、まず驚いたのは恐ろしく静か・・・。

私が乗るCX-5はディーゼルエンジン搭載車のわり結構静かな方だとは思いますが、最近のクルマ(ガソリン車)に比べればちょっと音が気になります。
ところが、最新のエンジンに載せかえられた私の愛車は走っているとタイヤの転がる音しか聞えないほど静か。
女房いわく、

「ウチのクルマってこんなに静かだった?」

でしたねぇ~。

最新とはいえ同じ形式のエンジンですので最大出力は以前とさほど変わらないとは思うんですがぁ~・・・
明らかに加速力が違う、アクセルの反応が速い、吹け上がりも速い、変速に違和感なくスムーズなくせにやたらと早く正確に変速している、そのくせ恐ろしく静か・・・。
もちろん変速も含めプログラムをすべて書き直しているのもあるんでしょうが、それにしても初期型のエンジンと同タイプながら最新のエンジン(改良版)ではこんなに違うもんか?っと驚いちゃいましたよ。

女房も言ってましたけど、
「これであと3年は余裕で乗れるね!」

ほ~んと私もそんな気がします。

さて今回はチョイ乗りだけでしたがその内ちょっと遠出してみたいですねぇ~。
なにせ改良版の最新のエンジン、どれだけ燃料を節約しながらあのとんでもなく大きい力(トルク)を維持して走るかを知りたいところ。
なんたってこのクルマを購入して1年目くらいの時に北海道を走った際、1Lあたり20kmを越える燃費を維持しながらも、周りのクルマの速さに引けを取ることなく走っていましたから。

あの狭いデミオからやっと広いCX-5に乗り換えたとたん女房が、

「やっぱ楽でいいわ」


女房にとってみれば、お帰りなさい。

ですかね。

再び大手術?

正月休みに広島まで行って来ましたが、その帰りにクルマが困ったことになったのを書きました。
1月4日、即座にディーラーへ電話を入れ点検修理となり、その日から代車で買い物等を済ませています。
たぶん昨年暮れに出されたリコールが影響しているのでは?とのことでしたがぁ~・・・、

やっぱそうでした、しかも重症・・・。

とにかくリコール部分を無償で直し、それ以外の部分に影響を出している場合(リコール対象外部分)はちょっとだけ費用の負担があるかもしれません、とのことで21日には電話が来ることになっていました。
当然この日には直って戻って来ることにはなっていたんですがぁ~・・・

いまだ代車に乗っています。
でもちゃんと電話は来ました。

ディーラーからの電話では、エンジン載せ換え!だそうです。

えぇ~~~???

現在マツダの工場からエンジンを取り寄せてる段階で、修理完成は今月末まで掛かりそうとのこと。
すでにメーカー保障(5年もしくは10万km)もディーラー保障も切れている状態なんですが、やはりリコールの影響が大きいためディーラーがマツダ本社に掛け合い無償交換にしてくれたんだそうです。

今回のリコールってどんなもん?

エンジンヘッドに付いているバルブスプリング(吸排気の要)の不良なんだそうで、最悪これが壊れるとエンジンごと壊れる可能性があるそうで、私のクルマの場合、可能性が現実になってしまった、ということです。

ようそんな状態で舞鶴から帰って来られたよなぁ~・・・。
なんたって着く頃にはエンジン、虫の息だったしなぁ~・・・。

前回のリコール(ターボダクトの取り付け不良)で、私のクルマはダクトだけではなくターボチャージャーごと交換という大手術をしたばかりだったのに今回はそれを上回るエンジン交換!、もちろん新品のエンジンが載ります。
すでに11万km以上もの距離を走ったエンジン、

女房いわく、
「クルマ、だんだん新しくなるね!」

いや、そういう問題か?。



確かにこのクルマ、過去ブレーキやらサスペンションやらとリコールで無償交換されています。
昨年9月に車検を受けた際ATミッションのプログラム変更、それ以降もターボ交換のためフロント側足回りをすべて外し分解整備しブッシュ類の交換、そして今回とうとうエンジン交換・・・。
やっぱブランニュー(すべてが新しいクルマ)はこうなっちゃうのかなぁ~。
なんたってマツダが本腰入れて開発した新世代技術[SKYACTIV TECHNOLOGY]を初めてフル搭載したのが私が乗る初期型CX-5でしたから。

とにかく、

とりあえず無償で直ることにはなったんですが、予想以上に長い入院になっちゃいました。
こんな経験、メーカーに関係なくリコール等で修理というのは何度も経験はありますが、まさかエンジンを丸ごと交換なんて初めての経験です。
女房のいう通り帰って来たら、まるで新車の如く軽快に走ってくれることを祈って当分デミオ(代車)で我慢します。

それにしても、

クルマに無理をさせすぎたかなぁ~。

豊橋駅前

豊橋駅東口前、



写真、最近工夫とかぜんぜん考えずに撮っていたけど(それもたまにしか・・・)、
またこだわってみようかな。

今年も書ける時に

新年明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

実は今回の正月休み、過去に例がないほど長い休みになりました。
本当なら短い正月休みを例年通り飲んで寝てゴロゴロしながら年末年始の休みを過ごそうと思っていたんですが、まさか12月28日から1月6日までの10連休になるとは思わず、このヒマすぎる毎日をどう過ごそうと悩んじゃいます。

年末は息子とユッキーが遊びに来ましたので、それなりに右往左往しながらも楽しかったんですよ。
でも、息子の都合上31日午前中には大阪へ帰らなければならないためユッキーと遊べたのは事実上1日だけ(残念)。
29日には来ていたんですが私が忘年会のため不在、そのため女房と息子、それにユッキーと3人で食事兼ねてどっか行って来たみたいです。

で1月1日。
予定通り?の飲んで寝るだけ。

実は息子が帰った後、それでも丸々1週間あるわけですから、いっそ実家へ帰ろうか?とも思ったんですよ。
でも怖いのは今回の天気の悪さ・・・

飛行機は予約するにも年末ギリギリじゃまったくムリ!
じゃ~クルマで走って行くか?
これも青函フェリーならなんとか飛び込み(キャンセル待ち)でも行けるんですがぁ~・・・
天気が悪く欠航となったら、行けたとしても帰って来れない可能性大!。
なにせ予報では、東北&北海道の正月は悪天候らしいですので北海道行きは断念。


でもヒマだぁ~~~。


2日午後からちょっとお出かけ(買い物)、のつもりが、

そう言えばいつぞや、アニメを観ながら[本物の潜水艦が見たい]と思ったことがありまして、呉所属の同僚が、

「そんなもん呉港行けばしょっちゅう見れるよ」

っと言うのを思い出しました。
けっこう近い位置で見れるらしいし、その人が言うには[山の上からの夜景も綺麗だよ]という話もあったし。


よし行ってみよ。

と言うわけで買い物途中(まだ買ってない状態)から方向転換?。
横で女房が、
「どこ行くの#!」


「広島!」

女房
「はぁ~???」

相変わらず気分次第でどこへでも行く私。


なにせ時間はあまりあるほどあるので、渋滞を上手く避けながら一路広島県へ向けて走ります。
ところが帰り、渋滞以上に悲惨な事になったんですが、それは後ほど。


やっぱ混んでますねぇ~・・・
渋滞情報を聞きながら走るんですが、ナビがあ~だのこ~だの指示を出しやがる!。
その通りに走ったら渋滞には捉まるし臨時(正月規制)の通行規制には引っ掛かるしぜんぜん役に立たん#!。

やはりここは今までの経験と感を活かして走るのが1番でナビの指示は無視!。

ちなみに横で女房が、「泊まりの用意もしていないしタオルの1本も持って来ていないのに・・・」っとブツブツ・・・。
まぁ~私もカメラだけ持って着替えもなにも持って来ていないんですが、そんなのはなんとでもなる!。


岡山県付近で夜中となり、このまま行っても早すぎるのでここで車中泊決定!。
女房が
「ドラックストア寄って、タオルやら歯ブラシ等を買って行くから」

その後食事を済ませそのまま車中泊になるんですが、道の駅ではエンジンを掛けっ放しには出来ないので高速に上がりPAで朝まで仮眠。


朝4時過ぎには目が覚めてしまい、女房が寝ている中広島へ向けて走り出しました。

さて記事も長くなるため、写真も含めてその後は続きでどうぞ。
ちなみに続き記事、無謀に長くなっちゃいましたm(__)m。

*****

続きを読む

またしてもバッテリー交換

私の愛車、マツダのCX-5君、今年9月に2度目の車検を受けて6年目に入ります。
走行距離は、なんともうすぐ11万km!
新車から5年ちょっとでこの距離はすごいでしょう?(半分は息子が爆走しているけど)。

以前にも書きましたがこのクルマのバッテリー、3年目をちょっと超えたあたりで交換しているんですよ。
で今回2回目でして、前回交換から約2年とちょっと。
なにせ最近、寒い朝なんざ掛りがかなり苦しそうなもんで。


それにしても、クルマのバッテリーってそんなに早くダメになる???


なるらしいですねぇ~。


一番の原因は最近のクルマは電装品の数がメッチャ多いせいと、一番バッテリーにダメージを与えるスタートの問題。
そうです、エンジンを掛ける時のあの一瞬(セルが回る瞬間)が一番バッテリーに負担が掛かるんですよ。

最近のクルマはほとんどの場合アイドリングストップ機能を持っていまして、短い信号待ちでも一時的にエンジンは止り無駄な燃料の消費を抑えます。
この機能、もちろん私の愛車CX-5君にも付いているんですよ。
これが機能するたび再始動の際、自動でセルを回してエンジンを掛けます。
ここでバッテリーに大きな負担が掛かります。
でも、今時アイドリングストップ機能のないクルマなんざ見たことないですよね。

じゃ~コストにこだわる営業車は?。

まずこんな機能の付いているクルマを見たことがありません。

燃料代の削減に大きく貢献するんじゃないの?、それこそ一般車より長い距離を走る営業車ほどランニングコストを考えるなら必要なのでは???。



アイドリングストップ機能を搭載したクルマのバッテリーってかなり高性能なんですよ。
普通の使い方(アイドリングストップ機能ナシ)と比べてバッテリーに掛かる負担が大きいため必然的に貯蓄量の多い(よは大きい)バッテリーが必要で、私が乗っているCX-5クラスですとバッテリー1基4~5万円します。
それに対し、同クラスの車体に積まれる営業車のバッテリーって意外に小さく、安い物なら1万円前後で買えちゃいます。

じゃ~そのバッテリー、どのくらいもつの(耐久性)?。


私のクルマを参考にするなら、4~5万円もするバッテリーをアイドリングストップ機能搭載型というだけで長くて3年、短ければ2年で天寿を全う?。
これは走る距離にほとんど関係なく、同僚の乗用車もほぼ同時期(使用年数がほぼ同じ)にバッテリー交換をしていますので、私のクルマだけ耐久性が低いということにはならないようです。

では営業車のバッテリーってどのくらい使うと思います?。

通常5年はもちます、長いものでは7~8年(当然毎日のメンテナンスは絶対)問題なく使えた例もたくさんあります。

同クラスのクルマが、アイドリングストップ機能搭載型のバッテリーが2~3年しかもたないのに対し、アイドリングストップ機能ナシのクルマは1万円前後で交換できるバッテリーで5~8年もつ・・・。

アイドリングストップでどれだけ燃費を削減出きるの?
アイドリングストップ機能は環境に優しい?
そのためにどれだけお金が掛かるの???

バッテリー代だけでも、どちらも3年で交換した場合の差額が3万円前後。
ガソリン1L140円としても約250L分ですよ、てことは、1年で83Lくらい燃料の削減をしないとペイ出来ない金額。

1年で10.000km走行したとしましょう。
10.000km走行の平均燃費が15km/Lとした場合(これでも良い方だと思う)、使ったガソリンは666L!
これにバッテリー代差額の3万円(ガソリンで83Lくらい)をペイにするためには平均燃費を17km/L以上に引き上げないと無理。
ちなみに、一時的にエンジンを止めて燃料代の削減とバッテリーの負担率が同等にしようと思えば最低30秒以上エンジンが停止していないと意味がないとの見解もあるそうですよ。

燃費の問題、実際不可能でしょう。
同じクルマをずっと乗ってきて、突然途中から燃費を2km/L以上良い走りに変えることなんか出きるはずがない。
しかもこの計算、使用年数が同じとした場合であって、実はアイドリングストップ機能のないクルマの方が2年も3年も長持ちしているわけだから、もっと燃費の良い走りをしないと対抗出来ません、ハイ!。


これのどこが環境に良いの?、どこが燃費に良いの???。
バッテリー1基作るのにどれだけ掛かるの?、ユーザーの負担分は考えないの???。
だから営業車にこんな機能は搭載されていない。

今のエコカーって、何がエコなんだかわかりませんよねぇ~。
ただ燃費が良いだけでエコカーとは言えないと私は思いますし、しかも減税に至っては重量対比で減税なんて・・・

*重量対比というのは、重たいクルマで高燃費を出せば減税、でも軽いクルマで同じ燃費を出しても減税にはならない*

使った燃料の量(ようはCO2の排出量)は同じなのにバカな話です・・・。


そう言いながら私のCX-5君も減税対象で買ってしまったので文句は言えないんですが、それにしてもバッテリーの値段が高すぎです。


参考までに、

現在ハイブリッド車が多数を占め、あげくに人口爆発している中国でも人気を博し、このためクルマのバッテリーの需要に供給が追いつかない状況なんだそうで、オートバックス等で見るバッテリーの数々は2~3年前から倍くらいの値段に跳ね上がっています。
実際私も安いオートバックスでバッテリー交換をしようと思ったんですが、実はたくさんの在庫を抱えているディーラー(車種が限定出きるから)の方が安いということがわかり、今回はマツダのディーラーで交換してもらいます。
ちなみに月単位で値段が上がっているそうなので、バッテリー交換が必要な方はお早めに。

それに今時のクルマ、バッテリーを外した段階でクルマのプログラムがリセットされてしまい、新しいバッテリーに交換したからといってもすぐにはエンジンは掛かりませんからねぇ~(プログラムの再設定が必要)。
この点でもディーラーなら安心ですし。


今日行って来ます、バッテリー交換に。
冬に遠出して一度切ったエンジンが掛からない、な~んて笑い話にもなりませんしね。
それこそ冬の北海道でエンジン掛からない、な~んてなったらそのまま凍死しちゃいますよ。

女房が、

「昨日病院へ行こうとした時、エンジンが(セルが)、ウ・・・ウウ・・・ブロロロ~~~って掛かったけど大丈夫?」

って聞かれちゃったし。

それにしても交換してからまだ2年、天寿全うするの早くねぇ~?。

*****

続きを読む

先々週?

実はちょっと前、私が京都便を担当する時大津市内でよく電車に遭遇する場所がありまして、その場所に女房を連れて今回は電車側からこの景色を観てみたいと思ったんですよ。

電車側???

実は夜中12時前ならトラックと電車が真近に遭遇する場所があるんです、それが京阪電鉄浜大津駅付近。


仕事柄トラック側からはよく見かける光景なんですが実はかなり怖い場所でして、出来れば電車と並走したくない場所なんです。
それがこの場所。

20181125 077

まんま路面電車の軌道みたいでしょ?。
でも違うんです、普通の電車が走る軌道なんです。

これはたまたま通った石山行きの電車かな?。
20181125 091

これはいいです交差点を真っ直ぐ抜けていますから。

私が乗ったのは京都方面へ行く電車です。
なんと、4両編成の長い普通電車が交差点を曲がっています。
20181125 123
ありえん角度で曲がっています。
乗った電車はこういうもの。
20181125 017

京阪電鉄[京津線]なんだそうで、アプト式(路面と車体をギアで繋いで急坂を登る電車(太井川鉄道井川線))を除けば電車としては日本一きつい坂道を登る電車なんだそう(逢坂峠付近)。

この浜大津付近でよくこの電車と遭遇するんですが、なにせ相手は軌道を走る電車ですから避けてはくれません。
したがって近くなったら私の方(トラック)が避けなければならないわけで、だったら、電車内から見たらどう見えるんだろう、っと思ったわけです。

正直、乗用車がオモチャのように見えまして、皆さんちゃんと避けてくれます。
ある意味ちょっと笑っちゃったな。

実はこの場所以外にもほぼ直角に曲がらなければならない場所がありまして、4両編成の繋ぎ目部分を見ていると、向こうの車両が見えないほど思いっきり電車が曲がっています。
個人的に思ったことは、

「あの繋ぎ目部分に人がいたなら挟まって出て来れないんじゃないか?」

っと思うほど凄い曲がり方でしたよ。


とりあえず浜大津から京都市の山科駅まで行って引き返すつもりだったんですがぁ~・・・
女房が、

「せっかく来たのに電車に乗って終わりなんて面白くない#!」

とのことで、山科駅から近い毘沙門堂へ行って来ました。
20181125 040

実はですねぇ~・・・
ここへ着いたのはすでに午後の5時を過ぎていましてほとんど真っ暗だったんですよ。
女房が、
「もう真っ暗で見て歩けないからせめて写真だけでも撮れ#!」
っと怒るもんだからしょうがなく・・・

20181125 061

20181125 051

本当は真っ暗なんですよ、でもカメラのISO感度を上げて昼間のように撮っただけ。

女房いわく
「昼間だったら紅葉も綺麗に観られたのにアンタがいつまでも寝てるからだ#!」
っと怒っていました。
別に私は、京阪電鉄京津線に乗るのが目的だったんですけどねぇ~。

さて定年まであと半年、休みのたび女房と一緒にあちこち走り回っています。
北海道へ移り住んでしまえばなかなか来れない場所ですからねぇ~。

私個人としては、最後に一度呉港へ行ってなまで潜水艦を見てみたいと思っているんですが、今年の正月休みにでも行ってみるかな?。

女房がなんというか・・・

ですかね。

やっぱ実物を見て買いましょう。

つい最近タブレットを買ったんですよ。
ナゼに?っと言いますと、今持っているノートPC(11ic)がそろそろ限界でして、出先で使うには起動も遅く、しかもOSがwin8からバージョンアップ出来ないのでちょっと困っていました。
そこで今時らしくタブレットにしようと思って。

最近のタブレット、ほ~んと優秀ですよね。
起動は速いし持ち運びに便利だし、それにちょっと高くなっちゃいますけどSIMを入れれば出先でもnetが使えますしね。

ちなみになぜ今持っているノートPCをあきらめようと思ったか?っというと、ちょっとスペック的に限界が来ちゃったからです。
まぁ~これは買った段階からわかっていたことなんですが、中のパーツがほとんど打ち込み式(完全固定)でメモリの交換すら出来ない代物、そこにOSがwin8。
一時win8.1へ上げてみたんですが、そうすると不具合がやたら出てしまいまともに使えない状態となり、しかたないからもう一度win8に戻して今まで使っていました。

でもねぇ~・・・

今じゃ起動も遅いし、当時は最小ノートPC(11ic)でカバンに入れやすいサイズで重宝していたんですが、やはりこれだけ進化したタブレットには敵いません。

そこで手に入れたタブレットはレノボ製の安い物なんですが、起動は速いし動画もサクサク、OSがAndroidでちょっと使い慣れないんですが、フルセグTVも観れるしofficeも標準搭載だし、これは便利!
ちなみに必要なプログラムがアプリと言われるようになってもwin8や携帯で使っているので問題ナシ!。

っ、てなわけでついつい衝動買い。

まぁ~それはいいんですよ、それは・・・。


携帯でもそうですが、タブレットをむき出しで持ち歩く人はいませんよね、たいがい簡易なスタンド機能を持ったケースに入れて持ち運びます。
もちろん私も探しました。

でも、

結構いい値段するんですよねぇ~。

私が買ったタブレットは10.1icサイズです。
これはあまり小さいと動画が観にくいのと、今まで持っていたノートPCの画面サイズとあまり変わらないわりに一回り小さく、そして薄く気軽に持ち運べそうだったから。


タブレットの欠点はなんと言っても文字打ちがやりにくいこと。
画面上の仮装キーボードでは打った感覚がなく、なぜかキーを一つ一つ捜しながら打つためにやたらと時間が掛かる。
特に私のようプログなんざ書いている輩にはメッチャ不便、それこそ携帯でブログ更新するのとほとんど変らない。
それでなくたって「アンタの記事は無駄に長い#!」っと言われるほど文字数が多いのに。
やっぱタブレット相手でも私の場合、キーボードいるよなぁ~・・・


探しました、安いキーボード付きのタブレットケースを。
お値段、驚くなかれ2800円也!(もち通販)。
普通、1万円以下のキーボード付きタブレットケースなんざそうそうありませんからねぇ~。


注文後案内がメールで届きました、発送先が香港・・・

イヤな予感・・・


実は以前このブログでも書いたんですが、安い接写チューブ(カメラ用)を買った際これも中国製でして、結果粗悪品、ぜんぜん使えない。
使えないというより私が持つレンズの規格に合わなかった。
これはサイズが合わなかったではなく、最短焦点距離の問題でして、通常のカメラに付属するキットレンズ(焦点距離が長い)に合わせてあるため、半マクロ対応レンズでは使えなかったということ。


その後、愛用のシグマ製標準レンズ(ズーム全域F2.8)のフードのストッパーが磨り減って利かなくなりクルクル回る状態となってしまったため、これまた通販で安い凡用品を見つけ注文、もちろんレンズサイズに合わせて77mmサイズで探していたところ、ちょうど手ごろな花形フードを見つけたんですよ。
でもこのフードにサイズ記載がない!

まぁ~いいわ、77mmサイズで検索しているんだしサイズは合っているんだろうと頼んだところやはり中国製で現地発送品。
国際郵便で到着後、開梱してみるとサイズが合わない、明らかに77mmより小さい。

クソォ~~~!!!
マジかよぉ~、ふざけんじゃねぇ~#!!!

返品には送料が掛かります、しかも返送先は中国・・・
フードのお値段450円(送料ナシ)、当然返した段階で持ち出しの方が多い・・・。

こんな経験を2度もやっているのに。


タブレットケース(キーボード付き)、配送途中1度メールが届きました。

「香港での税関通過に手間取って到着が遅れるとのこと」

イヤな予感がメッチャします。

確か米中貿易摩擦の煽りだかで税関が厳しくなっていて通り難いわ、内容によっては仕様変更を求められたり、また梱包自体の変更を求められたりと大変らしい、っという噂を社内で聞いたことがあります。
なんたって我社も世界中に荷物を送っていますからねぇ~。

でも、ほとんど遅れることなく無事税関を突破し航空便で運ばれ我家に到着!。

さて開梱。
さすが中国、メッチャ無駄に気泡緩衝材(通称プチプチ)を中の外箱が変形するほど強烈に、しかもこれでもか?っというほど何十にも巻き届きました。

ちなみに以前買ったレンズフードなんざ、フードにそのプチプチをグルグル巻きにしてその形状のまま送られて来たときには、ようこれで壊れずに届いたなぁ~、な~んて感心した次第。



そして今回のキーボード付きタブレットケース、こんなんです(携帯写真)。
IMG_1393.jpg

カッコいいでしょう?。

でも合わないんですよ#!。
タブレットの淵を見たらわかる通り、押さえとなる枠がちょっと小さい!、これあきらかに10.1icより小さい。

ふざけんじゃねぇ~~~よ#
説明には、
レノボ製タブレット用と書いてあったじゃねぇ~か###!!!

ちなみにサイトではこのように紹介

*【IVSO】New Lenovo tab4 10 2017 キーボード,【選べる8色】 Lenovo tab 4 10 PUレザー カバー キーボード ケース 2017モデル 多段階スタンド調整機能付 超薄型 最軽量 手帳型 全面保護型 キーボード付き マグネット着脱可能 一体型 ワイヤレス キーボード - Lenovo tab4 10 2017 専用保護ケース(ブラック) *

あぁ~腹立つわぁ~使えんじゃねぇ~かよ#

もういっそ自分で改造して強引に合わせようか?っと考えたんですが、女房が、
「新品なのに切ったり削ったりなんてもったいない!」
っと言われちゃいました。

結局、このサイズに合うタブレットを持っている同僚に譲ることに・・・(ほとんどタダ同然で)。

でも、やはりケースがないと傷が付くし台代わりも出来ないので近くの家電量販店でケースだけ買うことに。

IMG_1394.jpg
ダッセェ~~~

女房いわく、

「無駄な買い物したんだからコレで十分(1980円也)」


通販、大手といえど仲介しているだけの商品は気をつけましょうね、特に中近東諸国物は。

あぁ~・・・めげた。。。

気分転換にもなるしね!

今週、23日に祝日があります、当然毎週土日の私は3連休?。

残念、それが違うんですよ。

関東勢の乗務員が基準日数オーバーとなるため(社内規定で働ける日数が決まっている)、これに代わって日数的にやや足りない私が代役で走ることに。
行き先は東京です、そう昨年出来たばかりの新東京支店。

じ・じつは、出来てからまだ1回も行ったことありません・・・。

22日豊川発で23日は祝日便体制のため大幅に減便されるのですが、この減便の対象にならなかったため23日にも走るわけです。


ただ、まだはっきりしたわけではないのですが、もう一方の相方となる人(同じ方向へ走る定期の人)が、祝日走ってもいいから土日で休みたい、っと言えば私は千葉県柏市で出先休みとなります。
当然柏市で23日休んで24日は同じく千葉県は船橋支店からの復路となり日曜日が家でお休み。

でも、疲れてるから出先で休みたい、っと相方が言ったら、私は22日発の最終着店となる柏支店から夕方東京支店へ回送し、そこから遠州界隈を周りながら帰って来ての土日休み。


さて、どちらが良いか?っというと、
私としては、土日の連休が潰れても出先休みの方が嬉しいですねぇ~。

だって現在の私、サラリーマン定期ですので毎週土日が休みなんですよ。
しかも出先休みという定期はなく、9月だかに台風で尼崎から帰って来れず(全便運行停止)強制的に出先休みにされた以外、通常はまずありません。
もう残り半年となった私は、たまには出先での~びりしたいなぁ~・・・
っと思ったわけです。

さてどうなるかな?、今晩の点呼までには決るはずですから、どっちに転んでも、

まぁ~いいか・・・

です。

なんたって最近忙しいわ同じところばかり走ってるわでちょっと気分が乗りません。
どっちに転んでも今までとは違うところへ走るわけですから楽しみっちゃ~楽しみ。

さて今晩と明日、名古屋近辺を走るその日帰りのロータリー便を2発。
代役前の自分の本定期、ちょっと頑張りますかぁ~!。

きっと最後の柿

昨日、実家にこの辺の名産?次郎柿を送りました。

実は年に3回ほどいろいろな物を送っているんですが、ウチの実家では母が柿が好きなのでこの時期になると送るんですよ。
ちなみに女房の実家にも毎年同じように送っています。
ただ今回は、柿の箱の一番上に写真を入れたため、いつものようカッターを使って止めてあるテープを切られると中の写真まで切られそうだったんで届く前に電話しました。

中の写真というのは、ユッキーがお盆に遊びにきた時の写真を何枚か、それと2歳になった時にスタジオで撮ったカレンダー付きB4サイズの写真(衣装付きでプロが撮ったもの)も一緒に入れてやりました。
カレンダーって言ったって、あと3ヶ月しか使えないんですけどね。

昨日電話した際父が出ました。
普段はだいたい母が出るんですが、珍しく電話を取ったのは父でした。
内容はたわいもない話なんですが、ただただもうすぐ柿が届くからカッターで開けるな、っと言うことを伝えただけです。

もう一つ重要な話をしました。

実はちょっと前、会社から定年延長の要請がありました、もちろん正式な書面で。
そこには定年延長後の給料に関してやら待遇に関してのことが書かれていまして、責任は今まで通りあるものの待遇的には、改めて別な仕事を探し始めるよりはたぶんマシ?で、今まで通りの分かっている仕事だし悪い話ではないのですが、それでも正式にお断りしたんですよ。
ようは延長せず、60歳をもって定年させて頂きたいと。

この通知、実はもう1回来るんですよ。
ようは定年3ヶ月前にもう1回、気持ちが変わったならそこで切り替えてもかまわない(定年延長を望む)と判断を変えれるように。
そのもう1回目が延長するかしないかの最後の決断となります。


父には、正式に断った(=言葉にはしなかったものの私は実家へ帰るみたいな意味で)と言ったところ、

「そうか・・・」

でした。

その言葉は落胆の声ではなく、明らかに帰って来てくれるのかの、そうか・・・、だったよう私には聞こえました。


さて希望定年まであと半年、誕生日を迎えたその月の末日が定年の日です。
ご存じの方もおられるともいますが、それは来年の4月末日。

さぁ~あと半年、でも先のことなんざな~んにも考えてない!、ただ辞めて北海道へ帰るだけ。
行ったら行ったでなんとかなるさ。
お金はないけど借金もないし、どうしてもここ(愛知県)に居なければならない理由もなくなったから。

愛知県に居なくても良い理由?。

それは、唯一の息子が大阪に腰を下ろしてしまった現在、ここに息子のために何も残す必要がなくなったためです。
あとは、息子たち夫婦が孫のユッキーや今後生まれてくる新たな孫を上手に育ててくれることを祈るばかりです。

父や母も含め、私たち夫婦はきっと今まで通り、我慢するところは我慢して、でも楽しむときは二人で楽しんで、
ですかね。

さてもうちょっと頑張ります、最後まで後輩に恥ずかしくない仕事ぶりを見せて終われるように。
プロフィール

中森 ユウジ

Author:中森 ユウジ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
オッサンのブログへようこそ!

50代のオッサンが綴るど~でもよいことしか書いてないブログです。
ただ、ちょっと考え方は若いかな?。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ